公園にいる女性。

ミニマルな日常

最終更新日: 2023.11.24

持たずに生きる、買わずに満たされる。そんな私の話を聞いてください。

ページに広告が含まれる場合があります。

 

シンプルで身軽な暮らしを心がけている読者のお便りを2通紹介します。

内容:

・1年間服を買わないチャレンジ

・食に関して私が心がけていること

まずラブリーわぬわぬズさんのお便り。10月10日にいただきました。



洋服を買わないチャレンジの途中経過

件名:その後のご報告です

筆子さん、こんにちは!

ワンコの事でよく投稿している51歳主婦です。

先月はウチのワンコの月命日に載せてくださりありがとうございました。ワンコの事を「身内の」と言ってくださったこと、すごく嬉しかったです。そして、また泣いてしまいました。

筆子さん、久しぶりの日本は楽しまれてますか?

ウチは愛知県からそれほど遠くないい地域なので、暑い日、雨の日、筆子さんはどうしてるかなぁ、と思い巡らしています。

カナダとは全然違うんだろうなぁ、バテてないかなぁ…などと。私は秋バテ中なのです。

さて、ご報告です。





最近増えたもの

モノは増やさない、服は買わない、頑張ってます。でも増えました。

ジャーン!

犬です。笑。

亡きおじいワンの四十九日後に、保護団体さんから、雄ワンコ引き取りました。

3歳くらいの柴犬です。

もう2ヶ月以上ウチにいるのに、私の姿を見るとピューって逃げちゃう。でも主人にはめっちゃ甘えるんですよう! 悔しいなぁ。逆よりいいかな、お世話するのは私で、主人が甘やかし係で。

昨日は主人のベッドと和室の畳にオシッコされました。ガックリ…セスキ炭酸ソーダと重曹で大掃除しましたよ。敷物は…買い替えなくっちゃ…次は洗濯機で洗えるヤツに…。

洋服を買わない挑戦

洋服は、おしゃれ用は買っていません。もうじき半年です。

でもレインコートは買い替えました。もう水弾かず、着てもビッショビショ…ホームセンターでセールで男性用Sサイズ購入しました。

犬の散歩用…新しいのは良いです。濡れない。

コレって、カウントしなくて良いですよねぇ。

この夏は凄く暑くて、涼しいボトムが欲しかったけど、買わずに乗り切れました。

久々に一泊旅行したので、パジャマパンツは手持ちの布で作りました。(家ではビッグTシャツにパンイチ…だったので)ミシンとロックミシンは持っているので、簡単な物なら縫えるのです。(腕はヘボ)

コレもカウント…しなくて良いかな?オカネ0円…旅行後も就寝時使ってます。

服の傷みやすい夏を乗り切ったので、冬は楽勝です。

少し意識しただけで、服を必要以上に買う習慣はなくなりました。

ただ私、帽子が凄く好きなんですね。もちろん買ってないんですけど、お気に入りに登録して、時々眺めてます。ベレー帽。欲しいなぁ。

でもお金を使う優先順位は犬のが先なので、今いる最年長のコの歯石取りが先です。

かかりつけ医には申し訳ないけれど、片道1時間以上かけて、獣医さんがたくさんいる大きな病院に連れて行きます。

水切りカゴを捨てた

最近私が捨てた物で、無くても困らなかった物ですが、キッチンの水切りカゴです。

コレがない生活って考えられなかったけど、炊飯器と同じくらい無用でした。

炊飯器は随分前にやめて、土鍋で米炊いてます。

専用のすごい土鍋じゃなくて、普通の、鍋料理用のヤツです。ウチ土鍋年中使ってます。

水切りカゴは、まず下の水受け皿から撤去して(タオル敷いた)しばらく使ってましたが、水垢掃除がホント嫌で、ひと月どけて洗い物してたんです。

結果、要らんやん、という結論になりました。すぐ拭けばエエやん、という。

必需品っていう思い込みって、怖いですね。

1000個捨ては思うほどはかどっていないのですが、諦めてはおりません。ボチボチですが前向きに頑張っていきます。

それでは、筆子さん!

洋服買わない1年チャレンジ、絶対やり遂げますよ〜。また、ご報告いたします。

あっという間に寒い冬がやってきますね。お身体に気をつけてくださいね。

ラブリーわぬわぬズさん、こんにちは。いつもお便りありがとうございます。

服を必要以上に買わなくなってよかったですね。このスキルは一生ものですから。

レインコートをカウントするかどうかは、自分次第です。ラブリーさんは、私、筆子のために買わない挑戦をしているわけではありませんので。

確かに日本に着いたばかりの9月下旬は暑かったんですが、10月10日あたりはかなり涼しくなっていたと思います。

実は、日本はさぞかし暑かろうと、長袖は、行きと帰りに着る用の厚手のスエット(フード付きパーカー)と、薄手Tシャツを1枚だけ持参しました。でも意外に涼しかったので、もう1枚長袖のTシャツを持ってこればよかったと思いましたよ。

実家では、外に洗濯物を干すから、天候がよくないと1日で乾かないときがあるんです。

たぶん湿度が高いからでしょう。

ラブリーさんは、服を自作できるのですね。それならば、ますます服は買わなくてもいいですね。

水切りカゴは清潔に保つのが難しいですよね。私も水切りカゴを使わなくなって10年以上たちますが、何も困っていません。

水切りカゴは使わない、三角コーナーと洗い桶もなくても大丈夫

あれは、キッチンのカウンターに余裕がある人が置くものじゃないですかね。

スペースを取り、管理に手間暇かかるものは、あまり使っていないなら処分したほうがいいと私も思います。

それでは、ラブリーわぬわぬズさんの、買わないチャレンジが成功することを祈っています。どうぞ、お元気でお過ごしください。

次は、makiさんのお便りです。

食べきれないほどは買いません

件名:食欲のコントロール

こんにちは筆子様。

毎日ブログ読んでます。

今日のブログを「ある、ある」と共感しながら読みました。

食欲をコントロールする鍵は、マインドフルネスにある。

私も20代のころは仕事の人間関係もあり「この世の中の美味しいものはすべて食べつくしたい」と思い、あの時代はバイキング、食べ放題がはやりましたよね。

はまってお腹いっぱい食べて次の日胃がムカムカするという悪循環の繰り返しの日々を送ってました。

その当時5~6キロ太って苦しかったですね。今は標準体重ですが。

そんな私が次第に食生活を考え出したのは40代になって筆子様のブログを読みだしたのも1つのきっかけになりました。

筆子様は意識的に砂糖制限、オーガニック食品を選択されてますよね。

私にできることは何だろうと考えた時に食品ロスを出さない、食べきれないものは買わない。なるべく、野菜、タンパク質などをしっかり食べる、甘いものを食べ過ぎないでしょうか。

私が冷蔵庫の中を見て少しずつ食べきるようにしています。

家族は無関心だったのですが、最近は少しずつですが「賞味期限があんまりないぞ早く食べないと」と意識を向けてくれるようになりました。そこからが始まりです。

今の日本は安くておいしいものがいくらでもあります。どんどん流されて買って食べていたら切りがありませんね。

食べすぎは体にも負担になるし、フードロスの問題も自分の身に置き換えて考えて意識しないといけないと思ってます。

先日テレビのバラエティ番組で生卵を高いところから落とす外国のお祭りを見ました。

世の中には貧困に苦しんでいる人もいるのにと非常に嫌な気分になりました。

我が家では子供も働きだしたということもあり、誕生日、クリスマスケーケーキの購入は去年からしていません。欲しかったら自分が食べる分だけ買ってきてと子供達には伝えてます。

私も外食はお付き合いで行くだけです。バイキングも行かないですね。

若いころは、シフォンケーキなどお菓子を作ったりしてましたが、家族も食べないし自己満足でした。

私は甘いのが好きなので時々和菓子を食べたりします。あんまり食べ過ぎないようにしていますが。

世間の雰囲気に流されていたのだ。クリスマスやイベントに皆と一緒に盛り上がらないと寂しい人と見られるのが怖かったのかなと今になって振り返りました。

誰も気にしていないんですけどね。

勉強や趣味、運動、仕事など他に集中できることに意識を向けることが、きっと食欲をセーブできるのではと思います。

makiさん、こんにちは。お便りありがとうございます。

お菓子を食べすぎて困っているというメールは定期的にいただくので、makiさんのメールはそういう読者の参考になるでしょう。

夜、お菓子を食べ過ぎるのをやめる現実的な方法(前編)

確かに日本は安くておいしいものがいっぱいありますね~。

でも、外食だとヘルシーなものを食べるのが難しいと感じました。

名古屋に帰っていたときは、基本は母の家にいたし、外に行く時はいつも娘と一緒だったので、私だけ健康食を追求するのが難しく、体に悪いものもかなり食べましたよ。

今回、名古屋、東京、大阪で過ごしましたが、ランチタイムに外食すると、高い確率で揚げ物しか選択肢になくて、「揚げ物、ありすぎじゃない?」と思ったほどです。

生卵を人にぶつけることは、金持ちの国ではわりと行われますね。

先日日本のドラマ(学園もの)を見ていたら、1人の生徒に向かって、大勢の生徒が生卵をぶつけるシーンがありました。

卵の損失もさることながら、制服のクリーニングが大変ですよね。

このドラマは2007年の作品ですから、今はこんなシーンは登場しないかもしれません。

食べ物がなくて飢えている人がたくさんいる一方で、ありすぎて、ゴミにしている人もいるのは本当に残念なことです。

これは、洋服などの他の物についても言えることです。

最近は、先進国が発展途上国にプラごみを輸出しています。それもこれも、先進国の人が、何よりも快適さを優先しているからです。

私たちの消費が地球に与える驚くべき影響(TED)

せめて、すぐにゴミになるものは、家に入れるのをやめたいですね。

それではmakiさん、これからもお元気でお暮らしください。

******

読者のお便りを紹介しました。

いつもいろいろなお便りありがとうございます。

私、今年は、紙類のデジタル化プロジェクトを計画していましたが、あれこれ忙しくてほとんど進みませんでした。

残り1ヶ月もそれなりにやることがあり、難しそうですが、あきらめずにコツコツ続けます。

それではあなたも、伝えたいことがありましたらお気軽にメールください。お待ちしています。





家計簿をつける手。こだわりが物を増やす~道具にこりすぎてお金を使ってしまうのをやめるには?前のページ

捨てる手続きがめんどくさい~捨てない言い訳その6次のページリサイクル

ピックアップ記事

  1. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  2. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…
  3. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  4. ムック・8割捨てて二度と散らからない部屋を手に入れる、発売しました。
  5. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。

関連記事

  1. 本屋にて

    ミニマルな日常

    本はどんな形(紙本、それとも電子書籍)で入手し、どう処分するのが理想的なのか?

    本の消費の仕方に関する質問をいただきました。どんなふうに本を手…

  2. 話をしている女性

    ミニマルな日常

    思い通りにいかない状態をなんとかしようとがんばりすぎてはだめ。

    2021年の11月あたりにいただいたメールから、記事の感想や、ご自身の…

  3. 親離れしない人

    ミニマルな日常

    親離れできない人が多少なりとも自立心を持つ7つの方法。

    親離れできず、よけいな荷物を部屋にも心にもためこんでいる人がいます。親…

  4. 机まわりがぐしゃぐしゃ。

    ミニマルな日常

    すぐに物を散らかす夫に困っています、どうしたらいいでしょうか?

    妻である自分がせっせと片付けて、スペースを開けても、すぐに夫が散らかす…

  5. シンプルにいけた花

    ミニマルな日常

    なぜ人はミニマリストを目指すのか?  ミニマルライフが人気を集める理由。

    ここ数年、先進国ではミニマルなライフスタイルが人気を集めています。…

  6. 散らかった部屋

    ミニマルな日常

    片付けられない人が無意識にやっている、物を増やしてしまう3つの生活習慣。

    自分ではわりとまめに片付けているつもりなのに、気づくと部屋の中がぐしゃ…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,824人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 子供のものを整理する母親
  2. 引き出しを片付ける
  3. 写真の整理
  4. 飛び立つ鳥
  5. 引っ越しした直後の女性
  6. カラーボックスの中を片付けている女性
  7. 帯
  8. 物が多すぎる部屋
  9. ノートブック
  10. 断捨離している若い女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 娘の汚部屋
  2. ストレス
  3. エンディングノート
  4. 悩んでいる人
  5. ブティックで買い物している女性
  6. 書類を見ている人
  7. サプライズな贈り物
  8. ランニング
  9. 断る女性
  10. レコードを買う人

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP