クローゼットの中のコート

ミニマム思考

古いコートを捨てたことを、すごく後悔しています。気持ちの整理がつきません←質問の回答。

服を断捨離した後、大きな後悔にさいなまれている方からメールをいただきました。

もう手に入らないと思うと苦しい。気持ちの整理がつきません。アドバイス、お願いします。

この相談メールに回答しますね。

まず、メールを引用します。Mさんからいただきました。



コートを捨てたことが無念です

件名:断捨離して後悔

はじめまして。

断捨離で検索したら、こちらにたどり着きました。

今、とても苦しいので、話を聞いて下さい。

私は、50代後半の主婦です。

今回、家を大規模リフォームすることになり、引っ越しをしなければならなくなったので、断捨離をすることにしました。

結婚して、27年ほとんど捨てたことがなかったので、今回は思い切って、いろいろ相当な量捨てました。

そのなかで、レザーコートとブランドのコートを捨てたのですが、今になって後悔しています。

30年前に買って、20年着なかったから、もういいだろうと思って捨てたのですが、今になって惜しいと思ってしまうのです。

まだ、きちんとしていた。着ようと思えば着れた。

処分を迷っている時に、夫にどうしよう? と聞いたら、別に処分してもいいんじゃないって感じだったし、今も、20年着てなかったてことは、必要ないものだったんだよと言われます。

確かに、20代で着ていたものを、この先60、70になって着ないと思うんですが、クローゼットの中にいて欲しかった。

他のコート類はとっておいたのに、一番高価なものを捨ててしまった。

20年クローゼットに入れっぱなしだったくせに、手放したら、執着が出てきてしまって、もう手に入らないなと思うと苦しくて、寝る前や目覚めたときに思い出して、苦しくなってしまいます。

片付ける前に断捨離の勉強をすればよかったと、これも後悔しています。

断捨離のことを読むと、迷ったら保留にするとか、全部捨てることが、断捨離ではないとか。

引っ越しの期日が迫って、焦って捨てなければという思いで、捨ててしまって、あとから後悔。

自分の気持ちに整理がつきません。

筆子さん、アドバイスをお願いします。





Mさん、はじめまして。メールありがとうございます。

27年、不用品を捨てない生活をしていたのに、今回、ばんばん捨てることができてよかったですね。

相当、スッキリしたんじゃないですか?

私なら、捨てたコートのことより、スッキリした空間や、これからの生活に目を向けますよ。

とはいえ、捨てたあと、後悔する人もいます。

気持ちの整理の付け方を4つ提案します。

1.いったい何に執着しているのか考える

そのコート2着が、クローゼットにぶらさがっていないと困る理由を深堀りしてください。

何がよくて、そんなに「捨てるんじゃなかった」と思っているのですか?

「この冬、そのコートを着たいから、ないと困る」というわけではないですよね?

20年間、着ていなかったし、ほかにも、コートはお持ちです。

クローゼットの中ががらんとして、なんとなく見た目が寂しいから?

値段が高かったので、なんだか惜しい?

まだきれいだったから?

着ようと思えば着れたから?

昔、楽しかった時期によく着たコートだから?

そのコート2着が、手元にないと困る理由(物理的にも心理的にも)をだーっと紙に書いてください。

書き出してみると、気持ちの整理をつけやすいです。

最近、「洋服を捨てられない理由と、それを乗り越える方法」をシリーズで書いています。

その中に、高かった服、まだ着られそうな服、新品同様の服、思い出のある服でも、着ないなら捨てたほうがいい理由をしつこいほどあげています。

よかったら読んでください⇒着ていない服を捨てたい。でも、捨てるのはむずかしい。そんなときはこう考えてみる(その1)

そのコートが手元にあって欲しい理由が、「ないとさみしいから」であるなら、時間がたてば、その状態に慣れます。

2.考え方を変える

いま、Mさんは、すでに捨てた物、手元にない物のことを考えるのに時間やエネルギーを使っています。

これを『足りないマインド』と私は呼んでいます⇒足りないマインドがあると、物が増え、片付けもできない理由。

足りないマインドは、横におき、いま、手元にあるものや状態に意識を向けてください。

朝起きたらこう考える

朝起きたら、「ああ、あのコート、もうないんだ」とは思わず、「ああ、また元気に朝を迎えられた。うれしい、ありがとう」と思いましょう。

または、「ああ、きょうも楽しい1日になりそうだ」とか、「きょうは、あれとこれを、こんなふうにやってみよう、楽しみだな」と思ってもいいです。

実際、新しい1日の始まりであり朝は、希望に満ちた時間です。

そんなすばらしい時間を、捨てたコートのことを考えて、台無しにするなんて、私に言わせれば、そちらのほうがよほどもったいないです。

夜寝る前は、「きょうも1日、楽しかった。ありがとう」と感謝します。

どんなに、コートを捨てたことを後悔しても、手元には戻ってきません。考えるだけ無駄です。

後悔ではなく感謝

「ああ、あのコート、もうないんだ」とは思わず、そこまでお気に入りのコートを2着も持てたことに感謝してください。

すてきなブランドもののコートを買えたこと、お気に入りのコートにめぐりあえたこと、そのコートを着て、楽しい時間を過ごしたこと。

そんなに執着しているコートだから、きっといろいろ楽しい思い出があるのでしょう。「そういう時間を過ごせて、よかった、ラッキーだった」と思ってください。

Mさんが捨てたコートは、20年間、クローゼットの中にぶらさがっていただけで、その間、とくに価値は生み出していませんでした(そうですよね?)。

いま、それを捨てたことをくよくよ後悔したら、そのコートは、価値を生み出さなかっただけでなく、自分のこころを重くさせます(もうそうなっていますが)。

そんなに大事なコートなら、そういう存在におとしめるのはやめましょう。

失敗ではなくチャレンジの機会

いま、Mさんは、「コートを捨てるんじゃなかった。大失敗だった」と思っていますよね?

「失敗した」と思わず、「新しいチャレンジをするチャンスなのだ」と捉えてはどうですか?

大事なコート2着を失ってしまったそのあと、いかに、楽しく生きられるか、コートなしで、どれだけ人生を充実させることができるか、挑戦しよう、と考えてください。

そして、挑戦してください。

まあ、正直言って、私は、コートを全部なくしたって、絶望なんてしないし、寒かったら、どこかでダウンジャケット買ってきて着るだけです。

しかし、Mさんは、まるで我が子を2人、1度に亡くしたかのような執着ぶりですから、コートなしで生きる生活にチャレンジする、という考え方をするのは有効でしょう。

3.現実を受け入れる

特定の物や状態に、必要以上に執着する人は、人や人生は時間とともに変わっていくものだ、ということを快く受け入れていません。

しかし、現実は、変わらないものなどありません。

人の生活は変わるから一生ものなんて幻想なんだ:ミニマリストへの道(100)

だから、

その現実を受け入れてください。

大事だと思うもの、かわいいと思うもの、すべてを一生、持っていたいと願うかもしれませんが、それはとても不自然なことです。

今回、Mさん一家が、家をリフォームするのも、時間の経過とともに、生活環境が変わったからですよね?

自分や生活環境が変わったら、所持する品も変わります。

これはあたりまえのことです。人生の基本原則です。

この原則にさからおうとすると、ものすごくエネルギーやリソースを要します。

使っていない物を収納するため、外部ストーレージを確保するのにお金を使ったり、着ている服も着ていない服も、みなクローゼットに入れて、着たい服を探し回ることに気持ちや時間を使ったりする。

すると、肝心なことにリソースを回せません。

現実を受け入れて、その時々に必要なものを、ちゃんと使う生活をすれば、無駄なことにリソースを使わなくてよくなります。

そういう生き方を私はおすすめします。

4.後悔するのもほどほどに

「断捨離の勉強をしておけばよかった」と後悔しているそうですが、そんなこと後悔する必要はありません。

(やましたひでこさんの断捨離ではなく、一般で言われている)断捨離は、ただ、不用品を捨てるだけです。

いま、使っていない物を捨てるだけなので、勉強なんて不用です。

思うに、Mさんは、後悔することが好きなのです。後悔することにエネルギーと時間を使うクセがありませんか?

今後も、失敗することはあるでしょう。しかし、そのたびに、ながながと後悔して、無駄に時間を過ごすのはやめましょう。

これは、自分の選択です。

ちらっと後悔して(30秒ぐらいでしょうか)、その失敗から学び、次の行動を起こしてください。

ながながと後悔しても何も生まれませんよね?

むしろストレスが増えて、体によくありません。

過去の失敗ではなく、いまの生活の充実を心がけてください。

そのほうが、自分のためです。

いまを生きる⇒マインドフルネスで実現する。今この瞬間を生きて幸せになる4つの方法。

気づくと後悔している、知らないうちに、くよくよしている、ということが多いときは、頭の中にあることを紙に書くといいですよ。

モーニングページがおすすめ⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

後悔に関する過去記事

Mさんの問題を解決しそうな過去記事をリンクしておきます。

物を捨てたことをすごく後悔して苦しい時の対処法。

捨てなければよかった。後悔の念を解消する6つのステップ。

捨てて困るか、困らないかは結局自分が決めることなのです。

いらない物を捨てたはずなのに、捨てたことをいつまでも後悔するのはなぜ?

後悔することを恐れないで・キャサリン・シュルツ(TED)

後悔するのが怖くて捨てられない時、捨てる決断を助ける4つの考え方。

失ったものを取り戻したいと思うな:部屋が物だらけになる理由(その7)

******

コートを捨てて後悔している方のメールに回答しました。

先にも書きましたが、えんえんと後悔する生活をするか、後悔するのはやめて、次にすすむかは、自分で選択できます。

物を捨てて後悔することに、そこまでエネルギーを注ぎ込むことはありません。

大事なのは、人間のほうですから。

それでは、あなたも、感想や質問などお気軽にお寄せください。お待ちしています。





貯金する主婦お金を貯めるための3つの心理的な戦略(TED)前のページ

思い出がある服だから:着ない服を捨てない理由とその対策(その8)次のページ着物

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 買い物好き

    ミニマム思考

    元浪費家のミニマリストが教える衝動買いの心理とそれを防ぐ5つの方法

    断捨離をしてシンプルライフを目指しているけど、なかなか家が片付かないと…

  2. スマホをチェック

    ミニマム思考

    買い損なった水着にいつまでも執着している。この気持ちを捨てるには?

    買い物に関して、ひどく執着しているものがある、この執着心を手放す方法を…

  3. 悲しんでいる人

    ミニマム思考

    自己肯定感が低いせいでガラクタをためこんでしまう5つのパターン。

    家の中にいらない物をたくさんためこんでしまう理由はいろいろあります。貧…

  4. ノートに書く人。

    ミニマム思考

    捨てるのがとても難しい物を捨てる3つの最重要ポイント。

    服その他、捨てにくいものを捨てられるポイントを3つにまとめました。「捨…

  5. 福袋

    ミニマム思考

    もう買うのやめたら?福袋の失敗のダメージは想像以上に大きい

    福袋を買って「失敗した」と思ったことはありませんか?実はすべての福袋の…

  6. 深呼吸

    ミニマム思考

    片付けたくなる言葉、シンプルライフを目指したくなる名言10選。

    部屋を片付けなければ、と思っているのに、なかなか行動できない人のために…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,177人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 紙束
  2. 祈る人
  3. 石ころ
  4. 何かを書いている女性
  5. 木枕
  6. 小さな女の子
  7. アンティークなベッド
  8. パソコンの前で心配する女性
  9. スマホを見る人
  10. 本箱

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ブティックで買い物する人
  2. ブルーライトカットメガネを着用中
  3. 海を見る少女
  4. 散らかるおもちゃ
  5. カビ
  6. clear your clutter with feng shui
  7. 買い物
  8. ピアノ
  9. 汚部屋
  10. 悩んでいる人

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP