クローゼット

ファッションをミニマルに

最終更新日: 2017.08.4

あなたの家に1度も着ない服や使わないバッグがたくさんある5つの理由。

ページに広告が含まれる場合があります。

 

着ない服や使わないバッグを買ったり持ち続けるのは明らかな無駄遣いです。

しかし、使わない物を持っている人はたくさんいて、かつての私もその1人でした。

なぜ、使わない服やバッグが家にあるのか? その理由を5つ紹介します。理由を解決すれば物を使う率があがり貯金も増えるでしょう。

私が思う理由は以下の5つです。

1.セールで買う(値段にフォーカスしすぎ)
2.現実に根ざした意志決定をしていない(幻のライフスタイルを追っている)
3.準備がよすぎる
4.着ない服・使わないバッグをいつまでも持ち続ける
5.その服を大事にしすぎる

順番に説明します。



1.セールで買ってしまう

私が着なかった服の大半は、服そのものではなく、価格にフォーカスして買ってしまった衣類でした。

もともと貧乏性なので、少しでも値段が下がっていると、「お得だ!」と思って買うほうだったのです。

金銭的余裕があまりなかったころも、プチプラの服を探して買っていました。「お得だ!」と思いながら。

しかし、値段を気に入って買った服は、あまり出番がありませんでした。色が自分好みでなかったり、サイズが微妙に合っていなかったり、他の服と組み合わせるのが難しかったからです。

それは仕方がないことです。

どんな服にもいいところと悪いところがあります。完璧な服はありません。

ところが、値段第一で選ぶとき、悪いところを見て見ぬふりをしてしまうのです。

私にとって、そこまで「セール品」は魅力的なのでした。

かくして、「お得だ!」と思って買った服は、ほとんど出番がなく、何年かたってから断捨離されていきました。セール品はお得ではまったくなく、大きな損失をもたらす商品だったのです。

私はこの現実に薄々気づいていたものの、自分の愚かさを認めたくなくて、「お得な服」を買い続けていました。

「セールで買うのはかえって損である」と心底気づいたのは、ミニマリストになってからです。

もちろん、ある商品の購入を決めるとき、値段は考慮すべき重要なポイントです。ですが、そこだけに光をあてすぎると、判断をあやまってしまいます。

セールで買わないほうがいい話⇒安売り好きに伝えたい、セールで物を買うとお金が貯まらない4つの理由。

2.現実に根ざした意志決定をしていない

自分の現実を無視して買った服も、あまり活躍しませんでした。

厳寒のカナダに住んでいるのに、温暖な日本で冬用ジャケットやブーツを買ってしまい、活用しきれませんでした。夏や秋に着用すればよかったのですが、その季節に着るものは別にあるため、出番がなかったのです。

要するに数が多すぎたのでしょう。

充分数があるのに、補充してしまうのも全く現実的ではありません。

買物が楽しいのは「夢を買う」行為だからかもしれません。

これを買って着たら、もっともてるかも、人から素敵と言われるかも、もっとおしゃれなママになるかも、もっと素敵なライフスタイルになるかも、などと思いながら、人は新しい服を買います。

そこで思い描いている世界は、完全な幻。ファンタジーとかフィクションの世界です。

さっそうとスポーツをしている自分。

南の島で休暇を楽しんでいる自分。

カクテルパーティに招かれている自分。

仕事がとってもできる自分。

ところが、実際にその服を着るのは、現実世界に生きている自分です。本当の自分は、幻の世界用に買った服を着ることができないのです。

女性の多くは、ワンサイズ小さめを買う傾向があると聞きます。

無意識のうちに、小さな服を買えば、やせた自分になると思っているのです。

しかし、どんなに小さな服を買ってもやせないため、小さなサイズの服は、新品のままクローゼットにいつまでもぶらさがっています。





3.準備がよすぎる

準備がよすぎて、起こる可能性が少ないできごとに対応するために服を買うと、着ないままタンスの肥やしになりがちです。

以前、「冠婚葬祭用にあったほうがいいよね」と黒いワンピースやアンサンブルを数着買ったことがあります。楽天の購入履歴を見たら、2007年~2008年にぽつり、ぽつりと買っていました。

履歴の中に、350円のスカートがあったので、1番で書いた「値段にフォーカスしすぎていた」という理由もあったでしょう。

結局着なかったので寄付しました。

考えてみると、カナダに着てから、多少フォーマルな服を着るべきだった場面は、5回ほどしかありません。そのときは、OLの頃に着ていたスーツなどで対応し、それで問題なかったのです。

出かけるシチュエーションや荷物の量に応じて、バッグをたくさん買いすぎたこともありました。

荷物が多いときはバックパック、それより少ないときはショルダーバッグ、もう少し少ないときはポシェット、両手を開けたいときはウエストバッグ、という具合です。

しかし昔の私は、出かけるとどんどん荷物が増える傾向があり、結局、「バックパックでよかった」ということが多く、ウエストバッグはあまり出番がありませんでした。

しかもウエストバッグが2つもあったのです。

今はショルダーかバックパックで対応できています。

現在の私のバッグ⇒バッグだけ見てると30代ミニマリスト?レディースではなく男女兼用タイプが好みです

4.着ない服・使わないバッグを持ち続ける

ほとんど着ない服やあまり使わないバッグが、いつまでも家の中にあるのは、捨てないからです。

本当は、使わない物は家にあるべきではないのです。特に私の家にはたくさんありました。

もともと、同じ服や同じバッグを何回も使うのが好きなほうだからです。

時々クローゼットの整理をして、ちっとも着ない服や使わないバッグがあることには気づいていましたが、なかなか捨てませんでした。

「いつか着るかもしれない」という言い訳は、いざ捨てようとしたときに、頭の中によぎった考えです。

ふだんは、そんなことも思いません。というのも、手放すことより、そのままにしておくほうが断然ラクだからです。

何も考えなくていいし、無駄な買物をした現実に直面しなくてすみます。捨てる痛みを感じなくてすむし、いらない服を探して取り出して寄付箱に入れる作業も発生しません。

現状維持はとても簡単だったので、数年そのままにしていました。

本当は、着ない・使わないとわかった段階で、処分を検討するべきでした。処分を後回しにした服がたまりすぎて、ようやく、「クローゼットの中がごちゃごちゃである現実」に気づきました。

その後、断捨離しました。

「断捨離しました」とさらっと書いていますが、多大な時間と体力と心のエネルギーを費やしています。

1つひとつが不用になった段階で、「なぜ着ないんだろう?」と考え、今後の対策を立てていれば、その後の大々的な断捨離は発生していなかったはずです。

なんでもためるとあとが大変です。

5.大事にしすぎる

そのアイテムを気に入りすぎて、大事にしすぎると使うことができません。

「使うのがもったいない」という状況です。

たとえば、白いトップス。着れば絶対シミがつきます。

麻のブラウスはしわくちゃになります。

そこで、「汚したくないから特別な時に着よう」と思います。しかし、特別な時はなかなか来ないので、白いトップスはクローゼットの中で次第にくすんでいきます。

私はシールやメモ帳も、使うのがもったいなくて何十年も持っていました⇒くさらない物も賞味期限を過ぎればガラクタ~もったいなくてシールが捨てられなかった愚か者の独白

使うために買ったのに、もったいなくて使えず、支払ったお金を無駄にする。それが私でした。

「2度と手に入らないかもしれない」と恐れて、同じものを複数買ってストックするのも、そのアイテムを大事にしすぎる行為だと思います。

複数買いの心理⇒同じ洋服を色違いで買ったり似たようなアイテムを複数買いする心理とは?

けれど、相手は服や靴なのです。この世の中はそんな物よりもっと大事なものがあるのではないでしょうか?

服は着てなんぼ、靴は、はいてなんぼです。

買ってすぐに使ってみると活用できるかもしれません⇒物をためないコツ。「買ったらすぐに使おうルール」のすすめ

*********

あまり使わなかったものを捨てながら、以上のような学びを得ました。

本当に必要になった時に買いに行くと、ある程度失敗は防げます。あとは、全体的に数を減らすことです。

すると使うものしか買わなくなるので、結局節約になります。





白と黒なんでも白黒つける考え方をやめるススメ。思い込みを手放して可能性を広げるには?前のページ

収納できているからいい、と現状維持を決め込むと息苦しくなるだけ。次のページ引っ越し前に出したゴミ

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  3. ムック・8割捨てて二度と散らからない部屋を手に入れる、発売しました。
  4. 新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」3月14日発売のお知らせ(現在予約受け付け…
  5. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…

関連記事

  1. コサージュ

    ファッションをミニマルに

    ママスーツを断捨離するかどうかずっと迷っています←質問の回答。

    子供の入学式用に持っているママスーツを手放すかどうか、迷っています。ア…

  2. スーツケースに入れた靴とシャツ

    ファッションをミニマルに

    着ない服ばかり買ってお金を散財する生活から抜け出す方法。

    ちゃんと着る服だけを買う人になる方法を5つ紹介します。物理的な…

  3. 太陽の光

    ファッションをミニマルに

    私の強力な紫外線対策5つ:ユニクロのUVカットパーカはマストアイテム

    日差しが気になる季節になってきました。今回は50代節約系ミニマリスト主…

  4. 洋服の山

    ファッションをミニマルに

    いらない服の見つけ方~洋服を捨てる勇気が出ないあなたへ。

    もういらない服を発見する具体的な方法を6つ書きます。「服を大量…

  5. 服の買い物

    ファッションをミニマルに

    同じ洋服を色違いで買ったり似たようなアイテムを複数買いする心理とは?

    人はなぜ同じ服を何着も買って服を増やしてしまうのか?色違いや重…

  6. 若い女性

    TEDの動画

    服を使い捨ててはいけない。着ているものがあなたの生き方を表している(TED)

    ろくに着ない服をたくさん買っては、クローゼットにためこむ癖を手放したい…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,823人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 収納しすぎてかえって片付かなくて困っている女性
  2. 自分を許す女性
  3. Tシャツにジーンズ姿の女性。
  4. 買い物日記をつけている人
  5. 贈り物をいっぱいもらって困っている女性
  6. 服を買っている女性
  7. 文房具が散らかったデスクで仕事をする女性
  8. モーニングページを書く女性
  9. 自信がある女性
  10. 自分の車で引っ越す女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. たくさんの服
  2. 考えごとをしている人
  3. ウォーキング
  4. クリスマスのテーブル
  5. 買い物中の人
  6. 2023年から2024年へ
  7. 寝室
  8. 卒業アルバム
  9. もう捨てるもの
  10. 海辺に1人。

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP