アイスクリーム

TEDの動画

バリー・シュワルツに学ぶ『選択のパラドックス』(TED)~所持品をミニマムにすると生きやすくなる理由とは?

TEDトークスから、心理学者、バリー・シュワルツの『選択のパラドックス』というプレゼンテーションをご紹介します。

なぜ選択肢が多いと人は不幸になってしまうのか、わかりやすくユーモアを交えて説明しています。



選択肢がありすぎると不幸になる

長さは19分ほど。日本語の字幕が出ます。

この動画の撮影は2005年の7月で、今から10年前。まだスマホがなかったので、携帯電話の話が出てきます。

10年たって、選択肢の多さが人を不幸にしている状態はますます顕著になっている気がします。

動画の下に要約を書きますので、お時間のない方は、そちらへ飛んでください。

☆字幕なし、ほかの言語の字幕、トランスクリプトを見たい場合はこちらへ⇒Barry Schwartz: The paradox of choice | Talk Video | TED.com

☆TEDの説明はこちら⇒TEDの記事のまとめ(1)ミニマリスト的生き方の参考に

選択のパラドックス:要約

「選択肢が多ければ多いほど人は自由であり、幸せである」というのは間違い

工業化が進んだ西欧の国々では、人は自由になればなるほど幸せである、と考えられています(official dogma)。

また、いろいろな局面で選択肢が増えれば増えるほど、人は自由であると考えられています。

つまり、選択肢が増えれば増えるほど、人は自由である、と思われているわけですが、私はこれは違うと思います。それには以下の2つの理由があります。

選択肢が増えると人はかえって不幸になる理由

理由1:多すぎる選択肢は、人を自由にするというより、麻痺させてしまう(paralysis 字幕では無力感と訳されているところ)。

選択肢が多ければ多いほど、選ぶのが難しくなってしまうのです。

理由2:仮に選ぶことができたとしても、選択肢がより少ないときに比べると、その選んだ結果に満足しにくい

これにはいくつかの理由があります。

1)選んだものが期待どおりでなかったとき、ほかの選択肢を思い浮かべ、あっちにしておけばよかったと後悔してしまう。(例としてサラダドレッシングをあげています)。

2)オポチュニティーコスト
選択肢が多いと、それを選択したことによって、失ったたくさんのものについて考えてしまい、選んだ結果に対する満足度がさがる。たとえ、素晴らしい選択をしていたとしても。

(☆オポチュニティーコストとは、ある行動を選択したことによって失われるほかの行動が生み出したであろう利益です。

たとえば、日曜日にフリマで断捨離した古着を売るつもりで準備していたけど、友だちにピクニックに誘われたので、そっちに行ってしまった場合、フリマで古着を売ったら得られたであろうお金のこと。)

3)期待する気持ちが高まる
ジーンスを買いに行き、だった1種類しか選択肢がなくて、それを買ったときより、いろいろ履き比べて選んだときのほうがは、ジーンズそのものに対する期待がより高まってしまう。

選択肢が増えると、人は、それらの選択がよりいいものだと期待してしまう。

4)選択をあやまってしまったとき自分を責める
ジーンズが1種類しかなく、それが今いちだったら、それは世間(この世界)のせいである。しかし、さまざまなジーンズの中から選んだ1本が期待どおりでなかった場合、それは「適切な選択をできなかった自分のせいだ」と人は思う。



最近のうつや自殺の原因は、人々のいろいろなものへの期待や、これが標準だと思っているもの(スタンダード)の基準が高すぎるからです。

「選択肢が増えれば増えるほど、人は幸福である」というのは、違うのです。私たちは、幸福になれるちょうどいいぐらいの選択肢以上のものを持ってしまっています。

先進国で選択肢が多いのは、物が豊富にある(material affluence)せいです。世界には物がなさすぎて困っている場所もあります。

もし、選択肢を増やして我々を不幸にしている物を、物のない国に移動させることができたら、物のない国での生活はもちろん向上しますが、我々の暮しもよくなるのではないでしょうか?

・・・・・要約ここまで・・・・

選択肢が多いのはいいことなのか、悪いことなのか

確かに選択肢が多いと、より自分らしい人生を送ることができ、幸せになれると言えます。

たとえば、昔の女性は、学校を卒業したら、数年会社に勤めて、結婚適齢期(死語でしょうか)のあいだに結婚して、家庭に入ったら、仕事はやめて、ずっと家事と子育てに専念、という道がスタンダードでした。

今は、必ずしも結婚する必要はないし、早く結婚してもいいし、遅く結婚してもいい、仕事をずっと続けてもいいし、やめてもいい、数年で職場復帰してもいいし、パートで働いてもいい、といろいろな道があります。

これは女性にとってはうれしいことですね。

しかしその分、人生の局面でいろいろ迷います。動画に出てきた「人は毎朝自分のアイデンティティを選びながら生きている」というのはこういうことだと思います。

ただでさえ、こうした選択で、日々、エネルギーを取られているのに、瑣末な物質的なものをいちいち選んでいるとますます疲れてしまいます。

いろいろありすぎて、迷って、「もうどうでもいいや」と選択を放棄してしまうのです。せっかくいろいろなチョイスがあるのにもかかわらず。

こちらのプレゼンでも同様のことが話されています⇒ミニマリズム~何もしない時間、何もないスペースを作ってより充実した人生を

去年の夏、里帰りしたとき、東京で友人とお昼を食べるために入った店が、選択肢の多いメニューを提供していました。

ランチは主食、メイン、副食、デザート、ドリンクのセットもので、それぞれについて3つぐらい選択肢があったのです。

よって組み合わせを考えると、けっこうな種類になります。

メニューをじっくり見て、主食をAにすると、副菜はBがいいだろうけど、そうすると、デザートCは主食には合うけど、副菜には合わないし、ドリンクは冷たいほうのDになるけど、冷房が効きすぎてるから冷たい飲み物はいやだし、なんて迷います。

私は、おまかせで頼めたほうが楽です。

組み合わせメニューはよりお客さんの好みにあったものを食べてもらいたいという気持ちからかもしれませんが、筆子はこういうのはかえってめんどうで嫌いなのです。

さんざん迷ったあげく選択しても、その結果に満足できないというのも体験としてよくわかります。選択が1つだったら、それで突き進むしかないのですから。

関連⇒断捨離中にいちいち迷わない3つの方法

「選択肢が多すぎると、そのものに対する期待値があがる」というのは考えたことがなかったのですが、そうかもしれませんね。

ランチメニューが1つしかない店より、いろいろ取り揃えている店のほうがよさそうに感じてしまいますから。

☆たくさんある選択肢の中からよりうまく選ぶ方法はこちら⇒選択をしやすくするには~シーナ・アイエンガー(TED)。選択肢の海の中で生きる技術。

選択肢の少ないミニマルライフのススメ

私たちはこういう無数の選択を日々繰り返しています。そして自分でも知らないうちに、気力(メンタルエナジー)を使ってしまい、ストレスをかかえることになるのです。

暮しをシンプルにすると、いろいろと生きやすくなるのは、このようにあれこれ迷う機会が減るからです。

洋服はもちろん、ガジェットなども多すぎると、使い分けを考えたりしなければなりません。持ち物は必要な分だけ持ち、自分の定番を決めて生活を簡単にしておくほうがいいのです。

ずっとシンプルライフや断捨離が流行っていますが、一方で、100円均一ショップや、アウトレットショップ、ファストファッションを扱う店で、毎日大量の物が販売されています。

何も意識せずに暮していると、日々、たくさんの選択をするはめになります。

私が持たない暮しをめざしているの理由の1つは、「多すぎる選択肢の罠」に、囚われたくないからです。

これからは、できるだけ、物とやることを減らして、ミニマルな暮しに持っていったほうが、より心穏やかで幸せな人生を送れるのではないでしょうか?





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…
  2. プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。

関連記事

  1. レス・イズ・モア

    TEDの動画

    少ないほうが幸せ。なんでも多ければいいという考え方が人を不幸にする(TED)

    いらない物はみんな手放してスッキリしたい人の参考になるTEDのプレゼン…

  2. お茶

    ミニマム思考

    行き詰まりを感じている人は要チェック。断捨離をめぐる5つの誤解とは?

    「断捨離が停滞して、どうもすっきりしない、私、かえって不幸になっている…

  3. お金がない人。

    ミニマム思考

    みんながミニマリストになったら日本経済は衰退するのでは? という質問への回答。

    読者の方から、こんな質問をいただきました。節約するには何より物…

  4. 怒っている人

    ミニマム思考

    怒りの感情をうまくコントロールできる人になる7つの方法。

    誰でも腹が立つことはあります。圧倒的な社会的な悪に対してムカム…

  5. 書き初め

    ミニマム思考

    新年の誓いをより効果的に立てる7つのコツ。確実に実現に近づくために。

    できるだけ効果的に新年の目標を立てる秘訣を7つお伝えします。新…

  6. 海を見る女。

    ミニマム思考

    ミニマリストブームの背後にあるものとは?なぜ今ミニマリズムなのか。

    ミニマリストをテーマに卒業論文を書いている大学生のKさんからの質問に答…

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

406人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事です♪

  1. いらない物や自分の意見を押し付ける人とうまくつきあう5つの方…
  2. シンプルライフを目指しているのに、いつまでも服を買い続けてい…
  3. (連絡)汚部屋の片付け方について質問をされたKさん、メールが…
  4. 断捨離がほぼ終わったあとやりたい5つのこと。
  5. プレゼントの応募についてメールをいただいたHさんへの返事です…
  6. あなたが買い物する理由、この中にありますか? 浪費で消耗する…
  7. 子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回…
  8. どんなふうに服を断捨離していったか?:ミニマリストへの道(1…
  9. 大々的に変えようとしないこと。小さな習慣から始めよう(TED…
  10. 私がせっかく断捨離した物を母親が使っているのでモヤモヤします…

今日のおすすめ記事

  1. ヘンプシード
  2. 断捨離中、決断に迷う人。
  3. 皿
  4. インターネットショッピング
  5. 四葉のクローバー
  6. 若い女性
  7. パワフル
  8. 気分がうつうつする人。
  9. 歯医者
  10. 片方だけのピアス

過去記事、たくさんあります♪

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪

捨てられない人は要チェック

1週間で8割捨てる技術

⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

筆子のおすすめ記事

  1. 歯
  2. 雑巾がけ
  3. 汚部屋
  4. 安い物が好きな人。
  5. カレンダー
  6. 20165月人気記事画像
  7. フライパン
  8. 情報過多
  9. 紙袋を断捨離
  10. トウシューズの試し履き
  1. 冷蔵庫

    断捨離テクニック

    シンプルライフ、何から始める?~まずは冷蔵庫の表面をきれいにするとうまく行く
  2. クローゼット

    断捨離テクニック

    今すぐできる8つのプチ断捨離。捨てるのが苦手でもトライする価値あり
  3. 気分がうつうつする人。

    ミニマム思考

    理想と現実のギャップにがっかりして動けなくなったときの対処法。
  4. ミニトランポリン

    健康・アンチエイジング

    ミニトランポリン歴1年7ヶ月の私が伝える、7つの健康効果
  5. 家計簿をつける主婦

    お金を貯める

    節約のやりすぎでかえって不幸になってしまう5つのケース。
PAGE TOP