古い物

実家の片付け

何10年も誰も使っていないものを捨てられない母~実録・親の家を片付ける(19)

長年一人暮らしをしている81歳の母の物を一緒に断捨離した体験を書いています。今回は、母が古いものをなかなか捨てなかった話です。

具体的にはライターと掛け軸とかるたです。

ライターは断捨離してもらいましたが、掛け軸とかるたはまだ実家にあります。

古いものはなかなか捨てられないようです。

しかし、「捨てられない」というのは本人の思い込みにすぎません。

「これ使ってないし、捨てたほうがいいかな」と思うとき、すでにそれは、その人の人生にとっていらない物になっています。

ところが、いざ捨てようとすると、人は勝手にその物にまつわる物語を作ってしまうのです。



古いものほど捨てられない理由とは?

会社で、古くからいる従業員がやめるのと、先月入ったばかりの人がやめるのとでは、周囲の人の感情に与えるインパクトが違います。

しかし、これは相手が「人間」だからです。

物は単に物だから、人との別れとは違います。ところが、私たちは、物にも人間に対するのと同じような執着心を持ってしまいます。

自分の人生にとって何かとても大切な思い出がある品物ならそれもわかります。

しかし、ずっとしまいこんで忘れていたものでも、いざ捨てようとすると、それが大切なものであるかのような、物語を作ってしまうのです。



断捨離中に、損得を考えてはいけない

捨てられない人は、「これを捨ててしまうと、今度、要るとき困る。そのときにまた買うとお金がもったいない」と思います。

これこそが物語です。「今度これが必要になる時が来る」とか「必要なときに、お金を出して買うと、ふところが痛む」なんて、勝手に頭で作りあげているのです。

今、手にしている物は、ついさっきまで自分にとって関係のなかった物なのに。

人間は損をするのが嫌いだから、「捨てると、必要になる」なんて物語を作るのです。

人は得をした時より、損をした時のほうが、よけいダメージを感じます。これを損失回避といいます。

損失回避という心理について、以前こちらに詳しく書きました⇒物を捨てられないのは恐怖のせい~損失回避と、授かり効果の心理をさぐる

損をするのに敏感になりすぎて、より得をしそうなチャンスには見向きもせず、小さな利益を確保しようとするのです。

そうして結局損をします。損したくないと思っている人ほど、どんどん損をするのです。

断捨離中もこれと同じことが起きています。

買っても千円ぐらいしかしない全然使っていない置き時計を、「いつか今使ってる時計がこわれたときに使えるかも」と思って手放しません。

ほかの雑貨もみんな、「いつか使えるかも」と考え、全部手元に残します。これでは部屋の中はまったく片付きません。

いらない物なのに、捨てようとすると、いきなり「損したくない」という心理が働きます。捨てるのは損だという物語を言い訳に、断捨離できなくなるのです。

断捨離中に、すぐに「もったいない」と思ってしまう人は、このさい、損とか得とか考えないほうがいいです。

そのほうが長い目で見て得です。

私の母も、捨てるときに、いちいちありもしない損失について、自動的に考えているようでした。

☆実家の片付けシリーズを最初から読む方はこちらから⇒実録:親の家を片付ける(1)~まずは自分のものをどんどん捨てる

古いライターはなんとか捨ててもらった

ライター

48年前から家にあったライター

このライターは実家の応接間にありました。

実家は、昭和42年(1967年)に父が建てたものです。その年のお正月にはもうできあがっていて、始めは、父方の祖父と祖母が住んでいました。

私たちは学年が終わるのに合わせて3月に入居しました。

だからこのライターは、48年前からこの家にあったことになります。

子供のころ、ときどき応接間に入って、ソファに寝転んだり、ライターをカチカチして遊んだことを覚えています。

私が中学にあがる時、応接間は私の部屋となりました。その時、このライターは座敷の天袋にしまい込まれました。

44年前です。44年間、ライターは誰もさわらず、静かに天袋の中で眠っていたのです。

そんなライター、即捨てですよね?

しかし、母はなかなか捨てようとしませんでした。

その理由とは?

このライターは、新築祝いにいただいたものだからです。

しかし、母は誰からもらったのかは覚えていないのです。

でもいただきものだから捨てられないというのです。

人からもらったものを捨てるのは別に悪いことではありません。贈り物の使命は、ありがたくもらったときにほとんど終わっています。

送り主も、44年間、天袋にしまってもらうために送ったわけではないでしょう。少なくとも、最初の4年間は使ったのだし、捨てて何の問題もありません。

そう言って、母を説得しました。

贈り物が捨てられない人はこちらを読んでください⇒罪悪感を感じる必要なし、人からもらった贈り物を捨てる3つのコツ

☆実家の断捨離、次は番外編です。読者の方の質問にお答えしました⇒物をためこむ母親にスッキリ断捨離してもらう方法。実録・親の家を片付ける番外編

先祖代々の品はすべて取っておくべきか?

ライターの断捨離は成功しましたが、母は掛け軸とかるたは捨てませんでした。

掛け軸はもしかしたら、また使うかもしれません。しかし、かるたを誰かが使う可能性は万に1つもないでしょう。

この2つ、祖父にもらったものだそうです。またしても贈り物です。

しかし、このプレゼントは出どころが祖父なので、ライターとはちょっと違います。

人によっては先祖代々の品、というふうに解釈するかもしれません。

しかし実際のところ、掛け軸もかるたも、祖父がこの家に来た時に使い、そのまま置いていったものなのです。

それは先祖代々の品とか、形見とは言えません。

その点を説明してみましたが、母は納得しませんでした。

百歩譲って、掛け軸とかるたが、先祖代々の品物だとしましょう。確かに先祖代々の品は大事です。しかしそれは、先祖から伝わるものがほんの少しの場合です。

1着の着物や婚約指輪1つを何世代にも渡って使うのはいいと思います。

しかし、そのほかにも、急須と茶碗のセットとか、花瓶とか、仏壇とか、絵画とか、お琴とか、茶箪笥とか、たくさんあったら話は別です。

昔、先祖から伝わる品が大事にされたのは、その数がほんの少しだったからです。

物はたくさんあると1つ1つの価値がどんどん下がってしまいます。世代から世代へ伝える品も、ミニマムだからこそ、伝える価値があるのです。

このようなことを、母に、もう少し平たく説明しました。残念ながら、掛け軸とかるたの断捨離はかなわず。

この2つは今度里帰りしたとき、再チャレンジしようと思っています。

人に無理やり物を捨てさせるのはよくないですからね。





ピックアップ記事

  1. プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。
  2. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 服を断捨離

    実家の片付け

    洋服が捨てられない母をこんなふうに説得した~実録・親の家を片付ける(16)

    昨年の夏、母と一緒に実家で断捨離した様子を綴っています。今回は母の洋服…

  2. クローゼット

    実家の片付け

    危険!収納場所が多すぎると物はどんどん増殖する~実録・親の家を片付ける(17)

    家の中に、物を収納する家具が多すぎると、確実に物が増えてしまう実例を写…

  3. 古い家

    実家の片付け

    実家の断捨離やリフォームに態度をはっきりさせない兄にもやもやする。

    老朽化している実家の断捨離やリフォームを計画しているが、実兄が態度をは…

  4. 薬を飲む人。

    実家の片付け

    何年も溜め込んでいる古いものを捨てる:プチ断捨離21(実家の断捨離編)

    ちょっとしたすきま時間に取り組める『捨てプロジェクト』を紹介するプチ断…

  5. 高齢者

    ミニマム思考

    生前整理のススメ~すべてを遺品整理に回すより、少しでも生前整理をしておくべき理由とは?

    大型連休が始まりました。この連休中、少し断捨離しようと思っている方も多…

  6. ミニマルな日常

    その「思い出の品」は本当に思い出の品なのか?~実録・親の家を片付ける(2)

    筆子が実家の片付けをした体験をつづっている、「実録・親の家を片付ける」…

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

407人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事です♪

  1. 子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回…
  2. どんなふうに服を断捨離していったか?:ミニマリストへの道(1…
  3. 大々的に変えようとしないこと。小さな習慣から始めよう(TED…
  4. 私がせっかく断捨離した物を母親が使っているのでモヤモヤします…
  5. テレビを捨てて、断捨離が終わりました(読者の捨て体験紹介)。…
  6. 思い出の品を捨てるのが苦手な人は、こんなふうに考えてみては?…
  7. シンプルに暮らすために余白を取ることを意識したい7つのもの。…
  8. 楽しいはずのことが楽しいと思えない。毎日が楽しくない。こんな…
  9. あれもこれも必要だから買う!この気持を手放して、無駄遣いをや…
  10. 上手になりたいと思っていることをきっちり上達させる方法(TE…

今日のおすすめ記事

  1. リサイクルビン
  2. 引っ越しの箱
  3. 断捨離
  4. シンク下の収納スペース
  5. 白いタンス
  6. テーブル
  7. プラスチックカップ
  8. サザエさんうちあけ話
  9. ノートに書く
  10. ぬり絵

過去記事、たくさんあります♪

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪

捨てられない人は要チェック

1週間で8割捨てる技術

⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

筆子のおすすめ記事

  1. 多すぎる服
  2. 若い女性
  3. 眠り
  4. きれいな部屋
  5. 『モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術 』
  6. 健康的な食事
  7. 若い女性
  8. ヘアトリートメント
  9. 蚊
  10. お金がない人。
  1. 捨てられない人。

    断捨離テクニック

    片付けがうまくいかないときチェックしたい7つのポイント。
  2. 服を買う女性

    お金を貯める

    お金を貯めるのを助ける3つのマインドセット。節約の小技をがんばっても貯まらない。…
  3. 裸足

    ミニマリストになるために

    初心者でも大丈夫、ミニマリストになる2つの方法はこれ
  4. 物はいらない

    ミニマム思考

    お金をかけず、物を増やさず、シンプルにクリスマスを祝う方法
  5. 散らかるおもちゃ

    特集・まとめ記事

    子供の物を捨てたいママに。子供と楽しむシンプルライフに関する記事のまとめ(1)
PAGE TOP