ランプをチェックしている若い女性

ミニマルな日常

物がたくさんありすぎて、片付ける気になれない? 重い腰をあげる方法、教えます。

部屋に物がたくさんあって生活しにくいから、少しを物を捨てたほうがいい。

頭ではこうわかっていても、動きだせないときがあります。

膠着(こうちゃく)した状態から抜け出す方法を7つのステップにわけて紹介しますね。

汚部屋の中で体操座りをしてうらびれている…そんな状態の人はぜひ試してください。



1.ブレインダンプ

まずブレインダンプをして、頭の中をスッキリさせます。

ブレインダンプは、自分の頭の中にあることを全部紙に書き出すことです。

やり方⇒頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

部屋の片付けに着手できない人は、これからするその片付けが何か、とてつもなく大変で、苦しいことだという先入観を持っています。

勝手に想像してしまっているのです。

また、半ばあきらめている人もいます。

私はどうせ片付けられない人だから。片付けても、すぐにまた散らかるし。片付けても、また家族が物を買ってくるし、と。

動き出せない人は、先の心配をしていることが多いので、そういう心配や不安の気持ちをすべて紙に出します。

おすすめのテーマ

ブレインダンプするテーマは何でもいいのですが、ここでは、以下の3をおすすめします。

1)片付けに関する自分の不安や心配、障害に感じていること

2)理想の状態(望む生き方、理想の部屋、持ち物との付き合い方、自分が欲しいもの・状態など)

1つにつき15分ぐらいかけて、頭の中にあることをしべて出し尽くします。

考えていることを紙に書き出すだけで、正解・不正解はありませんから、がーっと自由に出してください。

ブレインダンプをするだけで、気分が軽くなります。





2.いまの自分にできそうなことを考える

理想の状態についてブレインダンプをした紙を読み、その欲しいもののを手に入れるにはいったいどうしたらいいのか、考えてみます。

欲しいものの中に、「きれいな部屋」「片付いた部屋」「捜し物しなくてもすむ人生」などがあったら、そういう部屋にするために、いまの自分にできることを考えるわけです。

これも紙に書き出してください。

時間は5分~10分程度。

タイトルは、たとえば、

現在、汚部屋で、理想が、片付いた部屋であるとき、そのギャップを埋めるにはどうしたらいいか?

この場合、「あそこに積んである本をちょっと捨てる」、「テーブルの上に散らばっている紙を拾ってくずかごに入れる」とか、「出しっぱなしになっているマグカップを台所に持っていく」なんてタスクが並ぶと思います。

そうしたタスクをどんどん書いていきます。

このタスクはできるだけ、具体的な形にするのがコツです。

そのため、ちょっとむずかしいタスクは、いまの自分がそんなに無理しなくても、すぐにできるところまで細分化します。

たとえば、部屋の中に他人の物があったら、まずやることは持ち主への連絡です。

以前、「家を出ていった夫の物があって、勝手に捨てるわけにはいかないし、かといって連絡も取りたくないので、どうしたらいいのかわからない」という相談メールをもらったことがあります。

そのまま放置しても部屋は片付かないので、いやでも相手に聞くしかありません。

捨て方がわからないから動き出せないこともあります。

この場合は、スマホで検索して、捨て方を調べることから始まります。

紙に、「スマホで捨て方を調べる」と書いてください。

こうした小さな行動を積み重ねることで、部屋が片付いていきます。

必要なのは、小さなことをたくさんすることで、それは誰にでもできます。

細分化について⇒モノを持ちたくないあなたへ~こんなものはキッチンには不要です

3.捨て始める

やるべきことを書いて、これから自分がする作業のイメージが、なんとなくつかめたら、実際に捨て始めます。

キッチンタイマーや、スマホのタイマーを15分にセットして、不用品を捨て始めてください。

参考⇒「15分で27個捨てましょブギ」を続けて気づいた「捨てる」最大のコツとは?~ミニマリストへの道(30)

15分たったら、きょうはそれで終わりです。

15分でも、たくさんの物が捨てられます。

15分はきつい、と思うなら、5分でもかまいませんが、できるだけタイマーを使って、その時間だけは、しっかり集中してください。

タイマーについて⇒タイマーを使って仕事や家事に一点集中~ミニマリストのタイマー活用法とは?

4.毎日のルーティンにする

明日も明後日も、1日15分の捨て活動を続けられるように、日々のルーティンにします。

どこで、その15分を確保するか決めて、スケジュールに入れてください。

おすすめは、朝一番を毎日です。

なぜ、朝一番がいいかというと、やり損なうことがないからです。

毎日がいいのは忘れないからです。

1日おき、とか、毎週火曜日、みたいにするとそれを覚えるのに脳を使ってしまいます。

片付けが苦手な人はできるだけハードルを下げるに越したことはありません。

朝起きると、トイレや洗面所に行くと思いますが、そのあと、15分とって片付けます。

もしモーニングページを書いているなら⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ、モーニングページを書いたあとがいいでしょう。

朝一番の片付けの例⇒物置になってしまった離れの片付け方。ガラクタ部屋の断捨離はこうやる。

「朝起きると、忘れているかもしれない」と思うなら、付箋に書いて洗面所の鏡に貼っておきます。

5.変化を記録する

変化が見えないと、人間は挫折しやすいので、片付けたプロセスがわかる工夫をするといいでしょう。これが励みになります。

物を捨てれば隙間ができるので、ふつうはそれが励みになりますが、たくさんありすぎると、ちょっと捨てたぐらいでは、代わり映えしません。

意識的にログをとってください。

プロセスの視覚化の方法

以下のことをすると、変化を肌で感じられます。

・ビフォー・アフターの写真を撮る

・捨てる前に、ガラクタの写真を撮る

・何を捨てたか記録しておく

・ごく小さなスペース(引き出しでもOK)をからにして維持する

・15分の片付けができた日は、スケジュール帳やカレンダーに印をつける

記録するのはひと手間かかるので、負担にならない方法を使ってください。

私は、以前、毎日、捨てた物を記録するブログを更新していました。

片付け計画なども書いていたので、頭の整理にも役立ち、よかったと思います。

スケジュール帳やカレンダーに印をつけるのはちょっとしたことですが、たまっていくと達成感を感じられます。

2018年から、デイリープランナーに、日々のタスクを書いて、できたらシールを貼ったり、四角を塗りつぶしたりしていますが、印がたまったページをパラパラ見ると、みょうに達成感があります。

6.週単位で計画・テーマを考える

週の終わりに、翌週とくにがんばりたいところや、取り組みたい片付けを考えて、紙や付箋に書きます。

週ごと、計画やテーマを考えるのは、片付けを継続するためです。

汚部屋の片付けは1日では終わりません。だらだらやっていると飽きてくるし、いつのまにか片付けない日々に戻ります。

月ごとに目標を決めてもいいです⇒何かに挑戦したいなら30日間チャレンジがオススメ

5番と6番は、片付けを継続するための工夫です。

あくまで、ゴールは部屋をきれいにすることなので、記録することや、計画を立てることにエネルギーを注ぎすぎないでくださいね。

7.チャレンジを組み合わせる

ときどき、企画やプロジェクトを混ぜてみると、目先が変わって、新しい展開を期待できます。

当ブログでも、いろいろなプロジェクトを紹介しています。

ミニマリストらしいファッションの選び方。プロジェクト333のすすめ。

持たない暮らしに近づく1000個捨てチャレンジの楽しみ方。

物を減らすのに、ワンインワンアウト(1つ買ったら1つ出す)は本当に効果があるか?

自分でプロジェクトを考えてやると、「誰かにやらされている感」がなくなるので、片付けがすすみます。

番外:ネガティブなことから離れる

ネガティブな情報を消費しすぎないようにしてください。

「やらなきゃ、やらなきゃ」と思っているのに、とりかかれないのは、頭の中で、暗いことや、うまくいかないこと、つらそうなことを想像しているからです。

人間は想像力があるから、過ぎ去ったことについて悔やんだり、まだ起きていない未来について心配したりします。

自分と人を比べて嘆くのも、想像力があるからできることです。

想像していることは想像にすぎず、現実ではありませんが、本人にとっては、現実そのものです。

脳にネガティブな刺激を与えすぎると、あなたの現実が暗くなります。

その暗い展望が、行動にブレーキをかけます。

だから、ネガティブな気持ちにさせるものから意識的に離れてください。

たとえば、ネガティブなことばかり言う人、不安をあおるニュースなどから。

ネガティブな情報の消費が減ると、ポジティブなほうに想像力を使うことができます。

つまり、希望を感じられるようになります。

これは、無理にポジティブになれ、という話ではありません。

同じできごとでも、希望を感じることも、絶望することも、どちらでもできます。

部屋を片付けたいなら、希望を感じることを選ぶべきです。

関連記事もどうぞ

毎日少しずつ片付ける、15のアクションプラン。誰でもできます。

仕事から帰ったあと、断捨離する習慣をつける5つの方法。

汚部屋からきれいな部屋にする7つのちょっとした作戦。

気力をふりしぼらないと捨て始めることができない人へ~さっとスタートする7つのコツ。

汚部屋すぎて、どこから始めていいかわからない人に伝える片付けの始め方。

*****

汚部屋の片付けをなかなかスタートできない人に、やってみるといいことをお伝えしました。

とりあえず、きょうは、ブレインダンプだけでもやってください。

15分がきついなら5分でもOK.

そのぐらいの時間はありますよね?





紙袋のコレクション家族が不用品を捨てるのを上手にサポートする方法(後編)前のページ

感情的な買い物をしないですむ3つの方法。次のページ買い物している若い女性

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. 段ボール箱を持つ女性

    ミニマルな日常

    持ち物も頭の中もスッキリさせてスムーズに退職できた話。

    読者からいただいた、仕事に関するお便りを2通紹介します。内容:…

  2. 料理する女性

    ミニマルな日常

    作りすぎ、買いすぎをやめて、必要な分だけ買ってさっさと食べます。

    持たない暮らしをしている読者3人のお便りを紹介します。内容:…

  3. 怒る猫

    ミニマルな日常

    読者をバカにしないで!というメールにお答えします(批判、苦言、助言特集)

    読者のお便り紹介コーナーです。今回は、痛烈な批判、辛口の意見、助言、叱…

  4. フリーマーケット

    ミニマルな日常

    物が減るってなんて快適なんでしょう!(読者の片付け体験談)

    断捨離体験を送ってくださった、読者のメールを紹介します。今回は2017…

  5. ベッドを整えている女性

    ミニマルな日常

    最近私が始めたこと~新しい人生はいつでもスタートできる。

    シンプルな生活をしている読者のお便り紹介です。5月にいただいたメールか…

  6. ケシの花

    ミニマルな日常

    見たくなかったものに向き合って片付けをしたら、断捨離で心が整うことを実感。

    『筆子ジャーナル』にいただいたお便り紹介コーナーです。2016年9月後…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,331人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 疲れた女性
  2. スノードーム
  3. 片付けている人
  4. スマホを使う人
  5. 罪悪感を感じている人
  6. 流れ作業
  7. いらない靴
  8. 混乱する人
  9. ノーと言う女性
  10. 冷蔵庫から卵を取り出す

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 試着している人
  2. 断捨離してます
  3. 決めかねている人
  4. 考えごとをしている人
  5. 考え事をしている女性
  6. 散らかった部屋
  7. 失敗料理。
  8. スマートフォン
  9. きれいな女の子
  10. 『すてきなあなたに』

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP