クラフトの材料

ミニマルな日常

もう着ないけど好きな古着をリメイクして大満足した話。

4月~5月に読者からいただいたお便りから4通紹介します。

内容:

・古着をリメイク

・リギフトについて

・固定電話がなくなったあとの暮らし

・私のメッセージ

まず、キリさんのお便りです。



洋服をリボンにリメイクした

件名:着られない大好きな古着を変身させた。

こんにちは、はじめまして、

香港に住んでいる読者キリと申します。

2年前筆子さんの本を読んで以来、ずっと筆子さんのページを拝見しています。いろいろ意見をいただき、ありがとうございます。

コロナウィルスの自粛生活にも断捨離を専念して、うちがもっと広くて綺麗になりました。

今日は着られたい古着を変身させる経験を筆子さんにシェアしたいと思います。

痩せていた頃買った、とても気に入りの洋服がありました。着られなくても絶対捨てたくない服ですね。

リメイクチャレンジで服を変身させてみました。

生地を使って帽子のリボンを作りました。

これから、大切な思い出がついてる古着はリボンになって、私と共に過ごせるようになりました。

大満足でした。

古着と完成品の写真はブログリンクでシェアしました。

これからも毎日筆子さんの文章を読みます。

よろしくお願いします。





キリさん、はじめまして。メールありがとうございます。

本やブログを愛読していただき、重ねてお礼申し上げます。

着られなくなった服をリメイクできてよかったです。

ブログの記事と写真、拝見しました。

素敵な帽子ですね。

手縫いでリボンを作られたのですね。も器用ですね~。

私はウエスにするのが関の山です。

これからも、手持ちの物を活用する暮らしを楽しんでください。

死蔵品活用プロジェクト⇒死蔵品を作らないために、すでに家にある物を使う4つの戦略。

次は、リギフトについて、しまっちさんのお便りです。リギフトは、もらったギフトをほかの人へのギフトにすることです。

リギフトに関する気付き

件名:リギフトの返信です

先日、ハンカチのリギフトで取り上げていただいたしまっちです。

「包装から出し、中身を確認して、包みかえた方が良い」に、納得しました。

確かに、外から見えないところにメッセージカードなどが入ってる可能性もありますね。

読みながら、いただいた状態やその後の扱いを思い返し、どうだったかな?と考えましたが、大丈夫だったと思います。

勉強になりました。ありがとうございます!

しまっちさん、こんにちは。メールありがとうございます。

リギフトに失敗していなくてよかったです。

もらった物をほかの人の贈り物に流用するのは、合理的ですが、無神経に行うと、相手を傷つけ、失敗します。

相手とは、この場合、贈り物をくれた人と、その贈り物をあげた人です。

ふつうの贈り物なら、相手は1人だけですが、リギフトでは、相手が2人になるので、その分神経を使うべきだと思います。

プレゼントは、あくまで相手を喜ばせるためにすることだから、「やっかい払いしたい」という自分の気持ちが一番に来ると失敗しますね。

それでは、しまっちさん、これからもシンプルライフを追求してください。

しまっちさんの前回のメールはこちらで紹介⇒不用ないただき物はガラクタになる前に処分する。 リギフトについて詳しく書いています。

次は、Jackieさんのメールです。

固定電話を捨てたらどうなったか

件名:固定電話のない幸せ

先日投稿させていただいた固定電話の解約の話の、事後報告です。

「固定電話がなくなれば、場所も経費も、身軽になるだろう」と予想してのことだったのですが、実際には、思いがけないほどの効果がありました。

まず、見た目がすっきりしただけでなく、空いたスペース(A4サイズほど)のおかげで、仕事机の上のレイアウトがより使いやすくなりました。

ペン立てや時計、ペーパーウェイトなどを、前よりも便利な場所に置けて、仕事の効率がぐんと上がりました。

また、電話機のコードと電話線がなくなったおかげで、床の上のコードの数が4割減。(残っているのは、PCとプリンタの電源、ネット回線のコード、計3本です。)

以前、筆子さんの「ほこりを減らす」記事で、カバーやマットなどの布ものを減らすことが提案されていましたが、コードを減らすのも効果的!と実感しています。

私の職場では、数年前に古いコードのほこりが原因でボヤが出たこともありますので、これは防火にもいいですね。待機電力の節減にもなります。

そして、一番軽くなったのは、なによりも心でした。

もう、セールスの電話も、間違い電話も、受けなくてすむ。不愉快な思いをしなくていい、というすがすがしさ。

何もないことで守られている、という安心感。

振り回されないことで、失われなくなって、確保できる時間の貴重さ。

できることなら携帯電話も解約したいくらいです(笑)

電話のほかにも、思わぬ無駄をかかえこんでいるものもありそうな気がして、いろいろ見直したくなりました。

実際に物を捨ててみた人にしかわからないことがある、といつも筆子さんがおっしゃっている、まさにその通りですね。

これからも、新しい発見の扉を開く導きを、どうぞよろしくお願いいたします。

Jackieさん、こんにちは。メールありがとうございます。

固定電話を解約し、生活しやすくなってよかったです。

電話がかかってこないのって、本当に静かでいいですよね。

我が家は固定電話の契約はしていますが、電話機そのものはなく、うちの番号にかかってきた電話は、夫の携帯電話に自動的に転送しています。

その日から効果を実感、電話機を断捨離したら生活が3倍シンプルに

iPhoneの通話は最低限だし、スマホの各種通知機能もすべてオフにしているから、家に1人でいるときは、とても平和です。

確かにコードは、ほこりがたまりやすいですね。

ずっと部屋に放置されているから、すごく汚れていると思います。コードが減ると、掃除の手間もはぶけますね。

それではJackieさん、今後もお元気で、持たない暮らしを満喫してください。

前回のJackieさんのお便りは、上でリンクした、「不用ないただき物はガラクタになる前に処分する」という記事にのせています。

ほこりを減らす方法⇒部屋のほこりを簡単に減らす9つの方法。まずほこりの元を断て。

最後は碧さんのお便りです。

みどりさんでしょうかね。この漢字、「あおい」とも読みますが。

どんなこともいつか終わる

件名:モーニングページ

筆子さん初めまして。

母の介護をしている頃にブログを知り愛読させていただいています。

その母も亡くなり今は年金と月に15日ほど、仕事をして一人暮らしをしてる69歳独身女性です。

母の介護をしている頃も仕事をしていてジェットコースターに乗っているような忙しさの上に職場が介護に理解がなくストレスの日々でした。

図書館で借りた本でモーニングページを知り、朝起床後に毎日吠えるように書き、なんとか心のバランスを保っていました。

あの頃は、不安と苛立ちをモーニングページと筆子さんのブログ、掃除(掃除は効果がすぐわかるので)で日々を過ごしていました。

母が亡くなってから押し入れに入れていたノートが出てきて、ちょっと読んでみたら、もう、わめいているような文章ですぐさま捨てました。

今は、書道のお手本の不要コピーB4用紙を半分に切り、糊で端を張り、机の上に置き、1日1ページ予定やらメモやら書き、1日の終わりにべりべりと剥がして捨てています。

今は、仕事場も快適で、もうストレスもありません。

今、私と同じように前が見えなくつらい方がいらっしゃると思います。

その方々に、どんなこともいつかは終わると、ちゃんと生きてさえいればまた、穏やかな日々が戻ってくるとお伝えしたくてメールさせていだきました。

碧さん、はじめまして。メールありがとうございます。

ブログをご愛読いただき、とてもうれしいです。

仕事で忙しい中、お母さんの介護をされて、大変でしたね。

無事、見送ることができてよかったです。

いま、新型コロナウイルスのせいで、落ち込んでいる人も多いですね。そのような方に、碧さんのメッセージはしっかり伝わったと思います。

確かに、何事にも終わりはあります。

自分はいつか死ぬから、終わらないものってないです。

途中だと思っても、手放すか、置いてくるしかありません。

手元にあるうちに、愛でておくのがいいですね。

それでは、碧さん、これからもお元気でお暮らしください。

モーニングページとは? ⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

*****

いつも、メールをありがとうございます。

あなたも、何か伝えたいことがありましたら、お気軽にメールください。

毎月のように書いていますが、あっと言う間に6月も終わりですね。

日本はとても暑いと思いますが、体調に気をつけて、夏を楽しんでください。





布団来客用の布団はどれぐらい持てばいいのか?(質問とその回答特集)前のページ

いかに物が私たちの時間を奪っているか?(TED)次のページ積み上げられた本

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月15日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. ゴミ屋敷

    ミニマルな日常

    同居の義理母が物をため込み汚屋敷状態、という悩みに答えます。

    同居しているお義母さんが、片付けられない人で、困っているというお便りを…

  2. 小さな贈り物

    ミニマルな日常

    「贈り物」という名のガラクタを増やさない7つの方法。

    あげる側、もらう側、両方の立場から、ガラクタになるギフトを減らす方法を…

  3. ペーパーワーク

    ミニマルな日常

    持ち物を減らしたら、何より気持ちが楽になった。

    読者のお便り紹介コーナーです。今回は10月の終わりにいただいた…

  4. 掃除

    ミニマルな日常

    片付けを実践したらたくさんのメリットがありました(読者の断捨離体験談)

    読者のお便り紹介コーナーです。今回は、2018年6月~8月にかけていた…

  5. 畳の部屋

    ミニマルな日常

    家の中が明るくなり、空気が変わったのは7割捨てたから。

    物を捨てている読者のお便り紹介コーナーです。5~6月にいただいたメール…

  6. 目覚まし時計

    ミニマルな日常

    時間の使い方を考えるヒント:時間管理に関する記事のまとめ

    時間をうまく使う方法を書いた記事をまとめました。2017年の春…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,257人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ストレスのある人
  2. テーブルを拭く若い女性
  3. 新聞紙の束
  4. 荷造りする人
  5. 野菜を切っている人
  6. 贈り物をもらっている人
  7. 洗濯物を干す人
  8. ウインドウショッピング
  9. 冷蔵庫を開ける女性
  10. ハンドローション

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ストップウォッチ
  2. 小さな女の子
  3. 瞑想
  4. 何もかも捨てる
  5. 婦人公論2018年12/25号
  6. 汚部屋の原因と対策
  7. 贈り物
  8. 捨てた子どもの本
  9. 傷ついた心
  10. 外で読書。

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP