鳥

ミニマリストへの道

なぜ私はあんなに物を買ってしまったのか~ミニマリストへの道(3)

どうして筆子がミニマリストになったのか、なぜ、突然バンバンものを断捨離しまくったのか書いています。

27歳の夏、5つのきっかけで、物をたくさん断捨離しました。
そもそもなぜ、私はこんなにたくさんの物を買ってしまったのでしょうか?

発作的な断捨離の先の話に行く前に、きょうはこの点について考えてみます。



筆子がつまらない物をたくさん買い集めてしまった理由とは?

心の中に何か満たされないものがあり、それを買い物することや、物を手に入れること、そばに置くことで埋めようとしていたのです。

20代後半のとき、筆子は不幸だったのです。好きな趣味があり、習い事もやり、実家住まいの独身で、家賃や生活費の心配もいらず、反抗的な子供もおらず、今よりずっと恵まれていた(?)ので、自分ではそこまで不幸だとは思っていなかったのですが。

しかし、心の中には、さまざまな不満が渦巻いていました。

たとえばこんな不満をかかえていました。

  1. 給料が安い
  2. デッドエンドジョブ
  3. デブである
  4. 恋人がいない

1つずつ詳しくご説明します。

給料が安い

筆子の入った会社は、ほかの会社にくらべて給与が安かったのです。友だちの年収を聞くたびにため息がでました。しかし、筆子は実家にいたのだから、その気になれば貯金はできたはずです。

デッドエンドジョブ

デッドエンドジョブとは、英語で書くと dead-end job 「行き止まり仕事」という意味です。つまり、どこまで行っても、行き止まりにぶちあたる仕事です。

仕事は嫌いではなかったのですが、この先、何年やっても同じ仕事の繰り返しで先の展望がありませんでした。

デブである

筆子は幼稚園のときはすごく細かったのですが、小学校3年ぐらいからぶくぶく太り始めました。

1度、脂肪細胞ができると、あとは、しぼんだりふくらんだりするだけで、決してなくならないと、と聞きますが(未確認ですけど)、筆子の場合、その後、ほぼふくらんだまま、現在に至ります。

実は25歳のとき、やせたくて、1度、無理なダイエットをしましたが、恐ろしいまでにリバウンドしました。これについてはまた後日書きます。

恋人がいない

彼氏がいなかったのですが、それで特に不自由はありませんでした。ただ、まわりがいろいろ言うじゃないですか?特に母親が。それが、けっこうストレスでした。





先が見えない苦しさを買物で発散

4つの不満の中でも、先の展望が感じられないのが、1番大きかったです。このときはまだ20代で、今から考えるとピチピチとして、体力もあり余り、ひどい虫歯にもなっていなかったし、まだまだ何でもできる年頃なのですが。

今の筆子は、考え方をがらっと変えたので、不満でおなかの中が真っ黒ということはありません。しかしこの頃は、たとえふだんは平常心で暮していても、何かちょっとしたきっかけで、おなかの中にある黒いものがドロドロ出てきそうなくらい、不満たらたらでした。

私はそのような満たされない気持ちを埋めるために服を買い、ピアスを買い、靴を買い、フェリシモで毎月雑貨を買っていたのです。

現状の生活に対する不満を解消するために買っていたのですから、軽い買い物依存症みたいなもの。

しかし、筆子は「物」が好きでしたから、ここが買い物依存症の人とは違います。買ったものすべてを使い切ることはないにしろ、きれいに整理したいという気持ちはいつも持っていました。

あまりに買いすぎて、何を買ったか忘れるということはよくありましたが。

さらに、借金をしてまで買うことはなく、安い給料のおかげで、重度の汚部屋にならなかったのは幸いでした。

お金を使うといえば、一時期わりと値段の安い、規模の小さなエステティックサロンに通っていたこともあります。

施術料はさほど高くありませんが、施術に使う化粧品(マッサージクリームやら何やら)が高かったので、けっこうな無駄遣いでした。

ここは小さなマンションの一室でやっていました。エステにお客さんとして出向くと、大事にされるので、そういうことで心を満たしていたのでしょうね。

買い物をすることで、自分のパワーを感じていたわけです。そして、汚部屋になり、ある時頂点に達して、断捨離という流れ。

このときは、自分の心のメカニズムまで考える余裕はなかったので、いったんガーッと捨てたものの、その後、お決まりの断捨離リバンドが起きました。

この続きはこちら⇒大量に断捨離したのにリバウンドした理由とは~ミニマリストへの道(4)

***************************************************

最近の筆子は、さほど空虚な気持ちにはさいなまれていません。いろいろ考え方を変えたのですが、特に、自分のことばかり考えるのをやめたら、おなかの中の黒いものが徐々に減っていきました。

脂肪は減らないのですが。

生きている限り、自分の思い通りになることなんて、決してありません。ミニマリストとなった今は、そういう「思い通りにならないこと」を楽しむ心の余裕がでてきましたよ。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. パソコンに向かう女性

    ミニマリストへの道

    「暮しをシンプルにする21のルール」(2)レオ・バボータ~ミニマリストへの道(44)

    レオ・バボータの「暮しをシンプルにする21のルール」の続きです。…

  2. 指輪

    ミニマリストへの道

    人の生活は変わるから一生ものなんて幻想なんだ:ミニマリストへの道(100)

    「これは一生ものだからずっと捨てない」。そう思って、使いもしないのに後…

  3. 引っ越しの箱

    ミニマリストへの道

    ダンボール47箱の不用品を寄付した話:ミニマリストへの道(82)

    ダンボール箱、47箱分のいらない物を、引越し前(2014年の秋)に一気…

  4. 小さな女の子

    ミニマリストへの道

    子供がいると断捨離は実践できないのか?ミニマリストへの道(13)

    50代ズボラ主婦筆子が、ミニマリストになった理由や道筋を書いています。…

  5. 身軽な猫

    ミニマリストへの道

    捨てるものがないと思っても、視点を変えればまだまだある:ミニマリストへの道(95)

    「もう、これ以上捨てられない」と断捨離が停滞した日がいったいこれまで何…

  6. ボタン

    ミニマリストへの道

    まだ使える物でも、使っていないなら捨てるべき:ミニマリストへの道(80)

    「ミニマリストへの道」シリーズでは、私がどのように物を減らしていったの…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

920人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 粗大ごみ
  2. ナラの木
  3. リネン
  4. 荷造り
  5. 服が好きな人
  6. ぼんやりした人
  7. スーツケースに入れた靴とシャツ
  8. ブラインドのかかった窓
  9. パソコンに向かう女性
  10. ドラッグストアで買い物

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 雑誌MOE
  2. 片付かないと悩む人
  3. 静寂
  4. 汚部屋
  5. 他人の意見に耳を傾けすぎの人。
  6. クリスマスツリー
  7. 古い年賀状
  8. 発想の転換
  9. ハンドメイド

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP