マルセイユソープ

健康・アンチエイジング

アレッポの石けんで髪を洗い始める~私が湯シャンにいたるまで(4)

筆子が湯シャンをするようになったいきさつを書いています。

前回は、子供の髪を洗うために買った石けんシャンプーを夫にとがめられたこと。夫を説得するために、合成シャンプーに使われている合成界面活性剤についてリサーチしたこと。そして、「いつか自分も石けんで髪を洗うぞ」、と誓ったところまで。



石けんでシャンプーする1番の魅力は?

考えてみると、筆子が石けんで髪を洗い始めたのは、合成シャンプーの毒性が怖かったからだけではありません。

石けんで洗えば、たくさんのものが断捨離できて「バスルームがすっきりするだろうな」、と思ったからです。当時、すでにシンプルライフ志向でしたから、どちらかというとこちらのほうが魅力的でした。

その頃は、まだ「タモリ式入浴法」ではなく、ごくふつうにボディシャンプーなどを使っていました。

バスルームには自分用のボディシャンプー、シャンプー、リンス、コンディショナー。夫の何かよくわからないオールインワンのシャンプーの大きなボトルと石けん。そして、子供用のシャンプーとボディソープのボトルが並んでいました。

3人とも洗髪とからだを洗うものが違ったのです(これは今もそう。ただし筆子はもう石けん以外は何も持っていません)。

これだけでもすごく邪魔なのに、このほかにも、歯磨き粉のチューブ(大人用と子供用)、夫のリステリンの大きなボトル数種類(リステリンについてはこちらを⇒真剣に歯磨き生活~ソニッケアー電動歯ブラシとともに )、シェービングクリームやヘアケア用品のボトルやオーデコロンのボトルなどなど、そこら中がボトルとチューブだらけでした。

夫は、ドラッグストアで歯磨き粉やトイレタリー商品を買うのが好きで、しばしば余計なものを買ってきていました(今もそうです)。

もし家族全員がボディシャンプーやシャンプーを使うのをやめて石けんだけにしたら、バスルームの断捨離はどんなに進むことでしょう。

「風呂場には石けん1個だけが転がっている」、そんな暮しが筆子の夢でした。

前回の記事はこちら⇒私が湯シャンにいたるまで(3)~石けんシャンプーとの出会い

はじめて洗髪に使ったのはアレッポのせっけん

今から10年前の秋。「よし、今日から石けん生活をする!」と決めた筆子。

とうとう石けんで髪を洗い始めました。

1番最初に使ったのは、当時話題になっていたアレッポの石鹸です。

これはシリアのアレッポという地方で昔ながらの方法で手作りされている石けん。無添加 無香料。オリーブオイルとローレル(月桂樹)オイルでできています。

アレッポの石けん

しかもこのオリーブと月桂樹は無農薬で栽培されているそうです。
本当に安全なものばかりで、石けんを作る職人さんが、作りながらに石けんのできぐあいを確かめるために、口に含むこともあるとか。

当時、200gで500円でした。ちょっと高いのですが、200グラムは大きいので、使いでがあります。

それはまるで豆腐みたいに大きな石けん、筆子が小さな手で持つとずっしりと重さを感じました。頼もしい感じ。「これって、遠くシリアからやってきたんだよね」と思うと、「ありがたく使わせていただきます」という気持ちになりました。

大きいので小さく切って使ったほうが使いやすいかもしれませんが、めんどくさいので、そのままのサイズで使ってみました。

この石けん、外側は茶色ですが、中は緑色(オリーブグリーン)です。

オリーブオイルのせっけんだから、保湿力がありそうでした。





初めて石けんで髪を洗った時はこんな感じだった

その大きな石けんをがしっとつかんでぬらした髪にこすりつけ洗ってみたのです。髪に当てて適当に動かしていると、すぐに細かく泡だってきました。

初めて石けんで髪を洗った感想は:

  • すすぐとき髪がちょっときしきししてる感じがした
  • 洗いあがりはとてもすっきり、さっぱり
  • だけど、髪が乾いたらいつもよりべったりした

髪がきしきしするのは、子供の髪を洗ったときに体験ずみだったので別に驚きませんでした。このあと、さまざまな石けんで髪を洗ってみましたが、アレッポの石けんは、きしきし感が少ないほうだと思います。

そんなことより、洗い終わったあとの爽快感に魅せられました。

髪がべっとりするのは、これまで合成シャンプーで「必要以上にサラサラ」になっていたんだろうと解釈しました。

何より良かったのは、翌日、合成シャンプー+リンス+コンディショナーで洗っていたときのようなかゆみがなかったことです。

筆子は、石けんで洗髪を続けることに決め、髪のきしきし感や、べったり感を改善する方法をインターネットで調べてみることにしました。

この続きはこちら⇒無添加石けんとふつうの石けんの違いとは?~私が湯シャンに至るまで(5)

エピローグ:実はアレッポの石けんは、この時を含めて、2,3回しか使っていないのですが、素朴な見た目、切り口がきれいなツートンカラーになるところ、オリーブ油の匂い(これが苦手だと言う人が多いのですが)すべて気に入っていました。

今はほとんど石けんを使わない生活なので、昔買った無添加石けんがなかなかなくならないのですが、それが終わったら久しぶりにアレッポの石けんを買いたいな、と思っています。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. ぐっすり眠る

    健康・アンチエイジング

    枕は何のためにあるのか。枕と肩こりの関係とは?

    枕の使用についてご質問をいただきました。「枕って必要なのか?」という主…

  2. 水

    健康・アンチエイジング

    水を飲む習慣をつける5つの方法。こうすればたくさん水が飲める。

    あまり水を飲む習慣のない人が、どうやったらたくさん飲めるようになるのか…

  3. 子ども部屋

    ミニマルな日常

    子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回答します。

    最近いただいた読者の質問に回答します。ミニマルライフや断捨離テーマでは…

  4. 腕立て伏せ

    健康・アンチエイジング

    50歳すぎのおばさんが挑戦する、超初心者のための腕立て伏せ

    腕立て伏せの超初心者が、だんだん腕立て伏せになじむ方法を紹介します。回…

  5. 年金手帳を持つおばあさん

    健康・アンチエイジング

    人を老けさせる5つの習慣。若返りメイクより生活習慣の見直しを。

    いつまでも若く健康でいるアンチエイジングシリーズ。今回は、人を…

  6. ミニトランポリン

    健康・アンチエイジング

    ミニトランポリン歴1年7ヶ月の私が伝える、7つの健康効果

    健やかな老後を送りたい私は、毎日運動を欠かしません。きょうは私が跳んで…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

674人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 書いている人
  2. コンピューター
  3. 掃除
  4. クローゼット
  5. 考えごとをしている人
  6. 片手鍋
  7. クローゼット
  8. 砂時計
  9. スマホを見る女性
  10. ハーブティ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 小銭
  2. 母と娘
  3. 考えごと
  4. PHPくらしラク~る♪2017年12月号
  5. たくさんの文庫本
  6. 折り紙
  7. フォトアルバム
  8. 多すぎる食品保存容器
  9. 考えごとをする女性
  10. 集中してリスニング

過去記事、たくさんあります♪

  1. 文房具

    ミニマリストへの道

    買い過ぎなければ子供の物を捨てる悩みもない:ミニマリストへの道(81)
  2. お断りの電話

    ミニマルな日常

    断るのが苦手で長年悩んでいたが、思い切って断ってみたらどうってことなかった。
  3. キャラクターグッズ

    私が捨てたもの

    暮しをダウンサイジングしたとき捨てた10のもの
  4. 色鉛筆

    ミニマリストへの道

    かわいい雑貨への執着を手放す簡単な方法:ミニマリストへの道(85)
  5. グレーのセーターの女性

    ミニマルな日常

    よけいな感情を捨てるのはスキルの1つ。誰でも思考のグルグルを手放せる。
PAGE TOP