読書

ミニマルな日常

シンプルな生き方をするために実際に私がやっている7つのこと。

シンプルな生活をするために、私がやっていることや心がけていることを7つ紹介します。

まず、シンプルな生き方とは、どんな生き方なのか、そこから説明しますね。



シンプルな生き方ってどうすること?

シンプルな生活といっても、人によって定義はいろいろだと思います。

私の場合、自分の価値観にそった生活が、シンプルな生活です。

自分が大事にしたいことを優先するために、どうでもいいもの、どうでもいいこと、余分なもの、邪魔になるものは捨てる、または選ばない生活と言えます。

どうでもいいものをたくさんかかえこむこと、大事にしたいものに使うリソース(時間、エネルギー、スペースなど)がなくなります。

私が大事にしたいものとは、健康で、人間らしい生活、自分の好きなことをする生活です。

レス・イズ・モア(Less is more)の真の意味とは?何もない部屋に住むことがミニマリストの目的ではない

人がいいといったものではなく、自分がいいと思ったものを取り入れる生活も、シンプルライフと言えるでしょう。

では、以下は、シンプルライフになるために、私が意識していることです。





1.優先順位を考える

行動するとき、何を最優先するか、それを最優先するために、どうしたらいいか考えるようにしています。

まあ、毎日、そんなことを考えているわけではありませんが、何かを選ばなければならないときなど、いまの優先順位って何かな? と考えることはよくあります。

それをすることによって叶えたいゴールは何なのか?

いま、もっとも大事にすべきことは何なのか?

こんなことを考えます。

さらに、短絡的なゴールや喜びを追い求めるのではなく、長期的に自分のためになることを選ぶようにしています。

すぐに得られる快感や喜びを、いつも追い求めていると、長い目でみると自分のためにならないことがたくさんあります。

短絡的でお手軽な満足(インスタント・グラティフィケーション)のワナから抜け出すすすめ。

優先したいものは、1つではないので、バランスを取ることも重要ですね。

2.余白を作る

余白、または何もないスペース、白い時間、白い壁、そうしたものを作るようにしています。

いま私が住んでいる家はリビングルームの壁面が1つだけ白い板張りで、ほかは全部白い壁です。家全体の壁のうち、私が、何かを貼るのに使っているスペースは、25センチX25センチ四方です。

以前は、冷蔵庫やフリーザーの扉にマグネットを貼ったり、家中の部屋にカレンダーを貼ったりもしました(カレンダーをたくさんもらってしまったから)。

壁面にものをべたべた貼ると、視覚的なストレスが増えるので、いまは何も貼らないようにしています。

リビングルームには、夫が変な額をかけているので、スッキリしているとは言えませんが、自分ひとりだったら何も貼りません。

物を収納するスペースにも、ぎっしり入れません。「なんか、満杯だなあ」と思ったら、少し間引きます。

ふだんのスケジュールも、あまり詰め込まず、余裕をもたせるようにしています。

シンプルに暮らすために余白を取ることを意識したい7つのもの。

3.できるだけエコな暮らしをする

できる範囲で環境にいい暮らしをするようにしています。

買いすぎなければ、エコな生活につながります。

特に私が気をつけているのは、食品を買いすぎないこと。買ったものをだいたい食べきってから新しいものを買います。

今週の水曜日が、食品が届く日なので、いま、パントリーも冷蔵庫もわりと余裕があります。

ふだん食べる食品の種類をしぼるのも、シンプルライフに役立ちます。

さきほど、フリーザーの中を見たら、容量の9割を、夫の食品が占めていました。

カナダには、フローズンジュースという、ジュースを凍らせたものが売られています。ジュースが入っている容器(厚紙)の3倍の水で薄めて飲みます。

フローズンジュース

これが6つも入っています。

夫しかジュースを飲まないから6つもいらない、と思います。

夫は、ほかにもいろいろ飲みます。牛乳、コーヒー牛乳、清涼飲料水(スパークリングウォーターやコーラ)、アルコール、コーヒー、紅茶、水。

冷蔵庫にはミルク(4リットル入り)や、コーヒー牛乳、ビールやスパークリングウォーターの缶がいくつか入っていて、混み合っています。

私は、水とハーブティ(茶葉)しか飲まないので、そんなにスペースは必要ありません。

すぐにできる環境にやさしい生活、5つのアイデア。

ゴミを出さないことを意識するのも、買いすぎ防止に役立ちます。

買え買うほどゴミが増えますから。

ゴミを出さないことを意識すれば暮らしは自然にシンプルになる。

4.ルーティンやリズムを重視

ふだんの行動はある程度ルーティン化して、リズムにのってやっています。

どんなに物を減らしても、管理すべきことやものは、ゼロにはなりません。掃除もずっと続ける必要があります。

ブログの管理1つとっても、けっこう大変です。以前は、メンテナンスする時間をとっておらず、トラブルが起きたときや、なにかで差し迫ったときに、集中的に(更新を休んで)、ストレスを感じながら、行っていました。

いまは、週に1度、2時間半、メンテナンス用の時間を設定しています。

ルーティン化しておくと、やることをためすぎて、あとで苦しむことを回避できるし、重要な仕事を忘れることもありません。

ルーティンのよいところ⇒ルーティン:習慣、練習、儀式の思いがけないパワー(TED)

5.よくばらない

いついかなるときも、よくばらないことを心がけています。

私が、不用品をたくさん持っていたのは、「よくばる気持ち」「けちくさい考え」「損したくないという気持ち」が強かったからです。

その結果、付録めあてに、いらない雑誌を買い、買ったあとも、使いにくい付録をなんとか使いこなそうと、時間やエネルギーをそそいで、肝心のこと(大事にしたいこと)をする時間がなくなりました。

もう2度と汚家にはならない。初心者向け31日かけて身に付ける片付け習慣(4)

おまけ欲しさに、フェリシモで、べつに必要でない物を注文して、本体、おまけ、両方をガラクタにしました

家の中に、ガラクタがたくさんあるなら、どうしてそうなったのか考えて、ためこむ行動のもとになったマインドセットを変えると、たまらなくなります。

私には、「たくさんもらえば得だ」「おまけをたくさんもらったほうがいい」という考えがあったのです。

そういえば、以前、読者の方から、美容院に行くたびに、髪を切りすぎて、気に入らない髪型になっていた、というメールをもらったことがあります。

この方は、「お金を払っているのだから、ある程度、切らなければ損だ」と思っていたそうです。

損得にこだわるのをやめると、もっとシンプルに暮らせます。

人一倍、損得勘定にこだわる人が、不用品を手放す気になる方法。

6.拡大しない、縮小する

仕事も日常生活も、拡大せず、縮小するようにしています。すると当然、生活がシンプルになります。

縮小とは、使う物や、種類、やることを減らすことです。

さきほど書いた、私が飲むものと夫の飲むものを比べてください。

私は水とハーブティしか飲まないので、水道水と、1~2ヶ月に1度買う、ハーブティの茶葉だけで飲料水は間に合います。

このハーブティは、オーガニックフードの店で売っている地元産の品。50グラム、7カナダドル(税込み)と安くはありませんが、3週間はもつのでたいしたことはありません。

スターバックスで、キャラメルマキアートのグランデサイズを買うと4ドル45セントもします。そして、1回で消費が終わります。

夫は、あれこれいろいろ飲むので、その分、お金、保存スペース(室内と冷蔵庫)、買い物に使うリソース(どれにするか選ぶ脳の活動、体力、時間)、消費にかかわるリソース(いつ、どれをどんなふうに飲むか考え、実際に飲むのに使うリソース)が必要です。

彼は、外(ティム・ホートンなど)でもドリンクを買っています。

このように飲むものの種類を増やすと、考えることが増えます。

どの飲み物もすごくおいしいし、「これがあるから私の人生はこんなにすばらしいのだ」、と思っているのなら、いろいろな種類の飲料を飲んでもいいでしょう。

しかし、とくにおいしいとも思わず、惰性で飲み、「飲みすぎないほうがいいな」と考えながら飲んでいるのなら、いっそ飲まないほうがいいと思います。

7.コンスタントに捨てる

4番に書いたように、管理すべきものはゼロにならないため、管理の負担を減らすため、不用なものをコンスタントに捨てるようにしています。

今は、「1日1個のデジタルなもの捨て」をやっていて、いらないサービスへの登録、画像、ブックマークなどを、こつこつ削除しています。

死蔵品を使うチャレンジもしています⇒死蔵品を作らないために、すでに家にある物を使う4つの戦略。

使っていなかったものを少しずつ使うのは、わりと楽しいのでおすすめです。

■関連記事もどうぞ■

きょう、10分使って、もっと生活をシンプルにする10のアイデア、前編。

10分だけ使って、暮らしをシンプルにする10のアイデア、後編。

ガラクタ問題の解決法。「ぐしゃぐしゃ」から「スッキリ」へ変えるには?(TED)

あれこれ迷う時間を減らして、シンプルライフをめざすススメ。

マルチタスクが脳に負担をかけ仕事の効率を落とす理由。1つのことに集中しよう

ミニマリスト流、スローライフの始め方。心と身体が疲れている人におすすめです。

*****

シンプルに生きるためにやっていることを7つ紹介しました。

あなたにとって、シンプルな生活とはどんな生活ですか?

そういう暮らしになるために、どんなことを心がけていますか?

よかったら教えてください。





手紙知らない人にだすラブレター(TED)~手書きの手紙のいいところ。前のページ

断捨離や片付けのゴールの決め方。目的地がわかっていると、捨てる物に迷いにくい。次のページタイプライター

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. けんかしたカップル

    ミニマルな日常

    夫に対して怒りをぶつける自分を変えたい←質問の回答。

    夫に対する怒りのコントロールができない、という読者から質問が届きました…

  2. 実家の片付け

    ミニマルな日常

    スムーズに片付けを再開する4つのポイント。中だるみから復帰したい人用。

    先日、断捨離をやめたほうがいい時を記事で紹介しました。しかし、…

  3. パソコンで仕事中

    ミニマルな日常

    読者の苦情メールと質問に回答します。

    今回は、記事の内容に関して、読者からいただいたクレーム(苦情や疑問)の…

  4. フリーマーケット

    ミニマルな日常

    物が減るってなんて快適なんでしょう!(読者の片付け体験談)

    断捨離体験を送ってくださった、読者のメールを紹介します。今回は2017…

  5. 荷造り

    ミニマルな日常

    もうすぐ引っ越しなのに物がありすぎて焦っています。

    1ヶ月半後に引っ越しをするので、片付けていますが、物がたくさんありすぎ…

  6. アルメリア

    ミニマルな日常

    物も買い物も減らして先の楽しみがない。そんな悲しみから抜け出す方法。

    物が増えるから、買い物をしないようにしていたら、だんだん悲しくなってき…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,197人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. タオル
  2. オフィスの受付
  3. タンス
  4. りんごをかごに入れる
  5. 知らないうちにたまった箱
  6. ちょっとしたプレゼント
  7. 散らかった部屋
  8. 書類の山
  9. ロボット
  10. 筆子イラスト(雑誌の表紙)

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 台所
  2. スマホをチェックする人
  3. ストップウォッチ
  4. 本を捨てる
  5. 捨てた子どもの本
  6. ピアノ
  7. シンクの洗い物
  8. 体重が増えた
  9. ベッドの断捨離を考える女性。
  10. 書類を捨てる

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP