たくさん買った女。

読者の一押し記事

本当に賢い買い物は思い込みを捨てることから始まる。

自分では上手に買い物をしているつもりでも、その実、お金をドブに捨てていることがあります。

読者のイチオシ、今回は、ショッピングの方法に関する記事を4つ集めました。

多くの人が、知らず知らずのうちに、節約どころか、無駄がたくさん出ている買い方をしています。

まず、まとめ買いの記事からいきましょう。あつさんとTさん、お2人が推薦してくださいました。



たくさん買わないようにしたら貯金が増えた

あつさんのイチオシはこちらです⇒まとめ買いが節約にならない4つの理由。むしろガラクタを増やす危険な買い方。

まとめ買いが大好きでしたので大変参考になりました。

在庫が減ったのを確認してから買いに行くようになり、「たくさん買うのではなく、減らす」と付箋に書いて貼り、今でも気を付けています。

メッセージ:初めまして。11時にブログが更新されるのを毎日楽しみにしています。

物を手放すのは比較的得意でしたが、ブログを読んでやっと買う方を少なくすることが出来、貯金が増えました!

筆子さんのおかげで大事なことに時間を使うように心がけたり、感謝してる時が幸せと思うようになりました。

「どんなものにお金を使って、どんなふうに時間を過ごすのか、それがあなたの毎日の暮しを作り、人生をも決めてしまうのです。」と言われたのもとても心に残っています。

いつも大変参考になる記事をありがとうございます。これからもとても楽しみにしております。

あつさん、こんにちは。ご参加ありがとうございます。

貯金が増えてよかったです。

昨年末のイチオシ記事紹介でも書きましたが、たとえ消耗品でも、買えばとそれを管理して、実際に消費する、という仕事が増えます。

ちょうどいい分量を買ったほうが、効率的にエネルギーを使えますね。

ちまたに物があふれているので、足りないかな、と思うぐらいがちょうどいいと思います。

買い物をすると仕事が増える話はこちら⇒なぜあなたはいらない物をどんどん買ってしまうのか?

時間の使い方が人生を決める話はこちら⇒浪費が止まらない人に送る、物欲にふりまわされない5つの考え方

次は同じ記事を推薦してくださったTさんのメッセージです。





まとめ買いはお得だと頭から信じこんでいたが

これまで私はまとめ買いはお得と信じて疑うこともありませんでした。

でも考えてみたら出て行くお金は多いので全く節約にはなっていませんでした。このシンプルな構造に気付かせてくれたのがこの記事です。

以来、おかげさまで支出を減らすことが出来るようになりました。

メッセージ:『人は損をするのが嫌な生き物だ』とブログの中で度々出てきますが本当にその通りだと思います。

買い物をする時、不用品を手放す時などにこの言葉を思い出し、本当に必要な物かどうかを考えるようしています。

身の回りから不要なものが減ると、物事がシンプルに見えてききて小さな事に悩まなくなりました。

筆子さんのブログに出会えて良かったです。ありがとうございます。

Tさん、おすすめ記事を教えてくれてありがとうございます。

悩み事が減ってよかったですね。

一口にまとめ買いといっても、いろいろなケースがあるので、「本当に自分の暮らしがよくなっているのかな?」と、一度、疑ってみるのがいいですね。

単に習慣で長年やっていることも多いですから。

どんなに安くても、お金は出ていくので、買ったものを無駄にしてしまったら、元も子もありません。

損をするのが嫌いな話⇒物を捨てられないのは恐怖のせい~損失回避と、授かり効果の心理をさぐる

次は、安物買いに関する記事を推薦してくださったNNNさんのコメントです。

あれもこれも必要、というのは思い込みだった

NNNさんのイチオシはこちら⇒安物買いの銭失いをやめたほうがいい6つの理由。貧乏人ほど要注意。

ナゴヤ在住なので、

「セシールで買った安いブーツで栄の地下街を歩いたらつるつるすべった」という辺りがツボでした。

私も同じように、高校生の頃にお小遣いで買った安い靴ですべったことがあるので! 

当時はお金がなかったんで仕方ないですが、大人になって多少お金を持つようになったからこそ、考えてお金を使わないといけないですね。

メッセージ:いつも楽しく読んでいます。時々出るナゴヤネタがツボです。

お母さまのお話は、つい近所のおばあちゃんのような気がして「そうそう、困っちゃうよね」と思いながらも微笑ましく読んでいます。

ブログを拝見するようになり、自分も何かせねば‥と手持ちの服(マフラー・小物なども含む)を写真で撮ったり、ノートに書き出したりしてみました。

2年前は200くらいあったんですが、今は80くらいに減りました。

色や形を自分で分かる暗号(春用・ボーダーTシャツ・白×黒)でエクセルに入力しケータイに転送して、出先でも見られるようにしています。

買い物中に迷ったら一旦休憩して、それを見るようにしています。

好きな色や形は決まっているんで、似たようなものばかり買ってしまうことの防止になっています。

数を減らすときはフリマや買取サービスを利用してかなり換金できました。

手間はかかったけど、色々な人と話が出来たり、物って売るときはあっけない金額なんだなあ‥と痛感したり。勉強になりました。

ちなみに、服は減っても着るものには困っていません。これが一番びっくりです。

割と服装には興味がある方はなんですが、あれもこれもないと困る、というのは思い込みだったんだなあ!って。

今後も楽しみにしています。身体に気をつけてがんばってください。

アマゾンも要らん買い物をしがちなので辞めました。プレゼントは不要です。

NNNさん、こんにちは。ご参加、ありがとうございます。同郷の方ですね。

セシールでも、すべらない靴がちゃんとあると思いますが、私が買った靴は激安品でした。

グリップのない靴を履いていると、地下街ですべりやすいので気をつけたほうがいいです。その頃、私は高校生ではなく、もう40歳すぎていました。

ワードローブの管理の方法を詳しく教えていただき、ありがとうございます。いつでも、自分のワードローブを確認できるようにしておくのはいいアイデアですね。

フリマで楽しい経験ができたのもよかったです。中古品を対面で売るのは、物との関係を見直すよい機会ですね。

これからもよろしくお願いします。

次は無駄遣いをやめる方法を書いた記事を押してくれたあかねぇさんのコメントです。

物を減らした後、増やさないようにするために

あかねぇさんのイチオシはこちら⇒無駄遣いをやめる5つの方法。お金を使わず、頭を使え

毎日楽しみにブログを拝見しています。

お気に入りの記事はたくさんありますが、欲しいものをついつい探してネットサーフィンしてしまうので、物を減らした後増やさないようにこの記事を定期的に読んでいます。

筆子さんの本を断捨離することが出来るようになるまで、コツコツ断捨離と続けたいと思います。

今後もブログ等楽しみにしています!

あかねぇさん、ご参加ありがとうございます。

ネットショップを見て回るのは危険ですね。

自分では、必要な物を探しているつもりでも、いろいろ見てるうちに、「あれもいる、これも必要」と思ってしまいます。

特に、値段が下がっていたりすると、「そういえば、こういうのを欲しいと思ってたんだった」と思い出したりするのですが、それは買い物をする言い訳にすぎないのです(私の体験では)。

私の記事が、買い物防止に役立っていれば、とてもうれしいです。

これからも、記事を読んでいただければ何よりです。そのうちスッキリ空間になって、私の部屋も不用になることでしょう。

最後は、服を買わない方法の記事を押してくれたレじゃさんのメッセージです。

ユニフォームを意識して服の数を減らしている

筆子さんこんにちは。

毎日ブログを拝読させていただいています。

私のいちおし記事は⇒着ない服を増やさないために買物上手になる5つの秘訣。です。

おすすめの部分は、3.自分のユニフォームをきめるところです。

私は、買い物好きで、服を買いに行くときの服を買う!ような人です。

ですので、服を1年買わないとかはできないかもしれません。

今持っているものの中から自分が好きなものをよく着るようにしたら、この秋はユニフォームの部類のフレアスカートとインナーのハイネックを1枚買って幸せ気分でした。

この調子で私はゆるゆると服をしぼっていけたらいいなと思います。

あと、ブログのどこかに断捨離するときはあまり触ってはいけないというようなことがあったのでそれも実践しています。

これからも毎日参考にさせていただきます。ありがとうございます。

メッセージ:以前ブログのどこかにスーパーに行くときはメモをもって衝動買いをしないようにというようなことが書かれていました。

私は目が悪いので、いつもこれとこれとこれが欲しいと伝えながら店員さんに棚から商品をかごに入れてもらっています。

今まではずっと「目が見えたらいろいろな商品の情報が入ってきてさぞかしお買い物が楽しいだろう」と思っていました。

でも、そうではないんだと、私みたいな買い方のほうがずっといいと今は思えるようになりました。

ありがとうございます。

レじゃさん、ご参加ありがとうございます。

服を買いに行く時の服とは、外出着でしょうか?

細かい用途別にコーディネートを変えようと思うと、衣類の数がどんどん増えます。

どこにでも着ていけるユニバーサルな服(つまりユニフォーム)を作ることを意識すると、数が減りますね。

ご自身のペースで服を減らし、おしゃれを楽しんでください。

確かに、目がよく見えたほうが便利ですが、シンプルライフにおいては、利便性は両刃の剣(りょうばのつるぎ)かと思います。

便利だからと物やサービスを集めすぎると不便になるし、生まれながらにして持っている創意工夫する力も失われてしまいますから。

捨てるとき物を触らないほうがいい話⇒こんまりの片付けで失敗したら試してほしいとっておきの「捨て」テクニック

買い物メモを持っていくススメ⇒断捨離の天敵、無料サンプルや値引き品の誘惑に打ち勝つ5つの方法

*****

今回は、本当に賢い買い物の仕方を提案した記事を5つ紹介しました。

買い物を見直したい方は、まずはふだん自分がどんなふうに買い物しているか考えてみるといいと思います。

ふつうに暮していると絶対買い過ぎてしまうのがいまの世の中です。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. プレゼント告知筆子

    お知らせ

    プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください←応募締め切りました。

    筆子ジャーナル、初のプレゼント企画をすることにしました。このブ…

  2. 窓辺

    ミニマルな日常

    ミニマリストの生き方ってどんな感じ? どんなメリットがあるの、と疑問に思う人へ。

    「そもそもミニマリズムって何なの?」「ミニマリストってどんな人たちなの…

  3. 白いシーツ

    フライレディ

    いやいや家事をする生活はこれで抜け出せる。

    2018年は家事の見直しをしたい。そんな人におすすめしたいのは、アメリ…

  4. スケジュール帳

    読者の一押し記事

    今年もあと1ヶ月、やり残しがあると思う人、来てください:読者のオススメ第4位

    きょうは11月の最終日。今年もあと1ヶ月になりました。読者のお…

  5. 怒っている人

    読者の一押し記事

    もういい加減にやめませんか? イライラと怒りにまみれて暮らすのは。

    他人の行動に対して、やたらとイライラしてしまう。そんな毎日を送っている…

  6. ガラクタ

    読者の一押し記事

    不用品を捨てるモチベーションをあげたい人へ:読者のオススメ第4位

    読者のオススメ記事の紹介、今回はシンプルライフをすすめるTEDの記事の…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

517人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 怒っている人
  2. 古新聞
  3. portrait
  4. 忙しいママ
  5. 歩く女
  6. セブンイヤーボールペン
  7. 捨てられない理由を考える人
  8. 読書
  9. たくさん買った女。
  10. 花を手渡す

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ベッドサイド
  2. カフェオレ
  3. 自転車と少女
  4. 猫
  5. 物はいらない
  6. peony
  7. ジョギング
  8. ファッションショー
  9. きれいな部屋
  10. 疲れてる人

過去記事、たくさんあります♪

  1. 歯医者さん

    歯の健康

    虫歯じゃないのに歯が痛い。歯の痛みに対する正しい心の持ち方とは?
  2. お便りありがとう。

    ミニマルな日常

    週末に田舎の無駄に広い家を断捨離する話(読者のお便り紹介)
  3. 疲れている人

    断捨離テクニック

    疲れない断捨離をすれば、掃除や片付けのモチベーションをキープできる。
  4. プレゼント

    ミニマルな日常

    いらないプレゼントを差し出されたときの正しい対応とは?
  5. ベンチで読書

    ミニマム思考

    使わない物をためこむのをやめ、好きなことを楽しむ方法
PAGE TOP