新聞紙の束

ミニマルな日常

使い終わったのに、ずっとしまっていませんか?:取っておきがちだけど捨てたほうがいいもの(6)

多くの人が、半ば自動的に、取っておくけれど、実は、さっさと捨てたほうがいいものを紹介しています。

今回は、「すでに使いおわったもの」です。



役目が終わっているのに家にとどまる

部屋であふれているものをよく見ると、すでに使い終わったものが混じっていることがあります。

なぜか私たちは、使い終わったものを、すぐに捨てません。

「スペアとして取っておこう」とか、「もしかしたら、そのうち何かに使えるかも?」と思ってしまうのです。

人によっては、そんな検討すらせず、自動的に押入れや棚の中に押し込むかもしれません。

それもこれも、人は失うことが嫌いだからです⇒物を捨てられないのは恐怖のせい~損失回避と、授かり効果の心理をさぐる

しかし、使い終わったものを大事にかかえこんでいると、暮らしは不便になる一方です。

逆に、使い終わったものを、そのタイミングで処分できれば、ガラクタだらけの部屋にはなりません。

部屋で邪魔になっているものを見つけたら、「いつか、何かに使えるかも?」とか、「これ、お金に変えることができるかも?」とは思わないでください。

そうではなく、「これ、もう使い終わったんじゃないかな?」と考えるべきです。

使い終わったものは、その場に置いておかず、処分します。だって、もう使い終わったのですから。

「もう使い終わったもの」の代表をいくつか紹介しますね。





明らかに使い終わったもの

使いおわったものの中には、誰がどう見ても、しっかり使い終わったものがあります。

このような品は、「はっきりと終わったもの」だから、捨てることが苦手な人は、まず、こうしたものから捨てるといいでしょう。

たとえば、

・古いガジェット、携帯電話、PCなどとその付属品やコード、マニュアル

・もう過ぎ去った年月のカレンダー、スケジュール帳

・期限が切れたクーポン券

・使いみちのない古い領収書や明細、レシート

・子供が小さかったころ着ていたベビー服や子供服

・子供が小さかったころ使っていたランドセル、おもちゃ、その他の子供用品

・すでに組み立ててしまった組立家具の説明書

・度が合わないメガネ

・VHSテープ

・昔よく使ったけど今は使わないボードゲーム

・昔よく飾ったけど今は飾らないインテリア雑貨

・切れた電池

・インクの出ないボールペン

・欠けた食器

・古い日焼け止め⇒口紅を最後まで使い切る方法。化粧品の使用期限も確認しておこう

こうしたものは、時間が逆戻りしない限り、もう使うことはありません。

人類の歴史が700万年だとすると、その700万年のあいだに、時間が逆戻りしたことなど一度もありません。

ガジェットなど、どんどん技術が進歩している商品は、まだきれいなうちにお蔵入りになるので、「もったいない」と思うかもしれません。

しかし、押入れの中に入れておくより、必要な人の手に渡して使ってもらったり、自治体の指示に従ってリサイクルに出したりしたほうが、ものを大事にすることにつながります。

何かに使えると思ったらこう考える

「もう使い終わったもの」を、無理やり何かに使おうと思えば使えないことはありません。

古いガジェットのコードを、首や腰にまいて、アクセサリーとして使うとか、小さなインテリア雑貨を全部瞬間接着剤でくっつけて、アブストラクトな置物を作り、玄関に飾るとか。

ですが、こういうことするには、時間、知力、物理的な力、場合によってはお金が必要です。

かつての私も本質的には不用なものを、何かに使えないかと考えたり試したりするのに、ずいぶん時間やエネルギーを使いました。

2度と付録目当てで雑誌を買わないと誓った日:ミニマリストへの道(53)

使い終わったものを、新たに有用なものに変身させようとすると、想像する以上にエネルギーを投下する必要があります。

一手間かかるから、多くの使命を終えたものたちが、何にも使われることなく、ずっと押入れや棚の中に入っているのです。

「もう終わったもの」が、たくさんあるものの中の1つや2つだったら、それに手間ひまかけることもできるでしょう。

しかし、もし、「もう終わったもの」がたくさんあるなら、そんなことをしているひまはありませんよ。

なぜなら、私たちは、「まだ使っている最中のもの(つまり有用なもの)」の管理もしなければならないからです。

私たちが、意識を向けて大事にしていかなければならないのは、「もう終わったもの」ではなく、「いま、使っているものや、いま、実際に暮らしに役立っているもの」です。

汚部屋とは、すでに使命を終えたものたちが、収納スペースの一角を占めているせいで、いま、現役で役にたっているものが、部屋にあふれだし、大事なものもそうでないものも、ぐちゃぐちゃになっている状態です。

あなたはそのすべてを管理しなければならないので、日々、ガラクタたちにエネルギーを奪われ、疲れてしまうのです。

なんとなく使い終わったもの

使い終えたのか、まだ終わってないのか、微妙なものもあります。

たとえば、

・読み終えた本

・見終わったDVD

・古い新聞や雑誌

・古い地図、教科書、参考書(リファレンスとして使う書籍)

・小さすぎる服・大きすぎる服(現在の自分のサイズと合わない服)

・あまり着ていない服

・宅配便のダンボールの箱

・お菓子や紅茶が入っていた箱や缶

・すりきれたTシャツ、タオル、シーツ

・イベントでもらったノベルティグッズ

・テイクアウトのメニュー

このような品は、未来にいっても、使いみちがありそうですよね?

本や雑誌はまた読むかもしれないし、いまはサイズが合わない服も、やせたら着られるようになるかもしれません。

ですが、こうしたものも、私は捨てたほうがいいと思います。

先ほども書いたように、すでに使い終わって、もう使いみちのないものの数が多すぎると、現在使っているものを使う邪魔になるからです。

すべてをばさっと捨てることができないなら、自分で期限を決めるといいでしょう。

1年着なかった服は捨てるとか、半年使わなかった空き箱は捨てる、というように。

そのために、それが、いつ、家に入ったかわかるようにしておくといいですよ。

私はものが家に入ったら、すべてスプレッドシートに記録しているので、そのシートを眺めれば、家に入ったのに、あまり使っていないものがすぐにわかります。

さらに、調味料や歯磨き粉は、使い始めたときに容器に日付を書いています。

このようにして、自分なりの賞味期限や使用期限を意識しながら使っていくと、「使い終わったもの」がいつまでも家にとどまることを防げます。

しっかり終わらせる

使い終わったのか、終わっていないのか、よくわからないものは、意識して、終わらせるのもいいでしょう。

いま、中途半端に使い終わった状態のままなのですから、もっと徹底的に使って、しっかり使命を全うさせればいいのです。

読み終えた本をすぐに捨てないのは、「また読むかもしれない」という気持ちがあるからです。

この場合、どうしてそう思うのか考えてください。

すごくおもしろい部分や、すごく参考になる箇所があって、そこを読みたいがために、残しておきたいと思うのなら、そのページだけ、書き写したり、メモをとったり、写真に撮ったり、ブログにまとめたりすれば、しっかり使い切ることができます。

すりきれたTシャツ、タオル、シーツは、ウエスにして、掃除に使えば、即、活用できます。

ウエスの作り方と使い方~拭き掃除だけが好きな主婦のおすすめの掃除道具

すでに使い終わったのに、なぜ取ってあるのか、どうしてこれからも取っておきたいのか、その理由を考えてみると、うまく使い切れるでしょう。

なお、終わったのか終わってないのかよくわからないものの中には、現物がなくても、用が足りるものもあります。

たとえば、テイクアウトのメニューは、べつに持っていなくても、オンラインで参照できます。

情報がのっているものの大半はオンラインにあるので、捨てても大丈夫ですよ。

☆このシリーズを最初から読む方はこちらから⇒その紙袋、今すぐ捨てましょう~つい取っておくものだけど、捨てたほうがいいもの(その1)

******

もう使い終わったものを捨てることをおすすめしました。

終わったのか終わっていないのか微妙なものも、自分で終止符を打って、手放してください。

ずるずると引っ張るとろくなことがありません。





窓のあるお風呂カナダ在住主婦がお風呂を掃除するタイミングと掃除に使っているもの。前のページ

片付けを楽しむためにもっとも効果的なこと~すぐに部屋が散らかるあなたへ。次のページ部屋が散らかって頭痛がする人

ピックアップ記事

  1. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。
  2. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  3. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  4. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  5. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. フリマ

    ミニマルな日常

    自分ではなかなか気づかない、物が多すぎる7つの証拠。

    家に物がたくさんあることを示す状況を7つ紹介します家が片付かな…

  2. クローゼットから衣類を取り出す女性

    ミニマルな日常

    500着以上あった服を、80着に減らしてタンスも捨てた。さらに減らすにはどうしたらいい?

    シンプルライフをめざしている読者のお便り紹介です。今回は5月の終わりに…

  3. 泣く赤ちゃん

    ミニマルな日常

    小さな子供が3人いてすごい汚部屋。どこから片付けたらいいの?

    読者の方から質問をいただきました。幼い子供が3人いて育児で手一杯。片付…

  4. テレビのスイッチを切る

    ミニマルな日常

    いきなり捨てなくてもいい。テレビを見るのをやめる11の方法

    先週、「買わない生活」をしたいなら、テレビを見ないほうがよい、というお…

  5. 在宅勤務

    ミニマルな日常

    片付けに家事の練習。意外に充実していた私の外出自粛期間。

    新型コロナウイルス感染防止措置のため、たくさんの人が外出を制限されまし…

  6. きれいな部屋

    ミニマルな日常

    成功の秘訣は習慣化。きれいな部屋にする生活習慣を書いた記事のまとめ。

    日々の小さな行動を積み重ねて、片付いた部屋を手に入れる方法を書いた記事…

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,591人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. カラフルなマスキングテープ
  2. 秋の公園でたたずむ女性
  3. クリスマスの買い物
  4. 疲れている主婦
  5. 毎日が発見2022年11月号表紙
  6. 野原にいる少年
  7. 温かい飲み物を飲む女性
  8. 食料品の買い物
  9. 本と眼鏡
  10. 黄色い財布

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 手紙
  2. ストレスいっぱい
  3. 多すぎる食品保存容器
  4. 考えごとをしている人
  5. 小銭
  6. 貯金箱
  7. たまりすぎた植木鉢
  8. ブティック
  9. ノートを書く人

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP