シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

一番人気は汚部屋解消記事:7月の人気記事ベスト11


8月になりましたね。先月特にアクセスを集めた記事を紹介します。

まとめ記事の利用のすすめ

「読むのが追いつかないので更新ペースを落としてください」と言う方がいるのですが、そういう人は、全部読もうとしないで、今日書くようなまとめ記事をチェックし、そこから気になる記事だけを読んでください。

特集やまとめ記事はこちらからごらんになれます⇒特集・まとめ記事 | 筆子ジャーナル

月ごとのアクセスの多かった記事のまとめは、1ヶ月ごとに集計しています。月末ギリギリに書いた記事は、埋もれる可能性があります。

いろいろな角度から書いているまとめ記事と利用すると、読みたい記事の読み落としが減るのではないでしょうか?

では、7月にアクセスが多かった記事を第1位から11位まで紹介します。

2016年7月の人気記事ベスト11

 第1位  ものすごく散らかった部屋を1日で片付ける方法(汚部屋改善)
4月に書いた記事ですが、なぜか7月に入ってからアクセスがのびて、毎日、コンスタントに読まれています。

具体的に片付けるステップ書いているので、それなりに結果が出ると思います。

1日で片付けるのはしんどいのですが、やむにやまれぬ事情がある人はぜひ試してください。そして、うまくいったかどうか、どこでつまづいたか、教えていただけたら、フォローアップの記事を書きます。

第2位 化粧品やレーザーを使わずに顔のシミを消す方法4つ
6月に1位だった記事です。アクセスは減ってきているのですが、なんとか2位に踏みとどまっています。

余談ですが、最近母が、「お肌のお手入れをしろ」と言って。75グラム、4860円の薬用ホワイトニングジェルを送ってきました。パンフレットも入っていました。メーカーは新日本製薬というところです。

しみがたくさんある娘に、親心で送ってくれたのだと思います。私は化粧品は使わないので、「化粧品使わないから無駄になるよ」とメールしたら、「頼むから使って」と書いてありました。

いったんできたシミは取れないことを伝え、「人の顔の心配するより、自分の家の心配したら?」と返事したら、母は怒ったようです。

もらったジェルは、化粧品好きの娘にあげることを検討中。しかしこのジェル、たぶん50代以上向けだから娘が使うと変なことになるかもしれません。

それにカナダ人女性は、美白化粧品はあまり使わないので、商品のコンセプトを伝えるのも難しそうです。

第3位 お風呂の水が流れない!~排水口の詰まりを取る簡単な方法10個
これも定番の人気記事です。

7月、我が家も排水口が詰まりまして、夫が直していました。今回は、スネイクは使わず、9番の方法を使ったと思われます。

第4位 とにかく捨てたいリビングルームにありすぎる8つの物(プチ断捨離15)
スキマ時間にできるプチ断捨離シリーズ。リビングルームにたくさんある物を書いてみました。

こういう記事を書くとき、私は実家を思い出しながら書いているので、もしかした最近の日本の住宅事情にそぐわないかもしれません。ピントがはずれてると思ったら、教えてください。



第5位 いつまで続けるの?部屋がきたない人の3つの困った特徴。
汚部屋に甘んじている人の心的傾向を3つ書きました。個人的に汚部屋マインドと呼んでいます。

ここに書かなかったのですが、もう1つ汚部屋マインドがあって、それはやたらと過去にこだわっていることです。

「すごい汚部屋で困っています」というメールをたまにいただきますが、どれも、過去のことが延々と書いてあります。

これこれこうで、片付けられなかったとか、こんなことせずにこうしておけばよかった、とか。

それらの言葉がものすごくネガティブエネルギーを発しています。読んでいるこっちも、汚部屋の海の底にひきずりこまれそうです。

だから私は、メールは絶対朝一番には読まないようにしています。

こういう人たちはある意味すごくパワーがあります。それが全部、逆のベクトルに向かっているのです。これを反転させれば、すごく楽しい毎日になるのにもったいないですね。

過去は過去で今さらしょうがないし、過去に片付けられなかったことは、べつに関係ありません。今、片付けられる人になればいいだけですから、毎日、過去を悔やむのはやめたほうがいです。

第6位 読者をバカにしないで!というメールにお答えします(批判、苦言、助言特集)
読者のメールで、苦言を呈しているものを集めてみました。

記事に追記したように、批判のメールを書いてきた方からは、このあと「誤解していた」というメールをくださいました。

ブログは文章だけだから、人によっていろいろな受け取り方があると思います。たまたますごく虫の居所が悪いときに読むこともあるでしょう。しゃくにさわったり、むっとしたり、違和感を感じることは避けられないかな、と思っています。

私は人を批判しようとか、傷つけようと思って記事を書いているわけではないので、その点はご了承ください。
夏の海岸
第7位 ヘナ歴15年の私が、白髪染めにヘナを使うメリット、デメリットを徹底解説
これも定番記事です。今年はまだ一度もヘナを使っておらず、白髪を放置しています。それはそれで悪くないです。

第8位 買わない挑戦の途中経過、2016年上半期に私が買った103個のもの。
今年上半期に買ったものをずらずらと書いてみました。これを書いてから、デンタルフロスを書くのを忘れたのに気付きましたが、そのままにしてあります。

ちなみに7月はマウスを1個買いました。

第9位 これだけは知っておきたい、きれいな部屋をつくる7つの習慣。
部屋をきれいに保つ秘訣を書きました。やはり一番いいのは、余計な物を持たないことです。

物が多ければ多いほど、片付けの手間も増えますので。

たくさん物を持ったまま、部屋もきれいにしたい、というのは、欲張りすぎだと思います。不可能ではないですが、掃除の手間も増えるし、お手伝いさんを雇ったりするコストがかかります。

そんなにしてまで、取っておきたいものってあるのかな、と考えると、「別にない」という答えになると思うのですが、いかがでしょうか?

第10位 運気より強力。究極のパワーはいらない物を捨てると手にはいる。
このパワーは何かというと、精神力、メンタルパワー、心の強さです。具体的には自分軸、自信、行動力。断捨離することによって、こういう力はかなり培われるのではないかと思います。

やはり、仕事場がくしゃくしゃな人って、頭の中もごちゃごちゃだと思うのです。

あるいは、部屋がぐちゃぐちゃだと頭の中もぐちゃぐちゃになって、集中できず、能率が落ちると思います。

こう書くと、アインシュタインとか、マーク・ザッカーバーグの机の上はくしゃくしゃじゃないですか、という意見が出るのですが、こういう人たちは、天才よりの人なので、凡人は真似しないほうがいい、というのが私の意見です。

混沌の中から、ひらめきが生まれるから、ミニマリズムは創造性を損なう、と批判されます。それはそうかもしれませんが、実際に、自分がミニマリストになって、物をとことん減らした後、「創造性が失われた」と感じてから、メールを書いてきてください。

もし「クリエイティビティが衰えた」と思ったら、また物を増やせばいいだけのことです。物を増やすのは減らすよりもずっと簡単です。

私の机の上も仕事中はくしゃくしゃです。ですが終わったあとは片付けて、翌朝はきれいなところからやるほうが私はストレスが少ないし、多くの人もそうだと思います。

第11位 トイレと洗面所をきれいに保つ秘訣は毎朝の簡単掃除にあった。
フライレディの7月の月間目標である、トイレと洗面所の簡単掃除についてお伝えしました。

バスルームは毎日、短時間掃除することで、きれいに保てます。どんな場所もそうですが。

フライレディの1月から6月までの月間目標も簡単に紹介しています。8月の目標は洗濯です。日本人は洗濯が好きだから、これは特に取り上げなくても問題ないと思っていますが、どうでしょうか。
~~~~~
最近は、物を捨てる話より、節約やお金をためる話のほうが反応がいいようです。そういう記事が求められているのでしょうか?

「買わないこと」はすごく強力なので、お金をためたい人は、まずはここからやってみてください。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索