サプライズな贈り物

ミニマルな日常

何度もいらないプレゼントをくれる夫に困っています←質問の回答

夫が、やたらといらない物をくれるから、ただでさえ狭い部屋の中が片付きません、筆子さんなら、どうしますか?

こんな質問を読者からいただきました。

この記事で回答しますね。まずメールをシェアします。モモさんからです。



ほしくない物をくれる夫

件名: 夫からのプレゼント

筆子さん、はじめまして。

湯シャン断捨離というキーワードから、数年前にたまたま筆子ジャーナルにたどり着き、ブログや本も読ませていただいています。

…が、残念ながら、家の中はまだ片付いていません。片付いていないどころか、最近ますます汚部屋が酷くなってきています。

ここ数年、精神的に不安定な状態が続いているのが汚部屋の原因かなと自分では思っていますが、最近あった出来事について、どうしても筆子さんに相談させていただきたくて、初めてメールさせていただきました。

先日、夫から誕生日プレゼントをもらいました。Amazonから夫宛てに荷物が届きました。

夫は嬉しそうに「少し早いけど誕生日プレゼントだよ」とキッチンに置かれたノンオイルフライヤーを私に見せました。

私は一瞬で目の前が真っ暗になり「前からずっと私に相談なくプレゼントは買わないでって言ってるのに、なんでまた勝手に買ったの?プレゼントは何もいらない、それより物を減らしたいってあれだけずっと言ってるのに! しかもこんな大きい物を! 一体どこに置くの?!」と思わず言ってしまいました。

ありがとうの一言もなく文句を言われた夫はさすがにムッとしたような、悲しいような表情で「そんなにいらなければ、返品してもいい」と言いましたが、そこで言い過ぎたかなと思った私はついそのプレゼントを受け取ってしまいました。

今までも夫は、プレゼントをたくさんくれました。

正直なところ私にとっては不要な物が多く(肩こりや腰痛を訴える私にマッサージチェアをくれたりもしましたが、結局ほとんど使わず場所を取るだけで本当に邪魔です…)、結婚して10年以上過ぎた頃からは、家が狭くて(事実です)置く場所もないし、

とにかく物を減らして家を片付けたいと思っているから、サプライズでのプレゼントは本当にやめてほしいと正直にお願いしてきました。でもダメでした。

あれからキッチンに置かれた大きなフライヤーを見るたび、悲しい気持ちや、怒りや、でももう少し違う言い方を夫にはすれば良かったかなという思いもあり、なんとも言えない複雑な気持ちで泣きたくなります。

どうしたら夫にわかってもらえるでしょうか?

やはり正直にいらないと言って返品してもらうべきでしたか?

夫以外の人からのプレゼントならありがとうと言って受け取り、こっそり処分することも出来ますが、一緒に暮らしている夫からのプレゼントは不可能です。

だから、正直にお願いしているのですが…

筆子さんのお考えをお聞かせいただけるとうれしいです。お忙しいとは思いますが、どうかよろしくお願いいたします。





モモさん、お便りありがとうございます。本も読んでくださっているのですね。うれしいです。

この質問は断捨離問題というより、夫婦関係に関するものですね。

世間にはいろいろな夫婦がいるし、お互いの性格、価値観もさまざまです。

私のアドバイスはさして役立たないかもしれませんが、今後はこうしたらいいかもしれない、と思うことをいくつか書きます。

大原則:夫を変えようとするな、自分が変われ

>どうしたら夫にわかってもらえるでしょうか?

毎回書いていますが、他人を変えようとせず、自分が変わることで、状況を改善してください。

自分ができることはないかな、と考えてみると、意外とたくさんやるべきことを思いつきます。

推薦図書は、こちらです。

D.カーネギーの「人を動かす」については、過去記事でも何度も紹介しています。ひまなとき、読んでください。

きれい好きな人が片付けない家族と円満に暮らす4つの秘訣

人をコントロールしようとする心を捨てる7つの方法。おせっかいはストレスの元。

友達が欲しいけどできない。だって傷つきたくないから←質問の回答。

「友達」の記事に書きましたが、相手に自分の気持ちをわかってもらいたかったら、いきなり感情的になって怒ってしまうのは、最悪のやり方です。

私の夫も、「なんで、こんなことする?!」と思う理解不能な行動を何度もしましたが、それに対して、私が怒って状況が改善されたことは、ただの一度もありません。むしろ、状況は悪化していきました。

相手の自尊心を傷つけてはいけません。これ、ひじょうに大事なポイントです。

いままで以上に密にコミュニケーションをとる

モモさんは、これまで、「サプライズプレゼントはしないでね」とご主人に頼んだことがあるそうですが、お便りを読む限り、モモさんのその気持ちはご主人に伝わっていないようです。

今後はコミュニケーションの方法を少し変えてください。

そのさい、下記のポイントを押さえてはどうでしょうか。

1)自分の意向が相手に伝わっていない理由を考える

なぜ伝わらないのか、その原因を考えてください。

もしかしたら、言い方があいまいだったのかもしれません。

「サプライズプレゼントはいらないわ」と言いながらも、いつも受け取っていたから、「本当はうれしいんだな」とご主人が解釈しているのかもしれません。

マッサージチェアもノンオイルフライヤーも、ご主人自身がほしかったから、奥さんへのプレゼントということにして買ったのかもしれません。

ご主人のほうに、奥さんにプレゼントをせずにはいられない事情があるのかもしれません。

なぜ、いつも突然、いらない物をくれるのか、ご主人にその理由を率直にたずねてみてはどうでしょうか?

プレゼントが止まらない理由をつきとめ、それを解決すれば、今後はもういらない物をもらうことはないでしょう。

2)プレゼントが不要な理由をしっかり夫に伝える

「物を減らして家を片付けたいから、サプライズプレゼントはやめてください」と言うだけでなく、なぜ、物を減らしたいと考えているのか、その理由もしっかりご主人に伝えてください。

物を減らして、家を片付けることが、モモさんの人生にとってどんな意味があるのか、その点を伝えるのです。

家を片付けることは、こんな意味があります。私にとってそれはとても重要なことなのです。これに全人生をかけてコミットしているから、できれば協力してくれませんか、というように。

3)口だけでなく行動でも示す

口先で「コミットしています」と言うだけでは伝わりません。

日々、しっかり片付けを実践し、ご自身の行動から相手を納得させることも心がけてください。

4)メールや手紙などほかのメディアも使ってみる

モモさんは、どちらかとういと感情的な人のようです(わかりませんが)。そういう人は、口で言うだけでなく、メールや手紙を書いて、文字でもご主人に気持ちを伝えるといいでしょう。

メールより手紙のほうがいいかもしれませんね。冷静な気持ちで書けますから。

「フライヤーのことで怒ってごめんなさい。実は~」というように、先日、怒ってしまったことを、ご主人にあやまり、合わせて事情を説明してはどうでしょうか?

5)共有スペースに置くものは家計で買うことを提案する

マッサージチェアやノンオイルフライヤーは、モモさんだけの物ではなく、家族全員が使えるものです。

このように共有スペースに置いて、全員で使うものは、家計から買うことにしてはどうでしょうか?

家計から買うのですから、買う前に夫婦の同意が必要です。モモさんの知らない大きな物が、いきなり届くことはなくなります。

6)プレゼントが表している物について考える

ご主人は、モモさんを困らせようと思って贈り物をしているわけではないです(ふつうはそうですよね?)

愛情や気遣いを示したいからプレゼントをしてくれているのです。その気持ちには感謝しなければなりません。

実際、すごくありがたいことです。

愛情は受け取っており、ありがたいと思っていることをご主人に示すのを忘れないでください。

具体的には

◯心からお礼を言う

◯感謝の気持ちを行動で示す

こんなことをするといいでしょう。

この世の中はすべてつながっているから、相手に投げたものが自分に返ってくる、と考えておいたほうがいいです。

こちらをお読みください⇒物を捨てられないと悩んだら、3つの流れを意識してみる。

交渉の仕方はこちらの記事を参考にしてください⇒人を説得する方法はあるか?断捨離を邪魔する家族との対話の進め方。

ノンオイルフライヤーについて

すでにもらってしまったノンオイルフライヤーの対処ですが、方法は2つあります。

1)持ち続ける

2)処分する

どちらを選んでもいいと思います。

持ち続けるなら、フライヤーを迷惑な物、見るといやな気分になる物とは思わず、ご主人の愛情がこもったありがたい物、使うとうれしくなる物、ヘルシーでおいしい料理を生み出す素晴らしい物、と考えるようにしてください(自分とフライヤーとの関係性を変える)。

とくにポジティブなものに思えなくても、「ふつうに使える実用品だ」とニュートラルにとらえることができればOKです。

もちろん、実際に使います。

フライヤーが大きすぎて手狭なら、周囲にある物を徹底的に断捨離して対応してください。

そんなことはできない、と思うなら処分すればいいです。

まだきれいなら返品できるでしょう。使ってしまったのなら、リサイクルショップに持っていってはどうでしょうか?

返品するときは、ご主人に依頼することになります。そのさい、返品する理由をしっかり伝えてください。

☆2018/08/08 追記:読者のさんさんさん(名前が「さんさん」)から、ギフト指定されていない商品でも返品できる、とメールで教えていただきました。詳細は「ギフト返品の手続き」を見てください、とのことです⇒ギフト返品の手続き – Amazonセラーセントラル

リサイクルショップに持っていくときも、ご主人に一言その旨、伝えてくださいね。

>やはり正直にいらないと言って返品してもらうべきでしたか?

ご主人がフライヤーをくれたとき、モモさんは怒って、しっかり「いらない!」と言ったそうですから、不要だと思っている気持ちは表明できていると思います。

その気持が伝わっているかどうかはわかりませんが。

私なら「これ、使わないから返品して、かわりにその分のお金でピザでもとって食べよう」と言うところです。が、このあたりのことは、夫婦関係によるので一概には言えません。

私の夫も過去、いらない物をくれました。そのたびに私は、断ったり、ドーネーションセンター(寄付センター)に持っていったり、娘にあげたりしました。

「物はいらないから、くれるならお金にして」と言ったこともあります。すると、しばらくは何もくれませんでした。

モモさんは、ご主人からのプレゼントをこっそり処分するなんて不可能、と書かれていますが、だまって処分するのではなく、ちゃんと「こういう理由で、処分します」とご主人に伝えれば、ご主人もわかってくれるのではないですか?

他人よりも夫のほうが気心が知れているので、「こういうのは欲しくない」とか、「捨てたいんだけど」ということを言いやすいと思うのですが。

迷惑なもらい物や交渉に関する過去記事

不要な贈り物に関するトピックでたくさん過去記事を書いています。よろしければごらんください。

いらない物を送ってくる親に上手に断る方法を教えて←質問の回答。

義理母が余計なものをくれる問題の解決法は、きっぱりノーと言うことに尽きる。

不用な贈り物を捨てられないのは、世の中の人全員に好かれたいと思っているから。

贈り物を捨てたことが相手にばれそうでとても心配です←質問の回答

クリスマスプレゼント考:あげないことが最高の贈り物だと言いたい理由。

ほしくないプレゼントの上手な断り方。これ以上余計な物を家に入れないために。

自分の進路に関して上手に親を説得する方法←質問の回答

*****

今回は、たくさんプレゼントをくれるご主人に関する質問に回答しました。

夫婦で、プレゼントを交換するタイミングを決めておいてもいいですね。我が家では、クリスマス以外は、プレゼントの授受はいっさいありません。

ここ数年、夫は私に、私の行かないショッピングモールやスターバックスのギフトカードをくれることが多く、いつも娘にあげていました。

去年の冬はめずらしく、フランネルのシャツをくれました。近所の量販店で買ったもので、$29.99という値札がついていました。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. ノートに書く

    ミニマルな日常

    今年身につけてよかった3つの習慣~小さな習慣が人を作る

    2015年最後の記事は、私が今年始めた習慣でよかったと思うものを3つ紹…

  2. 朝の街

    お金を貯める

    部屋の片付けに役立つ、世界のお金持ちが実践している4つの習慣。

    世間のお金持ちに共通の生活習慣のうち、貧乏人にもできそうで、なおかつ、…

  3. 買い物好き

    ミニマルな日常

    物をどんどん増やしてしまう7つの行動パターン。

    不用品をためこんでしまう人の行動パターンを7つお伝えします。原…

  4. 目覚まし時計

    ミニマルな日常

    時間の使い方を考えるヒント:時間管理に関する記事のまとめ

    時間をうまく使う方法を書いた記事をまとめました。2017年の春…

  5. 電話で話す人

    ミニマルな日常

    自慢話ばかりする自分を変える4つの方法。

    何かにつけて自慢してしまい、あとで嫌な気分になります。この負のループか…

  6. 中年の女性

    ミニマルな日常

    物としがらみに囚われて身動きできない50代のあなたへ。

    今年私は59歳になります。ミニマリストめざして、いらない物を本格的に捨…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

737人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 野原の中の女性
  2. くしゃくしゃの引き出し
  3. カタログを捨てる
  4. サンキュ12月号表紙
  5. 椅子にかけた靴下
  6. 傘立て
  7. ティッシュペーパー
  8. 悩んでいる人
  9. スマホをする人
  10. くらしラク~る11月号

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 乳製品
  2. 皿
  3. 片付けられない女
  4. 瞑想
  5. 花をめでる人
  6. 虫除けスプレー
  7. 歯を見せている女性
  8. 悩む人
  9. こんまりの英訳本
  10. 買い物好き

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP