アイデア出しをしている人

TEDの動画

行動を起こす科学:アイデアを形にするには?(TED)

アイデアがあるのに、なかなか実行に移せない人の背中を押してくれるTEDの動画を紹介します。

タイトルは、The Science of Taking Action(行動を起こす科学)。

プレゼンターはSteve Garguilo(スティーブ・ガルジロ)さんです。

彼は、アイデアをもつたくさんの人々が、そのアイデアをもとに、実際にアクションを起こす手伝いをしています。



行動を起こす科学:TEDの説明

Over the past two years, Steve has studied with psychologists, sociologists, anthropologists, neuroscientists, and drill sergeants to learn about the science of taking action and what sparks people or holds people back.

After being involved in the TED community and a lot of design thinking work, Steve was tired of talking about ideas, so he went on a journey to understand how to take more clear, specific action on ideas, and learned how to create a bias towards action so that it becomes a norm.

過去2年にわたって、スティーブは、行動を起こす科学と、何が人を動かすのか、人を押しとどめてしまうのかを、心理学者、社会学者、人類学者、神経科学者、軍曹たちと学んできました。

TEDのコミュニティや、デザイン思考(問題解決のクリエイティブなプロセス)の仕事をするようになり、スティーブは、アイデアについて話すことにうんざりしました。

アイデアに基づいて、もっと明確で具体的な行動を起こすにはどうしたらいいのか考えるようになった彼は、行動することにフォーカスするのが普通になる方法を学びました。





行動力をつけるには?

動画の長さは9分47秒です。字幕はありませんが、抄訳を書きますのでよければ参考にしてください。

ポスト・イットが大好きな私

私はポスト・イットが大好きです。あまりに好きなので、ポスト・イットの会社をサポートしたくて、3Mでまとめ買いしています。

ポスト・イットはさまざまな使い方があります。

オフィスのデコレーションに使えるし、日よけにもなるし、ゲーム・オブ・スローンズの「冬来たるゲーム」にも使えるし、障害者用の駐車スペースに止めちゃいけない車に、それを教えてあげることにも使えます。チーズの代わりとしても使えますね。

数年前、アメリカのテキサス州オースティンで、サウス・バイ・サウスウエスト(最新のデジタルテクノロジーを楽しめるイベント、音楽祭/映画祭)に参加したとき、3M のブースでものすごく大きなポスト・イットを配っていました。

人の頭より大きいポスト・イットです。こんなに大きなポスト・イットを見たのは始めてだったので、大喜びでたくさんもらい、何に使うか友達と考えました。

無料の問題解決相談

路行く人をながめることができるバーに場所を見つけ、そこに座って、なかば冗談で、大きなポスト・イットに、「無料で問題を解決(free problem-solving)、 #ゼロ問題(zero problems)]と書き、テーブルにくっつけました。

「何か解決したい問題はありませんか? 無料で解決します。ビジネスでも、人生でも、乗馬でも、溶接でも、なんでもかまいませんよ」と人々に呼びかけました。

無料問題解決スタンドを作ったのです。

ある男性がシャツに関する質問をし、若い女性が、恋愛問題について質問しました。

次に、ピンク色のシャツを着た女性がやってきて、「私があなたたちの問題を解決したいんですけど?」と言ってきたので、「いいですよ」と答え、やりとりをしていたら、みんなが、私たちのことをツイートし始め、ふと見上げたら、ものすごく長い列ができていました。

アイデアを集めることだけに興味のある人

グッドウイル(Goodwill)の女性がテーブルにやってきました。グッドウイルは、アメリカの古着屋のフランチャイズです。

「店をもっと大きくするにはどうしたらいいでしょうか?」

「えっ、もう300も店があるのに、十分大きいじゃないですか。

ある店では値段を3倍にし、ある店ではギフト包装を提供し、べつの店ではリサイクルのサービスをして、べつの店では共同で働けるスペースを作っては?」とアドバイスしました。

この女性は、必死にメモを取り、「うちでワークショップを開いてくれませんか? もっといろいろなアイデアを知りたいんです」と言います。

「たった今、アイデアを10個提供しましたよね。まずその10個をやってください。その後、ワークショップについて考えましょう」と答えました。

このとき、これって、変だな、と思ったものです。

みな、アイデアをもとに何かすることより、アイデアを集めることにずっと興味があるようでしたから。

問題解決のスタンドを数時間やって、いったんおしまいにし、2時間後に戻ったら、まだ、ほかの人が問題解決スタンドをやっていました。

この日の午後、巨大なポスト・イットを使っていろいろなことがやれただろうし、何もせず、座っていることもできました。

私たちは、とにかく何か行動を起こすことに意識を向けたのです。

とにかく何か試して、何が起こるか見てみよう。それがおもしろい結果に結びつきました。

私もアイデア集めに熱心だった

それまでの私は、アイデアを引き寄せる磁石みたいな人間でした。

いつも人々とアイデアや、アイデアを生み出すことについて話していました。TEDXのオーガナイザーでもあるので、いろいろな人に話をしにきてもらいました。

たくさんの人が笑顔で、ポスト・イットにいろいろ書きこみ、そこら中に貼るスペースによく立ち会いました。

ポスト・イットが好きだから、うれしいと思うべきなんですが、複雑な気持ちでした。

ポスト・イットがいっぱい貼ってある部屋にいた、その1週間後、付せんに書かれたアイデアは実際どうなったのかな、とよく考えました。

そこで、行動科学を学び、何が人々を行動させるのか、逆に行動をさせないままにするのかリサーチしました。

ほとんどの人は、アイデアがあっても、まったく何も実践しないか、時間をかけて少しずつやっていく、こんなことこわかりました。

ものすごく行動力のある人は、すぐに、たくさんのアイデアを実行します。

行動についてさらに調べました。

私のブラウザの履歴を見ると、変わったものがいっぱい出てきます。

スナップチャットのフィルターからビジネスを作った男性や、スペイン語の聖書のアプリを作った人、古い飛行機を使って、中国にレストランを開いた人など。

行動についてリサーチしてわかった3つの基本的なことを紹介しますね。

1.行動力は筋力

筋トレのように、行動する力を鍛えることができます。

楽器の演奏と同じです。

初めてピアノを弾こうとすると、たくさんのエネルギーや集中力を要します。

ですが、練習を重ねるにつれて、身体が覚えるから、もうそんなに考えなくてすみます。

アクションもこれと同じです。

行動力の大きな男性の例をあげましょう。

彼はあるプールパーティで、プールに白い白鳥の浮き輪がたくさん浮かんでいるのを見ました。

「これって、なかなかいいね。ピンク色のフラミンゴのやつもあるといいかも?」そう思った彼は、Googleで検索したところ、そんなものはありませんでした。

ふつうの人は、ここで終わるところですが、彼は、中国のメーカーを調べて、誰かに、ピンク色のフラミンゴの浮き輪を作れないか電話して聞いてみました。

6週間後、彼の家にフラミンゴの浮き輪が届きました。

彼がプールパーティを開いたところ、この浮き輪は大人気。彼は、giantflamingo.com というサイトを作り、浮き輪を販売し、ものすごくお金を稼ぎました。

行動する筋力を使って練習してきた彼は、こういうことがごく自然にできたのです。

2.すぐにやる、先延ばししない

いいアイデアを思いついたとき、人は、「あとでやろう、あとで考えよう」と後回しにしがちです。

天気がいいときに、もっと元気があるときに、などなど。あとで実行しよう、と思うのです。

しかし、実際はそのまま1週間、1ヶ月と時間がたち、行動を起こせません。

だから、すぐに行動を起こすべきなのです。

無料問題解決相談をいっしょにやった友達のマットが、いつか大人のサマーキャンプをやりたいな、と言いました。

「そうなんだ、じゃあ、電話を取り出して、summer camp で検索して、1つ選んで予約しなよ」こう彼に言いました。

数分後に、キャンプの予約ができていました。

すごくシンプルなことですが、私たちは、いつも、何かをやろうと思っても、実際よりも、それを大ごとに考えて、行動しません

3.ほかの人からフィードバックをもらう

自分自身のアイデアを行動に変えるのは難しいのですが、ほかの人のアイデアをどんなふうに形にしたらいいのか考えるのは簡単です。

これして、あれして、そうすればいい、とどんどん出てきます。私がグッドウイルの女性にアドバイスしたように。

そこで、ほかの人からフィードバックをもらうようにしてください。

アクションキャンプというキャンプをしたとき、いろいろな人を呼び、楽しみながら、行動を起こすことについて学び、実際に行動しました。

このキャンプに、仕事で成功しているけれど、いつか花屋をやってみたいと思って、ずっと先延ばしにしていた女性、クリスティがいました。

そこで、みんなで、アクションストーミング(action storming)をやりました。ほかの人のアイデアをどうしたら実現できるか、どんどん案をだしていくのです。

アクションストーミングから、具体的なアイデアがいくつか出ました。

- 結婚式が行われている場所を調べる

- 今後30日間、花があると盛り上がりそうなイベントを記録する

彼女は、今後1ヶ月、アクションストーミングで出たアイデアのいくつかを実行することにしました。

やっているうちに、花屋を持つことは、そんなに先の未来のことではないかもしれない、と感じるようになり、クリスティは、数ヶ月のうちに、仕事をやめ、花屋を始めました。

難しいことは簡単なことが集まったもの

人生において、難しいことは全部、たくさんの簡単なことが集まったものです(Everything in life that’s hard, is just a series of things that are easy)。

必要なのは、最初の一歩を踏み出すことです。

皆さんのアイデアは、ノーベル賞につながるかもしれないし、プールで使うおもちゃになるかもしれません。

大事なのは、自分に対して責任をもち、行動をすること、実現させることにコミットすることです。

//// 抄訳ここまで ////

単語の意味など

Peer out  見上げる、窓から外をじっと見る

Muscle memory   筋肉の動きを脳が記憶すること、マッスルメモリー

Raft  浮き輪、いかだ

Inshallah  すべてはアッラーのおぼしめし、なるようになる、なるようにしかならない

スティーブ・ガルジロさんの本です。

ペーパーバックもありますが、キンドル版のほうにリンクしました。Kindleアンリミテッドを利用している方は読み放題で読めます。

行動するヒントになるほかのプレゼン

行動を変えるには、自分をうまく仕向けることが必要(TED)

行動を変えたいときに使える3つの効果的な方法(TED)

自分の能力を自分で見限ることの恐ろしさ、できると信じることの素晴らしさ(TED)

なぜ人は嫌なことを後回しにしてしまうのか?(TED)

先延ばしをする人としない人は何が違うのか?(TED)

言い訳を作り出してしまう私たち:あなたに夢の仕事ができない理由(TED)

できたらいいな、と思う大きなゴールを達成する方法(TED)

すぐに行動するクセをつける

情報やアイデアを集めることだけをやって、先に進んでいる気になり、実際の行動は何も起こせないまま、何年もたつ。

こんな状態にいる人、たくさんいるかもしれません。

いまは、インターネットやスマホがあるので、情報は集め邦題ですからね。

私も昔は情報を集めることにフォーカスしていたと思います。積ん読本もたくさんありました。

しかし、アイデアや情報をいくら集めても、それをもとに、何か行動を起こさない限り、なんの意味もない、と気づきました。

片付け本や断捨離本にたくさん目を通しているのに、部屋がいっこうにきれいにならないとしたら、情報集めにエネルギーを注ぎすぎているかもしれません。

思い切って1ヶ月ぐらい、情報を集めることをいっさい断つといいかもしれませんね。

何かを捨てるという小さな行動を積み重ねない限り、部屋は片付きませんから。

プレゼンで、「難しいことは、たくさんの簡単なことが集まったもの」と言っていましたが、本当にそのとおりだと思います。

私も、「ちょっと荷が重い」と思ったことは、小さなタスクにバラしてやっています。そういう小さなことをやることが練習になり、だんだん行動力がついていくでしょう。

誰にでもできる簡単なことをたくさんやると、それが大きなものにつながると信じています。

****

確かに、他人のアイデアを実現する方法は思いつきやすいですね。よくも悪くも、人ごとだから、無責任なことを言えるからでしょう。

自分で考えると、「え~、そんなの無理無理」「え~、そんな時間/お金/才能ないし」という気持ちになってしまいがちです。

ですが、これはすべて思い込みです。

何かを実行に移せないとしたら、自分で勝手にハードルをあげているのです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 恐怖を感じている女。

    TEDの動画

    恐怖に打ち勝つ方法。3つの質問を投げかければいい(TED)

    充実した人生を送るインスピレーションを与えてくれるTEDの動画を紹介し…

  2. アルツハイマー病

    TEDの動画

    アルツハイマー病を予防するためにできること(TED)

    60歳をすぎると、アルツハイマー型認知症になる可能性があがります。…

  3. ガラスの珠

    TEDの動画

    7分で不安を解消する方法(TED)

    心配ごとの多い人、ものごとを決められない人、前に進めない人の参考になる…

  4. コンファレンスルーム

    TEDの動画

    自分の力を引き出したい方に。TEDの記事のまとめ(2)

    これまでに書いたTEDの動画に関する記事のまとめ、その2です。TEDは…

  5. ミーティング

    TEDの動画

    黙っていたら何も伝わらない。沈黙のもたらす危険を知れ(TED)

    家族とのもめごとで悩んでいる人のために、コミュニケーションスキルを磨く…

  6. バックパッカー

    TEDの動画

    ミニマリズムはより幸せになるための実験(TED)

    幸せな人生を送る参考になるTEDの動画を紹介しています。今回は、マーテ…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

870人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ハンガーとカラフルな服
  2. 食べるのをがまんしている女性
  3. 片付け中
  4. ホールの中
  5. PHPからだスマイル2019年7月号
  6. ボーダーのソックス
  7. 買い物の記録を取る人
  8. 盆栽風プラント
  9. 考え事をしている女性
  10. 古い靴の山

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 受験
  2. こんまりの英訳本
  3. カビ
  4. テキストを読む人
  5. 読書
  6. 高いバッグ
  7. プール
  8. 魔法使い
  9. 引っ越しの箱
  10. 年賀状を印刷

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP