土産物屋に並ぶマグネット

ミニマリストへの道

意味もなくなんとなくマグネットを集める人:ミニマリストへの道、番外編10

無駄な物をたくさん集めて、部屋を散らかしていた過去を振り返っています。

今回は、別に好きでもないし、特に必要でもない。だけどなんとなく集めていた小さい物として、マグネット(磁石)を紹介します。

16年前の我が家の冷蔵庫には、使わないマグネットがべたべたとたくさんくっついていました。



冷蔵庫に不用なマグネットをたくさん貼る

以前、べつの記事にものせた写真ですが、このように、冷蔵庫の側面にたくさんマグネットを貼っていました。

冷蔵庫に貼ったマグネット

この写真を撮影したのは2003年10月8日。およそ16年前です。

マグネットの多くは懸賞でもらったものです。ほかにも、娘がプレゼントでもらった物や、何かのノベルティ商品もあります。

自分で買った物は1つもありません(他人にプレゼントするために買ってしまいこんでいたことはあります)。

ディズニーランドの写真フレームになっているマグネットは、おみやげでいただいた物です。

私、ミッキーマウスもミニーマウスも好きではなく、このフレームを見たとき、「うわわわ~~~っ、困ったな…」と思いました。が、捨てずに、無理やり写真を入れて使いました。

左上のほうに並んでいる白い丸いマグネットは、とても強力な磁石です。文具のサイトで当たりました。

その隣の写真フレームになるマグネットは、ポケットアルバムを買ったらついてきたおまけです。

エジプトの意匠のマグネットは当選品でエジプト製、コックさんのマグネットも当選品でフランス製。

緑色の青虫みたいなやつ(頭が切れています)は、娘がプレイスクール(保育園)で作ったもの。

ハローキティのマグネットも当選品で、クリップになっていて、メモをはさむことができます。キティの頭をさわるか、押すかすると、「た・い・せ・つ、わすれないでね」と女の子の声でしゃべるという、存在感のあるマグネットです。

そのとなりの赤いちょきんぎょ(ちょきんぎょは以前、JAバンクのマスコットキャラでした)のマグネットもクリップタイプで、こちらはボイスメモつきでした。

どこかを押してしゃべると、短いメッセージを録音できるようになっていたのです。もちろん当選品です。

しゃべるキティもどうかと思ったし(うるさいだけ)、ちょきんぎょに向かって自分がわざわざしゃべるのも、それを再生させるのも面倒です(1,2回は試してみました)。

「筆子さん、よく覚えているね」と思うかもしれませんが、これらの情報は、昔書いていた、日記ブログに事細かく書かれているのを参照して書きました。

写真を見つつ文章をつづりながら、「なつかしいなあ」とか、「マグネット、かわいいね」などとは全く思いません。

「本当にしょうもないことをしていたな(時間もったいないだろ)」という気持ちでいっぱいです。





3年後は多少スッキリするが

もう1つマグネットの写真があったので紹介します。

偶然にも、上の写真を撮った3年後の、2006年10月8日に撮影したものです。

冷蔵庫にぐしゃぐしゃとマグネットをくっつけて暮らすのは、さすがにまずいと気づいたのか、だいぶスッキリしています。

しかし、相変わらず懸賞でもらったマグネットをくっつけていました。マグネットにはさんであるカレンダーだって、別にいらない物です。

当時は、娘の学校の先生が配布する、教室の予定が描かれた月間カレンダーを使っていましたから。

懸賞でもらったマグネット

以前、べたべたとくっつけていたマグネットは、この段階ではまだ捨てていませんでした。

すべて、ジップロックバッグに入れて、階下の物入れに押し込んでいました。

使わないのになぜ持っていたのか?

昔のブログを読むと、「マグネットは可愛いし実用的だからなんとなく集めている」なんて書いていました。「小さくてかさばらないのもいい」とも。

これは、捨てない言い訳です。

せっかくもらったものを捨てるのがもったいないから、

・実用的である

・見た目がかわいい

・小さくてかさばらない

こんなもっともらしい言い訳を考えて、捨てないですむように自分を仕向けていただけです。

そして、「これは私のちょっとしたコレクション、生活のうるおい。だって、かわいいし」と思い込もうとしていました。

私のマグネットコレクションは、実用的ではなかったし、見た目はごちゃごちゃしてうるさいだけだったし、大いにかさばっていました。

確かに、1つひとつのマグネットを見れば、実用的+かわいい+かさばらない、という特性をそなえていたかもしれません。

しかし、そういうマグネットが、いくつも集まり、さしたる使命も持たず、冷蔵庫の側面にただただ乱雑に並んでいるだけでは、なんのメリットもありません。

マグネットの持つせっかくの有用性がすべて失われ、単なるガラクタとなっていたのです。

使わない物をいくつも集めても無駄。

無駄は無駄を再生産する。

今の私ならそれがよくわかります。

もちろん全部捨てた

マグネットは後にすべて断捨離しました。キティもちょきんぎょもみんな寄付センターに持ち込みました。

現在、我が家の冷蔵庫の側面には、娘がくれた小さなスヌーピーのマグネット1つと、鍵をぶら下げているマグネットフック1つだけをつけています。

冷蔵庫の側面

数年前まではタイマーと牛のマグネット(娘のお気に入り)もくっついていましたが、この2つも結局断捨離しました。

タイマーをくっつけていた頃の写真はこちらにあります⇒シンプルライフ、何から始める?~まずは冷蔵庫の表面をきれいにするとうまく行く

牛のマグネットは娘にあげたと思います(記憶なし)。

もう1つ、娘のロンドン土産のマグネットがあり、これは別のところに置いています。

いかにも「土産物」といった風情のマグネットなのですが、娘が一生懸命選んでくれたんだろうな、と思うとありがたいので、取ってあります。

不用な物をなぜもらったり、買ったりするの?

私は、いつもお金に余裕がなかったので、何か買うとしたら、こまごまとした安価な物ばかりでした。

そういうものが、家の中にたくさんたまり、そこかしこに、小さなガラクタの山を作っていました。

箱や袋の中にがさっと入っていたり、家のあちこちに散らばっていたり、引き出しのすみでくすぶっていたり。

自分で買わなかった物もたまっていきました。

人からもらったり、おまけでもらったり、懸賞でもらったり。

どれも、ちょっとした小さな雑貨たちです。便利グッズと言えば言えなくもありません。

けれど、どもれ必要ではありませんでした。

必要じゃないのに、なぜ買うのか? なぜもらうのか?

何かを手に入れることがうれしかったのだと思います。実際、買い物するとドーパミンがあがります⇒買い物で気分があがるのはドーパミンのせい。この仕組みを知って無駄遣いを防ぐ。

プレゼントをもらうと、「得しちゃった」と喜んでいました。本当は得なんかしていないのに。

うれしい気持ちは、手に入れたあと、わりとすぐに消えます。

しかし、買った物や、もらった物を捨てませんでした。何とか使おうとしました。

「だって、捨てるのはもったいないし」。

しかし、もともと必要ではなかった物なので、使いみちも使うあてもありません。

ハッピーな気分になりたいがために、買ったり、もらったりしたのですから、「わ~い!」と喜んだその段階で、その物たちの使命は終わっていたのです。

あとに残ったのは、「それらを何とかして使わなければいけない」という義務感と管理の手間のみ。

入手したときに、あきらかに失敗しているのですが、その失敗を認めたくない私は、なんとか手に入れた雑貨と楽しく暮らそうといろいろがんばっていました。

収納法を工夫したり、ちょっと変わった使いみちを考えようとしたり。

写真をとって、ブログにのせて人に自慢(?)したり。

昔の日記には、そんな「痛い自分」がそこかしこにいます。

この続きはこちら⇒使うあてのないタオルを買い続ける不思議な人:ミニマリストへの道、番外編11

ミニマリストへの道を最初から読む方はこちらから⇒なぜ私は断捨離をしてミニマリストになったのか?(1)~物がたくさんあっても幸せではなかった

番外編はこちらから⇒ただで物をもらう生活習慣はこうしてできあがった:ミニマリストへの道、番外編1

コレクションを捨てたいあなたへ⇒せっかく集めたから捨てられない?コレクションを少しでも減らす10の方法

*****

私がしっかり自覚してワン・イン・ワン・アウト(家に1つ物が入ったら、1つ捨てること)を始めたのは、10年前の2009年になってからです。

最初は、ワン・イン・ツー・アウトをしていました。

日記ブログには、何が家に入って、何を捨てたのか、わりとまめに記録されています。

シンプルライフにしようとしていたのに、始めの頃は、まだまだしょうもない物をちょこちょこ買っております。

しかし、ガラクタの識別能力が次第に向上していくのもわかります。

暮らしをシンプルにするのは、時間がかかりますね。





ブティックのショーウインドウ無駄な買い物をやめる7つのコツ(私の買わない挑戦、5月の結果)。前のページ

私、今度こそ、本当に家の中を片付けます!(読者の断捨離決意表明)次のページ散らかった部屋

ピックアップ記事

  1. ムック・8割捨てて二度と散らからない部屋を手に入れる、発売しました。
  2. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  3. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…
  4. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  5. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. お菓子の型

    ミニマリストへの道

    雑貨を50個断捨離したときの2つの捨て基準:ミニマリストへの道(78)

    2014年の秋の引っ越し前に、大量に物を捨てた話を書いています。先週に…

  2. 黄色いマフラー

    ミニマリストへの道

    油断禁物。うっかり物を家にいれるといつまでも居座る:ミニマリストへの道(111・終)

    8年使わずに持っていたマフラーを捨てた時、今更ながら、「うっかり物を入…

  3. スケジュール帳

    ミニマリストへの道

    震災のショックから気持ちを立て直すためにやったこと:ミニマリストへの道(57)

    2011年3月11日に東日本大震災が起きてから、また断捨離をがんばるこ…

  4. 雑誌

    ミニマリストへの道

    「持たない暮し」をめざすとき絶対してはいけないこととは?~ミニマリストへの道(21)

    カレン・キングストンの『ガラクタ捨てれば自分が見える』を片手に、不用品…

  5. スマホ

    ミニマリストへの道

    デジタルなガラクタをためこむ恐ろしさとは?:ミニマリストへの道(61)

    物理的な物をどんどん断捨離する一方で、私は「デジタルなデータの整理」と…

  6. ペンを断捨離

    ミニマリストへの道

    今の雑貨はほぼ嗜好品。なくても生きていける:ミニマリストへの道(67)

    衣類、本を大量に持っていた私ですが、雑貨もたくさんありました。2年前、…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,809人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 1つ
  2. ガラクタの中にいる女性
  3. 通帳を見ている女性。
  4. 片付けている人
  5. 引っ越し荷物の梱包
  6. 服のチェックをしている人
  7. 車のハンドルを握る手
  8. 田舎を歩く女性
  9. 考え事をしている女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. キャンバス製のラウンドバスケット。
  2. 小銭を入れたガラス瓶
  3. 集中してリスニング
  4. 意思決定をしている人
  5. スニーカーをチェックする女性
  6. 量り売り
  7. シンプルな部屋
  8. 気分がスッキリ
  9. 秋の景色
  10. 母と娘

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP