プレゼントを持っている男性

ミニマルな日常

家族がやたらと家に物を入れるなら:ガラクタの出どころを見極めよう(その4)

どこから物が家に入ってくるのか、そのソースを見極めて、これ以上、家に入れないことをおすすめするシリーズ、4回目は、

自分以外の人が家に持ち込むケースを見ていきます。

夫がどうでもいい物を買ってきてそのへんに散らかす、兄や姉が物持ちすぎる、子供が変なものを押入れにいっぱいため込んでいる、ルームメートが、次から次へと、便利雑貨を買ってきて、キッチンの引き出しを汚す。

こういうこと、よくあると思います。

私の夫も、安物を買うのが好きです。

自分ではない同居人が、ガラクタの一大ソースになっているときはどうしたらいいのか?

長年の体験から、私が学んだことをお伝えします。

なお、他人が作っているガラクタの出どころへの対応は、命の危険がない限り、一番最後にしてください。

まずは、これまで書いた3つのソースの見直しにしっかり取り組みましょう。

その後に、必要なら、今回のソースの攻略をしてください。



やってはいけないこと

相手があることなので、自分がされて「嫌だな」と思うことはしないでください。

相手の機嫌を損ねると、ソースが拡大する恐れがあります。

1)コントロール

他人の思考や行動はコントロールできないから、「相手の行動を思い通りにしたい」という気持ちを捨て、コントロールの手をゆるめましょう。

自分がコントロールできるものがあるとしたら、自分自身だけです。

他人をコントロールしようとすると、疲れるし、うまくいかなくてがっかりするし、最悪、関係が悪化します。





2)小言を言う

「こんな変な物、買ってこないでよ」「お義母さんから、汚らしい物もらってくるのやめてよ!」

こんなふうに、小言や文句を言うのは逆効果です。

ガミガミ言われると、相手は卑屈になって、腹いせにますます変な物を持ち込むかもしれません。

相手が「僕って、本買いすぎだよなあ~。ちょっと控えたほうがいいかな」と思っていたとしても、高圧的な態度で文句を言われると、「なんだと! 本を買うのが僕の唯一の楽しみなのに!」と反発して、かえってソースが拡大します。

イソップ物語の「北風と太陽」の、太陽になることを目指しましょう。

3)えらそうにする

自慢したり、相手を下げたりしても、ガラクタのソースは縮小しません。

「シンプルに暮らしている私は、物ばっかり持ち込むあなたよりえらいわ、賢いわ、すごいでしょ」。こんな態度は厳禁です。

「しょうもない物ばかり買って、あなた、馬鹿じゃないの?」「シンプルに暮らしておけば楽なのに、友達から物をもらってくるなんて、本当にどうかしてる」「あなたって、すぐにガラクタになる物を買うことしか能がないのね」。

こんな言葉を、実際口にする人はいないでしょうが、そういう気持ちになることはあるんじゃないですか?

私はあります。

そう思っていると、口で言わなくても態度や目つきに出ます。

目的は、ガラクタのソースを減らして、家の中をスッキリさせることであり、相手に自分の素晴らしさを認めさせることではありません。

相手が馬鹿に見えたら、「ま、私にもいろいろ悪いところはあるし、向こうにも、いいところはあるし、お互い様だよね」と気持ちを切り替えてください。

イライラしてばかりで、気持ちを切り替えられない人は、思っていることを紙に書き出すのを、習慣にしてください。

おすすめ⇒頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

4)収納場所を増やす

置き場所があると、そのスペースいっぱいまで、物が持ち込まれるので、収納場所を作りすぎないでください。

時間もスペースも限界まで使ってしまう話⇒さっさと断捨離を終わらせるコツ:パーキンソンの法則から学ぶ

「収納スペースがあまりないから、部屋が片付かない」と思いがちですが、むしろ逆です。

スペースがありすぎるから、家に置いておく必要のない物まで、どんどん入ってきてしまうのです。

やったほうがいいこと

これから書くことを可能な限りやると、時間はかかりますが、人が持ち込むガラクタが減るか、どんなに持ち込まれても平気でいられるようになります。

1)自分の課題に取り組む

同居人が物を持ち込むのを止める前に、自分が必要以上に物を入れるのをやめます。

誰にでも、ガラクタを増やしてしまうパターンがあります。

タオルがセールになっているとつい買ってしまう、新商品のペンが出ると買ってしまう、ついでにシールや付箋も買ってしまう、趣味に関係のある物は、何も考えず、どんどん買ってしまう、「ノー」と言えなくて、人がくれようとするものはたいていもらってしまう、など。

こうした行動を改めることに力を注ぎましょう。

自分がガラクタを入れすぎなければ、家の中にある物の絶対量が減ります。

2)シンプルライフを楽しむ

不用品を持たない暮らしをすると、時間、お金、エネルギー、すべてが浮きます。

新たに手にしたリソースを使って、生活を楽しんでください。

すっきりした自室で、趣味の時間を楽しむとか、浮いたお金で花を買ってきて愛でるとか。

ガラクタのソースを断ち切り、幸せに暮らしている人がそばにいると、同居している人も影響を受けます。

3)コミュニケーションを取る

円満に暮らすためにコミュニケーションをとります。

自分が原因で家族が物を増やすことがあります。

たとえば、夫が仕事で忙しくて、家にあまりいないし、話相手になってくれないから妻は寂しい。寂しさを埋めるために、買い物してしまう、とか(逆もまた然り)。

人は、心の欠落を埋めるために、買い物に走ることが多いので、日々の生活がある程度幸せだと、やたらと外から物を入れずにすみます。

衝動買いをやめられない7つのパターン。自分の精神状態がわかれば防げます。

まあ、幸せでも物集めが趣味の人はいますが。

4)正当なリクエストをする

玄関、キッチン、リビングルームなどの共同スペースに、私物を置かないルールを作り、外から物を入れて、パブリックスペースに置く人には、「置かないでほしい」とリクエストしてください。

物を持ち込むのが好きな人と暮らしていると、ルールを作ってリクエストしたからと言って、そのとおりになりません。

我が家の玄関、キッチン、リビングルーム、すべての夫の物が置いてあります。

けれども、野放しにしておくよりは、ガラクタのソースの縮小化を望めます。

やたらとプレゼントをくれる同居人も、ガラクタのソースの1つですが、贈り物に関するルールを作り、事前に断っておきましょう。

5)思いやりの心をもつ

「できれば、こんなに物を持ち込んでほしくはないが、向こうにもきっと事情があるのだろう。今回は目をつぶろう」。

こんなふうに相手の行動に対して思いやりを持ってください。

ガミガミ言うより、物の侵入を止めることができます。

過去、20年以上、タメコミアンで、安物買いが好きな夫に、きつく文句を言って、望んだ結果を得られたことは、ただの1回もありません。

遠回りのように思えても、相手の考えや行動を尊重しようとしたほうがうまくいきます。

まずは、物を持ち込む同居人が、どうして、そんなことをするのか、考えたり、本人に聞いたりしてください。

解決の糸口が見つかるかもしれません。

■これまで書いた記事■

家をガラクタの集積場にしないために出どころを見極める(その1)~それ、どこから来たんでしょう?

販促品、ノベルティーを攻略する:ガラクタの出どころを見極めよう(その2)

すべての贈り物が「愛あるもの」ではない:ガラクタの出どころを見極めよう(その3)

関連記事⇒きれい好きな人が片付けない家族と円満に暮らす4つの秘訣

*****

ガラクタの出どころの見極め、今回は、家族が持ち込むケースを書きました。

繰り返しますが、このソースの攻略は、ほかのソースを、ある程度縮小したあとに、取り組んでください。

自分のソースを断つほうが、誰かのソースを断つより、何百倍も簡単ですし、成果も早く出ます。





ノートパソコンを使っている女性ライトな記事を書いてください、という意見を読んで思ったこと。前のページ

母の介護をしながら、家の片付けをコツコツする日々です。次のページ押入れの中の布団

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  3. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  4. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。

関連記事

  1. 引っ越し

    ミニマルな日常

    引越しを前に部屋がぐしゃぐしゃ。どうしていいかわからないときの対処法。

    引越しに関する質問をいただきました。物がたくさんあって、どこから手をつ…

  2. 散らかった部屋に立つ人

    ミニマルな日常

    汚部屋をきれいにしたい人におすすめの7つの習慣。

    不定期でお届けしている、「汚部屋を脱出するシリーズ」、今回は、汚部屋を…

  3. カーテンを開ける女性

    ミニマルな日常

    転勤族だから、「住まいが変わったらまた使うもの」を捨てることができず、スッキリ暮らせない。

    断捨離をしていますが、転勤が多いから、引っ越しをしたら、使うことになる…

  4. ニューイヤーズ・イブ

    ミニマルな日常

    目をそむけていたことに向き合って、暮らしを充実させた話。

    2019年最後の更新は、読者のお便り紹介です。今年を振り返る内…

  5. 新聞紙の束

    ミニマルな日常

    そのデータや情報、あっても使いません:取っておきがちだけど、捨てたほうがいいもの(5)

    なんとなく、大事な気がして、捨てずにもっているけれど、本当はさっさと捨…

  6. きれいな流し

    ミニマルな日常

    効果的な片付けの始め方~シンクを磨くと生活が一変する

    筆子ジャーナルにいただいたお便りを紹介します。今回は、シンクを磨き始め…

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,571人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 飾り物
  2. 寄付する服
  3. 実家にある大量の傘
  4. 鏡を見る若い女性
  5. 押入れの中の布団
  6. プレゼントを持っている男性
  7. ノートパソコンを使っている女性
  8. 帯を取り出したところ
  9. 散らかり始めた部屋
  10. 図書館

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. サンキュ12月号表紙
  2. 文具
  3. アルバムを見る人
  4. 疑問うずまく人
  5. kitchen
  6. 空を見ている女性
  7. 片方だけのピアス
  8. ワードローブをチェック
  9. ピーナッツ
  10. ガラクタ

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP