シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

子供の物を捨てたいママに。子供と楽しむシンプルライフに関する記事のまとめ(1)


これまで書いた子供の物(おもちゃや子供服など)を捨てる方法や、子育て周辺の記事をまとめました。

たまに、「もっと育児のこと書いてください」というメールをいただきます。このまとめを作るために過去記事を掘り起こしてみたら、思ったよりたくさん子供のことを書いていましたので、さかのぼって読んでください。

今回は、比較的古い記事を20個集めました。

子供の物を捨てる方法や、子供と楽しむシンプルライフ

子供の物が増えて困る、処分したい、おもちゃを捨てたい、そんな悩みを解決する記事です。

  • どんなに断捨離したくても、子どものおもちゃは捨てないほうがいい理由

    一般的なおもちゃの捨て方を書いています。しかし、勝手に捨てないほうがいいです。子供はけっこう覚えています。

  • 片付けられないティーンエイジャーに部屋を片付けさせる7つのコツ

    1998年生まれの娘(この秋から大学2年)は、中学生の頃から汚部屋体質でした。部屋をきれいにしてもらうために、いろいろ工夫しました。

  • 近藤麻理恵方式は本当にリバウンドしないのか?~捨てる順番を間違えたらだめなの?

    大学生の長男、中学生の次男のものがリビングルームにいっぱいで困る、という読者の相談に回答しました。

  • ふと気づけば汚家ぎみに。子育て中の断捨離に悩んでいます

    赤ちゃんをお持ちの30代の主婦の方、2人のご相談に回答しました。質問内容は以下です。

    – 子育てで心身ともに疲れ、ストレスでついつい食べてしまうのをやめるには?

    – 出産前、OL時代(事務職)をしていたころの服を捨てたほうがいいか?

  • 子持ちミニマリストが伝える子どものおもちゃとの賢いつきあい方

    おもちゃを増やさないライフスタイルを提案しています。

  • 子どものおもちゃが増えすぎて片付かない?極論を言えば買ったおもちゃは必要なし

    子供のおもちゃが増えて困る、という読者の質問に回答しました。おもちゃを増やすのは子供ではなく大人である、ということに気づけば、おもちゃはいたずらに増えないでしょう。

  • 子供のおもちゃを減らす方法。すでにたくさんある場合 | 筆子ジャーナル

    すでにおもちゃがたくさんある場合の断捨離方法を書きました。おもちゃを与えすぎる害も書いています。

  • 義理の両親の贈り物で子どものおもちゃがどんどん増える問題の解決法

    読者の質問に回答。自分は増やしたくないのに、親や義理の両親(おじいちゃん、おばあちゃん)が子供にたくさんおもちゃをくれるときは、どうしたらいいのか提案しました。

    まあ、ノーいうことに尽きます。

  • 子どもの存在を言い訳にする人生はやめよう:レオ・バボータに学ぶ

    アメリカのミニマリスト、レオ・バボータの語る、子沢山でもシンプルに生きるコツを紹介。こちらは前半です。

    レオさんも奥さんも、ともに再婚で、連れ子がいたので子供が多いのです。

  • 6人の子持ちミニマリスト、レオ・バボータのシンプルライフの秘訣

    子供がいてもシンプルに暮らすコツ、後半です。

    「クリエイティブに生きようとすれば、もう物はそんなにいらない」という言葉が光っています。

    これは私も常々思うことです。世間並みに、人並みに、隣の人がするから、友だちが買っているから、と横並びに生きていると物はどんどん増えていきます。

  • 「3人子持ち働く母のモノを減らして家事や家計をラクにする方法」尾崎友吏子著の感想。

    スーパー主婦(だと思う)の尾崎さんの著書のレビュー。特に参考になったポイントをピックアップしました。

  • クレヨンを使い切る4つの方法~かわいいクラフトを作ってみる

    子供がいる人は、クレヨンもたくさん余っているのではないでしょうか? 我が家にも娘のお絵かきグッズが大量にあり、どんどん断捨離されていきました。


  • 昔、私が子供の物を増やした話など

    娘が幼い頃、無駄に物を増やしてしまった生活をご披露しています。

  • 主婦が物を増やす3つの習慣とは?~五十路主婦のミニマリストへの道(10) 

    オークションで子供服を買いすぎた話。バカでした。

  • ADHD(注意欠陥他動性障害)の原因と行動の特徴は?汚部屋に関係あるの? ADDの子供の特徴など。

    この記事を書いたら、強烈なクレーム記事が来ました。今となってはいい思い出です。

  • 子どもがいると断捨離は実践できないのか?ミニマリストへの道(13) 

    なぜ子供の物がどんどん増えてしまったのか、当時を振り返っています。

    我が家には、マクドナルドのハッピーセットのおまけと、ダラーストア(カナダの100均)のチープなおもちゃが氾濫していました。

  • おもちゃが大量に家に入っていたのは、断捨離マインドが定まっていなかったから~ミニマリストへの道(14)

    娘は、誕生日パーティで、たくさん人形をもらいました。一時期、ブラッツの人形が30体ぐらいあったような気がします。

  • 収納や整理整頓にはまって断捨離の遠回りをする日々~ミニマリストへの道(16)

    娘が幼い頃、私がどんなふうに子供服を収納していたか、写真付きで紹介。こんなふうにきっちりたたんで収納しても、1日たりとも持ちません。

    子供にはきれいな状態をキープできない非現実的なたたみ方だからです。

    この美しい状態をキープするために、私は毎日、たんすの中を整理し、娘に「もっときれいに引っ張り出すよう」命じたりしていました。

    もちろん、小さな娘(5歳ごろでしょうか)にはそんなことはできません。

    自分の都合で、子供服を増やしておいて、子供にいろいろ注文する困った母親でした。

  • 貧乏主婦のお金をかけない楽しみ(前半)~ミニマリストへの道(46)

    「4.雪の結晶捕獲競争とイエローカー」で、娘とやったお金のかからないゲームを2つ紹介しています。

  • 赤貧主婦のお金をかけない楽しみ(後半)~ミニマリストへの道(47)

    娘と楽しんだ編み物を紹介。私は家庭科が苦手で、裁縫も手芸もしませんが、なぜか娘は手先が器用で、家庭科(Home making)でとてもいい成績をとっていました。

  • 必死で絵はがきの使い道を考える日々:ミニマリストへの道(54)

    古い絵はがきをたくさん持っていたので、まずは子供に消費させてみました。

  • 子供にまつわる記事、まだありますので、そのうちまとめ第2弾を作ります。


    関連記事

    「お気に入り」に登録

    ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

    更新をメールで受け取る

    メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

    このブログの運営者

    筆子

    こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

    このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    アーカイブ

    筆子の本・9版発売中

    オーディオブック(Audible版)も出ました♪
    捨てられないなら要チェック
    1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

    実物の写真つき紹介はこちら
    「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

    このブログの中を検索