服とアイロンを持つ女性

ファッションをミニマルに

服を捨てるのが苦手な人に伝える、苦しまなくてすむ方法。

衣類の断捨離に励んでいる読者のお便りを紹介します。

まず、服を捨てるのに苦労しているnaoさんのメールです。

短い期間に、2通お便りをいただいたので、まとめて紹介しますね。



服を捨てるのは本当に勇気がいる

7月4日の記事を読んで

筆子さんこんにちは。

ブログを読んでいても、服がなかなか捨てられずにいます。

数はそこまで多い方ではないと思うのですが、手放したい服があるのにも関わらずついつい処分を後回しにしてしまいます。

たとえば…

毛玉の出来た服→服自体は着やすいし気に入っている。毛玉の出来た服はみっともないような、でも人目をそこまで気にすることもないような、2つの思いがせめぎ合っている

シミのついたTシャツ→仕事のユニフォームの下に着るのでシミは見えない、ただTシャツは量が多いので減らしたい、

それならこれから捨てるべきか、着たいか着たくないかで聞かれたら、まだ着たいので困りますね。

7月7日の記事を読んで

筆子さんこんにちは。

服を捨てられない特集、ありがとうございました。

先日の第1弾の記事を読み、筆子さんにメール送った後に、迷っていた服をゴミ袋に投入して今朝、古布回収に出しました。

本当に服を捨てるのは勇気がいります。安いからとそこまで気に入ってもない、用途も明確でない服を買うのはやめようと肝に銘じました。

色あせた服ですら捨てるのに迷いが生じます。

いたんでない服を捨てるなんて私にとって至難の技です。色あせるくらいに着たということは、それほど使いやすかった服なので…。

その捨てた分、(たった2着ですが)活用しきれていなかった服を取り出して今すぐ着ようと思いました。

ちなみに捨てたら意外と何の痛みも感じず、物が減ってスッキリして嬉しかったです。





naoさん、はじめまして。

メールありがとうございます。

記事が参考になってよかったです。

naoさんは、服を捨てるのが苦痛なんですね。これからも着たいと思う服は捨てなくてもいいと思います。

naoさんが、捨てるのに苦しむものは衣類だけですか?

ほかの不用品は順調に捨てることができているなら、しばらくは、別のガラクタを捨てることに励むといいかもしれません。

その間、服は捨てない方針をとるというのも1つの方法です。

服を捨てるのに苦しまなくてすむ方法

服を捨てる苦しみから逃れられる方法を3つ提案します。

1)1着ずつ使い切る

当面着る服だけを選抜し、それだけをクローゼットやタンスに入れておきます。

そうすれば、服の管理が楽になりますし、朝、着るものに迷いません。

いまは着ない服は、箱や袋に入れて、別の場所で保管します。

ふだん着る服が傷んで、捨てるしかなくなったら捨てて、新しいのを、箱や袋の中から1着取り出して、今後はそれを着ます。

理想の服の数になるまで、こうやって1着ずつ順番に着ます。

この方法をとれば、捨てる苦しみを感じなくてすむし、時間はかかりますが、手持ちの服を全部活かし切ることができます。

もちろん、理想のワードローブになるまで、基本、新しい服を買ったり、もらったりはしません。

ミニマリストらしいファッションの選び方。プロジェクト333のすすめ。

2)古い服を別の用途に使う

naoさんは、持っている服は全部着たいそうですが、もし、もうあんまり着る気がしないけど、捨てるのはどうにもこうにも苦痛だ、と思う服は、別の用途に使ってください。

ウエスにするとかマスクに作り変えるとかして、自分で使います。

ウエスについて⇒ウエスの作り方と使い方~拭き掃除だけが好きな主婦のおすすめの掃除道具

私の母は、この春、手作りマスクを作るのにこっていて、いくつか私に送ってくれましたが、かなり古い布を使っていました。

一番古いのは、私が子供の頃、着ていた浴衣の端切れです(本体をばらした可能性もあります)。

手作りマスク

50年以上前の布地で、あちこち、茶色いシミがついているけど、マスクとして使うにはこれで充分です。

スキルがあるなら、リフォームやリメイクするのもいいですね。

3)人にゆずる

資源ごみにして出したり、古布回収に出すのがいやなら、服を服として使ってくれる人にあげるといいですね。

この場合、色あせた服をあげるのではなく、色あせた服を着ているから、活用できない、あまり着ていないまだきれいな服をあげてください。

人にプレゼントするのは、服をそのまま活かすことになるので、古布回収に出すより、心理的に楽かもしれません。

あげた人がちゃんと着てくれるかどうかはわかりませんが。

これらの方法をとりながら、他の物をどんどん断捨離していくと、今よりは、服を捨てるのが苦痛でなくなるかもしれません。

やってみるとわかりますが、手持ちの服をしっかり活用するのは、それなりに根気がいります。

「服が捨てられない」「捨てるのはつらい」「捨てるのは苦しい」と思って止まっているなら、今回書いた方法を取り入れ、ちょっと迂回してください。

何もせず、止まっているよりずっとましです。

それではnaoさん、引き続き、シンプルにお過ごしください。

7月4日の記事⇒着ていない服を捨てたい。でも、捨てるのはむずかしい。そんなときはこう考えてみる(その1)

7月7日の記事⇒捨てるなんてもったいない、持っていればそのうち何かに使える~服を捨てたいけど捨てられない理由とその対処法(その2)

次は、実際に服を減らしたマユミさんのお便りです。

服を処分したら暮らしやすくなった

件名:洋服の片付けをして良かったこと

筆子様、初めまして。

いつも興味深く拝読しています。

毎日のブログ拝見後に片付けを行うことにしています。私の片付けエンジンのひとつです。ありがとうございます!

洋服の片付けをして良かったことを2つお伝えしたくてメールをしました。

1 おしゃれが楽しくなりました

クローゼットひとつに1年分の服をしまっています。気に入っているものばかりで、ほぼ制服化しています。そのため、毎日数分で着替えられています。

たくさん持っていた時は「着るものがない」、と思っていましたので不思議な位です。

2 クリーニング代が0円になりました

昨年度は、衣類の数を減らしたことで、自分で手入れをすることができ、クリーニング代を節約できました。ダウンコートも手洗いできて、嬉しい気持ちになりました。

自分が目と手をかけられる量ってあるのだなあ、と実感しています。

次に服を買うのを楽しみにしつつ、今ある服を大切に着ようと思います。

次は本棚にチャレンジします!

いつもブログで励まされています。ありがとうございます。どうぞこれからもよろしくお願いします。

マユミさん、はじめまして。メールありがとうございます。

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

これまでたくさんあった服の管理に取られていた時間やエネルギーを、本当に着る服の管理に使うことができた、ということですね。

よかったです。

本棚の整理もうまくいくといいですね。

これからもお元気でお暮らしください。

服を捨てられない理由シリーズ、ほかの記事⇒心が痛むから捨てられない~服を捨てない理由とその対策(その3)

*****

服を捨てるのが苦痛で苦痛でどうしようもないなら、捨てるのはやめて、活かし切るとよい、という話をしました。

まあ、そのほうが、ゴミも増えません。

よく考えて買っても、あまり着ない服は、出てくるものです。

街にいくらでも衣類が売っているため、自分ではよく考えているつもりでも、実は、そんなに考えていなかったりします。

これが、ちょっと前のマスクみたいに、どこにも売っていない、となれば、皆、工夫して、マスクを手作りしたり、使い捨てマスクをハンカチでくるんで長持ちさせようとします。

実際は、服はたくさん市場に出ているから、気軽に買って、家の中でたんすの肥やしになるか、あまり着ないうちに、どんどん使い捨てて、ゴミになる服が増えています。

いったん衣類の過剰な供給を止めて(買わないで)、家にある服としっかり向き合うと、捨てるにせよ、使い切るにせよ、服だらけの生活から抜けられるようになるでしょう。

それでは、あなたも感想や質問などありましたら、お気軽にお寄せください。

お待ちしています。





仕事のストレスを感じている女性仕事ができない同僚のせいで自分の仕事が増えて不満←質問の回答。前のページ

嫉妬を語る叙事詩(TED)次のページ嫉妬する女性

ピックアップ記事

  1. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  3. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. お気に入りのトップス

    ファッションをミニマルに

    服の枚数を減らすと困るかもしれない5つのことと、それを解決するコツ

    手持ちの服を減らしたいと思っている女性はたくさんいます。ただ、なかなか…

  2. 捨てた服

    ファッションをミニマルに

    効果絶大。洋服だらけの部屋を断捨離したいあなたへ。

    読者のイチオシ、今回は、服を捨てる方法を書いた記事、5つです。…

  3. 多すぎる服

    ファッションをミニマルに

    服の断捨離ができない5つの理由。コーディネートにこだわる人は失敗する

    服がありすぎて毎朝着るものに迷う。クローゼットがいっぱいでイライラする…

  4. 試着をする若い女性

    ファッションをミニマルに

    時間を取られる:服が多すぎるから起きる困った問題(その2)。

    服が多すぎるせいで起きている問題を紹介しています。初回は、スト…

  5. 服をさわっている女性
  6. 赤いコートを着た女性

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,464人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 若い女性
  2. 本やマンガ本
  3. 段ボール箱
  4. ノートに何か書いているところ
  5. 食器がたくさん
  6. 結婚
  7. PHPくらしラク~る♪2022年6月号
  8. どんより気分の女性
  9. 寄付品のソート
  10. キャンドル

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 心穏やかな人
  2. プラント
  3. キャラクターグッズ
  4. 考える人
  5. ゲーム中
  6. インターネットショッピング
  7. 分かれ道
  8. 本を読む人
  9. CDのコレクション
  10. マイカー

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP