ハートの箱

ミニマルな日常

最終更新日: 2024.02.24

おまけや景品の流入を止める方法~ガラクタを増やすライフスタイルをやめる(その2)

ページに広告が含まれる場合があります。

 

ガラクタを増やさないライフスタイルの提案、2回めは、おまけや景品が家に入ってくるのを止める方法です。

再三書いていますが、日本は季節や何かの節目に贈り物を交換する文化があります。

個人的な贈り物だけでなく、販売促進にもちょっとしたものをプレゼントする形が取られることが多いです。

今、キャラクタービジネスが盛んなのも、その背景におまけ文化があると思います。

必然的に、おまけのガラクタが増えます。

1度でも断捨離をすれば、家に、おまけでもらったものが多いことに気づくのではないでしょうか?

おまけの流入をうまくコントロールできれば、ガラクタを減らすことができます。



1.おまけに対する考え方を変える

もしおまけをものすごく好意的にとらえているなら、もう少し客観的にニュートラルに考えてください。

かつて、私もおまけをもらうのが好きでしたが、当時の私は、おまけをとてもいいものだと思っていました。

ただでもらえるし、珍しいし、かわいいし、店では売ってないし。

そんなふうにおまけをポジティブなものだと考えていました。おまけをもらうことイコールうれしいこと、より幸せに近づくことだったのです。

まあ、私の場合は、ただでものをもらったときの「得しちゃった!」という気分(ドーパミンヒット)を求める面が強かったのですが。

ドーナツをたくさん食べて使わない弁当箱を集める不思議:ミニマリストへの道、番外編7

確かに、おまけは売り手側から提示された追加の価値であり、全然期待していなかったのに、かわいい雑貨を差し出されれば、驚きと喜びを感じます。

限定品のように見えるものをもらうのもうれしいでしょう。

しかし、おまけには、ネガティブな側面もあります。

まず、ここで問題にしているように、家の中でガラクタになってしまいがちなこと。

そのため、ゴミを増やすこと(環境によくない)。

価格の隠れた上昇もしくは製品の質の低下を促すこと(企業は採算の取れないおまけの頒布はしない)。

そしておまけをもらった喜びは、買い物と同じでひじょうに短い時間しか続かないこと。

こんなふうにおまけにはいい面も悪い面もあります。

昔の私のように、おまけやサンプルのガラクタを作ってしまう人は、おまけの問題点も考え合わせ、おまけを諸手を挙げて歓迎しないマインドセットを養ってください。





2.自分のニーズとウォンツを知っておく

ニーズとは、自分が生きていくのに必要なもので、ウォンツはそれ以外のただ単に「欲しいもの」です。

ニーズ(必要なもの)とウォンツ(欲しいもの)に敏感になる:知らないうちにお金が貯まる行動案(その6)

ニーズとウォンツの把握に努めると、無駄遣いが減りますが、無駄におまけをもらうことも防止できます。

なぜなら、おまけが、ニーズであることはまずないから。ニーズでないものは無料でも、もらわないというポリシーを打ち立てれば、おまけという名のガラクタは増えません。

日本に住む多くの人は、ニーズは自分でお金を払って手に入れるはずです。ただでもらえるものは、すべてウォンツ、あるいはウォンツですらないかもしれません。

中には新聞販売店のくれるビール券や商品券、洗剤、ラップなどを100%期待して、生活に使っている人もいるかもしれません(おまけでもらえるから、これらを買う予算は計上しない)。

その場合は、おまけをもらう意義があるでしょう。

しかし、こうした意図的なおまけの獲得をするためにも、ニーズとウォンツを把握する必要があります。

常日頃から、自分のニーズとウォンツを考えておいてください。

3.断れるようにする

おまけや粗品、景品の流入を止めるのにいちばん効果的なのは、断ることです。

しかし、この断ることが苦手な人が思いのほかたくさんいると、読者のお便りを拝見していて気づきました。

まあ、断るのが好きな人なんていないでしょう。

人間は社会やコミュニティを形成して暮らしているので、周囲の人とは、良好な人間関係を保ちたいと思っていますから。

おまけの受け取りだろうとなんだろうと、相手の意向に沿わない選択をするのは心苦しいのが普通です。

この記事では、企業の販促品を話題にしていますが、個人的な贈り物を、いらないのに断るのがいやだから、とりあえずもらってすぐによそに回すか、売るという選択をする人もたくさんいます。

しかし、不用なおまけや景品をもらわないようにしないと、ガラクタを増やすライフスタイルは改まりません。

もし、断るのが苦手なら、ちゃんと断ることができるようになってください。

断るのは、そこまで難しいことではなく、実際にやるかやらないかの違いです。

勇気を出して断ってみたら、意外と簡単だった、というメールをくださる読者はたくさんいます。

基本の断り方は、「ありがとうございます。でも、今は必要ないのでけっこうです」でいきましょう。

気持ちはうれしくありがたいと伝え、しかし、おまけそのものは不用だとしっかり伝えます。

いらない理由を言う必要はありません。

あなたはおまけを受け取る義務はありません。それを受け取るかどうかは、自分で選択できます。

断り方は過去記事にたくさん書いているので、ひまな時に、少しずつ読んでください。

断り方~断ることが苦手な人に読んでほしい記事のまとめ

ポイントは

手間を惜しまないこと

家の中に入ってくるDMやカタログ、粗品を止めるのは手間がかかります。めんどくさいからそのままにしておきたいと思うかもしれません。

でも、この手間を惜しまないでください。1回の作業時間を15分ぐらいに設定して、少しずつ山を崩していきましょう。

断るのは1回ですみます(普通は)、しかし、断らなければ、これからえんえんとおまけが入ってきて、ずっと断捨離をしなければなりません。

嫌われたくないと思わないこと

おまけを断れない人は、「おまけはいらない」という自分の気持ちより、相手の機嫌を優先します。

相手の機嫌を損ねると、何かとてつもなく困ったことが起こると思っています。

つまり、自分は嫌われてしまうと心配しているのです。

そもそも、おまけを断ったぐらいで嫌う人なんていません。相手は仕事でおまけを差し出しているだけです。店側にとっては、商品を買ってくれる人が一番ありがたいお客です。

百歩ゆずって、本当に嫌われたとしても、おまけを断ったぐらいで誰かを嫌うような人間と親しくする必要はありません。

4.傾向を分析して事前に防ぐ

買い物と同じで、おまけにももらってしまう機会やおまけがたくさん入ってくるルートがあるはずです。

どこからおまけがたくさん入ってくるのか、傾向を分析して、事前に防ぎましょう。

私は、昔、通販のおまけをたくさんもらっていました。購入金額に応じてもらえるおまけです。

通販で買い過ぎて貧乏になる人:ミニマリストへの道、番外編3

昔はインターネットなどなかったので、ハガキで注文していました。

このハガキに、「おまけは辞退します」という選択をする欄があったかどうか?

たぶん、ないでしょう。皆、おまけ目当てで注文していたようなものですから。

しかし、環境問題が取り沙汰されるようになった今は、カタログやおまけを辞退できる項目があるだろうし、なければ、向こうに電話して、入れてもらわないようにすることもできます。

ほかにもおまけの入ってくるルートはいろいろ考えられます。

化粧品の訪問販売で必ずサンプルをもらうとか。訪問販売は、相手に直接断ることができるので、一番断りやすいおまけです。

ポスティングなら、ポストにおまけ不用の断りを明示します。

チラシ、フリーペーパーお断りのステッカーを貼っているのに投函される情報誌の対応は?

新聞の折込チラシが増えてガラクタになっているのなら、新聞はデジタルで読む。

通販の箱におまけが入ってくるなら、その店に電話して断る。

街頭配布なら、直に断る。

施設内配布も直に断る。

イベント開催のブースなら、持ってこない。

いつも読んでいる雑誌にいらない付録がついてくるなら、図書館や喫茶店で読むか、デジタルで読む。

傾向を知るためには、まず現状を調べなければなりません。しばらくの間、おまけや景品のたぐいをもらうたびに、記録してください。

おまけ関連記事もどうぞ

付録やおまけの使い道に困るのは、本質的にいらない物だから。

おまけ、粗品、景品を捨てる:プチ断捨離47

おまけにつられて物を増やす人:ミニマリストへの道、番外編4

おまけにひそむワナ。物をもらうと無駄な物が増えるばかり。

いらないサンプルや販促品を店で上手に断るには?

断捨離の天敵、無料サンプルや値引き品の誘惑に打ち勝つ5つの方法

不用品を増やしたくないなら、無料、半額という言葉になびいてはいけない理由。

無料プレゼントをほしがる気持ちが貧乏神を引き寄せる

■この続きはこちら⇒続・おまけや景品の流入を止める方法~ガラクタを増やすライフスタイルをやめる(その3)

■初回の記事はこちら⇒ガラクタを増やすライフスタイルをやめる(その1)~暮らし方を見直せば、リバウンドしない。

****

おまけを増やさないコツを紹介しました。ほかにも方法があるので、次回、紹介しますね。





ノートを書く手元モーニングページがもたらした心の静寂~読者の体験。前のページ

断って、いらない贈り物のプレッシャーから解放された。次のページ贈り物の交換

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  3. 新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」3月14日発売のお知らせ(現在予約受け付け…
  4. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  5. ムック・8割捨てて二度と散らからない部屋を手に入れる、発売しました。

関連記事

  1. 赤いスカートを持っている人

    ミニマルな日常

    実家が衣料品店。帰省するたびに服を買わされ、困っています。

    実家が衣料品店だから、帰るたびに、服を買うことになり、服が増えて困る、…

  2. 洗濯物

    ミニマルな日常

    日々のリセットをして「ぱなし癖」と縁を切る~汚部屋になってしまう前に。

    部屋を散らかさないために有効な、日々のリセットポイントを9つ紹介します…

  3. 写真を撮る女の子

    ミニマルな日常

    捨てたいけど捨てられないものを写真に残すとどんな効果があるんですか?

    かわいいものを手放すのに苦労しているマカロンさんから質問をいただいたの…

  4. 希望

    ミニマルな日常

    野望ガラクタを手放すために物じゃない何かに希望を見つける方法。

    断捨離中の人が捨てにくいと感じるものの1つに、野望ガラクタがあります。…

  5. 朝のコーヒー

    ミニマルな日常

    モーニングページを書き始めて本当によかった。

    シンプルな生活を心がけている読者のお便り紹介です。今回は、モー…

  6. 買い物している若い女性

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,824人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 着物の査定
  2. 子供のものを整理する母親
  3. 引き出しを片付ける
  4. 写真の整理
  5. 飛び立つ鳥
  6. 引っ越しした直後の女性
  7. カラーボックスの中を片付けている女性
  8. 帯
  9. 物が多すぎる部屋
  10. ノートブック

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 仕事する人
  2. 食器棚(ドールハウス)
  3. 甘い飲み物
  4. お絵かき
  5. 日記を書く
  6. 新聞紙の束
  7. 笑顔
  8. 買い物好き
  9. 瞑想
  10. 会話している女性

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP