シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

たった1つだけ考え方を変えれば、子どもの作品、図画、工作は簡単に捨てられる



子どもの作品図画工作、作文、自由研究の何か)は親にとっては捨てにくいもののひとつですね。

しかし、毎日学校へ行っているので、作品の数は日々増殖します。しかも形状がばらばらなうえ、かさ張るものも多く、整理整頓収納に手こずるものばかり。

今回は私がどうやって娘の作品を断捨離したか、現在、どんなふうに収納しているのか、お伝えします。

おもちゃの捨て方はこちら⇒どんなに断捨離したくても、子どものおもちゃは捨てないほうがいい理由

子どもの作品はこんなふうに整理、収納

筆子の娘は小さな時から、お絵かきやクラフトが大好き。学校やサマーキャンプで作ったもの以外に自主的に制作した「作品」がそれこそ山のようにありました。

現在は以下のようにまとめています。

・絵など平べったいものはアートホルダー1つ分
・立体ものは靴箱1つ分
・作文などは小学校卒業時にもらったホルダーに。
・家で描いた絵や、写真、その他もろもろは3つ穴ホルダー1つ分。

写真左がアートホルダー、右が3つ穴ホルダー2つに靴箱です。
下の写真2枚は、私が作ったホルダーの中身。

子どもの図画工作

写真でみると、まだたくさんありますけど、今のところはこの形で落ち着いています。今も時々、立体物や絵を間引き捨てしています。これでも、以前に比べると、ましなのです。作品のありかが、わかっているので。

これ以外の、ノートや宿題、テスト、工作などすべて捨てました。

日本の小学校は、生徒が一冊ずつ教科書を持っていますね。

娘の行った小学校は予算がないので、小さいうちは、本やワークブックから必要なところを先生がコピーして小冊子にしたものを使います。高学年になると先生がどこからか教科書を持ってきて、隣同士やグループで1冊ずつシェアしながら参照していました。

よって、もとから教科書は1冊も持っていません。

中学、高校も、教科書は図書室から借りています。大学に入ると、買わないといけませんが、中古の教科書を買うこともできます。

さて、ミニマリストといいながら、ここまで来るのに、けっこう苦労しました。ほんの1年前までは、まだまだたくさん持っていて、数冊のアートホルダーを階下の物入れにがさっと入れていたり、立体ものの作品をトレーや箱に入れたものが、いくつもありました。

引っ越しを前に家族3人で分別をして、本人が「もういらない」と言い、夫が「自分がとっておきたい」と言ったもの以外は全部捨てました。

捨てる前に、なぜ子どもの作品がこんなに捨てにくいのか考えたものです。捨てにくい原因がわかれば、捨てるいとぐちが見つかるからです。


なぜ子どもの作品は捨てにくいのか?

1.どれも子どもが一生懸命作ったものだから
2.作品を見ると、子どもが可愛かったころを思い出すから
3.子どものものといえど人のものだから

私が捨てにくかったのは、こんな理由からです。

ひとつずつ説明します。

1.どれも子どもが一生懸命作ったものだから

小さな子どもが作った作品は見ているだけで心がほっこりします。その想像力にびっくりしたり。

別に、自分の子どもの作品でなくても、小さな子どもの絵って、「かわいい」とか「なんだかすごいなー」と感動してしまいますよね。たぶん子どもの心が純粋だからでしょう。

2.子どもが可愛かったころを思い出させるから

その時期でなければ描けない絵や作品があります。子どもの作品は1つの成長記録。絵や工作を見るたびに、娘が小さな手で無心になって何かを作っていた様子が目に浮かんできてジーンとしてしまいます。

3.子どもといえど人のものだから

これは人によっては、障害にならないかもしれません。私は、子どもといえど、他人なので、「勝手に捨てていいのだろうか、それとも捨てるべきなのだろうか」と悩んでいました。その結果、幼稚園の頃からの作品を何年もためこむことに。

相手が大人なら、こんな悩みはありません。夫のものは、どんなに邪魔で、ゴミで、ガラクタで、邪気を発しているように見えようとも、勝手に捨てないようにしています。

でも、親と子どもの関係は大人対大人というふうに割り切れません。

親と子どもは別人格ですが、全く対等か、というとそうではありませんよね。親は子どもが自立するまでは、保護して、ちゃんと自立できるように育てなければいけません。

どこまで子どもの領域にふみこんでいいのか悩んで、中途半端に捨てていました。

以上3つの理由から、断捨離するのを後回しにしていたのです。しかし、現実問題として、いつまでも持っているわけには行きません。引っ越し前に、気持ちの折り合いをつけて捨てました。

子どもの作品を捨てるときのたった1つの考え方

子どもの作った物を捨てるとき、物ではなくできごとに焦点をあてる、という考え方をすれば、比較的簡単に捨てられます。

先日も、思い出の品の話をしましたが、物は、単にそのときのできごとや、感情を象徴しているにすぎません。

捨てれば捨てるほど思い出が豊かになるカラクリとは?~カセットテープを断捨離して気づいた真理

よって物がなくても、そのできごとを覚えていることはできます。捨てながら、作品の一部を写真にとったり、子どもとの思い出を日記に書いて、懐かしい思い出をキープするようにしました。

それに、身近に娘本人がいるので、いやでもその姿を見るたびに昔を思い出します。「ああ、昔はあんなに可愛かったのに…」と。

そのように考えると、私自身は、もう娘の作品は全部捨ててもかまわないのです。今残しているものは、娘が「引っ越し先にも持っていく」と言ったものばかり。

本人が家を出る時、再度いるかどうか聞いて、「もういらない」と言ったら、捨てる予定です。

☆子どもの作品を捨てる判断基準はこちら⇒春休みがチャンス。子どもの作品を処分する方法。保存するものはこうして選ぶ

意外と子どもは自分の作品に執着がない

娘はもう高校生なので、小学生のときのように、たくさんの作品を作りませんが、子どものときは、何か作ったら、必ず一定期間は飾るようにしていました。

子どもって飾ってもらうとやはりうれしいと思うのです。
私は今でも、娘が小学生の頃の写真と、その頃描いたリンゴの絵を机の前に貼っています(マスキングテープ使用⇒マスキングテープのミニマリスト的活用方法、これ1つあればアレンジは自由自在)。

それと去年のクリスマスにもらったカードも。

我が家で唯一のディスプレイコーナーである、本箱の上に、時々、昔娘が作ったものを飾っています。

去年のクリスマスは、プレイスクール(幼稚園の前に行っていたスクール)で作った、雪だるまを飾りました。

それを見た娘は「まだそれ持ってるの(いい加減捨てたら)」と、うさんくさそうな目で見たので、クリスマスが終わったら捨てました。

意外と本人は自分の作品に執着がないのですよね。かくいう私も、実家には私が作ったものは何1つ残っていません。母に捨てるように私が言いました。別にそれで、さみしいとか、残念だとか、そんな気持ちにはなりません。

子どもの作品は成長過程で本人が脱皮した抜け殻のようなものなのかもしれませんね。

時々見たり、飾ったりするほんの少しの物をのぞいては、すべて断捨離して全く問題ないと思うのです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索