ショーウインドウを見ている男の子

買わない

あなたはこの誘惑に勝てますか? ついふらふらと買ってしまうキャッチフレーズ、その1・新商品。

店舗や宣伝メール・チラシに書いてある売り文句(キャッチコピー)にのせられて、ふらふらと物を買ってしまうことがよくあります。

べつに、今、買わなくてもいい物を。

買い物しすぎる傾向や、買い物依存ぎみ体質を変えたいと思っているのなら、こうした売り文句に冷静に対応すべきです。

売り文句には、いくつかパターンがありますので、代表的なパターンを紹介し、のせられない考え方を提案します。

自分が弱い売り文句のパターンを見つけておくと、目に入っても、今よりは冷静に買う・買わないの判断ができるでしょう。

初回は「新」とついている売り文句を見ていきます。



新しさをうたうものに弱い

人の脳は、新しいものが好きです。

よって、目新しいものや、新鮮であることを強調する、「新しい」「ニュー」という言葉に弱く、こうしたキャッチフレーズにひかれて、物を買ってしまうことがよくあります。

新発売、新登場、初登場、新型、新技術、新時代、ニュールック、ニューモード、トップファッション、ニューモデル、今シーズン初めて、世界初/日本初、ついに登場しました、など。

『新』という言葉を使っていなくても、先進的、画期的、改良型、アップブレード版、バージョンアップ版、今シーズンの売れ筋、なども、新しいことを訴えています。

『新』で始まるキャッチコピーはたくさんあるので、とくに例をあげなくても、わかりますよね。

今の季節だと、コスメの新色が、店に並んでいるかもしれません。

レストランやファーストフード店の新メニュー、新ドリンク、コンビニスイーツの新商品、新フレイバーもあります。

レストランや定食屋では、『筆子弁当始めました!」なんて札がかかっているかもしれません。「何かを始めた」というのも、新しいことを強調しています。

『新』という言葉につられて買ってしまうことが多い人は、以下のように考えてください。





新しいものは、次の瞬間には古くなる

新しいものは、古くなる運命をになっています。

何かが上にあがれば、やがて下に落ちることや、右に大きく振り切ったものが、今度は左に向かって行くのと同じです。

「わー、新しいやつだ、買おう!」と喜んで買っても、すぐに古くなります。

すぐに古くなるので、新しさを重要視しているかぎり、永遠に買い続けなければなりません。

現在使っている製品がボロボロで機能的に問題があるなら、新しいものに買い換えるのは理にかなっています。

古いパソコンや古いクルマなど。

しかし、すでに持っているもので、十分間に合うし、数年前に買ったばかりで、特に古びてもいないのに、新しい色味やデザインの服を買う必要があるでしょうか?

今、生活が豊かで、物があふれているから、服をぼろぼろになるまで着る人は少数派です。

私は、服はできるだけ買いたくないので、穴があこうが袖がすり切れようが、壊滅的にだめになるまで着続けます。

夫は私があまり物を買わないことを知っているので、先日、パジャマ姿でゴミ出しをしていたら、「きみ、とうとう、着るもの、なくなったの?」とまじめに私に聞きました。

同居している人間に、「着る服、ちゃんとある?」と心配される人間が、いったいどれぐらいいるでしょうか?

特に、日本は新しもの好きが多いので、数回着ただけで、「古いもの認定」を受けてしまう服も少なくないでしょう。

新しいものを買って使うのは、確かに、気分がいいし、場合によっては十分、買う価値があります。

ですが、「新しい」という理由だけで、物を買うのは、いつまでも回っているラットの回し車の中に身を置いて、次々と買い続ける行為です。

それは本当に新しいのか?

新登場、新製品とうたってはいても、旧製品とたいして変わっていない製品があります。

変わったとしても、名前が変わったとか、ほんの少し、その製品の本質にはあまり関係のない細部が変わっただけだったり。

そういう製品は、本当に新しいものなのでしょうか?

2018年に塗り絵を始めてから、YouTubeで、塗り絵がテーマの動画をたくさん見た私は、以前より色鉛筆に詳しくなりました。

色鉛筆業界にも、べつに新しくない鉛筆を、さも新しいもののようにして売る手法が使われています。

アマゾンには、本数がたくさん入っているのにものすごく安い色鉛筆が売られています。たいてい、中国産です。

一見、お得な製品です。

こうした色鉛筆の特徴は、安いこと以外にも、もう2つあります。

1)画材店で買うことができない

名のあるメーカーでも、アーティスト・クオリティの高いラインと、スチューデント・クオリティの安いラインの製品を出していますが、ともに画材店で購入できるはずです。

2)バラで買うことができない

特定の色がなくなっても、単品で買い足しはできません。(中国以外の国のメーカーが出している色鉛筆にも、単品で買えないものはあります)。

ちょっと塗り絵をしてみたいけど、お金はあまりかけたくないと思うなら、こんな色鉛筆をワンセット買うのも悪くないと思います。

ワンセットだけなら。

というのも、同じ色鉛筆なのに、名前と外箱を変えて、何度も売り出されるからです。

安くて、色味がたくさんある色鉛筆が出るたびに、ユーチューバーが購入し、レビュー動画をあげますが、よく、「◯◯の色鉛筆は、◯◯と同じではないか」という同一製品疑惑が語られます。

色味や使った感じがそっくりだというのです。

私は、これらは、すべて特定の製品をコピーしたか、ちょっとだけ変えた鉛筆だとにらんでいます。

たとえ、全く違う製品だとしても、ユーザーが使ったときに「そっくりだ」と思うのなら、それはもはやダブって買う必要のない同じ製品です。

もちろん、中国のメーカーでも、日本の三菱鉛筆やトンボ鉛筆みたいに、自社の責任において、製品を開発・製造しているメーカーはあります。

中国の人は、きっとそういうメーカーの色鉛筆を使っています。

アマゾンに売っているやたらと本数があって、やたらと安い色鉛筆のセットは、皆、外国市場向けに出している、特定の色鉛筆のコピーか、焼き回しです。

そうでもなきゃ、いくら原材料をケチったとしても、あそこまで安くできないと思います。

色鉛筆以外にも、ちょっと焼き回しただけで、「新製品です!」とうたっている製品はたくさんあるのではないでしょうか?

売り手側が、「新しいものです」と言っているからといって、新製品とは限りませんよ。

新しさは自分で見つけられる

新しいものが欲しくて、「今秋の新商品」という言葉にひかれて新しい服を買う人は、すでに持っている服は、「古い服だから価値がない」と思っています。

はっきり、そう自覚してはいないでしょうが。

しかし、いったん価値がないと思った服でも、考え方や使い方を変えれば、それこそ新しい価値を発見できます。

そうです。

新しさは自分でいくらでも生み出せるのです。

洋服は、組み合わせを変えたり、アクセサリーをつけたり、着方を変えたりすれば、十分新鮮に着られます。

そのほかの製品も置き場所を変えたり、使うシチュエーションを変えれば、新しさが生まれます。

寝室を居心地よくする記事で⇒落ち着く寝室の作り方~あれこれ物を揃えなくてもリラックスできます。

自宅でショッピングして、他の部屋にある物や、押入れの中で眠っている物を寝室で使うことをおすすめしました。

こうすれば、すでに持っているものでも、十分、新しいものとして使うことができます。

そもそも、私たちは毎日、新しい日を迎えています。

きのうと同じ日は、1日たりともありません。

毎日を新鮮な気分で迎え、一瞬一瞬を楽しむ心持ちになれば、次々と新商品を買う刺激がなくても、十分、新しい気分で暮らすことができます。

そうなれば、「新商品だから」という理由で、新しい物を次々と買わなくてもすむのです。

☆この続きはこちら⇒限定品という言葉につられて買ってしまわないために:要注意のキャッチフレーズ、その2

売り手側のキャッチフレーズ・関連記事もどうぞ

無駄遣いの原因は心理的な思い込み。認知バイアスを知って上手な買い物を。

節約したいなら知っておきたいスーパーマーケットの買わせる戦略10個

ニューロマーケティングとは?:消費者の決断に関する新しい科学(TED)

ファストファッションはもうやめた。あなたもそうすべきだと思う(TED)

*****

買い物しすぎる人が気をつけたほうがいいう代表的な売り文句、『新商品』に対する考え方をお伝えしました。

きのう、今月の目標を教えてくれた読者のメールを紹介しましたが⇒今年の残り3ヶ月で私がチャレンジしたいこと~読者の挑戦特集 この記事で紹介しなかった方の中にも、買わない挑戦をしている人はけっこういらっしゃいます。

ぜひ、参考にしてください。

感想などありましたら、お気軽にメールください。お待ちしています。





10月のカレンダー今年の残り3ヶ月で私がチャレンジしたいこと~読者の挑戦特集。前のページ

物でいっぱいだった倉庫の片付け。ようやく終わってとても心が軽くなった。次のページゴミ出し

ピックアップ記事

  1. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  3. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…
  4. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  5. ムック・8割捨てて二度と散らからない部屋を手に入れる、発売しました。

関連記事

  1. 考えている女性

    買わない

    ニーズ(必要なもの)とウォンツ(欲しいもの)に敏感になる:知らないうちにお金が貯まる行動案(その6)…

    収支の記録をつけたり、明細書の数字を足し算したり引き算したりするのは苦…

  2. セール品

    買わない

    バーゲンセールの誘惑に打ち勝つ7つの効果的な方法。

    セールで衝動買いをしない方法を7つ紹介します。人は、物の値段が…

  3. ハンガーを持つ手

    ファッションをミニマルに

    徹底的に在庫を調べる:本気で服の買いすぎをやめたいあなたへ(その2)。

    ネットでどんどん服を買ってしまう悪習慣を正す方法、その2です。…

  4. 買物中の人

    特集・まとめ記事

    必要な物を大事にする生活へ。買物しすぎない方法を書いた記事のまとめ(4)

    やたらと買物をしてしまう生活をやめる工夫やコツを書いた記事のまとめ、そ…

  5. ベンチで考えている女性

    買わない

    無駄遣い防止のために筆子がやってみたこと~ミニマリストへの道(2023秋編-3)

    物を買いすぎる習慣を改めるために、私がやってみて、「これはおすすめでき…

  6. Tシャツを着た女性

    買わない

    買いすぎないために筆子がやってみたこと~ミニマリストへの道(2023秋編-2)

    今日は物を買いすぎないために、実際に私がやったことを書きます。…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,821人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ありがた迷惑なギフトに悩む女性
  2. 着物
  3. 感謝している人
  4. 古い家
  5. 手芸用品がいっぱい
  6. 職場で服を押し付けられる人
  7. プレゼントを持つ女性
  8. ノートを取る人
  9. 食器棚に食器をしまう女性
  10. 宝石の指輪をたくさんした指。

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 散らかった机
  2. 宝塚の銅像
  3. 服をチェックする女性
  4. いろいろな考え
  5. 不眠症
  6. ベリー類
  7. 美女
  8. プラスチックのボトル
  9. 台所
  10. 鳥のシルエット

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP