買い物

買わない

買わない生活チャレンジ中、買わないことが平気になった主婦の6月の振り返り。

6月の買わない挑戦の結果です。

今回も、記事の後半で、やたらと物を買う生活から抜け出すコツをいくつかお伝えします。



2019年6月に買ったもの

食品以外では、以下の3点を購入しました。日付は家に入った日です。

・リステリン (6/5)

・雑誌、2冊(6/4、6/20)

リステリンについてはこちらの記事に詳しく書いています⇒リステリンは歯肉炎改善に効果がある?歯の健康のために私がしていること

雑誌は、フランス語に慣れるために読んでいる子供むけの雑誌です。5月に届く分が遅れて、6月に配達されたので、2冊となりました。

定期購読しているので、すでにお金は支払い済みです。

私、フランス語を読むのは遅いのですが、この雑誌は、全部読むのに1時間かからないので、届いたら、すぐに読んでしまいます。





6月の振り返り

6月はあまり、というかほとんど買い物をしませんでした。食品の買い出しにもあまり行ってません。

なぜ、買い物をしなかったかというと、時間がなかったからです。

毎日があっという間にすぎていき、気づいたら今年も半分終わっていました。

時間がなかった、と言うよりも、買い物の優先順位が低いと言うべきでしょう⇒時間がないんじゃなくてやる気がないだけ。大事なことに時間を使う方法(TED)

一度だけ、娘の買い物につきあって、南のほうにあるショッピングセンターへ行きました。ここは、英語では、retail power center (リテイル・パワー・センター)と呼ばれる形態のショッピングスポットで、いろいろな専門店が集まっています。

いろいろな店といっても、衣料品や化粧品、靴屋などが多く、私の興味のある店はありません。

この外出に4時間ぐらい費やしたでしょうか?

計算していませんが、買い物にかけた時間はひじょうに少ないです。

7月に買う予定のもの

7月はデンタルフロスとフロッサー(柄付きのフロス)を買う予定、というか、すでに7月のはじめに買いました。ほかにキャンドルと水筒を洗うブラシも買うつもりです。

フロッサーはもっと早く買おうと思っていたのですが(以前の振り返りでは5月に買う、と書いています)、結局、7月になりました。

なぜ先延ばしをしていたかというと、日々があっというまにすぎていき、気がつくと、毎月、月半ばになっていたからです。

このフロッサーは、近所のドラッグストアに売っておらず、アマゾンで購入するので、クレジットカード決済になります。

月半ばになると、「もう少しがまんすれば、クレジットカードの締め日だから、締め日をすぎてから買おう」と考えるため、買い物は、次のタームにまわされるのです。

以前も書きましたが、私はクレジットカードの明細に、ずらずらとたくさん品目が並ぶのを見るのがあまり好きではありません。

好きな人はいないと思いますが。

明細に取引が並ぶのを見ることが、痛みとして感じられるようになると、クレカの使いすぎはなくなるかもしれませんね。

物を買いすぎる生活をやめるコツ

買わない挑戦を6ヶ月やってみて、感じていることを書きます。

習慣を変えるべし

買い物は生活習慣にすぎないので、習慣を変えれば、買わなくても平気になります。

私は、10年前、本気でシンプルライフにしようと決めたときから、買わないことを心がけていいます。だから、もともと、そんなに買わないのですが、それでも、時期によって、よく買い物しているときと、そうでもないときがあります。

直近で言えば、去年、2018年は今年よりずっと物を買っていました。

カナダのアマゾンで、よく塗り絵グッズを買っていました。さらに、秋に里帰りしたときも、東急ハンズやらをのぞき、色鉛筆などを買っていました。

今年は、ほとんどアマゾンにアクセスしていません。

「買わないことにしよう」と決め、実際にそうすれば、買わないでいられ、そのうちそれがデフォルトになります。

いきなり、1年間、買わない挑戦をする必要はなく、小さなスケールで習慣を変えるといいと思います。

たとえば、

毎週、水曜日は買い物をしないことにする

週末は買い物をしないことにする

1週間、買い物をやめてみる

1ヶ月、買い物をやめてみる

3ヶ月、買わない挑戦をする

半年、買わない挑戦をする

1年、買わない生活をする

買い物をしない環境作り

買わない生活をすると決めたら、買うことをうながすものをできるだけ排除します。

たとえば、

買い物できる場所から極力、自分を遠ざける

どうしても必要がない限り、ショッピングセンターや店に行かないでください。

先月、私は娘につきあって、本屋やショッピングセンターへ行きましたが、昔の自分だったら、何かを買っていたと思います。

今すぐには必要はないが、もうすぐ必要になるはずのノートとか。

実際、本屋(雑貨も売っている)で、ノートをぱらぱらと見て、「あ、これセールなんだ、買おうかなあ」とも思いました。しかし買いませんでした。

買い物する場所は、リアルだけではありません。理由もなくオンラインショップにアクセスして、だらだら見るのもよくありません。

私は、アマゾンで買い物をするとき、「買うつもりのなかった物」を買うことがあるし、買う予定ではない物のレビューを見て、時間を失うこともあります。

脳は本来、目新しい物が好きなので、無防備のままアクセスすると、よけいな物を買うことにつながります。

広告を遠ざける

セール情報を届けるメールはすべて解除します。

CMとセットで届けられるテレビ番組も、できれば、あまり見ないほうがいいと思います。

とはいえ、今の世の中、広告であふれています。毎朝通る駅にも、大きなポスターが貼ってあるでしょう。電車に乗れば、中吊り広告があります。

そういうときは、広告に対する意識を変えるといいです。

たとえば、私はブロガーなので、広告の文章は、キャッチコピーの参考として読んでいますし、もし日本に住んでいたら、「これを英語/フランス語に訳すとどうなるか」と考えながら見ると思います。

こうすれば、もはや、その広告は、「関心を引きつけるもの」ではなく、単なる無料の学習素材になるのです。

買い物を別の行動に置き換える

これまで買い物に費やしていた時間を、別のことをするのに使います。

買い物することより、優先順位の高いことがたくさんあると、必然的に、買い物に費やす時間は減ります。

何をするかは、自分で決めるべきですが、ささやかでも自分の人生になんらかの違いをもたらすことをするといいでしょう。

よくよく考えると、本当はいらない物を、いくら買い物しても、何も生み出されません。ゴミは増えますが。

お金がなくなる、貯金が増えない、部屋の中にガラクタがたまる、物の管理に疲れる、というネガティブなことはたくさん起きます。

どんどん買い物をする生活は、消費するだけの生活です。

消費するのではなく、何かを生み出すことに意識を向けて暮らすと、買い物ばかりするのがいやになるでしょう。

必要性の吟味を忘れない

買うまえに必ず、「これは、本当に必要か?」と考えます。

例外なく。

「きのうの私は、これを必要としていたか?」と考えてみるといいかもしれません。

きのうは、こんな物の存在すら知らなかったのに、なぜ今日の私は、これがどうしても必要な物だと感じてしまうのだろうか?

考えて答えを出すことが目的なのではなく、後先考えず、買ってしまうこと(つまり衝動買い)をしないクセをつけるのが目的です。

その買い物から、自分が何を得ようとしているのか考えるのも効果があります。

必要性の低い物を買うとき、人は、それが欲しいのではありません。「それがもたらしてくれそうな何か」がほしいのです。

たとえば、それは

・新しい物を手に入れる刺激、ワクワク感

・少しのあいだしか続かない幸せ

・誰かの仲間として認めてもらえること

・誰かの承認

・安心感

・流行にのっている自分

・うやうやしい店員さんからもたらされる自己重要感

・自分のほうが偉いと他人にしらしめること(マウンティング

こんなものです。

これまでの振り返りもどうぞ

無駄な買い物をやめる7つのコツ(私の買わない挑戦、5月の結果)。

筆子の買わないチャレンジ報告。4月はよけいな買い物なし。

筆子の買わない挑戦、3月の振り返り。予定どおりの買い物をした月。

買わない挑戦、2月の振り返り。あまり買い物しませんでした。

余計な物を買わないチャレンジ、1月の振り返り。

買わない生活を継続するために私が心がけていること。

まとめ記事⇒買わない習慣を身につける方法を書いた記事のまとめ

******

買わない挑戦、先月の結果をお届けしました。

下半期もなんとなくこんな感じで続きそうです。

1年ぐらい、買わない挑戦をするのは簡単ですね。どうしても必要な物は買わざるを得ないし、さして必要でない物でも、ちょっと待って、次の年に買えばいいのですから。





ゼロ・ウェイストな暮らしゼロ・ウェイストな暮らしの始め方。ふつうの人向けの現実的なプラン。前のページ

もう買わなくていい物3つ。ミニマリスト主婦、筆子の場合。次のページティッシュペーパー

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 買い物好き

    買わない

    買い物大好き主婦から目的買いができる人になる7つのコツ。

    買い物中毒ぎみで、いらない物を溜め込み、いっこうに貯金できない人は一生…

  2. ネット通販をする女性

    断捨離テクニック

    物の出どころを調べて、これ以上増やさないようにする方法。

    物がたくさんあると落ち着かないし、ストレスもたまります。今回は、物の出…

  3. 笑顔

    ミニマム思考

    不用品でいっぱいの部屋から抜け出し、幸せになる方法

    家にいらない物がいっぱいで困っていませんか?物を買わないですむ考え方を…

  4. 財布を持つ人

    買わない

    どうしたら、同じ物を長く大事に使えるようになるか。

    じっくり吟味して、気に入った物を買っても、そのうち、別の物に買い直すこ…

  5. スーツケースに入れた靴とシャツ

    ファッションをミニマルに

    着ない服ばかり買ってお金を散財する生活から抜け出す方法。

    ちゃんと着る服だけを買う人になる方法を5つ紹介します。物理的な…

  6. 財布をひっくり返す女性

    買わない

    買い物が止まらなくて困っています。どうしたらやめられますか?←質問の回答。

    買い物依存に悩んでいる、買い物のやめ方を教えてほしい、というメールをい…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,350人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 高いところにある棚
  2. 手帳に何か書いている人’
  3. スマホで買い物している人
  4. テレビを見る兄弟
  5. 角砂糖
  6. スマホを見る女性
  7. スカートをはいた女性の足元
  8. 化粧品売場
  9. セーター
  10. 本を読んでいる女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 豚の貯金箱
  2. 朝のひかり
  3. スーパーで買い物する人
  4. 吊り戸棚の中
  5. 読書
  6. 身軽な猫
  7. 服をチェック
  8. ブティック
  9. ネガティブな会話。
  10. スタートが切れない。

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP