シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

ミニマリスト暮しは究極の節約、そして幸せへの道



ミニマリストとは「最小限の物を持つことで、最大限に自分の人生を生きている人」。

これ、筆子の定義です。

筆子は暮しをシンプルにしたくて、ずっと断捨離してきました。ふと気づくと、無駄使いをしなくなり、結果的に前より節約できるようになりました。

それは、「切り詰めなくちゃ」と自分に強いる節約ではありません。「持たない暮し」を心がけていて、知らないうちに、あんまり何も買いたいとは思わなくなったのです。

石

ミニマルライフはお金を使わない暮し

なぜミニマルライフを送ると節約できるのでしょうか?

これは簡単です。
物を買わなくなったからです。

人が買い物をする理由は2つあります。

1.それが必要だから
2.それがほしいから

ミニマリストの家には、物はあんまりありません。つまり必要なものが少ないので、買い物も減ります。

実際、暮しをミニマルにするために、いろいろ断捨離していると、「これが必要」と思うより「こんなものはいらないわね」と思うほうがずっと多いのです。

「暮しに必要なものはもう全部揃っているな~」という気分になってきました。べつに無理をして「足るを知る」というふうに考えているわけではありません。

人の暮しに必要なものってもともとそんなに多くはないのです。


物欲もなくなってきた

物をほしいと思うことも少なくなりました。

2014年の10月の終わりに、それまで半分以下のスペースのアパートに引っ越しました。引越し前に、「これはいる」「これはいらない」「迷い中」といつも、自分の物の存在意義を問いただしていました。

これは思いのほかしんどい作業です。

「もういっそ全部捨ててしまいたい」という気持ちと、「とりあえずこれは全部荷造りしてしまおう」という気持ちの中で日々揺れていました。

最初から物がなければ、こんなことを考える必要はなかったのです。もう昔のような、物がいっぱいの暮しには戻りたくありません。

お店で、ちょっとかわいいもの、便利そうなものを見つけて手に取ることはあります。でも、まず買いません。

昔からキャラクターグッズが大好きでしたが、もう卒業しました。こんなふうにやりましたよ⇒いかにして私はキャラクターグッズを卒業したか~大量の「かわいい物」を断捨離して得た境地とは?

「これって本当に必要なんだろうか。これは私の暮しに何らかの形で貢献してくれるのだろうか、これは私を幸せにしてくれるのだろうか? これはミニマリスト筆子が持つのにふさわしいものなのだろうか?」

このように考えると、なかなか「イエス!」と言えるようなものには出会わないのです。

物をほしいと思わなくなったのは、テレビや雑誌を見ない、つまり広告を見ないせいもあるかもしれません。

昔は、雑誌、テレビ、周囲の人の言うことに惑わされて、「他の人が持っているから、自分もこれを持っておくべきなんじゃないか」という理由で買ったものがたくさんありました。

でも今は、「私はミニマリストで行く」と決めたので、人の言うことなんてさほど気にしなくなりました。かなり自分軸が確立してきたと思います。

私は、いつも同じ服を着ているので、娘に「ホームレスの人みたい」と言われますが、全然平気です。

自分を幸せにしてくれるのは、人の評価ではありません。

こんなふうに考えられるようになったのも、シンプルライフを心がけて、持ち物をミニマムにしてきたせいだと思うのです。

物が少ないと結局節約になる

所有する物が少ないと、結局お金の節約になります。その理由はこちら⇒節約ではお金はたまらない。お金持ちになりたいなら、買わない暮らしが1番いい

自分の暮しに存分に活躍している物だけを持っていると、物は少ないのに、気持ちはだんだん豊かになってきます

あまり「節約している」という気分ではありません。けれども、物を買わなくなったので、結果的に、節約してしまっているのです。

ミニマリストになってよかったことの1つです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter