シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

梅雨時に気になるジメジメ、ムシムシ。高い湿度が人に与える9つの影響。


関東地方は梅雨に入り、ムシムシした空気のなかで憂鬱な人も多いと思います。この記事では、湿度が、私たちに与える、悪影響を詳しく解説します。

湿度とは何か?

まず、湿度とは何か、おさらいしておきましょう。

簡単に言うと、湿度は、空気中にどれだけ水蒸気が含まれているか、その割合を示す指数です。

水蒸気は、水が蒸発して気体になったものです。チャンスがあれば、いつでも水に戻ります。

教科書で空気の成分を見ると、ほとんどは窒素で78%ぐらい、酸素が約21%。その他、1%にアルゴン、二酸化炭素、ネオンなどさまざな気体が含まれています。

これには、水蒸気が入っていません。

というのも、水蒸気は、時刻、場所、高さ、気温などさまざまな要因でその量が大きく変動するからです。そこで、水蒸気を除外した空気である、乾燥空気(湿度0%状態、乾き空気とも言う)に水蒸気を加えたものが、空気全体です。

では、実際、空気中にどれぐらい水蒸気があるのかというと、平均、0.25%ぐらいだそうです。位置的には、アルゴンと二酸化炭素の間です。

空気全体から見ると、容量的にはとても少ない、その他1%部分が、大気の質を決め、人の生活に大きな影響を与えます。その他部分に入っている水蒸気も影響力があります。

湿度の計算方法

大気中の水蒸気の量は変動が激しいため、いくつか計算の仕方があります。

ふだん天気予報で話している湿度は相対湿度と呼ばれるものです。

これは、空気1立法メートルの中の水蒸気の量と、その温度における飽和水蒸気量との比率を表したものです。

と書いても、よくわからないと思います。

わかりやすく言うと、その温度においてい、空気に入り込める水の量(飽和水蒸気量)に対して、どれだけ水蒸気があるか、ということです。

飽和水蒸気とは、この温度のとき、その空気の中に含ませることのできる水蒸気の最大値です。

温度があがればあがるほど、飽和水蒸気量は大きくなります。

気温が高い方が、水蒸気が多いのです。だから冬は、空気中にあまり水分が入り込めず、夏はたっぷり入り込めるわけです。

水も、温度が高いと気体になりやすいのでしょう(素人の見解です)。

相対湿度に対して、絶対湿度というのもあります。絶対湿度は乾き空気(空気から水蒸気をのぞいたもの)1キログラムに対して、水蒸気がどれだけあるか示したものです。

湿度が高くなると起きること

湿度が高いと、雨(気温が低ければ雪)が降ります。湿度が100%になったあと、気温が下がると、大気中にいっぱいあった水蒸気が水に変身して、空から降ってきます。

梅雨時に、むしむしして雨が多いのはあまりに大気中に水分が多いからです。

洗濯ものも乾きにくくなります。大気中にすでにかなり水蒸気があるため、洗濯ものの水分が空気中に溶け込みたくても、溶け込む余地がないからです。

こうやって考えると、梅雨時に洗濯ものが乾かなくても、あきらめがつくと思います。物理的な要因で乾かないのですから、嫌だと思っても仕方がありません。



さて、高湿度状態が続くと、私たち人間にとっては、いろいろと迷惑な影響があります。それを、

●健康に与える影響
●住宅に与える影響
●その他の影響
の3つに分けて説明します。

健康に与える影響

1.不快に感じ、気力が損なわれる

湿度が高いと、実際暑いし、体感温度もあがるので、疲れやすくなります。暑いから体温があがり、体はよけいな熱を放出しようと、汗をかきます。

しかし空気中に水蒸気が多いため、汗が出ても、すぐには蒸発せず、あまり涼しくなりません。

体の熱を逃がすため、血管は広がり、皮膚の表面により血を流します。すると脳や内臓に回る血液(栄養分)が減るので、全体的に力が入らず、頭がぼんやりします。

必要以上に体温と体感温度があがるため、体はよけいな仕事を強いられ、しかも、それがなかなかうまくいかないので、人は不快に感じるのです。

湿度があがって、ハッピーになっていく人はいません。

2.関節炎など持病の症状が悪化

湿度が高いと、関節炎やリューマチの痛みがひどくなる人がいます(個人差あり)。こういう人は、自分の痛みから、「きょうは雨が降るかもしれない」とわかったりするそうです。

また、喘息がひどくなる人もいます。

医学的な原因はしっかりわかっていませんが、気圧が低くなり、湿度が上昇すると、炎症を起こす物質であるヒスタミンが増えると考えられています。

ヒスタミンについて⇒意外と知らない花粉症やアレルギーを悪化させる7つの生活習慣 「1.なんでもギリギリにならないと手をつけない先延ばしグセ」のところで説明しています。

3.更年期障害の悪化

気圧や湿度のせいで、更年期障害がひどくなる人がいます。

更年期障害の人は、体温の調節をしている、自律神経が乱れているのですから、体温調節を正常にしにくい梅雨時に、症状がひどくなるのは、当然と言えましょう。

ただ、更年期障害の症状には個人差があるため、気温や湿度の影響を受けにくい人もいます。

更年期障害について⇒どうやって更年期の症状を乗り越えたか、という質問にお答えします

4.カビが繁殖し、人によってはアレルギー症状が出る

カビについてはこちらをどうぞ⇒カビはなぜ生える?対策する前に知りたいカビの基礎知識

5.ダニが繁殖する

ダニも、湿度が高いところを好みます。こういう小さな生命体は、たいてい湿度の高い環境を好むのです。

ダニの死骸や糞(フン)はほこりになって、やはりアレルギー症状を起こします。喘息や鼻炎のような症状です。

疥癬(かいせん)という、皮膚が傷んだり、湿疹のようなものができる病気もあります。体を刺す迷惑なダニもいます。
梅雨時

住宅に与える影響

6.家の柱が痛む

湿度が高いと、カビなどの小さな菌が繁殖しやすくなるのは先に書いたとおり。カビは木材を直接破壊はしません。ですが、木材腐朽菌(もくざいふきゅうきん)は木材をエサとして繁殖し、その名のとおり、木を腐らせてしまいます。

木材腐朽菌が繁殖した場所の見た目はカビのような感じです。リアルきのこみたいなものが生えることもあります。画像検索すると、けっこう不吉な写真がたくさん出てきます。

7.床や壁、家具が痛む

木材腐朽菌に侵されなくても、床、壁、家具がダメージを受けます。

木は、熱と水蒸気を加えると曲がる性質があります。この性質を利用した、「曲げ木」という木工技術は古くから使われています。

椅子やギターなどを作るために、木を曲げるとき、蒸気を当てるのです。

温度と湿度が高い場所に、木製の製品を長く置くと、微妙に曲がってくることがあります。

フローリングの床の上を歩くと、ギシギシする(床鳴り)のは、床板が、ほんの少し、反り返っているからかもしれません。

また湿度の影響で、木製家具の塗料がはがれることもあります。

壁紙を貼る時に使った接着剤や糊の跡が変色して、壁のしみのようになることもあります。水分がたまるとこの現象がおきます。

もちろんカビがついても、壁は変色します。

☆湿度を下げる方法はこちらで特集⇒梅雨時の湿気対策:お金をかけず簡単に部屋の湿度を下げる9つの方法

その他の影響

8.髪がひろがる

昔、OL時代に、梅雨時になると、髪が大きくふくらむ人がいました。と言っても、本人がそう言っていただけで、私はさほど気にしたことはありません。

ですが、実際に湿度が高いと、髪の毛の水分が増え、髪の毛が膨張し、うねりが出る人がいます。傷んでいるところ(キューティクルがはがれているところ)から水分が入るのです。

髪の組成が少し変わって、全体的に髪が広がるというかボリュームが出ます。

逆に、髪に入りこんだ水分の影響で、髪が細い人は、ぺしゃんこになったりします。これはその人の髪の性質によります。

梅雨時になるとヘアスタイリングに苦労する人が多いのですが、対策はあります。

髪が傷んでいると、ふくらむのですから、健康的な髪をキープすればこの問題に悩むことはありません。

健康な髪の作り方⇒きれいな髪はこうして作る。ヘアケア製品に頼らない髪のお手入れ法

湯シャンもおすすめ⇒湯シャンのやり方や効果を書いた記事のまとめ

9.コストがかかる

湿度の影響で、住宅や家具がダメージを受けてしまえば、修理するのに当然お金がかかります。

また、全体的に人はどんよりモードになるので、仕事の能率が落ちるため、企業にしても、自営の仕事にしても、いつもよりコストがかかってしまうでしょう。
~~~~~
このように、いろいろ面倒なことを引き起こす湿気ですが、ある程度防止することはできます。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索