電卓とレシート

買わない

カード払いが多すぎる人に伝える、基本の節約方法。数字が苦手でも大丈夫(前編)

クレジットカードでいろいろな物を買ってしまうクセがあるため、いっこうにローンが減らず、貯金はできない。

週末にこんな相談メールをいただきました。

この方(仮にC子さんと呼びます)には、カードを解約することをおすすめしましたが、ほかにもできることがあるので、今回、10個のアドバイスにまとめます。

きょうは前編の5つです。

1.基本を押さえる
2.計画を立てるくせをつける
3.自分でできることは自分でする
4.不用品を処分する
5.ゴール設定をする



1.基本を押さえる

誰でも知っている基本の節約法をきっちり押さえます。

基本すぎて、地味でおもしろみがないせいか、やらない人が多いのですが、基本を押さえるだけで、大きな違いが生まれます。

裏技や、節約達人カリスマ主婦のマル秘テクニックみたいなものは、基本を押さえてからやってください。





基本のき

・支出を把握する

収入内(クレジットカードで借金をせずに)暮らすには、日々の支出の把握は不可欠です。

自分のお金や、家計のお金が、どんなものに使われているのか、日々の支出を把握してください。

何か買ったらメモするだけなので、そんなに難しくないでしょう。

月々、生活費に必要な数字をすぐに答えられるようにします。

・予算を立てて、予算内で生活するよう努める

C子さんは、「お金が足りなければ、カードで支払えばいい」という思考回路で生きています。

これをやめるために、あらかじめ、何にどのぐらいお金を使うか、費用を見積もります。これを予算といいます。

そして、予算の枠内で暮らせるよう努力してください。

詳しくはこちら⇒経済観念のない人がお金を貯められる人になる8つのステップ

・自分のためにならない借金はできるだけ早く返す

借金といってもいろいろあります。住宅ローンや学資ローンは、手元にお金がなくても、よりよい生活を手にするための1つの方法なので、返済額がリーズナブルならべつにしてもいいです。

しかし、クレジットカードの借金はとても利子が高いので、早めに返します。

C子さんは、生活費の大半はご主人が出していて、本人は、足りないときに食費をカバーするだけです。

ただ、借金の返済があるので、その支払いと楽天市場の支払い(食費ですかね?)をすると、あとは美容院代ぐらいしか残らず、自分の欲しいものを買えないからカードを使ってしまうとのこと。

は?

美容院?

毎月行ってるの?

私のようにセルフカットをすれば、美容院代は不用です⇒セルフカットのすすめ。時間もお金も大幅に節約できる。

自分ではカットできない、こったヘアスタイルだったとしても、毎月行かなくてもいいと思います。

ふつうの生活はもうできているのだから、美容院に使うお金を数ヶ月貯めて、欲しいものを買えばいいのです。

2.計画を立てるくせをつける

消費者金融のCMに「ご利用は計画的に」という言葉が出てくると思います(最近のことは知りません)。

計画的にお金を借りて、予定どおり返済することができれば、カードローンで首がまわらなくなることはありません。

お金にルーズな人は、計画性に乏しいのですから、日常生活のいろいろなところで、計画を立てたり、ちょっとした心づもりや見積もりをする練習をしてください。

たとえば

・To-doリストを書いてみる⇒朝のルーティン、50代ミニマリスト主婦の場合。書くことに時間を使っています。

・買い物リストを書いてから買い物する⇒ネットで衝動買いしないための12の心得。

・欲しい物が出てきたら、30日間待ってみるノートに書く

・1週間の献立を立ててみる(食費の節約に役立ちます)

・洋服ノートを書いてみる⇒服の買い過ぎ防止に効果がある「洋服ノート」の作り方。

・家事や掃除のプランを立てる⇒家事の週間プランで綺麗部屋の住人へ~ミニマリストへの道(29)

・借金の返済計画を立てる

ほかにも計画を立てる機会はいくらでもあるでしょう。行楽に出かけるときも、だいたい、行動を心づもりしますよね? 頭で考えるだけじゃなくて、紙に書いてください。

私は、ブログを書く前はいつも、何を書くか、流れを箇条書きしているし、全然関係ないことをしているとき、「あ、これ、ブログに書くとおもしろいかも」と思ったら、付箋に書いてノートや机に貼っています。

とにかく、行き当たりばったりに行動するのをやめて、ある程度、枠組みを作ってから行動するくせをつけてください。

3.自分でできることは自分でする

外的サービスを購入すると、お金がかかるので、自分でできることは自分でします。

たとえば、自炊など。

C子さんは、友達とランチするとき、クレジットカードを使う、と書いていました。

べつにランチしたって、クレジットカード使ったって、いいですよ。カードの借金がなければ。

ですが、いまは借金を返して、貯金できる生活に切り替えたいと思っているわけですから、ランチより、借金を返すことが先です。

昼食は自宅で食べて、飲食店ではお茶だけにしておけば、友人と話すにしても、少ない費用ですみます。

弁当を持参して、公園で食べながらしゃべってもいいでしょう。いまは、とてつもなく暑いので、公園になんていられないでしょうから、フードコートみたいな場所で食べればいいですね。

昔、派遣会社員だったとき、私は、よく公園や海の見える場所で、お昼を食べていました。

外、おすすめですよ。暑いのがおさまったら、外で友達と会ってください。

「自炊しろ」とか「弁当を持っていけ」と言うとおののく人がいます。「朝、忙しいのに弁当なんて作ってられない」とかなんとか。

何も100%自炊しなくてもいいんです。

週5日、ランチタイムに外食しているのなら、そのうち2回は弁当にする、行楽地に行く時は、飲みものやデザートだけ、自宅で用意する、などのゆるい方法でも、導入すれば、100%外食するより、ずっと安くあがります。

おかずを作りすぎてしまったときだけ、おかずを持っていく、というふうにしてもいいです。

1番でセルフカットについて書きましたが、自分で前髪やサイドの髪を切ったり、ときどき、ヘナで染めたりすれば、ヘアケアを100%、外注しなくてすむので、節約できます。

ヘナについて⇒ヘナで白髪染め、私のやり方なら簡単です~写真17枚つき

化粧品も手作りできます(化粧品に関しては、使っているアイテム数を落とすことをおすすめしますが)。

洋服も自分でメンテナンスしながら、長く着てください。

外部サービスを使うと時間が浮くので、時間のほうが大事だ、と思うなら、外部サービスを使うべきですが、美容に関しては、一般人は、そんなに外注しなくてもいいんじゃないですか?

ホステスや芸能人は、仕事上、見かけが重要なセールスポイントなので、美容に時間とお金をつぎ込むのもわかりますが。

4.不用品を処分する

家に不用品がないほうが、不用じゃない物をちゃんと活用することができます。

洋服がたくさんありすぎると、何を着ていいかわからなくて悩みます。

これは、ガラクタもそうでないものもごちゃまぜになっており、買った物をきちんと活用できていない状態です。

なんてもったいないことでしょう!

借金を返したいと思っている人のする行動ではありません。

いらない物はすべて売って、そのお金を借金の返済に当ててください。

ガラクタを全て売り払い、借金を返し、旅に出て、自由に生きている男の話(TED)

売らずに捨てても、その後のランニングコストを減らせるのでお得です⇒もったいないから捨てない。この決断のせいであなたが失っているたくさんのもの。

部屋の片付けをしていると、高い確率で、現金や金券が出てきます。ちょっとした臨時収入です。

不用品を真面目に捨てていると、自分の買い物を振り返ることができるので、カードを使いすぎる生活から足を洗うことができるかもしれません。

1人の人間が、使うことのできる物の量には限りがあるため、欲しい物を次々と買って借金を作ってしまったのなら、大半の物が部屋の中で死蔵品になっているはずです。

そういう死蔵品を作るために、カードの借金を使って、いま苦しんでいる。

その現実に直面してください。

部屋のごちゃごちゃが解消されると、頭の中もスッキリしてくるので、もっと計画的にお金を使うことができるようになります。

物を捨てる方法⇒3年使っていない物はもう捨てるススメ。物の捨て時は自分で決める。

5.ゴール設定をする

今年も残り3分の1となりました。

この期間に何をするか、ゴール設定をしてください。

C子さんには、

・借金を返したい
・カード払いばかりするのをやめたい
・現金払いする人になりたい
・貯金できるようになりたい
・もっと考えて買い物したい
・欲しい物をすぐに手に入れないと気がすまない性格を直したい
・ストック品の大量買いをやめたい

などなど、「こうできるようになりたい」と思う項目がいくつかあるのですが、そこから1つだけ、今年の残り、4ヶ月で取り組む目標を決めてください。

たとえば、9月、10月、11月、12月はカード払いをせずに生きる、という目標はどうでしょうか?

この目標を達成するために、すべきことを書き出して、1つずつ実践します。

記事や私のメールの返信を読んでいるだけじゃ、何も変わりません。

「~したいです」と思ったり、書いたりしてるだけでも、だめ。

どんなに小さなことでも、行動しないと、目標に近づくことはできません。

私なら、いますぐ、クレジットカードは財布から出して、机の引き出しにしまいます。

各種ネットショップに入力してある、カード情報はすべて削除します。

一生、カードを使わないわけではありません。たった4ヶ月です。

生活費は出さなくてもいいのだから、カード払いしなくても、4ヶ月、暮らせるんじゃないですか?

がまんするとしたら食費ですが、パントリーチャレンジをして、家の中にあるものを食べてください。

パントリーチャレンジのススメ~ズボラ主婦だからできる究極の節約方法

******

カード払いがかさんで、貯金ができない人が節約するにはどうしたりいか、5つの方法を提案しました。

それではこの続きをお楽しみに。





金のペンダント質問とその回答特集(親にもらった物の処分方法、英語の勉強法、塗り絵)。前のページ

お金を残したいあなたへ伝える、買い物したいなあ、と思ったらやるべき5つのこと。次のページウインドウショッピング

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 買い物しすぎた女

    買わない

    新生活を言い訳に買い物しすぎた私のざんげ。態勢の立て直しはこうする。

    新生活がきっかけで、お金を使いすぎてしまった人が、もとのシンプルライフ…

  2. オンラインショッピングしている若い女性

    買わない

    買わないチャレンジ中に、ほしいものが出てきたらどうするか?

    買わないチャレンジをしているけれど、買いたいものが出てきました。…

  3. 買わない

    ミニマム思考

    買い物が止まらない女子必見!服を買わない7つの方法

    洋服を買わないためにできる工夫を7つお伝えします。一般に日本人…

  4. 買い物好き

    買わない

    服の買い物依存を克服するために心を整える5つの方法。

    買い物依存を克服するために、心を整える方法をお伝えします。この記事は、…

  5. 買い物好き

    特集・まとめ記事

    買わない習慣を身につける方法を書いた記事のまとめ

    買わない生活習慣を身につけるコツや方法を書いた記事をまとめました。断捨…

  6. ウィンドウショッピング

    買わない

    もう試しましたか? 衝動買いを抑える現実的な方法を7つ教えます。

    夏のボーナスの支給に合わせて、この時期セールをするお店も多いですね。…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,197人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. スマホで買い物する人
  2. タオル
  3. オフィスの受付
  4. タンス
  5. りんごをかごに入れる
  6. 知らないうちにたまった箱
  7. ちょっとしたプレゼント
  8. 散らかった部屋
  9. 書類の山
  10. ロボット

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 洋服の買い物
  2. 5月病
  3. クッキー
  4. 失恋した女性
  5. むなしい気分
  6. マトリョーシカ
  7. 買い物好き
  8. 手のひらの上のマグ
  9. 湖を見る少女。
  10. エコロジー

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP