シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

なぜモノを捨てると幸せになるのか?断捨離が私の心にもたらした6つのもの



断捨離すると幸せを引き寄せることができる」、と言います。
これは本当でしょうか?

筆子の場合はイエスです。

モノをたくさん捨てたら、精神面でポジティブなことがいっぱいありました。きょうはこの点についてお伝えします。

私のことをやたら前向きの人間だと思っている人がいますがそれは違います。

私は内気で心配性で、どちらかというとネガティブな性格です。間違ってもポジティブシンキングタイプではありません。

小さいときは病的なぐらい人見知りでした。
たぶんその本質は変わっていないと思います。

ですが、ミニマリストになったら、前よりうまく自分の感情をコントロールをできるようになりました。

これはモノを捨てたからこそ起きたこと。以前のように、モノを買い続けていたら絶対にこうはならなかったでしょう。

断捨離してるうちに、だんだん前向きになってきたのです。その秘密をお話します。

笑顔

捨てると気分が明るくなる

断捨離が私の心にもたらした6つのもの

モノをいっぱい捨てたら、こんなふうに気持ちが変わってきました。

1.心の余裕ができた
2.ストレスが減った
3.前向きな気分になった
4.集中力がました
5.セルフエスティーム(self esteem)があがった
6.感謝するようになった

1つずつ説明します。

1.心の余裕ができた

モノが少ないと管理に時間や手間を取られることが少なくなるので、気持ちの余裕ができます。

例として湯シャンをあげましょう。
筆子はお湯シャンをしているので、シャンプーを買ったり、シャンプーについて考える必要がなくなりました。

「私が日々考えなければならないこと」からシャンプー関連のことはすっぽりと抜け落ちたのです。

化粧品についても同じことが言えます。
セルフカットしているので「まともに髪を切ってくれる美容院」を探す必要もありません。

こうしたことが、たくさんのモノについて起きているので、私の脳の空き容量が増え、気持ちの余裕ができたのです。

美容関係はすべてDIYの話⇒セルフカット、湯シャン、肌断食で美容代はほぼミニマムな暮し

2.ストレスが減った

これは以前の記事でも書きました。
モノがいっぱいあると、視覚的ノイズになるので、見ているとストレスを感じます。

もちろん「片づけなければいけない」「片づけなきゃ」「いったいどうやって片付けたらいいの?」と考えることもストレスになります。

モノが少なく、スッキリとした部屋に住んでいるとあまりイライラしません。

海や山など雄大な自然を見ることを考えればわかります。

美しい海を見ていると心がいやされますよね。ですが、そこにゴミがいっぱいあったらどうでしょうか?芋の子を洗うようなビーチで瞑想したいと思いますか?

モノが少ないほうが、人はストレスを感じないのです。


3.前向きな気分になった

カレン・キングストンは、部屋の中にいっぱいあるガラクタは、気の流れを悪くすると言います。「ねっとりとしたネガティブなエネルギーが人の足を引っ張って、前に進めないようにする」、と。

別にカレンじゃなくても、風水の人は皆、そう言いますが。

確かにガラクタを片づけて、気の流れをよくすると、気力がわいてきます。身軽になるからでしょうね。

朝めざめて、スッキリとした机の上を見ると、「よし、きょうもがんばるけんね」という前向きな気持ちになります。

カレン・キングストンのこと⇒『ガラクタ捨てれば自分が見える』で衝撃のスペースクリアリングに出会う~ミニマリストへの道(20)

4.集中力が増した

仕事をしているときのことを想像してみてください。

机の上がきれいで、必要なものがどこにあるのかわかっていたら、自分の仕事に集中できます。

いちいち探しものをしていたら何も進みません。

モノが少ないと一点に集中できます

☆今すぐ机の上を片づけよう⇒机の上の正しい片付け方:「きれい」のキープは難しくない

5.セルフエスティーム(self esteem)があがった

esteem は「尊重、尊敬」という意味。

だから self esteem は「自尊心」と訳されますが、「自尊心」と聞くと、「偉ぶっている」とか、「プライドが高い」といった、ネガティブな意味に捉えられることも多いです。

self esteem はネガティブなことではありません。プライドだけでなく、もう少し広い意味があります。

自信、自分を大事にする気持ち、自分は生きてる価値があると思う気持ち、自分を信じる気持ちなど、すべてセルフエスティームです。

なぜ片づけをするとセルフエスティームがあがるかというと、「自分で自分の住環境や、暮しをコントロールしている」ことが、視覚的にわかるからです。

1日5分でも片づけを続ければ、「私にもできた」と自信につながります。

ガラクタがたまった状態は、人の言うことや、メディアに言われるまま、何も考えず、半ば反射的に買物を続けてしまった結果です。

そのガラクタを自分の意志で1つずつ片付けることは、「自分で自分の人生の舵をとっている」ことにほかならないのです。

☆セルフエスティームの詳しい説明はこちらをどうぞ⇒セルフエスティーム(自分を愛する気持ち)が高い人の12の特徴

6.感謝するようになった

ガラクタを減らして、自分の好きなもの、本当に必要なものを手元に置くと、それぞれのモノに感謝の気持ちがわいてきます。

少なくとも以前より大事にします。

さらに、断捨離を進めて行くと「モノ」ではなく「モノ以外の物」について考えることが増えます。

たとえば自然、家族、他人、体験、時の流れなど。

小学校の卒業文集に隣のクラスの先生がこんなことを書いていました。「目にみえないものを大事にしよう」と。 目に見えないものとは、空気や、友情、思いやりといったものです。

物理的なモノにばかりかまけていると、なかなか目に見えない物にまで気が回りません。

ですが、モノを減らせば、自分にとって本当に大切な物がわかり、それに対して感謝の気持ちがわいてくるのです。

grey dot line

あなたは幸せって何だと思いますか?

幸せは、自分が日々の生活にどのぐらい満足しているか、毎日どんな気分で生きているかで決まります。

不平不満がいっぱいの人は幸せではないです。
暗い気持ちで生きている人も幸せな状態とは言えないです。

しかし、こうした「自分の気持ち」は自分でコントロールできます。
ガラクタを減らすと、自分の感情をコントロールをしやすくなるのです。

自分の人生という舞台で、ずっと主役を張っていたモノたちが消えてしまったのですから。

今までモノに反応しながら生きていたのが、自分の気持ちを大事にしながら生きるようになったのです。

ガラクタを捨てると幸せになるのは、こんな理由からなのです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索