スニーカー

断捨離テクニック

断捨離でリバウンドしたあと、捨てる生活に戻るコツ。

片付けをやりすぎると、淡々と捨てるリズムがくずれます、と記事に書いたら、「まさにリズムがくずれました」というお便りをいただきました。

このお便りを紹介しつつ、軌道からはずれてしまったあと、もとのルーティンに戻るコツを5つ紹介します。

まずメールをシェアしますね。AIさんからいただきました。



自分のダメさにイライラしていた

件名:まさにリズムが崩れた

筆子さんこんにちは。

前にもお便りしたAIです。今日の記事を読んでハッとしました。

淡々と捨てるリズムが崩れたんだと。

私は片付けは順調ですが、大きな物を捨てるときクリーンセンターへ行かなければいけません。

いつもならGW、お盆、正月と連休に主人に手伝いを頼んで行ってました。

今年のお盆にうっかり捨て忘れた物を何点か見つけ「次の連休にまた行こうね」と約束しようとしたら、「え? 正月まで待たなくても来週いけば? ていうか明日でもいいよ!」と思ってもない返事が来て動揺しました。

だったらこの際あれもこれも、いつか捨てれたらなぁと思っていた、一応使ってるけど本当はいらない家具なども、せっせと捨てる候補に挙げ、準備していたらとっても疲れてしまいました。

身体も痛くて、この前あんなに頑張ったからまぁいいや。と毎日のコツコツをサボるようになり、なんでも書くノートすらサボるようになり、ここ最近自分のダメさにイライラしてました。

やり過ぎは良くないですね。

でもまた明日から普通に始めればいいと分かって、今日の記事が救いになりました。

AIさん、こんにちは。お便りありがとうございます。

こちらの記事を読んでくださったのですね⇒めんどくさいから片付けができない。そんな人におすすめの5つの簡単プロジェクト。

物を捨てるとスッキリするから、楽しくなってやりすぎてしまう人って多いですね。

AIさんのほかにも、はりきって捨てていたら、熱中症になりかけた、四十肩みたいになった、ギックリ腰になった、というお便りをいただいたことがあります。

なかには、「身体に不調をきたしたのは、捨てた物のたたりでしょうか」と聞いてきた方もいました。単に、急に心身を酷使したから、疲れて不調が出ただけです。

このようなことがきっかけで、捨てるリズムがくずれ、生活のほかの面でも、だらだらになっていくことがあります。

気にせず、また普通に始めればいいのです。そのさい、いくつか気をつけておくとよいポイントがあるので、以下に紹介しますね。





1.現状をありのままに受け入れる

リズムがくずれたり、失敗したり、挫折したりすると、AIさんみたいに、自分のだめなところに、イライラしたり、罪悪感を感じるものです。がっかりして自暴自棄になる人もいますね。

まあ、誰でもそういうところはあります。

ですが、いつまでもこういう気持ちを引きずらないほうがいいです。ネガティブな気持ちでいると、できることもできません。

「まあ、こういうこともあるよね」とか、「完璧な人なんていないしね」と考え、現状や、自分のことをそのまま受け入れてください。

自分を責めるとセルフエスティームが下がるので、自分だけでなく、まわりの人にもよい影響がありません。

セルフエスティームとは? ⇒セルフエスティーム(自分を愛する気持ち)が高い人の12の特徴

2.簡単なことを1つだけ始める

初めて断捨離を始めるときと同じように、とても簡単なことを1つだけ、また始めるようにしてください。

習慣づけのコツは、ごく簡単なことを1つずつ身に着けていくことです。

簡単な捨てプロジェクトとしておすすめなのは、ホットスポットを2分片付ける、というものです。

ホットスポットとは、物やゴミ、ガラクタがたまりやすい場所のことです。こちらで詳しく説明しています⇒これならもうリバウンドしない、断捨離習慣を身につける7つの秘訣 「5.ホットスポットをつぶす」のところです。

リンクした記事にも書いていますが、我が家のホットスポットはテレビをのせている台です。テレビの裏にあたる部分です。

ガラクタが集まっている場所

ここは、夫の物置場なので、どんなに汚くても、手出しはしていません。まあ、夫が管理している場所は、大なり小なり、こんな感じです。

このような、ガラクタっぽいものが集まっていて、よどんだ気や、ネガティブなエネルギーを放出しているところが、ホットスポットです。

残念ながら、私は、このホットスポットがある部屋にいつもいます。気持ちの上で完全に切り離しているので、ネガティブなエネルギーの攻撃にやられてしまっていることはないと思います。

ですが、自分の管轄内で、ホットスポットを作っていると、イライラの元になります。すみやかに、とりのぞいたほうがいいです。

3.片付けを実践できるように、環境を整える

ホットスポットを毎日片付けよう、と決めたら、その行動をしやすいように環境を整えておきます。

最近、雑誌などでは、「環境をデザインする」なんて書いてあります。

要するに、うまく習慣付けできるように、自分でサポート体制を敷くわけです。

たとえば、いつやるか、スケジュールを決めて、手帳やカレンダーに書いておいたり、忘れないように付箋に書いて貼っておいたりします。

私は付箋を愛用しています。

1人でやると挫折しそうな人は、仲間を見つけて一緒にやります。

べつに、断捨離仲間を見つける必要はなく(見つけてもいいですが)、「こういうことを、やることにしたから、もし、私が忘れていたら、言ってね」と、家族に頼んだりすればOKです。

私は、何か新しいことを始めたら、娘に言うことが多いです。「こういうの、始めたんだ~」とか、「こんな考えから、こんなことしてるんだけどね」というように。

相手が本当にサポートしてくれればベストですが、極端な話、相手が自分の話を理解しなくても大丈夫です。

ほかの人に計画を話す(アウトプットする)と、その行動に対して意識が向くからよいのです。

相手の理解が得られなくてもいいのですが、「そんなの、無理に決まってるじゃん」「断捨離なんてばかみたい」と、人のやる気をそぐ人は、選ばないでください。

人に話すと、それだけで安心して、結果が伴わない、という人は、別の方法を考えてください。

4.たとえ少しでもスケジュールどおりにやる

「こんなことやろう」と決めて、スケジュールに入れたら、事情で、できない日があっても、短時間だけ行ってください。

たとえば、モーニングページを書くことにしたとします。最初の1週間は順調に書いていましたが、ある日、寝坊をしてしまい、書いている時間があまりない状況になりました。

こんなとき、書くのを休むのではなく、たとえ1行でも2行でも、30秒でも1分でも書くほうを選ぶのです。あるいは、夜書いてもかまいません。

運動習慣も同じです。普段どおりにやれなくても、時間や量を大幅に縮小して、とにかくやるほうを優先するわけです。

私の経験では、たとえ少しでもやったほうが、リズムの大くずれを防げるし、気持ちも暗くなりません。

「完璧にできないからやらない」と思うのではなく、「少しでもいいからやっておこう」と考え、やったほうが、望みの生活に近づくことができます。

オール・オア・ナッシング的思考のワナ⇒なんでも白黒つける考え方をやめるススメ。思い込みを手放して可能性を広げるには?

5.できること/できたことに目を向ける

最後におすすめするのは、ポジティブシンキングです。悪いこと、できないこと、ないことに目を向けるのではなく、よいこと、できること、あるものに目を向けてください。

ないものを嘆いたり、できないことをくよくよしてもしょうがないです。

自分をかわいそうに思うと、多少は心がやすらぐかもしれません。最初の一撃を受けたときは、くよくよしたり、自分をかわいそうがってもいいかと思います。

ですが、そのままでいても、何も生まれません。

ネガティブな感情をひきずっていると、それがデフォルトになってしまいます。

いつも、足りないこと、できないこと、悪いことに焦点を向ける人になってしまうのです。

そういうものに、フォーカスしていると、ますます、足りないことや、できないこと、悪いことが見つかります。そしてますます、足りないことやできないことを嘆く負のループにはまります。

人は自分が探しているものを見つける話⇒無礼な人や気が利かない人にいちいちイライラしない3つの方法。 「2.嫌な目に遭うと思ってはいけない」をお読みください。

このループから抜けるのはそんなに簡単ではないです。最初からはまらないようにしておいたほうがいいですね。

節約習慣がリバウンドしたときの立ち直り方はこちらです⇒新生活を言い訳に買い物しすぎた私のざんげ。態勢の立て直しはこうする。

****

今回は、捨てるリズムがくずれたときに、うまく軌道修正をする方法を紹介しました。

5つ書きましたが、一番大事なのは、ポジティブシンキングではないかな、と思います。

これが、ごく自然にできる人は強いですね。





目覚まし時計時間の使い方を考えるヒント:時間管理に関する記事のまとめ前のページ

なんでも書くノートを書き続けたら自分の行動パターンに気づいた。次のページ日記をつけている人

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 断捨離する女。

    断捨離テクニック

    これで捨てまくる。「プチ断捨離シリーズ」記事の目次。

    意外と人気がある「プチ断捨離シリーズ」全20記事の目次を作りました。…

  2. クロワッサン

    断捨離テクニック

    モノを持ちたくないあなたへ~こんなものはキッチンには不要です

    キッチンは不用品の巣窟。今回は、たいていの家の台所にあるもので、簡単に…

  3. 春

    断捨離テクニック

    年度末の3月なら捨てられる4つのモノ。引っ越しの予定がなくても片付けたい。

    3月になりました。官公庁は会計年度の年度末であり、学校は学年末。1年の…

  4. ジャンプする人

    断捨離テクニック

    今度こそ物を減らすコツ(何度も失敗した人向け):行動開始編。

    これまで何度も断捨離を試みては失敗し、なおかつ、やはり物を減らしたいと…

  5. クローゼット

    断捨離テクニック

    こんまり流の片付けをする時間がない人には、こんな断捨離のやり方をおすすめします

    「断捨離をして、物を減らしてみたいけど、時間がないよ」、こんなふうにあ…

  6. 観葉植物

    断捨離テクニック

    散らかった居間を断捨離~今すぐリビングルームから捨てられるものリスト

    今回は日本の一般家庭のリビングルームにあるガラクタの例をあげます。別名…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,278人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. こわれたぬいぐるみ
  2. 筆子の顔が表示されたラップトップ
  3. 散らかった流し
  4. 壁画
  5. 写真アルバム
  6. 押入れの中
  7. ためこんだ紙袋
  8. 食器を片付けている女性
  9. 遊園地
  10. 絵を描く人

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. クローゼット
  2. テーブルを拭く
  3. peony
  4. 紙袋に入ったレモン
  5. おもちゃ
  6. 楽しくない人
  7. ツイン手帳
  8. カレンダー
  9. セルフポートレート

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP