never give up

ミニマム思考

一度決めたことを継続する6つの方法。あきらめないマインドセットを持て

一度やろうと思ったことをそんなに簡単にあきらめない継続する方法を6つお伝えします。

4月に入って2週間たちました。新学期から断捨離をやってみよう、洋服を買うのをやめてみよう、何か新しいことをやってみよう、と思った人も多いと思います。

しかし、2週間もたつと、最初の決心を忘れて、すっかり元に戻る、なんてことは珍しくありません。



筋金入りのズボラ女?

先日、「46年間、片付けられないまま生きていた人」のことをこちらの記事で紹介しました⇒7つの原則でわかる断捨離の始め方。シンプルライフはまずはここから

実は、この方、ご自分のことを「筋金入りのずぼら女」と称されています。私にメールして満足してしまい、「何も進んでいない」というメールをまたいただきました。

でも、一度は片付けようと決心したのですよね?そんなに簡単にあきらめてしまっていいんですか?46年が47年、48年、50年と続き、そのままあの世に行ってしまっていいんですか?

墓銘に「筋金入りのずぼら女」なんて書かれたくないですよね。

私も決して意志が強い方ではありません。ですが、こんな工夫をして、継続を心がけていますよ。

1.「あきらめないマインドセット」を持つ

そんなに簡単にあきらめない人になればいいのです。筋金入りのズボラ女さんは、次のメールからは、「ズボラだが、ちょっとやそっとではあきらめない女」と書いてきてほしいです。

「あきらめないマインドセット」を持つのは簡単です。「自分はそんなに簡単にあきらめない人だ」と思うだけでいいのです。

これは、ミニマリストになる時も同じです。自分はミニマリストだと思えば、ミニマリストになります⇒初心者でも大丈夫、ミニマリストになる2つの方法はこれ こちらの2番の方法です。

これは妄想ではなく、信念です。何事も信念がなければ成し遂げられません。

「あきらめないマインドセット」を持つには、あきらめることを拒絶するだけでいいのです。

ただし、自分のことを心の底から信じる必要があります。

あきらめそうになったら、こんな言葉を言ったり、思い描いたり、書いたりしてください。

●困難なことがあっても負けない。

●方法は見つかる。見つからなかったら自分で作る。

●どんな問題にも必ず解決策がある。

●私には解決策を見つける力がある。

●この後戻りは一時的なものだ。

●今やるべきベストなことは?あきらめることではないはずだ。

「あきらめない気持ち」を持ち続けて、前進すればするほど、このマインドセットは強くなります。

まず、「あきらめないマインドセット」「やめないマインドセット」を持ってください。すべてはここから始まります。

2.なぜそれをやろうと思ったのか?初心に戻る

断捨離でも、朝のウォーキングでも、それをやろうと思ったそもそもの動機があるはずです。

なぜ、自分はそう決めたのか、その理由を紙に書き出してみてください。

何か目標を決めるとき、「なぜそうするのか」「到達したい地点はどこか」を書くのはとても効果的です。

私は、断捨離のやり方を説明している記事で、「まず捨てる理由を見つけましょう」と書いています。

「やると決めたこと」をやる理由がぼんやりしているのなら、一度紙にだーっとリストアップしてみてください。断捨離をする理由のサンプルはこちらに書いています⇒ちょっと断捨離してもすぐに元通り?片付けに挫折する5つの理由とその対策

自分が決めたことを行う説得力のある理由や、ゴールが見つからなかったら、それを継続するのはあきらめたほうがいいかもしれません。

というのも、なぜそうしたいのか、その理由がなければ、人はその目標に向かって歩こうとはしないからです。

逆に、その目標を達成したい痛切な思いがあるのなら、ちょっとやそっとではあきらめないでしょう。

くじけそうになったとき、あきらめそうになったとき、「なぜこれをやるのか」その理由を書いたリストを読み直すと、またやる気が出ます。

できれば、毎日、そのリストを読むと効果的です。人は自分が決めたことでもすぐに忘れてしまうから。

毎日読んで、理由を付け加えていくのもいいでしょう。自分にとって説得力のある理由がたくさんあればあるだけ、そう簡単にはあきらめないものです。





3.あきらめない人、あきらめなかった人を見てインスピレーションを得る

世の中の成功者のほとんどが、「あきらめなかった人」です。最初から、いきなり成功する人はそうそういません。

成功するためには、「あきらめない」というのは大きなポイントです⇒もう自己啓発本を読む必要なし~成功するため8つの秘密とは?(TED) 「8.PERSIST  やり続ける」のところをお読みください。

あきらめなかった人の話を聞いたり、伝記や映画を見て、勇気をもらうのもいい方法です。

たとえば作家のスティーブン・キング。彼の子供時代は極貧でした。お母さんは夫に捨てられたシングルマザー。キングの少年時代は、実にいろいろな困難がありました。

彼は小説が売れるまでずっと貧乏でした。

キングは10代の頃から、雑誌に小説を投稿し、出版社から大量の「掲載不可」の手紙をもらっています。初めて、短編を35ドルで出版社に売るまでに、60通の拒絶の手紙を受け取っていたそうです。

苦労したからあんなにおもしろい小説が書けるのかもしれません。スティーブン・キングは失敗や不運、うまく行かなかったことをすべて心の糧と作品のネタにしました。

彼がベストセラー作家になるまでのことは、「書くことについて」(On Writing)という自叙伝+文章読本に書かれています。

このような本を読んだり、あきらめなかった人の映画を見るとまたモチベーションがアップします。たとえば、「エリン・ブロコビッチ」とか。

4.やり方を変えてみる

あきらめない、と言っても、同じことを続ける必要はありません。今やっていることがあまりうまくいっていないなら、何か別の方法を使ってみてください。

いろいろやってみるうちに、自分に合った方法やシステムが見つかります。

あきらめる前に「できることは全部やってみる」という気概を持つべきでしょう。あきらめるのは、やるべきことをすべてやってみた後でも遅くはないのです。

ピンチはチャンスといいますが、うまくいかず、あきらめそうになったときは、やり方を変える時なのかもしれません。

2番で目標を書きだしたのと同じように、ここでも紙に書くことが有効です。今やっていることをやめるとして、他にできそうなことはないか全部書き出します。その中から手頃なのを1つを選んでまたやればいいのです。

断捨離ならば、近藤麻理恵さんの全出し方式がうまく行かなかったら、場所ごとに片付けるとか。

台所の片付けが全くお手上げなら、先にもっと小さなトイレを片付けるとか。方法はいくらでもあります。

5.別のことで成果を得る

目標に向かってがんばっていても、何も達成できないと気持ちが折れます。

全くお金にならない、人に自慢できることなど何もない、何の成果もない、こんな状態が続いたら、誰だってがっかりしてやめたくなります。

汚部屋改善にしても、いっこうに片付かないなら、ストレスがたまるばかりでしょう。

こういうときは、自分の目標はいったん横におき、何か自分がうまくできること、成功するのがわかっていることをやってみてください。

たとえば、料理が得意なら、友だちを招いて、手料理をふるまいます。みんな口々にほめてくれるでしょう。

私は昔、お菓子を焼くのが好きでした。自分で作ったクッキー、ケーキ、パンがベイクセール(学校の資金集め)でよく売れると、うれしかったものです。

こんな私でも、人の役にたてることがあるんだ、と思いました。

走るのが得意ならハーフマラソンに出る、楽器の演奏が得意なら人前で演奏する、歌が得意ならカラオケで熱唱するなどして、拍手を集めてください。

今の目標より、もっと成功しやすい何かをやって、人から賞賛されると、セルフイメージがあがります。すると、それが、目標に向かう原動力になるのです。

6.小さな行動をコンスタントに続ける

何の成果もなくてやめたくなったとしても、ゴールに向かって、コンスタントに小さな行動を続けましょう。

まだ何も見えていなくても、地面の下で大きな根が張っているかもしれません。

もしかしたら、すでに成功のすぐそばまで来ているのかもしれません。自分はあと一歩のところにいるのかもしれません。

汚部屋すぎて、捨てても捨ててもきれいにならないと思っていても、1つ捨てるごとに、確実に部屋はきれいになっています。

あきらめてはいけません。どんなに小さなことでもいいので、目標に向かって行動を続けるべきです。
* * * *
「絶望は愚か者の結論」といいます。賢い人は、絶望しないで、希望を見つけ出します。そして、生きている限り希望はあるのです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. インターネットショッピング

    ミニマム思考

    物を増やしたくないなら要チェック!危険な通販の7つのワナ

    インターネットショッピングを利用すると必要以上に物が増えてしまう事実を…

  2. お金が足りない

    ミニマム思考

    こんな考え方が貧乏を引き寄せる。お金がたまらない恐怖のマインドとは?

    人を確実に貧乏にする思考を紹介します。それは、「あれが足りない…

  3. 瞑想

    ミニマム思考

    もう捨てましたか?これを捨てないとミニマリストになれません

    「ミニマリストになりたい」「ミニマリストになるには?」という検索ワード…

  4. 寝ながらテレビを見る図

    ミニマム思考

    テレビを見ると「買わない暮し」からどんどん遠ざかる理由

    テレビを見ると、いたずらに物を買ってしまう理由をミニマリストの視点から…

  5. 書き初め

    ミニマム思考

    新年の誓いをより効果的に立てる7つのコツ。確実に実現に近づくために。

    できるだけ効果的に新年の目標を立てる秘訣を7つお伝えします。新…

  6. 春の日差し

    ミニマム思考

    幸せになるコツを知りたい、そんなあなたにおすすめします。

    読者のイチオシ記事を紹介しています。今回は、「どうしたら幸せになれるの…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

950人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. オンラインショッピング中の女性
  2. アップライトピアノ
  3. けんかしたカップル
  4. 古い写真
  5. ミシンがけ
  6. たんぽぽの綿毛を飛ばす人
  7. 忙しい人のデスク
  8. セールのショーウインドウ
  9. カラーペンの整理
  10. iPhoneを持つ女性の手

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 気分がうつうつする人。
  2. シンプルに生きる
  3. 聞き取り困難
  4. 財布と1万円札
  5. 化粧品持ちすぎ
  6. 朝の一杯
  7. 正月太り
  8. 散らかった部屋
  9. 骨折
  10. タオルを置いた棚

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP