シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

家事がめんどうでやる気が出ない時モチベーションを上げる8つの方法。


片付けでもそうですが、家事をするのがめんどくさくて、なんとなく先延ばししてしまうことってありますよね。

たまのことならいいのですが、これがクセになると、家の中がどんどん汚れていきます。

今回は、家事をやる気がしない時、いかに気持ちを立て直したらいいのか、その方法を8つお伝えします。いずれも簡単なやり方なのでお試しください。

1.シャワーをあびる、顔を洗う、着替える

「何を当たり前のことを書いているのか」と思うかもしれません。ですが、一人暮らしだと、休みの日、ずっとパジャマのまま、どんよりと1日をすごしてしまう、ということがありませんか?

これはひじょうにもったいない休日の過ごし方です。意図的に、ダラダラ過ごすののは別ですが。

主婦の方でもパジャマ姿のままぐずぐずしていると、なかなか仕事にとりかかれません。

朝一番の時間をいかに過ごすかで、その日1日が決まってしまう、とよく言われますし、実際そうだと思います。

そこで、朝起きて、「やる気でない…」とぼーっとしているなら、シャワーをあびたり、顔を洗って、まずはしっかり着替えてください。

すでにそのような身支度は終わっているけれど、やる気が出ないなら、髪をしばってみる、バンダナを巻く、鉢巻を巻くなどして、戦闘態勢を整えてみてください。

お化粧をする人なら、口紅を少しぬってみてもいいかもしれません。

フライレディも朝、すぐにパジャマから普通の服に着替えろ、と言っています⇒ズボラ主婦卒業。朝起きたら着替えて靴を履け、とフライレディが言う理由

2.まずはタイマーをかけてみる

私は家事や仕事によくタイマーを使っています。「ああ、どうしようもなくやる気がない」と思っても、5分だけタイマーをセットして、何かやってみてください。

いったんやり始めてみると、やる気が出てきます。

やりたくない家事や仕事を完了させたい時、もっともハードルが高いのは、一番最初の「取り掛かる」「スタートする」ポイントです。

何も考えず、タイマーを5分にセットして、とにかくやり始めてください。

どんなに家事が嫌いでも、24時間のうちの5分なら耐えられるのではないでしょうか?

私はタイマーを2つ持っています⇒タイマーを使って仕事や家事に一点集中~ミニマリストのタイマー活用法

キッチンタイマーでもiPhoneでもいいので使ってください。

何も1日中、家事や片付けをやらなくてもいいのです。5分、10分、15分、そんな短い時間でも、毎日やっておけば、大惨事にはなりません。

それに「やらなければならないのに、やれていない」という罪悪感からも解放されます。

3.一番簡単なことから始める

簡単なことから始めて、加速をつけてください。

「小学生が家庭で勉強するとき、まずドリルから始めましょう」と言われます。計算ドリルや漢字のドリルを5分ぐらいやってウォーミングアップし、気持ちを勉強モードに持っていくのです。

家事もこれと同じで、ものすごく簡単なこと、負担の少ないことから始めるといいです。

トイレや玄関のたたきなど、スペースが小さいところはすぐに終わるので、こんなところから始めてはどうでしょうか?

ズボラすぎる人は、とりあえず靴を揃える、というのでもいいと思います。

トイレの掃除の仕方⇒トイレと洗面所をきれいに保つ秘訣は毎朝の簡単掃除にあった。

小さな家事を完了したら、達成感を感じますので、次の家事に移る意欲が出てきます。


4.To-doリストを書いてみる

家事のやる気が出ないとき、実は、何をやったらいいのかわかっていない、ということがあります。

やることがわからないから動き出せないのです。

もし、家事リストやTo-doリストを書いたことがないのなら、ちょっと書いてみてください。

自分がやりたいと思っている家事、やるべきだと思っている家事を全部書き出します(箇条書きや簡単なメモ書き)。

そのうち、今日やったほうがいいものだけ抜き出します。

ここは現実的になり、あまりたくさん選ばないでください。

今日やるべきことを書いたら、その中のもっとも大事なことを3つだけやってください。

それで今日は終わりです。

これでも、何もやらないよりずっとましです。

もう少し意欲があるならルーティンを作るのもおすすめです⇒忙しいからこそ家事のルーティンが必要。汚部屋掃除の手順はこうして身に付ける

5.音楽をかける

明るい気分にさせてくれる音楽をかけて、気分をあげてください。自分の好きな音楽でいいです。

特に好みの音楽がないのなら、モーツアルトがいいのではないでしょうか?

雑巾がけ

音楽に合わせて雑巾がけするのはよい運動。

6.窓をあけて太陽の光を入れる

「なんだか、だるいわ~」と思ったら、まず、カーテンやブラインドを開けて、窓から太陽の光を入れてください。

太陽の光をあびると、人の気持ちはポジティブになります。

セロトニンが分泌されるからです⇒セロトニンを自然に増やす5つの方法。サプリは使わず幸せになる

暗い部屋にいると、気持ちも暗くなる一方です。

窓がなかったり、窓の前のスペース(窓台)に、物を置きすぎて、光をとりこめないなら、外に行って、ちょっと太陽の光をあびてください。

ついでにパワーポーズをするといいかもしれません⇒2分で人生を変える方法「ボディランゲージが人を作る」(TED)

先日思い出したのですが、私の父方の祖父は、毎朝、外で乾布摩擦をして、それが終わったら、太陽に向かって口をあけて(目は閉じている)、太陽のエネルギーを取り込んでいました。

口をあけて、カーっとかなんとか言っていたと思います。

不思議なことをする人だなあ、と思って見ていましたが、ある種の健康法だったのでしょう。

祖父が、太陽光で自分をチャージしていたとき、上半身は裸でした。着物を着ていたので、上半身だけ、はだけていたわけです。

「カーっ」と言いながら、祖父はパワーポーズをとっていました。

裸になったり、口をあける必要はありませんが、パワーポーズは効きそうです。

7.ご褒美を用意しておく

古典的な方法ですが、ご褒美を設定しておくと、やる気が出ます。

部屋の掃除が終わったら、読みかけの小説の続きを読もう、おいしいお茶を飲もう、など、考えてください。

ご褒美でよくあるのは、おやつ(コーヒーとクッキーとか)や買い物ですが、個人的にはどちらもおすすめしません。

ですが、砂糖断ち買わない挑戦に興味がない人にとっては、どちらも悪くないご褒美だと思います。

実のところ、人間の意志の力は有限なので、一度に

●家事をがんばる
●砂糖断ちする
●買わない挑戦をする

と、ふだんやらないことを3つも習慣にしようとすると、たぶん、すべてできません。

チャレンジは1つずつしたほうが、ものになります。

8.台所でスパイスを炊く

鍋にシナモンやクローブなど好みのスパイスを入れて、コンロで温めてください。よい匂いがただよってきて、やる気になります。

香りには人の気分を変える力があります。

精油(エッセンシャルオイル)を部屋焚きしたり、スプレーするのも同様の効果が得られます。柑橘系の匂いが、人をやる気にさせる、と言われていますが、好きな香りだったら何でもいいでしょう。
=====
このほかに、インテリア雑誌をパラパラ見て、刺激を受ける、という方法もあります。ですが、雑誌やインターネットを見始めると、だらだらと時間を使ってしまうので、あえて書きませんでした。

できそうなことから始めてください。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索