スーパーにいる女性

ミニマム思考

最終更新日: 2023.07.26

気持ちに余裕がないときは、決断疲れを防いでみよう。やり方を7つ紹介します。

ページに広告が含まれる場合があります。

 

きのう、不用品を捨てるときは、さっさと決めようと書きましたが、気持ちの余裕がないと、つまり、脳が疲れていると、決めたいと思っていても、決めることができません。

不用品を捨てる・捨てないをなかなか決められない人は、決断疲れを防いでみてはどうでしょうか?

決断疲れに陥らないためにできることを具体的に7つ紹介します。



決断疲れとは

決断疲れは、いろいろなことを決めすぎて、脳が疲れてしまうことです。

一説によると、私たちは1日に35000回も意思決定をしているそうです。

参考⇒Decision fatigue: Learn to make smarter choices without feeling exhausted | CNN

今、何事につけ選択肢が豊富にあるから、決めることが増えてしまうのでしょう。

たとえば、女性の生き方についても、昔の女性は、働く場所がなかったので、適齢期になったら親が決めた相手と見合い結婚というルートがある程度決まっていたでしょう。

しかし今は、結婚しない道もあるし、法的に結婚せず同棲してもいいし、結婚する時期だってまちまちだし、仕事にいたっては、それはもういろいろあるし、移動も自由になったから、住む場所の選択肢もたくさんあります。

日常買う商品にしても、種類がありすぎて迷いますよね?

バリー・シュワルツに学ぶ『選択のパラドックス』(TED)~所持品をミニマムにすると生きやすくなる理由とは?

技術が進んで、いろいろなことをセルフで行うことが増えたのも、決め事を増やしていると思います。

そんなこんなで、たくさんの決め事に頭を使うので、決断疲れに陥ってしまうのです。





決断疲れの症状

決断疲れがひどくなると、以下のことが起きます。

・物事をなかなか決められない。ささいなことなのに、ぐるぐると迷ってしまう。

・集中できない

・情緒不安定、感情の起伏が激しい、自分の気持ちをコントロールできない

・先延ばしをたくさんする

・衝動的な行動が多い(衝動買い、口にすべきではないことを衝動的に相手にぶつけるなど)

・状況に圧倒されぎみ、いろいろなことに振り回されて1日が終わる

・いったん決めたことに対して、いつまでもぐずぐず考える

・やるべきことをやらず逃避する行動に出る(ビンジウォッチング、SNS、甘いものの大量食べ、飲酒など)

*ビンジウォッチング(binge watching)は、Netflixなどでドラマや映画を一気見することです。

では、ここから、決断疲れにならない方法です。

1.定番を作る

決断する回数を減らすと、決断疲れになりません。

すべてのことを1から考えなくてすむよう、日常よく使うものは定番をつくってください。

たとえば、毎日着る服を決めてしまえば、たくさんある選択肢から、組み合わせを考えずにすみます。

自分のユニフォームを決める12のヒント。おしゃれミニマリストになる道もある

ユニフォームを決めなくても、ある程度、絞り込めば、楽になります。

翌日着る服を前の晩に用意するのもいいでしょう。

服装だけでなく、ふだん食べるものや、使うものも、定番化できるなら、そうしたほうがいいと思います。

家事もルーティン化しましょう⇒忙しいからこそ家事のルーティンが必要。汚部屋掃除の手順はこうして身に付ける

2.何もかも自分で決めない

決めなくてもいいことまで、自分で決めるのをやめましょう。

自分が決めなくてもいいことは他の人や、別の何かに決めさせてください。

職場では、同僚や部下、上司に、頼んでもいい仕事や用事を、どんどん頼んでください。

家庭では、夫や子供にも意思決定に参加してもらいましょう。たとえば、夕食のメニューや、テレビで何を見るか、どこに遊びに行くかといったことです。

友達付き合いでは、友人に決めてもらっても大丈夫なことは、みな友人に決めてもらいます。

状況をコントロールしたい人や、何もかも仕切りたがる人は、決め事が増えるので、ときには、一歩引いてください。

3.日々のスケジュールをだいたい決める

スケジュールもある程度決めておくと、決めることが減ります。

「そんなのつまらない」と思う人は、仕事のある平日は、スケジュールを固めて、週末は自由にすればいいでしょう。

とは言え、毎日、同じような時間に寝て起きたほうが、体も脳も疲れません。

4.大事な決め事は頭が疲れていない時にする

重要な決め事があるときは、1日中、ぐるぐる反芻(はんすう)するのではなく、頭が疲れていないときに考えて決めてください。

頭が一番疲れていない時は、多くの場合、朝です。

睡眠をとって、脳をしっかりケアした直後ですから。

私自身も、朝が一番、頭が疲れておらず、気分も前向きです。昼過ぎからだんだん疲れてきて、やるべきではないことをやってしまって、スケジュールが乱れたりします。

朝は脳のゴールデンタイムなので、この時間にどうでもいいSNSのチェックなどをしないほうがいいですよ。重要なことをしてください。

5.まめに書き出す

仕事、家事、用事など、やらねばならないことや、やりたいことはまめに紙に書き出してください。

捨て活に関しても、捨てる物や片付けたい場所などをリストにするといいですよ。

書き出したら、優先順位をつけて、トップ3だけを確実にやるようにするのはどうでしょうか?

私は、よく頭の中にあることを書き出すように言っていますが、書き出さないということは、すべて脳内で考えているということですよね?

そのとき、ワーキングメモリ(短期記憶)を使っていると思います。

まあ、何が短期で何が長期かを厳密に定義しようとすると、難しいと思いますが、「これ、捨てようかしら? それともキープ?」と考えているときはワーキングメモリを使っていると私は思います。

ワーキングメモリ(作業記憶)をうまく使って目の前のゴールを達成する(TED)

ワーキングメモリは容量が少ないので、よけいな考え事をしないほうが、効率的に使えます。

そのために、あれこれ書き出すことはベストの方法ではないでしょうか?

書き出すことは、気持ちの整理、ストレス解消、うつ症状からの回復にも役立つという研究もありますので、書いて損はないと思います。

6.選択肢を減らす

何かを決めるとき、オプションがたくさんあるときは、強制的に候補を3つにしぼり、そこから決めるようにしてください。

たとえば、次に旅行に行きたい場所が30個ぐらいあったとしたら、海外、国内、近場でそれぞれ1つを選出し、その中から最終的な旅先を決めるわけです。

何かに本格的に迷い始めるまえに、候補を3つにしぼるくせをつけると、決断力があがると思います。

これまでおすすめした服装の制服化やルーティンを作ることも、結局はオプションを減らす行為です。

ふだんの生活でも、選択肢を拡大させるより、絞り込むことを心がけたほうが、頭が疲れません。

7.ウェルビーイングを優先する

ウエルビーイング(well-being)は、「幸福」と訳されることが多いですが、肉体的、社会的、精神的に満たされた状態のことです。

ウエルビーイングを向上させると、脳の状態がよくなります。

そのために不可欠なのが、健康的な生活です。

睡眠、食べ物、運動に気を使って、ヘルシーなライフスタイルを送って、決断疲れを防いでください。

私たちは、「お金の損得」を最優先に考えることが多いですが、一時的にお金を数千円得することが、毎回、ウエルビーイングの向上につながるとは言えません。

むしろ、幸福度を下げる結果になることがよくあるので、お金の損得ではなく、ウエルビーイングを優先しましょう。

決断疲れ・関連記事もどうぞ

決断疲れを回避する方法。ミニマリストになるのが1番です

決断疲れを避ける:決断するコツを教えます(その2)

捨てられないのは決められないから。決断するコツ教えます(その1) このシリーズは今のところ、全部で5記事あります。

着たきりミニマリスト主婦の普段着とよそ行きをご紹介~ワンパターンな服はストレスが少なく、生産性をあげる

いつも同じ服を着ているダサい人だと、他人に思われたくない:着ない服を捨てない理由と、それを乗り越えて捨てる方法(18)

よりよい決断をする3つの方法、コンピュータのように考える(TED)

よりよい決断をするには?シーナ・アイエンガーの選択術(TED)

*****

決断疲れを防ぐ方法を紹介しました。

別に決断疲れに陥っていなくても、気持ちの余裕を得るために役立つことばかりなので、「よさそうだな」と思うことがあったら、ぜひ試してください。

捨てる・捨てないの決断も、さっさとできるようになるはずです。





考えごとをしている女性片付けに苦戦してしまうのは考えすぎるから~さっさと行動しよう。前のページ

何かを捨てる・捨てないで迷ったら合理的に考えよう。考えるべきポイントを紹介します。次のページ考えている女性

ピックアップ記事

  1. 新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」3月14日発売のお知らせ(現在予約受け付け…
  2. ムック・8割捨てて二度と散らからない部屋を手に入れる、発売しました。
  3. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  4. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…
  5. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. ストレス

    ミニマム思考

    完璧主義を克服する7つの具体的な方法。

    いらない物を手放して自由になりたいとき、障害になる完璧主義。きょうは、…

  2. おもちゃ箱

    ミニマム思考

    子持ちミニマリストが伝える、子供のおもちゃとの賢いつきあい方

    夏休みは子供のおもちゃを断捨離する絶好のチャンスです。きょうはほっとく…

  3. 湖でたたずむ人

    ミニマム思考

    こんなことすると人に何か言われそう、この心配を手放すには?

    人に何か言われるんじゃないか、というのはよけいな心配にすぎません。…

  4. ノートを取る人

    ミニマム思考

    片付けを続けることができない人に贈る、継続する7つの秘訣。

    ある時、突然、熱に浮かされたように、がーっと不用品を捨てて、放置。また…

  5. 時計

    ミニマム思考

    今すぐ捨てたい。時間を奪う5つの悪しき習慣

    「毎日忙しい」「仕事がはかどらない」「あっという間に夕方になってしまっ…

  6. いろいろ夢見ている女性

    ミニマム思考

    やりたいことがたくさんあって、気持ちが休まらないときの対処法。

    物を減らしてシンプルライフにしたはずなのに、あれもこれも、やりたくて、…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,824人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 着物の査定
  2. 子供のものを整理する母親
  3. 引き出しを片付ける
  4. 写真の整理
  5. 飛び立つ鳥
  6. 引っ越しした直後の女性
  7. カラーボックスの中を片付けている女性
  8. 帯
  9. 物が多すぎる部屋
  10. ノートブック

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. クローバー
  2. セールのメール
  3. マグカップ
  4. 花とスケジュール帳
  5. ヘッドフォン
  6. 子供
  7. マスクをつけた若い女性
  8. 長い髪
  9. プール
  10. 職場のデスク

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP