シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

捨てようとするのではなく、必要な枚数を選べば洋服は減らせる


服を減らすことができない」というご相談のメールをいただきましたので、この記事で回答いたします。

できないことにフォーカスしてはいけない

毎日、いろいろなメールをいただいていますが、特に「洋服が捨てられません」というメールが多いです。

次に多いのは、「買いものが止まりません」というメールです。

この2つの悩みには共通点があります。

ともに、自分にはできない、できません、と訴えています。できないことを無理にやることはありません。

できることに取り組んでください。

すなわち、捨てるのではなく、必要な枚数だけ洋服を持ち、買い物をやめるのではなく、必要なものだけを買うのです。

洋服が捨てられない、と思う人は、「必要な洋服だけ持とう」というふうに発想を転換してはどうでしょうか?

それではいただいたお便りを紹介します。

洋服を減らせません

Sさんより。
件名:初めまして

筆子さま
ほぼ同世代の専業主婦です。

楽しみに読ませて頂いています。本も図書館で購入希望を出して通り、一番に読みました。

私の断捨離歴も長く、カレン・キングストンの本を購入したのが2005年、その後やましたひでこ氏やこんまり氏も読みました。それ以前に羽仁もと子の友の会会員でもありますから、「置き場所の決まった家」「寝る前の家」や「一仕事一片付け」等を学んでいましたので、家は一見片付いてはいたと思います。

しかしどうも家も心もスッキリしませんでした。

今年に入り、使わないブランドのバックやアクセサリーを売ったり、以前集めた骨董の染付食器を売ったりしました。他にも結構捨てています。でもまだ何だかスッキリしません。

原因は洋服かなと思い始めています。

「フランス人は~」も読みましたが、どうも洋服は思い切りよく減らせません。それに茶道もしているので着物も結構あります。(着ないからと下さる方もいて増えてしまいました。最近は頂かないようにしています)
やはり勇気と決断をもってやるしかないでしょうか。

もう一つ、アクセサリーをもらってくれた友人が心配して言ったことがちょっと気になっています。「そんなに片付けしてると早死にするよ」と。

確かに昔、そんな事を聞いた事があります。この件に関してはどう思われますか?

筆子さまの益々のご活躍を祈念しております。

Sさん、お便りありがとうございます。図書館に拙書をリクエストしていただき、誠にありがとうございます。

私の本について⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」3月5日より予約開始

さて、Sさんのお便りにはいくつか気になる点がありましたので、記事にとりあげさせていただきました。

私が気になったのは以下の点です。
●Sさんは断捨離歴が長く、片付け本をたくさん読んでいる。
●婦人之友社の友の会会員でもある。
●家は片付いており、家事もきっちりやっているのに気持ちがスッキリしない。
●洋服を捨てるのに、「勇気と決断」が必要だと感じている。
●友人に「片付けしてると早死する」と言われたことが気になっている。



Sさんは、婦人之友社の友の会で合理的な家事を学んでいます。きっと前向きに家事に取り組み、家の中はびっしり片付いていることと思います。

私のようなズボラ主婦と違い、毎日掃除もしっかりしているでしょう。

それなのに、なぜスッキリしないのか?

こんな理由からではないかと想像しています。

物が多すぎるからスッキリしない。収納してもだめ。

私も婦人之友社の「シンプルライフをめざす基本の家事」という本を持っています。この本には、「少ないもので豊かに暮らす」と書いてあり、シンプルライフが提唱されています。

ですが、友の会のメンバーはミニマリストではありません。この本の、食器の適量を紹介している写真を見ると、私にはとてもたくさんに感じられます。

食器の適量のページはこの記事にのせています⇒ミニマリストの食器の数は?~50代節約系かつ粗食系の主婦の場合

Sさんの家にはまだまだ物が多いのではないでしょうか?だからスッキリしないのだと思います。

たとえ、きっちり収納していても、多すぎる物は重荷になります。

物は暮らしをよりよくするために導入すべきもの。視覚的なノイズになっていたり、管理の負担を増やしてしまうのなら、それは数が多すぎます。

友の会の家事のシステムや理念は素晴らしいと思います。ですが、そもそも物が少なければ、あそこまでがんばらなくても、家の中はそんなに散らからないと思います。

通年で使えるごく少ない服だけ持てば、冬ものをしまって夏ものと入れ替えるとか、合服をどうこうする必要なんてないのです。

服が多すぎる

服が多すぎて…

無理やり洋服を捨てなくてもいい

Sさんがどのぐらい洋服や着物を持っているのかわからないのですが、服を捨てるのに、悲壮な覚悟は必要ありません。

捨てようとするのではなく、必要な分だけ持とう、とポジティブにとらえてはどうでしょうか?

まず、自分はそんなにたくさんの服を持って、この先どんな暮らしを実現したいと思っているのか、考えてみては?

多くの女性は服をたくさん持っていますが、何か目的意識があって買っているとは思えません。

なんとなく買ってしまってそのままになっているのではないでしょうか?人は、いったん何かを自分のものにしてしまうと、愛着が出てしまい、なかなか捨てられないものです。

いったん手に入れると捨てられない理由⇒物を捨てられないのは恐怖のせい~損失回避と、授かり効果の心理をさぐる

たとえたくさん服を持っていても、それが自分の人生に必要なら、別に捨てなくてもいいと思います。

1着1着をちゃんと活かしているのなら。

服をたくさん持っていると人は、いろいろTPOに合わせて着回したいのかもしれません。ちゃんとそれができているのなら、無理に捨てることはありません。

TPOについてはこちらをごらんください⇒服を減らす3つの考え方。ミニマムファッションでストレスフリーに

無理やり捨てるのではなく、自分の理想の生活に必要なだけのワードローブにする気持ちでやるとうまくいくと思います。

「片付けをすると早死する」という言葉について

この言葉、私は初めて聞きました。むしろ、片付けないと、病気になると思います。なぜならストレスが多いからです。

今でもSさんは、「スッキリしない」と思っているのですよね?つまりストレスを感じています。

ストレスは人を病気にします。そのメカニズムはこちら⇒ストレスのせいで頭痛がしたり太ってしまう理由とは?

こちらも同様の記事です⇒副腎疲労(ふくじんひろう)とは?やる気が出ないのはこれのせいかも

ストレスをあなどるべきではありません。

長生きする人の特徴を考えると、ポジティブで、今この瞬間を楽しんでいます。高齢になっても、新しいことに挑戦したり、自分の好きなことに打ち込んでいます。

片付けをすると、心身ともに身軽になるので、よりポジティブになります。「断捨離をしたから、前よりネガティブになった、人生を悲観するようになった」なんて聞いたことがありません。

お友達がそんなふうに言ったのは、Sさんが、断捨離に成功して、どこか遠くに行ってしまうのではないか、という不安や嫉妬の気持ちがあったからではないでしょうか?

自分が何か新しいことに挑戦していると、家族や親しい友だちは、たいてい、ネガティブなことを言います。「それは、いいことね。もっとがんばって」なんて、あまり言いません。

どちらかというと足をひっぱろうとします。ダイエットをしているとき、「一口ぐらい食べても大丈夫だって」と言ったりします。

これは人間の自然な反応のようです。親しい人が変わってしまうのが怖いのです。人は、変化を嫌う動物ですから。

あるいは、その友達は、特に深い意味もなく、軽い気持ちで言ったのかもしれません。いずれにしても、全く根拠のないことなので気にすることはありません。

Sさんの断捨離の成功をお祈りいたします。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索