パン

ミニマルな日常

ダイエット中なのに、禁断の白いパン、サワードウ・ブレッドを買って食べてしまった意志薄弱者の日記

西式甲田療法をベースにした、生菜食がメインの食生活をしているのに、ぶくぶくと脂肪がつきつつある筆子。3日前から春のダイエットを始めました。食事の記録を毎日つけ、食べだしたら止まらないナッツを、10日間、自分に禁じています。

ダイエットを始めて3日目ですが、今朝も体重計の数字は49キロを超えていました。

ナッツはまだ食べていません。やめたのが月曜日で、きょうはまだ水曜日ですもんね。しかし、本日、なんと禁断の白いパンを食べてしまったのです。



太り過ぎ防止に白いパンは控えていたはずが

一昨年の秋、ジャンクフードを食べるのをやめたとき、基本、白いパンもやめましたから、ふだんはめったに食べません(諸般の事情から、まれに食べます)。

パンそのものを食べないようにしており、どうしても食べなければならないときは、茶色いいパンを選んでいます。去年は1度も白いパンを食べていないと思います。

ところが、本日、スーパーに買い物に行ったら、たまたま棚にサワードウ(sourdough)のパンを発見。サワードウというのは小麦粉やライ麦粉と水で作る天然酵母です。ヨーグルトなどの乳酸菌を混ぜて作ることが多いみたい。

☆作り方の参考
酵母から育てて作るサワードウブレッド [ユニークな手作りパン] All About

サワードウを使わないパンはイースト菌を使ってふくらませています。サワードウブレッドは、その名のとおり、ちょっと酸味があります。

筆子は、前に1度だけ、サワードウブレッドを食べたことがあります。子供が小学生のとき、学校で資金集めのためによくベークセールが行われていました。

ベークセールとは保護者がケーキやクッキーを焼いて売ること。けっこうよく売れます。このベークセールで、ドイツ出身のあるお母さんが焼いたサワードウブレッドを買ったことがあり、これがものすごく美味しかったのです。

この時食べたのは、ライ麦パンみたいな、ハードタイプのパンでした。以来、また食べたいなと思いつつ7年経過。





白いサワードウブレッドを買ってしまった

2015年3月の下旬の昼下がり、長年恋い焦がれていたサワードウブレッドと近所のスーパーで巡りあったのです。

実はこのスーパーは、小さくて品揃えは今ひとつなのですが、隣に同じ名前のパン屋があり、ここはオーガニックでおいしいパンを焼いています。

ふつうのパンにまじって、このパン屋のパンがスーパーの棚にランダムに並ぶのです。

「サワードウだ!」と喜びましたが、「いや、待て、今はダイエット中だ。パンなんて食べてはいけない」と思い直しました。

ですが、もう1人の筆子が「サワードウ・ブレッドは乳酸菌が含まれていてからだにいいとか、グルテンもあんまりないので、ダイエットにいいって聞いたことある」とささやきます。

「ここのパンはオーガニックでおいしいよ」と続けるもう1人の筆子。

この段階で、私、このパンはハードタイプの茶色いパンであろう、と思っていたのです。そして、ついついレジに持っていってしまいました。

☆白米もやめました⇒白米をやめて健康的な玄米を食べてるよ

☆ダイエットを始めた話⇒春のダイエットは脂肪の断捨離ノートと禁ナッツの誓いから

ところが、家に帰って、ナイフを入れたら、なんと、茶色いパンではなく、しっかり白いパンでした。焼きたてのせいか柔らかすぎてうまく切れません。

白いパンは不健康だと怒る娘

ちぎって食べてみました。外側は固い皮で、中は柔らかいフランスパンタイプ。でも、フランスパンほどパンの身はドライではなく、本当に柔らかでした。

ちょっぴり酸味が感じられ、おいしかったけど、昔食べたドイツのサワードウパンほどの感激はありません。一度食べれば満足、というか。

まだたっぷりあるので、すべてスライスして冷凍庫に入れました。娘の弁当のサンドイッチに使ってみます。

娘も今、ダイエットしているのか、食事にうるさく、白いパンのサンドイッチなど詰めようものなら、何を言われるかわかりません。でも、たまのことならいいでしょう。

実は先日もこのスーパーで「ブリオッシュ」という名前の食パンを買ってしまいました。ずっと前に、「このパン屋のブリオッシュはすごくおいしい」と人から聞いたことがあったので、「どんなものであろうか」、と思ったわけです。

ブリオッシュは牛乳、バター、卵、砂糖が多めの、お菓子に近いリッチなパンです。フランスのノルマンディー地方発祥のパン。北フランスは乳製品が豊富なので、このようなリッチなパンを作ることができるのです。

小さな雪だるまみたいな、首がなくて下半身がデブのお地蔵様みたいな形のブリオッシュが有名ですね。食パンに成形したブリオッシュは初めて見ました。

これも少し娘にすすめましたが、「ただの白いパンよ。ヘルシーではない、なんでこんなの買ってくるの」と言われてしまい、冷凍して、自分で少しずつ消費しました。

味は、ちょっとリッチな食パン、という感じでした。バターがたっぷり入っているので何もつけずそのままぱくぱく食べられます。

ちなみに、このパン屋のパンは、総じて値段が高く、ブリオッシュもけっこうなお値段でした。

そのように、一度ブリオッシュで失敗しているのに、またしてもサワードウのパンを買ってしまったのです。

だから太るんですよね

春のダイエット、3日目にして、ちょっと脱線。ですが、気持ちを切り替えて前に進みます。





汚部屋汚部屋を片付けられないのはADHD(注意欠陥他動性障害)のせいだと言う娘前のページ

湯シャンで髪がべたつく問題を解消する洗い方:私が湯シャンに至るまで(7)次のページ髪の毛がきれいな女の子

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 不用品を捨ててスッキリ

    ミニマルな日常

    テレビを捨てて、断捨離が終わりました(読者の捨て体験紹介)。

    筆子ジャーナルに届いたお便りを紹介するコーナーです。今回は、2017年…

  2. カップケーキの贈り物

    ミニマルな日常

    クリスマスにお正月、物があふれるシーズンをできるだけシンプルに過ごすコツ。

    来週の金曜日はブラックフライデー、それが終わるとサイバーマンデー、その…

  3. 本がいっぱいの書棚

    ミニマルな日常

    本棚ひとつ分の野望ガラクタを捨てて、部屋の浄化がすすむ。

    読者のお便り紹介コーナーです。今年のはじめ頃いただいたお便り中心に3通…

  4. 断る人

    ミニマルな日常

    いらない物や自分の意見を押し付ける人とうまくつきあう5つの方法。

    世の中には、いろいろなものを人に押し付ける人がいます。子どもの古着、迷…

  5. ヘアサロン

    ミニマルな日常

    きれいな髪はこうして作る。ヘアケア製品に頼らない髪のお手入れ法

    髪の健康を守るシリーズ。今回は、いつまでも美しい髪の持ち主でいたいあな…

  6. 疲れている会社員。

    ミニマルな日常

    仕事や家事がストレス?仕事を楽しくするためにやめたほうがいい3つの習慣。

    職場や自宅で、できるだけ仕事を楽しくする方法をお伝えします。これから言…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,303人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 短くなった鉛筆
  2. 服を買っている人
  3. ヴァイオリンを見ている人
  4. 片付けるべき部屋
  5. 閉じ込められている人
  6. クローゼットから衣類を取り出す女性
  7. ふすまと畳
  8. 実家にある大量の傘
  9. 物だらけのキッチンカウンター
  10. 忙しそうな人

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. チェス
  2. 小銭と貯金箱
  3. 恐怖
  4. 服がたくさん
  5. 考え込んでいる若い女性
  6. 物がたまっている場所
  7. お金の計算をする人。
  8. 祈る人
  9. 鼻呼吸
  10. 湖にたたずむ女性

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP