シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

西式甲田療法で健康とダイエットのために朝食を抜くはずが夕食を抜く日々



昨年の秋ぐらいから、朝ごはんを食べない、西式甲田療法という健康法をやり始めました。

これはダイエットも兼ねてます。間食もせず、生野菜や果物をたっぷりとるローフードダイエットに似ている食事法です。

最初はわりとうまく実践できて、体重もどーんと減ったのですが、4、5ヶ月したら、やたらとおなかがすくように。そこで、間食が始まり、甘いものや、加工食品もちょくちょく食べるようになり、さらにナッツを爆食する、という日が続きました。

以前も書きましたが、私はナッツが大好物なのです。
こんなふうに⇒ナッツを食べ始めると止まらない病

体重も半分ぐらい戻りました。いわゆるリバウンドです。

時々、「これではいけない、また仕切り直しだ」、と思い、若干仕切り直すものの、もう始めたころのような、厳格な朝食抜き生活に戻れなくなっていました。

最近は、1日ほぼ2食なのですが、朝、やたらと食べて、夕食を抜くというパターンです。自分でも知らないうちに、気づいたら、そうなっていました。

朝、グレープフルーツやりんごなどの果物を食べ、ついでにナッツをばくばく。お昼もナッツをばくばく。すると、ナッツは消化が悪いのか、明らかに食べ過ぎなのか、夕方になってもおなかがすかないのです。そこで夕食を抜きます。

すると、翌朝、おなかがすいているから、またグレープフルーツを食べ、ナッツを食べ、さらにそのへんのものを食べる、という変な食習慣が身についてしまいました。

朝ごはん抜きやローフードの食事法では、朝は排泄の時間帯なので、なるべく食べないほうがいいのです。食べるとしたら果物や青汁のような軽いもの。

そこで、2,3日前から、たとえおなかがすいてなくても、夜しっかり食べるようにしています。きのうまでは朝、ナッツをばくばく食べていましたが、ナッツそのものがなくなりましたので、徐々にまた、朝ごはんを抜く生活に戻して行こうと心がけています。



参考にしている西式甲田療法の本には、「病気になるのは、食べ方に悪い癖がついているのだから、まずはその癖を徐々になおしていきましょう」、とあります。

参考にしている本は、マンガで「西式甲田療法」を説明した本です⇒マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)

さて、ここにポイントが2つあります。

1.悪い癖を直す
2.徐々に直す

私、両方とも押さえることができていませんでした。

1.悪い癖を直す
朝食抜きをして悪い癖を直すつもりが、なぜか、今は、夕食抜きで、朝とお昼にナッツなどを食べ過ぎる、とっても悪い癖がついてしまっています。

2.徐々に直す
思えば、朝食抜きを始めたとき、一気に1日2食にして、ほかにも間食なし、甘いものなし、食事はなるべくローフードと、それまでの食事とがらっと変えたので、性急にやりすぎたようです。

この失敗をふまえ、今度は、あまり急ぎ過ぎず、無理のない形で、また朝食抜き生活に戻していく予定です。

食欲のコントロールは本当に難しいです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter