シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

物を捨てるとこんなふうに人生が変わる~私が少ない物で暮らす7つの理由


少ないもので暮らすと何がどうして暮しが快適になるのか、その理由を7つの側面からお伝えします。

断捨離をすると運気があがるとか、ミニマリストになると自由になって幸せになる、と言われています。

それを期待して、なんとなく家の中の不用品を捨て始める人も多いでしょう。

はたして不用品を捨てることは本当に人生を変える力があるでしょうか?

私は「はい、あります」と答えます。

実際、ミニマリストになってから私の暮しは変わりました。こんな変化があったのです。

1.お金が残るようになった

物を捨てているうちに、「生活するのに、そんなにたくさんの物はいらない」と知りました。不思議なもので、物が少ないほうが暮らしやすいし、毎日楽しいのです。

だからもっと減らしたくなり、今はかなりミニマルな暮しをしています。

そして「必要なもの以外は買わない挑戦」を始めました。これまで大量の無駄なもの、不要なものにお金を払っていたことに気づいたのです。

「買わない生活」になったので、当然無駄遣いは減り、以前より少ない予算で暮らせるように。

よく「ミニマリストの暮しはお金がかかる」と言う人がいます。たぶん、安物を捨てて、よりすぐりのいわゆる「ミニマリスト御用達」の家具を持って暮らしている人の部屋の写真を見てそう思うのでしょう。

しかし、実のところ、ミニマリストにもいろいろなタイプがいます。私のような物にこだわらない節約系ミニマリストは高価なものは買いません。

2.ストレスが減った

これは多くのミニマリストが言っていることです。物がたくさんあると管理が大変だからです。

あなたはこんな経験がありませんか?

-家の中に物がいっぱいあって、息が詰まりそうだ。

-物をしまいこんでしょっちゅう探しものをしている。

-クローゼットの中に服を詰め込みすぎて、ハンガーを1つとると、必ず両脇の服も床に落ちる。

-たんすの中にぎっしり服が詰まっているのに、毎朝「着るものがない」ともんもんとする。

-毎日、物の収納、整理整頓、掃除のことばかり考えている。

-まめに掃除しているのに、ちっとも片付かない。

-家具や物がいっぱいで掃除がしにくくてしょうがない。

-収納や、片付けの特集がある雑誌を見るとと必ず買ってしまう。

こういう人は、貴重な人生の時間を「物の管理」に取られすぎています。物が少なくなれば、こんなことはほとんど考える必要はなくなるのです。

実際、私はもう収納のことにそんなに頭を悩ませていないし、何がどこにあるのかだいたいわかっているし、掃除も最低限です。

ずいぶんストレスが減りました。


3.気分がよくなった

物を減らして身軽になると「自由な気分になる」と言いますね。ストレスが減るから、そのぶん心が軽くなります。

また、断捨離を成功させると達成感があり、自信が生まれます。毎日5分だけでも物を捨ててきれいにすると気分がいいですよね?

さらに、不用品を捨てるということは、今のありのままの自分を受け入れることなので、この点でも穏やかな気分になります。

これはどういうことかというと、たとえば、あなたが、若いころ着ていたスーツやワンピースをまだ捨てずに持っているとします。

今はもう着ない服です。なぜなら、子供を産んでから体型が変わってしまったから。

「そのうちやせたらまた着よう」こんなふうに思って古い服を持っているのです。こういう女性は多いと思います。

この心理の背後にあるのは、「体型が変わってしまった今の私は私じゃない」という気持ちです。

スリムできれいだった若いころの自分に執着しているのです。

しかし、ありのままの自分を受け入れることができないのは不幸ではないでしょうか?太ろうが年をとろうが、それが本当の自分なのです。

昔の服を捨てるということは、「今の私」を受け入れることでもあるのです。

古い服を捨てて、少しダイエットをしてやせたら、また細身の服を買えばいいのです。

古い服を着るためにやせようとするのと、捨てた後にやせて新しい服を買って着るのは似ているようで違います。

前者は過去にしがみついているのであり、後者は明るい未来を前向きに考えた結果です。

今の自分や生活を受け入れていないのは、古い服だけでなく、「思い出の品」を手放したくない気持ちにも表れています。

断捨離をして古いものを手放すことによって、意識は今この時と、ちょっと先の未来に向かいます。

それはとても気分を軽くすることなのです。

☆関連⇒思い出の品をさくっと断捨離するコツ~6つの思考で今を生きよ

spark joy

4.より多くのスペースとエネルギーが得られるようになった

物を捨てれば、よりスペースができるのは自明です。

ホテルやモデルルームのような部屋にあこがれる人は多いです。こうした部屋は生活感がないからすっきりしていますね。

なぜ生活感がないのか?

必要最低限のものしか置いてないからです。物が減れば、スペースができ、生活感のない部屋に近づきます。

エネルギーとは気力のことです。「元気」と言い変えることもできます。物の管理に追われることがなくなり、ストレスも減れば、当然元気になります。

5.時間ができた

自分ではなかなか気づかないのですが、私たちはずいぶん「物の管理」に時間をとられています。

こんな時間です:

●ストック品(シャンプー、石けん、調味料、缶詰めやインスタントラーメン、お菓子など)の在庫を調べたり買いに行く時間

●「よりよい」商品を求めてリサーチする時間
雑誌を見たり、その商品についてネットで調べたりする時間です。

たとえば、化粧品の新商品について情報を得たり、この秋の流行の服を知りたくて雑誌を見たり。

この時間が「楽しい」と思っている人も多いです。ですが、ちょっと考えてください。こういうことは生産的な時間でしょうか?

やらないですむなら、ほかにできることがあるのではないでしょうか?

●掃除をする時間

●物の収納について頭を悩ましたり、収納グッズを買いに行ったり、物を出したり入れたりする時間

●探しものをする時間

物が少なくなれば、こうした時間が浮きますので、もっとほかの自分のやりたいことに当てることができます。生産性があがることにもつながります。

6.家にいるのが楽しくなった

ガラクタがいっぱいの部屋に住んでる人は居心地がよくないので、あまり家にいません。

多すぎる物は視覚的ノイズになり、神経にさわるからです。

私の夫の部屋は物だらけです。彼は自分では認めませんが、絶対居心地がよくないはずです。

そして、帰宅後も休みの日もほとんどリビングルームにいます。リビングルームは物が少なくて快適だからです。

自宅や自分の部屋でほっとできるということは、とても大事なことです。

私自身、ぐしゃぐしゃの本棚がなくなり、小物や寝具を詰め込んだ物入れを見なくてすむようになってから、部屋でよりリラックスできるようになりました。

不用品を捨てて、好きなものだけに囲まれた暮しは今より幸せ度が軽く180パーアセントぐらいあがります

7.新しい生活の第一歩

「たかが物を捨てただけで人生が変わるの?」と思う人は1度捨ててみるとわかります。

物を捨てると、新しい変化や行動が生まれます

時間ができれば、これまでできなかったことをするきっかけになります。何か新しい趣味にチャレンジしたり、仕事の幅を広げるのに使ったり、子供と過ごす時間に使ったり。

スペースができれば、そこでヨガをしたり、筋トレをしたり。

部屋がきれいになれば、前よりもっとお客さんを呼ぶこともできます。

所持品が減れば、もっとスペースの小さな住宅、だけど今より便利な場所に引っ越すことだって可能です。

ノマドワーカーになって、海外を点々として暮らすことだってできます。

たった1つの不用品を捨てるという行動がきっかけになって、さざなみのようにあなたの人生が豊かに広がっていきます。

これまで手にしていなかったものがやって来るのです。

新しい価値観、考えてもみなかった行動、出会うはずもなかった人たち、体験したことのない自由。何がやってくるのかは人によって違うでしょう。

でも、暮しが大きく変わるのは確かなのです。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索