汚部屋

ミニマルな日常

1週間で家を片付けなければならない読者にアドバイス。

家を1週間で片付けなければなりません。何かアドバイスをください。

このメールに返信します。

一番最後に、エッセンオンラインの記事の告知がありますので、最後まで読んでください。

では、まずメールをシェアします。るるるさんからいただきました。



急きょ、部屋を片付けることになりました

件名:1週間で片付ける

お風呂の蛇口が壊れました。

筆子さん、こんにちは。

以前、家中のエアコンが壊れてどこから片付けていいのかわからない、と相談した者です。

その時と同じような状況で、ちょっとメールさせてもらいました。

私はこの冬もずっとシャワーで済ませてきました。そのシャワーの蛇口がおかしくなり、使えなくなってしまったのです。

では湯船にお湯をためて、と思ったところ、湯船のお湯の蛇口は長く使っていなかったからか、回しても水さえ出ません。水のほうの蛇口からは水は出るのですが。

毎日の習慣にはなっていないけれど、だいぶ片付けするようになり、たくさん物を捨てました。

でも、まだまだな中、コロナ対策の仕事で別の部署の応援にまわり、休憩も取れないような仕事を9日続けてようやく元の部署に戻ったところに、これです。。

片付けできないのを仕事のせいにするな、と言われているのですが、さすがに今回はキツかったです。体の回復がまだな中、これは困った。

取り敢えず、風呂は当面、温泉施設で入ることにしましたが、ずっとそうするわけにもいかないので、今度の土曜日に見にきてもらうことにしました。

きょうは日曜日、体を考えるとあまり根を詰めてはできないのですが、取り敢えず、昨夜から脱衣所を片付け始め、きょうは脱衣所をきれいに仕上げる。

風呂場は前よりいらないものは減りましたが、最低限のもののみ置くことにして物を捨てる。掃除は後日にします。

当日までに、玄関から風呂場までの動線とその横のリビングを片付けることにしました。これから、時間割を作るところです。

子どもが帰って手伝うと言ってくれたのですが、来月病院で受ける検査前2週間は、県外の人と接しないよう言われているので単独でしなくてはなりません。

もう少し先にしてもよかったのですが、長く温泉通いもできないので、自分を奮い立たせるギリギリの日に決めました。

幸い、前の土日に出勤していた振替休暇をこの間にもらえそうなので、それを活かして、ある程度の見栄えまでにしておこうと思います。

来月の検査は、人間ドックで引っかかったものに関する精密検査です。50代後半、何があるかわからないので、やはり身ぎれいにしておかないといけませんね。

ふつうの家、というのをどういうものと捉えるかは考えがいろいろでしょうが、ふつうの家の人が「ちょっと汚れて(散らかして)ますが」ぐらいで業者さんを迎えたいと思います。

筆子さんから何かアドバイスをいただけるとうれしいです。

よろしくお願いします。





るるるさん、こんにちは。

お風呂にお湯をためることができなくなったのですね。

それは困りましたね。

私は、毎晩、お風呂に入るのが楽しみの1つなので、シャワーだけで済ませるのはとてもつらいと思います。

さて、何かアドバイスを、ということですが、るるるさんは、私にどんなアドバイスを求めているのでしょうか?

記事にした質問以外にも、これまで何度かアドバイスしています。

るるるさんの最初の質問に対する回答⇒汚部屋ばかりでどの部屋から片付けたらいいのかわからない←質問の回答

私がするアドバイスに対して、るるるさんは毎回、「でも、仕事が忙しいからできないんです」「こんなしんどい状況だからできないんです」という言葉を返してきます。

そうはっきりとは書かれていませんが、要旨はそうなります。

基本的に、自分の言い分や考え方、行動を変えようとは、あまりしていませんよね?

その場合、また同じことをアドバイスしても、状況は変わらないと思います。

るるるさんが、これまで私に送ったメールとその返信がお手元にあるなら、無事にお風呂が使えるようになったあと、もう1度客観的に読んでください。

以前に比べて、家の中も片付いたようですから、今後も、その調子でコツコツ片付けてください。

短期的な解決法:業者が仕事できる程度に片付ければよし

今回の片付けに関しては、業者が、家に入って、お風呂まで到達し、蛇口を修理できる状況になれば、それでよいと思います。

べつに、見栄をはって、ふだんぐしゃぐしゃな部屋を、きれいな部屋にする必要はありません。

業者の導線を確保し、風呂場をきれいにするだけなら、そんなにしんどくないですよね?

他人の家に入って仕事をする人は、いろいろな家を見ているから、るるるさんの家が物だらけでも、そんなに驚かないと思います。

その人は、自分の仕事さえできればいいのですから。

仮にその人が、るるるさんの家を見て、ぐしゃぐしゃ具合にびっくりし、「わ~、物が多いですね~」とか、「うわ~、こんな家に住んでいるんですか?」と言ったところで、本当のことなのですから、「はい、そうなんです」とこたえておけばいいのです。

ふだん汚い家に住んでいるのに、きれいな家に住んでるふりをしようとするとストレスが増えますよ。

長期的な解決法1:完璧主義を手放す

今回の問題は、数年前に、エアコンがこわれて、大急ぎで片付けなければならなくなったたときと本質的には同じ問題です。

よって、エアコンがこわれたときの記事をもう一度、読んでいただくのがいいと思います。

特に、

4)完璧主義に陥らない

5)片付けられないのを外的状況(他人や仕事)のせいにしない

この箇所を読んでください。

お会いしたことはありませんが、私はるるるさんは、なんでも完璧にしたいと思う傾向が強いと思います。

いつも仕事が忙しいのはそのマインドセットによるところも大きいのではないですか?

休憩も取れない仕事を9日続けるって、普通じゃないでしょ?

仕事中に、休憩を取ってしまうと、この世界が崩壊してしまうお仕事をされているんでしょうか?

ワーカホリックの人は、「私が仕事しないと、回らないから、やるしかない」と思っていますが、自分が仕事をするのをやめたって、会社を休んだって、社会はふつうに回ります。

ある国の大統領が暗殺されても、しばらく混乱はしますが、残された人の人生は続いていきます。

「私が仕事をするしかない」と思いつめ、仕事ばかりしている人は、

・他人の仕事まで引き受けている(自分の仕事以外もやっている、他人に仕事を任せない)

・嫌な仕事や、無理な仕事を断らない

・優先順位をつけることができない(大事な仕事も、それほどでもない仕事も、それぞれ、時間をかけて完璧に仕上げようとする)

こんな状態に陥っていると思います。この状態を変えてください。

そのためにすべきことは、過去記事にたくさん書いています。

完璧主義を克服する7つの具体的な方法。

仕事も大事だって、家で過ごすプライベートタイムだって同じくらいか、それ以上に重要です。

今は、部屋が荒れてるぐらいですんでいるかもしれません。しかし、今後もこんな調子で仕事をしていたら、病気になると思います。

仕事が忙しいから汚部屋なんです、この言い訳をすっぱり捨てるすすめ。

長期的な解決法2:物を減らす

何度も書いていますが、家の中が大々的に散らかるのは物が多いからです。

物を減らしてください。

私、こんな本を書いております⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

ムックもあります⇒ムック本:『8割捨てて、すっきり暮らす』、著者による紹介。

以上の本を購入いただくか、図書館で借りて、参考にしつつ、物を減らしてください。

物が少ないと、そんなに散らからないし、散らかったとしても、短時間で片付けることができます。

どんな物も手に入れると、管理の手間が生じるので、忙しい人ほど、物はあまり持たないほうがいいと私は思います。

一人暮らし(ですよね?)のるるるさんの家に、なぜ、そんなに物があるのか、その理由はわかりませんが、もし、私の夫のように、「もう用済みになった物」をいつまでも持っているなら、さっさと捨てたほうがいいですよ。

物はそんなにないのに散らかっているのなら、使ったあとすぐに戻していないからでしょう。

使い終わった物は、すぐに戻す習慣をつけてください。

2018年の7月、エアコンの修理のために、物を片付けるはめになったとき、がーっと片付けて、いったんはきれいになったんですよね?

それから3年半たった今、なぜ、また汚部屋なのか、その理由をご自身で分析してください。

いつもブログに書いていますが、

・余計な物を持たない

・使い終わったらすぐに片付ける

この2つをやっていれば、家はそんなに散らかりません。

この2つとも、難しいことではありませんよね? もし、難しさを感じるなら、どこがそんなに難しいのか、改めてお便りでご相談ください。

そのさい、「仕事が忙しいから」という言い訳は、却下しますので、そのつもりで。

時間がないんじゃなくてやる気がないだけ。大事なことに時間を使う方法(TED)

それと、うるるさん、ブレインダンプかモーニングページを書いていますか?

頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

「そんな時間はない!」とおっしゃるかもしれませんが、そういう人こそ、いろいろ書いて、思い込みを直していったほうがいいです。

モーニングページを書き始めるコツ~朝、そんなもの書いてる時間がないというあなたへ。

それでは、うるるさん、片付け、ほどほどにがんばってください。

関連記事もどうぞ

10分で、散らかった部屋をふつうの部屋に見せる片付けのやり方。

汚部屋をきれいにしたい人におすすめの7つの習慣。

汚部屋を卒業したいの? 自分優先主義を採用してください。

手っ取り早く部屋をきれいにするアイデア(その1)。汚部屋をちょっと散らかっている部屋に。

緊急事態です。大急ぎで部屋を片付ける方法を教えて←質問の回答。

どうしていつもぐしゃぐしゃなのか?あなたの家が片付かない最大の理由はこれ

エッセオンラインの新記事

エッセオンラインに新しい記事を書きました。

今回は食生活に関する話です。
60代、若い頃と大きく変わった食生活。健康のためにやめたものとは | ESSEonline(エッセ オンライン)

興味のある方は、お読みください。

それでは、あなたも、質問、感想、伝えたいことなどありましたら、お気軽にメールください。

お待ちしています。





絵を描く手元絵を描くことは、ものごとをよく見ること。(TED)前のページ

シンプルに生きるために今月おすすめの4つの習慣。次のページピンクの花の咲いている木

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  3. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  4. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。

関連記事

  1. 肘掛け椅子に座る若い女性

    ミニマルな日常

    持たない暮らしを10年やって気づいたミニマルライフのよいところ。

    よけいな物はなるべく持たず、身軽に生きていこう、と考え、そういう生活に…

  2. ジャック・オ・ランタン

    ミニマルな日常

    ハロウィンに仮装してお菓子をもらい、ジャック・オ・ランタンを作る理由

    ハロウィンの起源、特にトリックオアトリートと、ジャック・オ・ランタン(…

  3. 歩く人

    ミニマルな日常

    突然の変化や人生の転機にうまく対応するには?

    大学生の娘が家を出ると言ったので、目の前が暗くなり、心の整理がつきませ…

  4. 絵を描く人

    ミニマルな日常

    ミニマルライフと、道具がたくさんいる趣味のバランスをとる方法。

    絵を描くので画材や道具がたくさんあります。創作活動とミニマルライフは両…

  5. ダイニングキッチン

    ミニマルな日常

    整理収納アドバイザーに片付けを頼んできれいな部屋のよさを実感した話。

    シンプルライフや、マインドフルな暮らしを心がけている読者のメールを紹介…

  6. ニューイヤーズ・イブ

    ミニマルな日常

    目をそむけていたことに向き合って、暮らしを充実させた話。

    2019年最後の更新は、読者のお便り紹介です。今年を振り返る内…

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,574人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 古くて重い布団
  2. ノートパソコンで在宅ワーク
  3. テディベア
  4. 時計を持っている女性
  5. 化粧品を買い物中の女性
  6. 自転車に乗っている人
  7. 読書している女性
  8. 飾り物
  9. 寄付する服
  10. 実家にある大量の傘

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. PHPくらしラク~る♪2017年12月号
  2. 捨てて後悔する女
  3. ノートを書いている人
  4. ポンチョを着た人
  5. ウォーキング
  6. 二日酔い
  7. 写真集
  8. シナモンバン
  9. ストレス
  10. 海を見ている女性

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP