シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

なぜ私はミニマリストなのか?ミニマルライフが心楽しい3つの理由



なぜ私はミニマルライフを追求しているのか?それは物を持つ暮らしよりハッピーだと思うから。

今回は私が思うミニマリスト暮らしのいいところを3つ紹介しますね。

ミニマルライフは心によい影響あり

物が少ないと掃除が楽だ、無駄遣いが減って節約できる、といったメリットもありますが、今回はもっと「心」にフォーカスした話です。

今日紹介するミニマリズムの3つの利点:
1.ミニマリストは自分で考えながら生きている。だから自由だ。

2.ミニマリストは競争社会から下りている。だからストレスフリー

3.ミニマリストは心を大切にしている。だから楽しい。

1つずつ説明します。

自由な気分

1.ミニマリストは自分で考えながら生きている

物をたくさん持っていたときも、私は一応、毎日いろいろなことを考えて暮していました。が、実際は、たいして考えていなかったと思います。

そもそも、フェリシモの頒布会や福袋といった、中身のわからないものを買い続けていたところからしておかしいです。

届けられる物や、袋に入っている物が、自分の暮らしに有用であるかどうかを検討することすら、放棄していたのです。ガラクタがたまるのも無理はありません。

現在は、レス・イズ・モア(より少ないほうがより良い)だと思っており、家の中に入れるものはかなり意識的に取捨選択しています。

レス・イズ・モアとは?⇒レス・イズ・モア(Less is more)の真の意味とは?何もない部屋に住むことがミニマリストの目的ではない

つまり考えながら買い物をしているのです。こうすると、ささやかですが、自分の人生を自分でコントロールしている、という感覚が生まれます。

人の運命は決まっていて自分では変えられない、という考え方があります。

どこの国のどんな人のところに生まれるのかは自分では決めることができないし、寿命も、たいていの場合は自分では決められません。

毎日健康に留意して、食事に気をつけて運動していても、朝のジョギング中に車にひかれて命を落とす可能性はあります。

人生の最初と最後は決められないのです。それならば、その間、つまり生きるプロセスでは、自分の気持ちを大事にしたほうがいいのではないでしょうか?

日常生活で、自分で決められることを、1つ1つ考えながら自主的にやっていくと、毎日がより楽しくなります。ただ流されるのではなく。

ミニマリズムを追求すると、そういう「自分で物ごとを決めるチャンス」がたくさんあるんだ、ということがわかります。より明確な自分軸ができるのですね。

だから、多くの人が、「物を捨てたらより自由になりました」と言うのではないでしょうか?


2.ミニマリストは競争社会から下りている

ミニマリストは「持たない暮らし」をする人たちです。物を買い集める暮らしをやめた人、とも言えます。

こういう暮らし方をすると、先進国によくある「目に見えない競争」から下りることができます。

どんな競争か?

たくさんの物を買うために、しゃかりきになってお金を稼ぐ競争です。物もサービスも有限なので競争になるのです。

物は、いくらでも作ることができますが、資源は有限ですから、究極的には物も有限です。特に今のような持続不可能な経済を推し進めている場合は。

多くの人は、自分では競争しているとは思っていないでしょう。ですが、みんなが「物がたくさんあればあるほど幸せなのだ」という1つのゴールに向かって走ると競争になってしまいます。

「幸せ」はさまざまな物が到達しようとするところ、という考え方は、今朝紹介したTEDのプレゼンにも出てきました⇒幸せになる秘訣は目の前のことに集中すること(TED)

子どもにいい大学に行ってほしいと思うお母さんは多いです。中には小学生の頃から塾にやる人もいます。まだ10歳にもなっていないのに、夜遅くまで机に向かって勉強する子どもたちがいます。

人の教育にケチをつけるわけではありませんが、子どもはもっと子どもらしく、外で友達と遊んで、この年頃でしか体験できないことをやるほうが幸せだと思います。

ところが、小さいうちから子どもに過剰に勉強させるお母さんは、「いい大学に行くことは、小さいとき遊ぶことより、その子にとって大事なんだ、有益なんだ」と思っています。

なぜ大事なのかと言うと、そういうお母さん一人ひとりに聞いたわけではありませんが、いい大学に入れば、いい仕事につける、少なくとも選択肢が広がる、と思っているからです。

大学に入って自分の好きな学問を思う存分してもらいたいから、と考えて、小さな子どもに勉強を強いているお母さんはいないでしょう。

「よくわからないけど、将来いい仕事について、高給取りになれば、この子は幸せになれる」と思っているのではないでしょうか?

この考えのベースにあるのは、お金があればあるほど、いろいろな物やサービスを買える、そしてそれが幸せにつながる、だから高給を取れる仕事につくことが幸せなんだ、という思いこみです。

親がそういう価値観を持っていると、子どもは「受験」というレースを小さな時からひた走りすることになります。

中には、大学受験を経験させたくないから、中学受験をさせて一貫校に入れたい、という人もいますけどね。これとて、究極の目的は、子どもには何らかの形でお金に不自由しない人生を送ってほしい、ということです。

受験があれば模擬試験があり、試験の結果はすべて点数や偏差値という形で、同じレースを走っている子どもたちと比較されます。

本人にとってはしんどいことです。

ミニマリストは「物がたくさんあることは幸せにつながらない」と考えています。だから「できるだけたくさんの物を買い集める能力を得ること」はもう追求しないのです。

たくさんのミニマリストが、以前よりストレスがなくなった、と言っています。こういう競争から下りたからこそではないでしょうか?

現代社会のストレスについてもっと詳しく書いています⇒ストレスでいっぱいなら、今日から捨て始めよう。「持たない暮らし」が自分らしい生き方を実現する理由とは?
野原に立つ若い女性

3.ミニマリストは心を大切にしている

少ない物で暮らそうとするとき、自分に必要なものとそうでない物を取捨選択することになります。

このとき、いやでも自分の内面に向き合うことに。内面に向き合う、と書くとなんだか大げさですが、自分のストレートな気持ちについて考えるということです。

私の場合、私が本当にほしいものって何だろうか、どんなことをしていると私は楽しいのだろうか、私はこんな仕事をして無理しているんじゃないだろうか、といったことを以前より考えるようになりました。

物がたくさんあると、こういうことを考える時間がありません。視覚的ノイズがいっぱいあると、じっくり考えることができないですよね?

忙しい主婦は、毎日片付けたり、掃除したりと物のメンテナンスに時間を取られ、何かを落ち着いて考える時間はあまり取れないものです。小さい子どもがいるとゆっくり座ることもできないでしょう。

たとえ時間があったとしても、そばにガラクタがいっぱいだと気が散ってしまいます。

ガラクタのせいで気が散る話はこちら⇒集中できないのはぐしゃぐしゃの部屋にいるから。ガラクタは脳にも悪影響を与えています

どんな人も、大空や大海原(おおうなばら)を見ると、晴れ晴れとして心が癒やされます。

なぜだと思いますか?

自然がきれいで、空気がおいしいからという理由もありますが、空も海も大きくて、そこに何もないからではないでしょうか?

もし空に光化学スモッグがもくもくとと出ていて、アドバルーンやヘリコプターがいっぱい飛んでいたら、さわやかな気分にはなれないでしょう。

もし海に、ペットボトルや、ビニールのボール、ビーチサンダル、魚の死骸なんかがプカプカと浮いていたら、不愉快な気分になるだけです。

人は「何もないスペース」を見ると、気分がよくなるのです。

先日、台所から水切りカゴを断捨離したら、すごくすっきりして夫婦で喜んでいる、というメールをいただきました。

目の前にある何かをひょいっと取り去っただけで、とてもすっきりした気分になるんですよね。

ミニマリストの部屋にはこういう「すっきりとした空間」が多いので、もうそれだけで、気持ちがクリアになり、心が癒されるし、前向きになるし、元気になれるのです。

ガラクタがいっぱいある部屋にはネガティブなエネルギーが流れているとカレン・キングストンは言います。私は視覚的なごちゃごちゃが脳を疲れさせてしまうのではないかと考えています。

ミニマリストはこの「ごちゃごちゃ」と手を切った人たちです。脳内がすっきりしているので、他のことを考える心の余裕ができるのです。

もちろん生きている限り、いろいろな雑音が脳に入ってきますが、視覚的ノイズがないだけでかなり違います。

ミニマルライフは精神衛生にとてもいい暮らし。ノイズが少ないし、ポジティブでいられるので、心が豊かになります。

* * * *
ミニマリスト暮らしのいいところ、他にもいろいろ考えられます。その人らしさを大切にするミニマルライフには、さまざまなバリエーションあり。

あなたも自分らしい楽しさやメリットを見つけてください。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter