シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

収納や整理整頓にはまって断捨離の遠回りをする日々~ミニマリストへの道(16)


一昔前、筆子は、「『収納』するより『捨て』なさい」という本を読み、物減らしに励んでいましたが、途中で脱線することがしばしばありました。

いらない物をついうっかり買ってしまうのもそうですが、1番まずかったのは、収納にこった時期があったこと。

特に娘の服の片付けにいろいろ頭を悩まし、時間とエネルギーを注いでいました。

娘の服の数を増やしてしまった

何しろ、その前に物を増やしていたので、娘の服がそれはもうたくさんあったのです。

こんなふうにして物を増やしていました⇒筆子の物を増やした3つの危険な習慣とは?~ミニマリストへの道(10)

筆子がオークションや古着屋で、「かわいいな」と思って買った服がたまっていました。子供服は回転が速いので、着られなくなった服はどんどんリサイクルしたり、友人に譲っていたのですが、それでもまだ必要以上にありましたね。

世の母親がみんなそうだとはいいませんが、女の子というのは、しばしば母親の着せ替え人形となります。少なくとも家はそうでした。

今の筆子からは考えられないのですが、幼稚園に毎日違う服を着せて送り出していました。何かイベントがあるたびに、「〇〇用に特別な服がいるわね」と自分で服を買う理由をひねり出し、調達していたのです。

収納にこりすぎていたおろかな私

たくさんある服はこんなふうにマニアックに片付けていました。

たんすの中

娘の部屋においていた(実は今もまだある)、小ぶりの白いタンスの4段目と5段目です。中身は、小学校1年の頃の衣料品。

服はこれだけではありません。ハンガーにつるしたほうがいいワンピースなどは、大きなクローゼットに入っていましたから。

絶対に、服、持ちすぎです。

4段目に入っているトップスやレギンスは、ダンボールたたみという特殊なたたみ方をしています。これはインターネットで見つけたたたみ方で、四角く切ったダンボール紙を広げた服の上にあててたたんでいき、最後に、ダンボールを抜く方法。

たためたら、引き出しに立てて並べます。

ダンボールをガイドにしてたたむと、すべてがほぼ同じ大きさにたためるので、見た目がきれいです。しかも、立てて並べるから、どこに何があるのか一目瞭然。

こうしておけば、娘がその日着たい服を見つけやすく、取り出しやすいだろう、と思ったのです。実際、この収納法にしたら、いわゆるふつうの積み重ねるしまい方より、引き出しの中の乱れは減りました。

しかし、この収納も完璧ではありません。というのも、娘が、任意の服を引っ張りだしたあと、しばしば気が変わり、それをたんすの中に戻して、ほかの服を引っ張りだすからです。

きちきちに入っているから、子供には、引き出しの中の規律を乱さずに、出し入れすることなど不可能だったのです。

ちょっと油断していると、たんすの中がくしゃくしゃになるので、筆子は、乱れを発見したら、またすぐダンボールたたみをして、入れ直していました。

洗濯をしたら、手前から入れて、いつまでも後ろでくすぶっている服は捨てていましたが、今思うと、こんなことをするより先に、もっと服を減らしたほうがよかったです。特に靴下やレギンスは、こんなにいらないですね。


整理整頓や収納にこればこるほど、ミニマリストの世界から遠ざかる皮肉

筆子は、日本ブログ村のミニマリストカテゴリーに登録していますが、トラックコミュニティを見ていると、類似カテゴリーとして、断捨離や収納、整理整頓などが出てきます。

ですが、断捨離と収納ってある意味全く真逆の生き方です。

断捨離は家の中に外から物が入ってこないようにしつつ、家の中の物を捨て、さまざまなことへの執着を手放すこと。断捨離のめざす結果とは、家の中に、できるだけ物がない状態だと言えます。

物のない状態が極端になると、それはミニマリズムになるでしょう。

これに対して、整理整頓や収納は、家の中の物を、自分が使いやすいように、あちこち移動させることです。

もうひとつ、似たような言葉に「お片づけ」というのもあります。片づけは、散らばっているものをきちんとした状態にすることで、整理と似ています。

しかし、どんなに美しく、きちんと整理整頓や収納、片づけをしても、家の中にある物の絶対量が変わっていなかったら、たぶん、また数週間後には、同じように、片付けをやらなければならなくなるでしょう。

つまり、捨てることをせずに、収納にかまけていると、暮しは全然すっきりしないのです。

収納テクニックを駆使して、せまいところに、できるだけ多くの物をしまいこもうとすればするほど、その生活は、断捨離やミニマリズムからかけ離れていきます。

当時の筆子には、これがわかっていませんでした。

上のダンボールたたみの写真は2005年2月のものです。その前の年の秋に「『収納』するより『捨て』なさい」を読んでいたというのに、肝心のことを押さえていなかったのです。

持たない暮しを目指すなら、収納や整理をすることはいったん脇に置いておくべきです。まずは、とことん物を減らさなければなりません。収納や整理整頓が得意な人とは、物をたくさん持っている人であり、ミニマリストとは対極の位置にいる人なのです。

結局、どんな収納をしたところで、暮しにくいから、さらに「よりよい」収納方法を探すはめになるのだと思います。

毎月のように、女性誌で、「キッチンの収納アイデア」とか「クローゼットの徹底収納術」という特集が組まれ、100均やニトリで収納ボックスや、アイデア収納グッズが、次々と発売されるのも、収納における決定的な解決策がないからです。

「収納では問題は解決しない。捨てるしかない」。

10年前の筆子に言ってあげたい言葉です。

☆この続きはこちら⇒子供の写真の断捨離と整理の方法~ミニマリストへの道(17)

ミニマリストへの道を最初から読む方はこちらから⇒なぜ私は断捨離をしてミニマリストになったのか?【1】~物がたくさんあっても幸せではなかった

☆エピローグ
近藤麻理恵は、「収納が得意な人ほど、モノをためる人になる」と書いていますが、その通りですね。収納のテクニックを駆使してしまうと、モノをたくさん家にとどめてしまうことになります。

そんなことは、「『収納』するより『捨て』なさい」という本を読んでよくわかっていたことなのに。

モノがなければ、収納のことなどさして考える必要はありません。私がめざしているのはその境地です。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索