シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

あのミニマリストの記事にアクセス集中。2016年3月によく読まれた記事ベスト8


4月になりました。先月、「筆子ジャーナル」で特にアクセスの多かった記事を8個を紹介しつつ、過ぎ去った3月を振り返ってみます。記事には書ききれなかった内容を補足しますので、毎日見ている人も要チョックです。

きょう初めて、このブログにアクセスしてくださった方は、まずはこのランキングにある記事から読んでみてください。第8位から紹介します。

先月よく読まれた記事ベスト8

第8位 いしだあゆみさんに学ぶ、60歳からの断捨離とミニマルライフ
女優のいしだあゆみさんが、還暦を前に、物を大々的に断捨離したエピソードをお伝えしました。この年齢で一人暮らしだったら、本当にもう、物はそんなにいらないと思います。

いしださんは、「ミニマリスト」という言葉は使っていませんが、お皿1枚、カップ1つってミニマムですね。私でも食器は1枚以上持っています。カップは森修焼1つでまかなっていますが。

いしだあゆみさんと聞くと、『ブルー・ライト・ヨコハマ』という歌が私の脳内で自動的に流れます。

この曲は1968年のクリスマスに発売されて、すごくヒットしました。当時私は10才前後。歌謡曲が好きだったので、ラジオやテレビでよくこの曲を聞いたものです。

いしだあゆみさんは1948年3月26日生まれ。ミニスカートをはいて『ブルー・ライト・ヨコハマ』を歌っていたときは、まだ20才そこそこだったんですね。すごく大人っぽく見えましたが。

いしださんのデビューは16才のとき。今ウィキペディアを見てびっくりしたのですが、『ブルー・ライト・ヨコハマ』で大ブレイクする前に25曲もシングルを発売しています。テレビドラマにも出ていたようですね。

第7位 必ず知っておきたい洋服を減らすコツ~私はこんなふうに衣類を断捨離しました
私がどんなふうにして服を捨てたか書いた記事です。一番最初は、手当たり次第に捨てました。

昔の私の部屋は物が多くて、カラーボックスを2つ並べて、その上にカラーボックスを横渡しするという荒業(あらわざ)収納をしていました。

第6位 たまりやすい物とはこんな物。断捨離チャレンジの途中経過:45個捨てました
3月は496個捨てるチャレンジをしていたので、その途中経過を書いてみました。実はまだこのチャレンジを続けています。

インプラントしてから下をむくと口が痛かったので、チャレンジを休んでいます。今週の土曜日で、インプラントから2週間たつので、また来週から再開する予定です。

第5位 ヘナ歴15年の私が、白髪染めにヘナを使うメリット、デメリットを徹底解説
ヘナを使って髪の毛を染める方法と、ヘナのいいところ、悪いところを解説した記事です。

続編として、実際に染めてるプロセス写真を入れた記事を書いています⇒ヘナで白髪染め、私のやり方なら簡単です~写真17枚つき

実は、私が最後にヘナ染めをしたのは2015年の1月です。それ以来、全然染めていませんが、特に不自由はありません。白髪を染めないという選択肢もあります。



第4位 化粧品やレーザーを使わずに顔のシミを消す方法4つ
シミに悩んでいる人が多いようで、この記事は毎日、コンスタントにアクセスがあります。

私自身は、最近はそんなにケアしていないのですが(肌断食をしていて顔には何もぬっていません)、ここ1年ぐらい、シミは減りも増えもしていない様子です。

シミを増やさないためには、日焼け防止と肌の正常なターンオーバーを促すことが必須だと思います。

市販の日焼け止めクリームの中には、肌に有害な物質が入っているものも多いため、できるだけナチュラルな製品を選びたいですね。

私は、ロートの日焼け止めを使いきってからは、母がくれたセプテムの日焼け止めをたま~にぬっています。これがなくなったら、ナチュラルな日焼け止めに移行予定なので、またレポートしますね。

ふだんの日焼け止め防止は帽子や衣服でやっています。ターンオーバーを促すためには、健康的な生活をするのが一番です。特に睡眠をしっかりとることが大切です。
筆子ブックカバー
第3位 甘いものを食べ過ぎたあとすべき7つのこと。すみやかにリセットしよう
この記事、バレンタインデーのあたりにすごくアクセスがあり。2月のランキングの第1位でした。3月もひなまつりとホワイトデーの頃、たくさん読んでいただきました。

2月のランキングはこちら⇒2016年2月によく読まれた記事ベスト10:意外なことに1位は断捨離の記事ではない

ホワイトデーのお返しって、昔はハンカチなどだったと思うのですが、今は、甘いお菓子なんでしょうかね?

第2位 筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」3月5日より予約開始
私の本の発売告知の記事です。3月5日の土曜日に告知しましたが、この日にたくさん読んでいただきました。

予約開始するまで誰にも言ってなかったので、驚いた人も多いかもしれませんね。おかげさまで売れ行き好評で、先ごろ重版も決まりました。

第1位 お風呂の水が流れない!~排水口の詰まりを取る簡単な方法10個
お風呂の水の流れが悪いのは、日本でもよくあるトラブルなのでしょうか?実家にいたときは、体験した覚えがありません。まあ主婦ではなかったので、気づいていなかっただけかも。

洋風のお風呂というか、ユニットバスみたいなお風呂だと排水口が詰まるトラブルは起きやすいかもしれませんね。

この記事に書いたように、我が家は夫が大々的にスネイクを使って掃除して解決を見ました。しかし、その後、10ヶ月ぐらいあとに、また詰まったのです。その時も、夫が何かごちゃごちゃやっていて、水が流れるようになりました。

風呂詰まりの予防の第一歩はショートヘアにすることだと思います。髪の毛の断捨離です。うちは、娘がロングヘアで、私も今、肩よりちょっと長いです。どのみち髪の毛が長いと、手入れによけいなお金と時間がかかります。

それから、できれば水が流れる前に、ゴミを受けるといいですね。

我が家のお風呂の排水口はポップアップ式(栓をするときは、下に押し込み、流すときは押し上げるタイプ)なので使えませんが、ウレタンやネットみたいなのを排水口にかませると、髪の毛をキャッチします。

そのほうが環境にやさしいですね。

排水口が詰まるトラブルはすごくストレスがたまるし、健康にもよくありません。引っ越しの物件を見るときは、お風呂の排水口もしっかりチェックしたほうがいいです。

* * * *
3月は、いつも人気のある定番の記事に加えて、私の本の告知、断捨離プロジェクト経過報告、いしだあゆみさんの記事がランクインしました。

4月は甘いお菓子を食べるイベントはないので、甘いものの食べ過ぎをリセットする記事はもうそんなに読まれないかもしれませんね。

考えてみると、もう12月まで、食べ過ぎで悩むイベントはないですね。

今月もいろいろな記事を書いていくつもりです。よろしければ、時々遊びに来てください。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索