シンプルな椅子

ミニマルな日常

私がミニマリストになったきっかけと、いまもシンプルに暮らしている理由。

読者の方に、ミニマリスト生活をしている理由をたずねられたので、この記事で回答します。

ミニマリストになったきっかけからお話しますね。

まずメールをシェアします。ミネットさんからです。



ミニマリスト生活をしている理由って?

筆子さん、はじめまして。

いつもブログ更新を楽しみにしている者です。

我が家は祖父母の家で、他界した祖父母の物がかなりあることから、筆子さんの記事を参考に、片づけをコツコツと頑張っています。

自分の物はかなり減って、ブレインダンプをしてみたり、洋服ノートを作って買わない挑戦をしたり、頭の中がだんだんクリアになってきたように思います。

そうすると、行き着いたのはゴミや環境問題なのだと気がつきました。

ゴミを減らすのはなかなか難しいですが、仕分けを細かくするようになり、ちょっとは世の中のお役に立っているかしら?と思えば、少し自己肯定感が上がった感じがします。

筆子さんがミニマリスト生活をされているのはこの辺りの理由という感じなのでしょうか?

あまり質問になってなくて申し訳ありません。これからも楽しみにしています!

ミネットさん、お便りありがとうございます。

家の中が片付いてきてよかったですね。

ブレインダンプとは?⇒頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

洋服ノート⇒服の買い過ぎ防止に効果がある「洋服ノート」の作り方。

このブログが多少なりともお役に立っているのなら、こんなにうれしいことはありません。

では、質問にお答えします。





ミニマリストになる前:もともとシンプル志向

私、小さいときからシンプルなことが好きでした。

昔は物をたくさん買って、ためこんでいたので、こんなことを書いても説得力がないかもしれませんが、すべてにおいて、目立ったり、華美にしたりすることは苦手で、飾り気のない素朴なことやものが好きだったのです。

性格もそんな感じで、親には「愛想がなさすぎる」と言われていました。私は弟がいますが、弟と性別が逆だったらよかったね、なんてこともしばしば言われました。

好きな食べ物も、おにぎり、卵かけごはん、お茶漬け、漬物、ほうれん草のおひたしみたいなあっさり系です。

服装もカジュアル(Tシャツにジーンズ)だし、持ち物も、無地でなんの飾りのないものが好きです。

そんなわけで、もともとシンプルライフ向きの性格だったと思います。

ミニマリストになったきっかけ

きっかけは3つあります。

1.物がたまりすぎた

最大のきっかけはこれです。

シンプルなことが好きでしたが、一方で、無意識のうちにたくさん買い物をしてしまい、部屋には物がたくさんありました。

最初は、「ここにごちゃーっとある物を何とかしたい」と切実に感じました。

物がいっぱいあってうっとうしいからちょっと減らさないとね、と思ったのです。

減らすためには捨てるしかないですから、毎日、せっせと捨てていました。

20代後半のころから捨て始め、その後、プチなリバウンドを繰り返しながら、少しずつ物は減っていきました。

けれども、50歳になっても、まだ、家のそこかしこに、「物がごちゃーっとある」状態が散見されました。

いま思うと、家具を持っていなかったので(家具を買うお金がなかった)、ごちゃごちゃ感が倍増されていたのでしょう。

子供が生後6ヶ月になってから住み始めた家の寝室(親子3人で寝ていた)の壁際には、私の本や雑誌が乱雑に並んでいました。

自分でも、「見苦しい」と思っていましたが、あろうことか夫に注意されました。「きみは、ジャンク(がらくた)をいっぱい持っているね」と。

私の何十倍も物を持っている夫に。

しかし、当時、彼は階下に自分のオフィス(書斎)を持っていたため、夫の物は、そこにうまくおさまっていたのです。

私は自分の部屋がなかったので、家のあちこちに物が散っていました。

またしても、「このごちゃごちゃを今度こそ何とかしなければ」と思いました。

2.お金のかからない暮らしをしたいと思った

つい数年前まで、うちはとてもお金に困っていたので、できるだけお金のかからない生活をしようと思いました。

ミニマルライフは、生活に必要な物の数がとても少ないので、あまりお金がかかりません。

お金をかけるミニマルライフもあるでしょうが(すごく立地のいいところに、豪華なマンションを買うとか、外食ばかりするとか)、通常は、少ない物で暮らすほうが、たくさんの物を持って暮らすより安くあがります。

余分な物は極力買わないようにしていたら、自然にミニマムな暮らしになっていきました。

私、ふだんシャンプーやボディシャンプーは全然使いませんが、プラゴミを増やしたくないとか、化学物質はあまり使いたくないという気持ちもあるにはありましたが、そもそもは、シャンプーを買うのにお金を使うなんていやだ、と思ったからです。

べつにシャンプーがなくても、洗髪できますからね。

湯シャンについて⇒湯シャンのやり方や効果を書いた記事のまとめ

3.アメリカのミニマリストに影響を受ける

10年ぐらい前は、よくアメリカのミニマリストのブログを読んでいました。

レオ・バボータさんとか⇒6人の子持ちミニマリスト、レオ・バボータのシンプルライフの秘訣

こうしたブログを読みながら、「なるほど、こういう生活っていいね」と思い、自分で取り入れられそうなことは取り入れていきました。

このあたりのことは、ミニマリストへの道に書いています⇒なぜ私は断捨離をしてミニマリストになったのか?(1)~物がたくさんあっても幸せではなかった

いまもミニマルな暮らしを続けている理由

昔、「お金があったら、物をたくさん持つ暮らしに戻りますか?」と聞かれたことがありますが、そんな気持ちはさらさらありません。

むしろ、もっと暮らしを小さくしたいと思っています。

その最大の理由は、たぶんミニマルライフが性に合っているからです。

私は無理して物を減らしたり、少ない物で暮らしたりしているわけではありません。

そのほうが、自分らしい生活になると思うからそうしています。

そばに物がごちゃごちゃとないほうが、快適ですから。

ミニマルライフのいいところ⇒持たない暮らしを10年やって気づいたミニマルライフのよいところ。

物が少ないとあらゆることが楽になります。これは減らした人でないとわからないかもしれませんが、旅行のとき、重くて大きなスーツケースをいくつも持っていくより、バックパック1つのほうが楽なのと一緒です。

物を持てば持つほど管理の手間が発生します。

物がたくさんあると、考えることも増えます。

次は何を買おうか、どこで買おうか、AとBとCのうちのどれを買おうか、買ったあとどこに置こうか、いつどんなふうに使おうか、使い終わったらどんなふうに捨てようか。

どうしても必要ならいざしらず、さして必要でない物について、こんなにいろいろと考えながら暮らすのはしんどくてかなわない、と思います。

頭が疲れるだけでなく、時間も取られます。

とくに今は、インターネットでなんでも調べられるため、調べても調べてもいろいろな情報が出てきて、そこで疲れたり、あまりにたくさんの選択肢があって決められなくてストレスを感じたり、

実際に決めて買ったあとも、「ああ、あっちのほうがよかったかも? こっちもいいよね?」などと後悔したりと、心が消耗する機会がたくさんあります。

このあと、そう何年も生きるわけではないので、本当はいらない物の世話をするために、心身のエネルギーを注ぐのは、できるだけ避けたいと考えています。

私は、化学的な薬品をたくさん使うより、自然に暮らすほうが好きですが、本格的な環境保護者ではありません。

ゴミはできるだけ出さないようにしているものの、それでも相当出ています。毎日パソコン、iPad、iPhoneを使用しており、電気を使いまくっています。

ですから、地球環境を守るために、ミニマルライフを送っているとは言えませんね。できるだけ、守っていきたい、とは思っていますが。

*******

最近、私が意識しているのは、タスクのシンプル化です。

毎日があっという間に終わり、気づくと、もう今年も半分終わってしまいました。もう少しやることを減らして、1つひとつを腰を落ち着けてやっていきたいものだ、と考えています。





会話している女性答えたくない質問にうまく答える方法、8パターン。前のページ

どうしたら相手に伝える勇気が出ますか? という質問への回答。次のページ失恋した女性

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 花丸スタンプ

    ミニマルな日常

    物がありすぎる汚部屋から、どんどんガラクタを捨ててたどりついた世界。

    ものすごい汚部屋だったけど、徹底的に捨てて、現在とても快適だ、まるで生…

  2. 心機一転した人

    ミニマルな日常

    すごく高かったけど野望ガラクタをさっぱり捨てて次へ行きます!

    ブログの感想をお寄せくださった読者のお便りコーナーです。6月の後半にい…

  3. 自宅でくつろぐ人

    ミニマルな日常

    自粛の日々を私はどう過ごしているか?

    新型コロナウイルスの感染防止のために、家にいることが多くなった読者から…

  4. 手紙

    ミニマルな日常

    「使える物を捨てるのはもったいない」こう思うからいつまでも片付かない。

    読者のお便り紹介コーナー。2016年の4月の終わりから5月の10日頃に…

  5. 喪服

    ミニマルな日常

    服をミニマムにした時の、冠婚葬祭の対応方法は?

    筆子ジャーナルにいただいた読者からのお便りを紹介します。今回は2015…

  6. 本がぎっしり

    ミニマルな日常

    物をためこんでいる義理父。少し捨ててほしいのですが、どうしたらいいですか?

    1人暮らしの義理のお父さんが、物をためこんでいるので、少し捨ててもらい…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,300人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 古い家
  2. 冷蔵庫
  3. 散歩する親子
  4. 遺品整理
  5. 意思決定をしている人
  6. ひまわりとあじさい
  7. 子供部屋
  8. 短くなった鉛筆
  9. 服を買っている人
  10. ヴァイオリンを見ている人

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ガラクタ捨てれば自分が見える
  2. チェスト
  3. 持ち物
  4. 汚い机。
  5. 貯金箱
  6. 思い出の写真
  7. 小銭と貯金箱
  8. ワードローブをチェック
  9. オンラインショッピングする女性

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP