市販の弁当

断捨離テクニック

コンビニでもらったスプーンや箸、今すぐ捨てましょう~取っておきがちだけど捨てたほうがいいもの(その2)

多くの人が、捨てずにしまい込むものを順番に紹介しています。

今日は、コンビニでお弁当やお菓子、お惣菜などを買うと一緒についてくる箸、スプーン、おしぼり、小袋に入った調味料、ばれんです。

世界的な傾向として、使い捨てのプラスチック製品は、使わないようになってきています。

昔ほど箸やスプーンをもらうことはないかもしれません。

ですが、大昔にもらってそのままになっているものや、何かのついでにもらってしまって、キッチンの引き出しにしまってあるものがあるんじゃないでしょうか?

今から15分かけて一掃してください。

・・・・・・・捨てましたか?

捨てることができたら、もうこの記事は読まなくていいです。

ここからは、「もったいなくて捨てられない」という理由から、捨てることができない人のために、家中のおまけのスプーンや箸のストックをなくす方法を書いていきます。

時間はかかりますが、実践すれば、ストックはなくなります。



1.今日からもらわない

「捨てにくい、捨てたくない」と思う人が、まっさきにすべきことは、これ以上もらわないことです。

もらうとますますたまります。もらわないコツを4つ紹介しますね。

1)使うユーテンシルをバッグに入れて持ち歩く

一番いいのは、コンビニやスーパーで弁当やおやつを買わないことですが、そうもいかない人は、箸やスプーンを、バッグに入れておいてください。

こうすれば、店で箸やスプーンを断っても、ちゃんと食べることができます。

2)今日から断ると決める

本日から「余計な物はもらわない」と決めて、スケジュール帳や日記、ホワイトボードなどに書きます。

書かないと忘れますよ。

どうしても必要なときは、もらってもいいのです。ただ、すぐに使うあてがない時はもらわないでください。





3)断る練習をしておく

プラごみが問題になっているので、もしかしたら、店員さんは、「箸入りますか?」「スプーン入りますか?」とあなたに聞くかもしれません(私が利用しているオーガニックフードのスーパーのレジの人は、いちいち客にそう聞いています)。

何の準備もしないで、店に行くと、「いりますか?」と聞かれたとき、ついいつもの習慣で、「はい」と答えてしまいます。

「はい」と言うほうが、「あ、いりません」というより簡単です。

人間はほかの人の申し出に対して、No(ノー)とは言いたくないと思っているので、省エネモード(何も考えず、自動的な行動をするモード)で、レジに向かうと、「はい」と言ってしまいます。

そこで、事前に、「いいえ、いりません」「いいえ、いりません」と何回か、練習しておいてください。口に出して言うのがベストですが、そうできないときは、頭の中でやっても効果があります。

何事もシミュレーションしておいたほうが、うまくいきます。

大事なものにイエスというために、ノーと言いなさい(TED)

4)使い捨てプラスチックの問題に関する本や動画を見る

1回使って捨ててしまうプラスチックが、海に流れ込んで、どんな問題を引き起こしているのか、教えてくれる本やドキュメンタリーリーがたくさんあります。

まめに、そういうドキュメンタリーを見ていると、使わないプラスチック製品をもらってしまう行動にブレーキがかかります。

私もこんな記事を書いています⇒なぜ、今すぐプラスチックのごみを減らすべきなのか?

2.すでにあるものは使う

もらわないことを徹底すれば、これ以上、数は増えません。あとは、すでに家にあるものを使うだけです。

(もちろん、捨ててもいいですよ。じたばたしないで捨てたほうが楽だと思います)。

すでに持っている物を使うコツを紹介します。

1)ゴールは達成できているか、の確認

すぐにいるわけでもないのに、必要以上にスーパーで箸やスプーン、調味料をもらう人は、そうする理由(ゴール)があると思います。

「持って帰って、自宅で使用しよう」「遊園地に行く時、持っていって、現地で使って捨ててこよう」。

こんなゴールが。

その裏には、「もらったスプーンや箸、調味料を使えば、新しいものを買わなくてすむから、家計の節約になる」という思いがあるんじゃないでしょうか?

日本の行楽地では、ゴミは持ち帰ることになっているでしょうから、現地で捨てることはできないため、家に持ち帰って、洗って、ためこむ人もいるかもしれません。

ゴールを確認したら、そのゴールの達成のために、自分が動いているか考えてください。

引き出しにたーくさんしまいこんでいたら、「自宅で使用しよう」というゴールに向かう道から、大きくそれています。

「私には、コンビニでもらったスプーンを使うというゴールがあった。だから、努力してちゃんと使わなければ」。

こう誓ってください。

2)いつ使うか、計画を立てる

漠然と、「いつか家で使おう」と思っているだけだと、使うことはできません。

これまでは、ぼんやり、「いつか使うかもね」と思っているだけだったゆえに、キッチンの引き出しに、たくさんスプーンや箸が詰まっているのです。

あなたの家にはすでに正規の箸、スプーン、フォークが充分揃っています。人によっては、特殊なユーテンシルまで持っているかもしれません。

正規のメンバーがいるのに、サブのメンバーを使うためには、ローテーションするなどの工夫が必要です。

どんな工夫をして使い切っていくか、考えてください。

私が考えつくのは

・外出先で使う

・学校や勤め先で使う(自前の弁当を食べるときに使用)

・ホームパーティで使う(新型コロナウイルスの問題があるから、当分パーティはできないはずです)。

・キャンプに行って使う(何回キャンプに行けば、消費できるでしょうか?)

・自宅でお弁当を食べる日を作って、そのときに使う

・食器以外の用途に使う(工作の素材にしたりとか)

このぐらいです。

あなたにはもっといいアイデアがあるかもしれません。使うために、そこまでためこんだわけですから。

3)今日から使い始める

計画を立てたら、今日からあらゆる機会を利用して、ためこんだスプーンや箸、その他の雑貨を使います。

人によっては、市販の弁当やおかずが入っていたプラスチックの容器をたくさんためこんでいるかもしれません。

こうしたパッケージも、自治体の指示にしたがってさっさと捨てたほうがいいと思います。

ですが、どうしても捨てたくないなら、弁当を詰めて、コンビニの箸やスプーンと一緒に、会社に持っていって食べてください。

どんな気分で食べたか、日記につけておくと、手放す気になるかもしれません。

3.使い切りプロジェクトの期間は1年で

以上の、「箸とスプーン、使い切りプロジェクト」を1年かけて、やってください。

もしかしたら、1年もたたないうちになくなるかもしれません。新しいのを入れないようにしていますから。

ですが、1年たっても、まだけっこう残っている可能性もあります。

そんなときは、もうあきらめて残りを捨てましょう。

1年の使い切りプロジェクトを実施して、あなたは、どこの誰よりも、コンビニのおまけの箸とスプーンを活用したはずです。

もうそれで充分ではないでしょうか?

「コンビニで無料でもらった箸とスプーンを自宅で使って、節約する」というゴールは達成できたと思います。

「いえ、私はこのゴールを一生かけて追求したいのです!」こう、あなたは言うかもしれません。

ですが、私は1年ぐらいでやめることをおすすめします。

というのも、正規品のスプーンや箸を買わないで、いくばくかのお金を節約するために、おまけの箸やスプーンを使おうとすると、
たくさんの時間や意識というエネルギー消費するからです。

おまけを使うことで、いくら節約できるのか、やってみないとわかりませんが、時間や労力の損失のほうが大きいのではないでしょうか?

☆前回の記事はこちら⇒その紙袋、今すぐ捨てましょう~つい取っておくものだけど、捨てたほうがいいもの(その1)

おまけ関連記事もお読みください

おまけにひそむワナ。物をもらうと無駄な物が増えるばかり。

おまけにつられて物を増やす人:ミニマリストへの道、番外編4

断捨離の天敵、無料サンプルや値引き品の誘惑に打ち勝つ5つの方法

ガラクタに見えないけれど、しっかりガラクタなもの7つ。

余分な物を捨てるすすめ~同じ物、そんなにいくつもいりませんよ(1/3)

*****

コンビニでもらったスプーンや箸を捨てることをおすすめしました。

もし、実家に、この手のものがたくさんたまっていたら、お父さんやお母さんに、この記事を読んでもらってください。

たいていの人は、読むだけで終わります。

しかし、中には、「そっか、もういらないよね」とザザーっと捨てる人もいます。

捨てたその瞬間から、暮らしの質があがるので、いい親孝行になります。





図書館にいる女性次々と本を買ってしまうのをやめる方法。前のページ

新品同様だから:着ない服を捨てない理由と、それを乗り越えて捨てる方法(26)次のページ服をチェックする女性

ピックアップ記事

  1. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  3. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  4. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  5. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。

関連記事

  1. もう着ない服

    断捨離テクニック

    いらない物を親に押し付けてしまう。このクセを直すには?(思考の変え方)

    親にもらった物が不用になっても捨てられない。親に押し付けてしまう。この…

  2. 汚部屋

    断捨離テクニック

    どうしていつもぐしゃぐしゃなのか?あなたの家が片付かない最大の理由はこれ

    家の中がガラクタだらけで、暮らしにくくなっている1番の原因をお伝えしま…

  3. 靴を買おうか考えている女性

    断捨離テクニック

    理想の自分になるために買った物を捨てるすすめ。

    今回は、以前、「野望ガラクタ」という名前で紹介した、「なりたい自分にな…

  4. 贈り物を差し出す女性

    断捨離テクニック

    物を捨てることに抵抗がある人に伝えたい7つの考え方。

    家の中に物がいっぱいあって、少し片付けなければならないし、実際そうした…

  5. 散らかった部屋

    断捨離テクニック

    足の踏み場もない部屋をなんとか片付ける方法。

    部屋が物だらけで頭が変になりそうという方から、相談メールをいただきまし…

  6. 洗面所の引き出し

    断捨離テクニック

    1日5分の断捨離で攻略したい7つの場所

    5分あれば、片付けられる場所のリスト、後編です。今回は「引き出し」中心…

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,588人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 鏡を見て落ち込む若い女性
  2. リラックスタイム
  3. 『8割捨てれば、お金が貯まる』表紙。
  4. 食器棚を見ている女性
  5. 忙しいお母さん
  6. 犬とたたずむ女性
  7. カラフルなマスキングテープ
  8. 秋の公園でたたずむ女性
  9. クリスマスの買い物
  10. 疲れている主婦

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 嫉妬
  2. 道を選ぶ
  3. 服が多すぎる
  4. カラフルなマスキングテープ
  5. シンプルな画像
  6. プラント
  7. 歩く女
  8. 寄付品のソート
  9. 断捨離してます
  10. 小銭

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP