買い物中の女性

買わない

物を減らしたいなら買わないほうがいいものあれこれ(その1)~シンプルライフを邪魔しない買い方

大量の所持品を持たず、できるだけシンプルに暮らしたい。

そんな希望のある人に、買わないほうがいい物やサービスを7つ紹介します。

いずれも、かつて私が買っていたけれど、今は買わなくなったものばかり。

物は買い物によって増えるので、シンプルライフを邪魔する買い方を改めれば、次第に持たない暮らしになっていきます。



1.定期購入/頒布会

私がガラクタを大量に出してしまった三大要因の1つが、頒布会の利用です。

筆子の物を増やした3つの危険な習慣とは?~ミニマリストへの道(10)

頒布会は、定額のお金を払うと、あるラインにそって、毎月違う商品が届くサービス。

似たようサービスに、サブスクリプションボックスというのもあります。

頒布会を利用すると物が増える理由は

・毎月、コンスタントに確実に物が家に入る

・自分が選んでいない物が家に入る(つまり、今すぐ必要なわけではない物が家に入る)

この2つです。

頒布会を利用する前に、自分の好みやほしいものは事業者に伝えています。

しかし、商品そのものは指定せず、その月、何を送るかは事業者が決めます。

あらかじめ、「届いてもかまわないもの」を伝えているだけで、「どうしても欲しいもの」を伝えているわけではありません。





最近人気のサブスクリプションボックス

サブスクリプションボックスは、月々、定額のお金を払うと、自分の趣味に合わせて、向こうが複数の物をキュレーションして送ってくれるサービスです。

衣類、コスメ、趣味グッズ、子供の学習用の本やおもちゃ、食べ物、飲み物、画材。いろいろあります。

サブスクリプションボックスは、物を通じて、新しい体験を送るサービスと言えましょう。

確かに私も、 千趣会(今のベルメゾン)から、自分では買わないお菓子の型を送ってもらい、わりと楽しくケーキを焼いていました。

(お菓子作りはやめたので、型はすべて捨てました⇒お菓子作りの道具を断捨離したきっかけとそのプロセス。

自分の世界が広がった、とは言えます。

しかし、別にサブスクリプションで買わなくても、なんなら、買い物なんかしなくても、自分の世界は広がります。

定額で毎月物を買っている人は、「自分では買わない物との出会いがあるのが楽しい」。「仕事が忙しいから届けてくれるのもありがたい」。

こんなメリットを感じているかもしれません。

ですが、、無理やり出会わされたものと、その後、幸福に、そしてシンプルに暮らすのは、意外と難しいのです。

すでに出会っていて、仲良くしていたものを手放す結果になるかもしれません。

本当に持たない暮らしをしたいなら、頒布会の利用はくれぐれも慎重に行うべきです。

2.送料を無料にするために買う物

かつて私は通販を利用するときは、毎回、送料無料にするために、欲しい物にプラスして、「今、必要ではないが、あっても別に困らないもの」を買っていました。

ケチケチ精神を発揮していたのです。

そうやって得をしたはずの、500円~1500円は、ガラクタをかかえたせいで、プラス・マイナスゼロ、というより、大きくマイナスになりました。

不用品を持ってしまうとそれを管理するのに、お金や時間、心のエネルギーを使うことなるからです。

もったいないから捨てない。この決断のせいであなたが失っているたくさんのもの。

ケチケチ精神ゆえに、送料無料サービスにするために細かい物を買ってしまう人は、なんとかそれを活かそうと、使う方法を考えるのに時間とエネルギーを使います。

さしあたって使いみちのない付録を、なんとか使おうとがんばるのと同じ行動です。

2度と付録目当てで雑誌を買わないと誓った日:ミニマリストへの道(53)

送料を払って必要な物だけを買っておけば、その後の苦労はしなくてすみます。

送料無料サービスにするために、細かい物を買うことがあたりまえになっている人は、この記事を読んでも、「でもそのうち必ず使う消耗品だし」とか、「友達にあげるから無駄にならないし」と思うかもしれません。

しかし、繰り返しますが、今、必要な物を必要なタイミングで購入しておいたほうが、持たない暮らしに近づきます。

1つひとつは少額で小さな物でも、毎回送料無料にするために、「すぐにはいらない物」を買っていると、「べつになくてもいい物」がたくさんある環境になります。

いつも、送料無料サービスになるラインまで買い物をすることにしている人は、その頻度を落としてはどうでしょうか?

今回は送料が無料になるまで買うが、次回は買わない、というように。

そうやって、家の中の物の稼働状況、家事の負担、自分の気持ちがどんなふうに変化するか、客観的に見てください。

きっと私の主張していることがわかっていただけるでしょう。

その買い物は本当にお得?節約したいなら知っておきたい3つの販売戦略

同様の理由から、「○○円買うと特別プレゼント」というプロモーションにものるべきではありません。

人からもらおうが、店からもらおうが、プレゼントは高い確率で、ガラクタになります。

先日の記事で書きましたが⇒勇気をふりしぼって、贈り物を断ったら、本当にスッキリしました。

プレゼントそのものが欲しいのではなく、「やった! ただでもらえた!」というドーパミンの刺激(これを、ドーパミンヒットと言います)が欲しいのですから、刺激を受けてしまえば、そのプレゼントは、もうどうでもよくなります。

3.1つ買うと1つ無料/半額製品

日本にはあまりないかもしれませんが、カナダでは衣料品店等でよくやっている販促です。

これは安売りではありません。

1つ定価(フルプライス)で買って、もう1つをおまけとしてもらいます。

つまり、定価を支払って、今使わない物(ガラクタ予備軍)をもらってしまうのです。

私の娘はピアスの穴をたくさん開けていますが、ピアスの穴開け屋さん(日本だとクリニックでしょうが、カナダではアクセサリー店や、ボディ・アーツの店あたり)で、「1つ(1ペア)あけると、もう1つ無料というサービスをしていたから、ここにも開けてきた」とうれしそうに、帰ってきたことがあります。

それぐらい一般的な販促です。

ソックスを3足買えば1000円になり、1足だと390円というのが、「1つ買うと1つ無料」の類似の販促でしょうか。

ソックスぐらいなら、3足買ってしまっても、大きな負担にならないでしょうが(家に大量にソックスがある場合はのぞく)、買うときに、3つ目をどれにしようかすごく迷うなら、やめたほうがいいです。

時間と心のエネルギーがもったいないので。

すごく迷うのは、必要ではないからです。必要ならば、さっさと買います。

買い物はあくまで、本命の物だけを買うようにしていると、部屋の中が片付いていきます。

汚部屋でガラクタになっている物は、ほとんどすべて「今は使わない物」ですから。

買うと余分がもらえる販促を無視するのは、「損している」と感じるかもしれませんが、損はしていません。

抱き合わせで何かを買うと、高い確率で無駄になります。

それは食品も同じです。

今本当に食べたいもの、飲みたいもの、食べ切れる量、飲みきれる量だけを買うようにしましょう。

*****

最後にお知らせです。

エッセオンラインに新しい記事がアップされました。

今回は、特にミニマルライフをおすすめしたい人について書いています。

50代、お金の不安やむなしさ…こんな悩みを手放すにはミニマルな暮らしを | ESSEonline(エッセ オンライン)

ミニマルライフに興味のある方はぜひ、読んでください。

*****

買うとシンプルライフになりにくいものを3つ紹介しました。

販促と名のつくものには、すべて注意が必要です。

「1つ買うと1つ無料のプロモーションや、送料無料サービスを利用しないのは、ばかのすることだ」、と思うかもしれません。

それはあなたの直感に反する行動でしょう。

しかし、今まで、そういうサービスを利用しすぎたから、汚部屋になったことを忘れないでください。

これまでの逆をやれば、汚部屋の逆、つまり片付いた部屋やシンプルライフが手に入るのです。





さんばしにたたずむ人自分でできる不安障害に対処する方法(TED)前のページ

メリハリをつけて短時間に集中して行う~家の片付けをもっとラクにする工夫(その3)次のページ収納ケースにジャケットを入れる

ピックアップ記事

  1. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  3. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. 自転車と少女

    TEDの動画

    お金を使わずに1年暮らしてわかったこと:キャロライン・ホーグランド(TED)

    より自分らしく生きる参考になるTEDの動画を紹介しています。今週は、環…

  2. ネットショッピング

    特集・まとめ記事

    買わない生活入門。買い物のし過ぎ症候群から抜け出す方法のまとめ#2

    無駄な物を買ってしまう習慣を手放す方法や、買わない暮らしに切り替えるコ…

  3. ベンチに座っている女性

    買わない

    筆子が買わない挑戦をする7つの理由。

    なぜ、私が買わない挑戦をしているのか、その理由を7つ紹介します。…

  4. 買い物

    買わない

    効果がある衝動買いの防ぎ方。4つの戦略で無駄遣いをやめる

    すぐゴミになるような物ばかり買っていた私が、じわじわと効果を感じた衝動…

  5. お買い物中毒

    特集・まとめ記事

    買い物脳に振り回される生活から抜け出すために。買わない人になる記事のまとめ3。

    無計画な買い物グセを改める方法や考え方の記事のまとめ、第3弾です。買い…

  6. 着物

    買わない

    不用な物をうっかり買わないための7つの戦略。

    買わない暮らしを心がけていたのに、11ヶ月目に、無駄なぜいたく品を買っ…

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,488人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. イヤリングをつけている女性
  2. 地面にお絵描き
  3. アルバムを見る人
  4. 地球
  5. ちょっとした贈り物
  6. 悩んでいる人
  7. 部屋でくつろぐ女性
  8. ゲームをしている子供
  9. 考え事をしている人
  10. いらない物を箱に入れる

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 湖
  2. プラント
  3. 黒いスニーカーを持つ女性
  4. シャンプー
  5. 買い物中の女性
  6. 机
  7. 洗濯物を干す人
  8. 台所
  9. 笑顔
  10. 贈り物の青い箱

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP