小さなリュックをする女性。

断捨離テクニック

持ち物を見直す5つのポイント。ダウンサイジングを意識してみよう。

生活をコンパクトにする観点から物を見直すポイントを5つ紹介します。

部屋を片付けたいと言う人に、「使わない物はみんな捨てればいいのです」というと、「私は筆子さんのようなミニマリストではないので、そんなことはできません」という返事が返ってくることがあります。

そういう人は、暮しをダウンサイズすることを意識して、持ち物を見直すと、不用品を見つけやすいと思います。



1.量は適正か?

「自分で使い切れる量、自分で管理できる量には限界がある」と考えると、「こんなに持っていても意味がない」と納得できます。

どれも大事なものに見えるかもしれませんが、数が多すぎると、どうしても、一定量はガラクタになります。

洋服も、キッチンツールも、昔勉強したときに使った参考書や資料も、収納グッズもそうです。

「いつか、使える」と思うだろうし、そのまま持っていたら、もしかしたら本当に使うときがくるかもしれません(または、無理やり使うかもしれません)。

しかし、いつ来るかわからない「使うとき」のために、来年もそんなにたくさん持ち続けるのは、しんどいです。





2.重すぎないか?

「自分で軽々と持てる重さかな?」と考えてみると、重すぎる物や、かさばりすぎる物を手放す気になります。

家具は自分1人では持てませんが、せめて身の回りの物は、コンパクトにしておいたほうが、心身の負担になりません。

ふだん、外出するときに、やたらとバッグが重くなっている人は、まずは持ち歩く物から軽くすることを意識するといいでしょう。

なんでもかんでも持ち歩くのはもうやめる:バッグの中身の減らし方。

それは、重すぎる物を軽い物に買い換えるという意味ではありません。いらない物を持ちすぎているから、重くなっているだけなので、持たなくていい物は手放してください。

持ち歩くバッグやスーツケースが重い人は、運転している車や住んでいる家の重量も増えているはずです。

その重さは、人生という旅を続けるときに、自分の両肩にずしっとのしかかる重さです。

所持品を見直すとき、心の中でその重さをイメージして、重すぎる物を捨てていけば、生活はコンパクトになります。

3.自分の身体のサイズに合っているか?

身の丈にあった生活というと、お金の話を思い浮かべる人も多いでしょうが、ここでは、物理的な自分の身体のサイズに合っているかどうか、という意味です。

「いま、自分の身の回りにある物は、私の身体のサイズに合っているかな?」と考えてみてください。

身体が小さいのに、こんなに大きなスーツケースを持ち歩くべきなのか? こんなに大きなタンスがいるのか? こんな大きな家がいるのか? というように。

私がいま住んでいる家は、フォープレックスの半地下で、天井が低く、カナダ人の感覚からいったら、ものすごく狭い質素な家です。

フォープレックスの説明はこちら⇒その日から効果を実感、電話機を断捨離したら生活が3倍シンプルに

けれども、自分の部屋で、折りたたみできるノートパソコン用の机を使って、パソコンを使っているとき、ふと目をあげると、「この家、私のサイズにぴったりだな」という満足感を覚えます。

折りたたみできる机はこちらで紹介⇒物の置き場所が決まらず部屋がカオスです。どうしたらいいですか?

同じ家に住んでいる夫の場合は、まったく身の丈に合っていません。

彼の部屋は私の部屋より広いのですが、大きなベッドを中央に置き、その回りを物、物、物、物で埋め尽くしているため、誰が見ても、息苦しい部屋となっています。

夫は私より、ずっと身体が大きいですから、とてもきゅうくつなはずです。

4.どこまで物に語らせるか?

思い出グッズを厳選するために、物は、物語を語る、メッセージを送る、という考え方をしてください。

今、自分が毎日のように使っている物だけを残せば、どんな人の部屋もスッキリします。

しかし、そういう人はあまりいません。

たいていの人が使っていない物もたくさん持ち続けます。

先日、思い出の品を、「今使っていないし、これからも使わないけど、捨てない物(捨てたくない物)」と定義しましたが、

大事なものとガラクタの区別がつかない人に伝える、12のガラクタリスト。

こういう、「使わないけど、捨てたくないからそのまま持っている物」が多すぎると、ダウンサイズは無理です。

確かに、物にはいろいろな思いが込められているでしょう。それを見れば、特定の人々、場所、できごとを思い出して、ほろりとしたり、なつかしい気持ちになったり、うれしくなったりするものです。

そういう物の中には、自分にとって、とても大事な物もあるとは思います。

しかし何度も書いていますが、物イコール思い出ではありません。

物は物でしかないのです。

思い出や記憶は自分の心の中にあります。

思い出グッズに執着が強い人は、あえて、物にいろいろな物語を語らせている人です。

1つや2つなら、耳にここちのよい思い出話が聞こえてくるでしょうが、どさっと大量にあると、あーだこーだとうるさくてたまりません。

だから、思い出グッズの多い人ほど、ふだんは、全部段ボール箱にひとまとめにして、押入れやベッドの下に押し込み、封印しているのです。

記念品や思い出の品を捨てたほうがいい理由と捨て方のコツ

5.把握できているか?

自分の収納スペースや手持ちの物を把握します。

具体的には、これぐらいは入りそうだな、これぐらいあれば、このぐらいで使い切るな、という目安量を、もう少し、厳密に計算してみます。

服を買いすぎて、クローゼットやタンスからあふれさせ、新しく収納ケースや、オープンラックを買うはめになる人は、買い物するとき、自宅の収納スペースの容量をまったく意識していません。

自分の洋服ダンスには何着収納できるのか、このケースの容量はどのぐらいなのか、そうした計算してみると、もっと小さな暮しができます。

厳密な数字を出すのはできないでしょうが、収納スペースを数字で把握しようとするだけで、何も考えず、どんどん買う行動は止まるでしょう。

計算なんてめんどうだと思うなら、洋服ダンスにかけてあるハンガーの数を数え、詰め込まずにふつうに服をかけられる量を出すだけでもいいです。

本棚に詰め込んである本を、きれいに並べ直し、2列収納や積み重ね収納をしない、余裕のある収納にしたら、一体何冊おさまるのか考えてみると、物を無理やり押し込む態度が改まるんじゃないでしょうか?

計算は、ストック品の管理にも有効です。

これだけ使うのに、あと何年かかるか、シャンプー1本は何ヶ月持つか、具体的な数字を出してください。

そうすると、買い過ぎがおさまるし、古いのを使い切っていないのに、新しい物を買って、中途半端なままそこに放置することも減ります。

私は、今年、モーニングページを書くのに、去年買いすぎてしまった塗り絵用のカラーペンなどを使っています。

ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

毎回、1本使い切るのに何日かかるか調べて、このセットを使い切るまでの時間(何週間、または何ヶ月)を数字で出しています。

12色のラメのゲルペンセットは使い切り、いまは、36色のファインライナー(先の細い水性ペン)を使っています。このペンは1本使うのに、1週間かかるため、全部使い切るには36週間かかります。

持たない暮しをめざすなら、ぜひマスターしておきたいボールペンを使い切るコツ

こうした計算をしていると、ふらっとボールペンやカラーペンを買う気にはまったくなりません。

収納スペースや容量を数字で把握し、どんどん物を減らしていくと、収納するためだけのグッズや家具を減らすこともできますし、いまより小さな家に引っ越すこともできます。

*****

暮しをダウンサイズすることを意識して、持ち物の見直しをすることをおすすめしました。

私は狭い家のほうが落ち着きますが、広くて大きな家のほうが、素敵でハッピーに決まってる、と思う人も多いでしょう。しかし、年をとったら考え方が変わるんじゃないでしょうか?

以前も書いたかもしれませんが、10代の頃、私があこがれていたものが3つあって、1つはベッドに寝ること(ずっと布団だったので)、2つ目はバスローブを着る生活、3つ目はウォークインクローゼットを使うことです。すべて洋物のドラマで見て知りました。

ベッドに寝るのは比較的早く実現し(マットレスじゃなくて、布団を敷いていましたが)、20代になってからバスローブも買って着てみましたが(結局、使いこなせず、その後、断捨離)、ウォークインクローゼットは実現しませんでした。

中学生のときに見た、『刑事コロンボ』のあるエピソードで見て、ウォークインクローゼットにあこがれました。

このドラマに出てくる犯人たちは、毎回、金持ちで社会的地位のある人という設定なので、みな、アメリカ西海岸の豪邸に住んでいます。

そういう犯人たちの1人に、ウォークインクローゼットを使っている女性がいて、「ああ、ああいうのいいなあ」と思ったのです。

しかし、今となっては、ウォークインクローゼットのある家を志向し、無理に実現させなくてよかったです。

いま、自分はいわゆる西洋に住んでいるのに、床に毛布敷いて寝ているし、お風呂からあがったらすぐにパジャマ着て寝てしまうし、服は20着もありません。

若いころは、拡大志向で突き進んでもいいかもしれませんが、ある程度年をとったら、縮小するほうが理にかなっています。





母親とティーンエージャーの息子自分の子育てが正しいのか、間違っているのか考えて悩みます←質問の回答前のページ

自分と向き合いたいのに逃げてしまいます。どうしたらいいですか?←質問の回答。次のページ1人で考え事をする人

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 断捨離してます

    断捨離テクニック

    片付けができないと悶々とする人が、今度こそ片付け始める5つのコツ。

    部屋がぐしゃぐしゃで、まるでゴミ屋敷。汚部屋を片付けたいと思っているの…

  2. なんだか不調

    断捨離テクニック

    必要なものといらないものがわからない時の4つの判断の仕方。

    シンプルライフを目指しているらしい40歳の主婦の方からの質問にお答えし…

  3. 窓際に座る女性

    断捨離テクニック

    不用品を寄付できない時でもできる7つの断捨離(ステイホーム中の片付け)。

    現在、多くの人が、ソーシャルディスタンスを取るため、家で隔離生活をして…

  4. 考え中の人

    断捨離テクニック

    捨てる、捨てないが決まらないとき、自分にしてみるといい11の質問。

    「ときめくか、ときめかないか?」、「もういらない物か、それとも取ってお…

  5. 新年

    断捨離テクニック

    正月休みが終わったらすぐやりたい。年末年始に増えた物を処分するコツ。

    早いもので1月も3分の1を過ぎました。今年も断捨離をがんばりたいあなた…

  6. ボールペン

    断捨離テクニック

    持たない暮しをめざすなら、ぜひマスターしておきたいボールペンを使い切るコツ

    ボールペンを使い切るコツをお伝えします。「は、そんなしょうもな…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,163人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 雑誌の山
  2. 実家の片付け
  3. 砂時計
  4. 新しいドレス
  5. スマホを使う女性
  6. 花丸スタンプ
  7. 素朴なマグに入ったコーヒー
  8. 時計を見る女性
  9. 絵本を読む女の子
  10. 紙ゴミ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 体調が悪い人
  2. スマホをやる女性
  3. 笑顔
  4. お墓
  5. 眠り
  6. 砂糖
  7. 高いバッグ
  8. 多すぎる食器
  9. 海
  10. アヒルのフィギア

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP