退屈を感じる人

TEDの動画

退屈はひらめきのもと:ハンス・ウィルヘルム(TED)

退屈するからこそ、インスピレーションがわく、と伝えるTEDの動画を紹介します。

退屈するのが怖くて、スケジュールをいっぱいにしたり、スマホを見すぎるたりする人におすすめです。

タイトルは、Boredom – A Source of Inspiration(退屈:インスピレーションの源)、プレゼンターは、絵本作家でイラストレーターの、 Hans Wilhelm(ハンス・ウィルヘルム)さんです。

放題は『退屈はひらめきのもと』



退屈はインスピレーションのもと、TEDの説明

We are surrounded by people and devices who regularly serve as distractions. Rarely do we have time to be bored. How could boredom serve as a source of imagination? How can we create opportunities to be bored? Hans Wilhelm uses his own art work to illustrate the possibilities for using boredom as a source of inspiration!

私たちは、常に、気を散らす人々やデバイスに囲まれています。

退屈する暇などめったにありません。

退屈は、どうやってイマジネーションの源(みなもと)となるのでしょうか?

どうやったら、私たちは、退屈になる機会を作ることができるのでしょうか?

ハンス・ウィルヘルムは、自分自身のアートワークを使って、退屈をひらめきのもとになると説明します。

収録は2015年の4月18日。動画の長さは11分。日本語字幕もあります。短いし、ハンスさんの絵もいっぱい出てくるので、できれば実際に動画を見てください。

いつものように、動画のあとに抄訳を書きます。

☆TEDの説明はこちら⇒TEDの記事のまとめ(1)ミニマリスト的生き方の参考に





絵を描き始めたきっかけ

きょうは、退屈がどんなふうに、私の人生や仕事で、インスピレーションを与えてくれたのかお話しします。

メリアム・ウエブスター(辞書)の「退屈」の定義は、「興味が欠乏しており、うんざりして落ち着かない状態」です。

興味に関しては、ちょっと古くさい説明だと思います。今なら、「気を散らすものの欠乏」も付け加えるべきでしょう。

今、私たちは退屈すると、まずスマホを取り出して、メールチェックしたりしますから。

だから、気をまぎらすものがないときも、退屈すると思います。

ドイツで育った私は、気をまぎらすものがなく、退屈な状態のエキスパートでした。

ブレーメンにはろくに、気をまぎらすものがなかったし、雨ばかりで、外では遊べませんでした。

だから私はすっかり退屈していました。しかも、両親がテレビを置きたがらなかったので、テレビもありません。

それで、とことん退屈していましたが、おばが印刷会社勤務で、紙をたっぷり私にくれました。

私は、自分で物語を描きはじめ、すごく楽しいので、生涯、こうしていこうと決めました。

大きくなったら神さまになろうと思ったのです。神さまは、世界や宇宙のすべてを作りましたからね。

子どものころの夢を思い出す

しかし、進路を決める段になって、私は、ビジネススクールに行き、ビジネスマンになりました。

アフリカに引っ越し、そこにあるオフィスで何年も働き、次にアメリカに来ました。アメリカが気に入ったので、ここに住むことにし、グリーンカードを取得して、海辺のコテージを借りました。

このとき、神さまになるという子供の頃の夢を思い出したのです。

そして、子どもむけの本を描き始めました。最初の2冊の本はすぐに出版社が買い取ってくれました。

しかし、その後は、待ちの時間でした。作家が、新しい本のアイデアを出版社に持ち込んだあとは、何週間、何ヶ月と待たなければなりません。

私は退屈でした。テレビがなかったので、退屈は倍になりました。

ユーリ・ガガーリンのエピソード

そんなとき、ユーリ・ガガーリンの話を思い出しました。ガガーリンは、宇宙で、地球のまわりを回った人です。

ガガーリンが小さなカプセルに入っていたとき、コツ、コツ、コツ、とカプセルを叩く音に気づきました。

計器をしらべても、何の音かわからず、ずっと音が続いたため、ガガーリンはひじょうにこの音が気になり、気が変になりそうでした。

しかし、彼は、「抵抗するからいつまでも続く(What we resist persists)という言葉を思い出し、この音と仲良くすることにしました。

目をとじて、音に耳を傾けたのです。そうするうちに、この音は、ロシアの有名な歌と同じリズムだと気づき、ガガーリンはハミングを始め、歌い、口笛を吹き、そのうち、この音は、旅のよい相棒となったのです。

退屈から生まれた物語

「ガガーリンが、宇宙でできたことを、私が地球上でできないわけはない」と私は思い、退屈を、全身で感じることにしました。

座って、退屈に愛情を注いだのです。

すると退屈が消え、それは単なる記憶になり、新しい世界が開きました。ボリスという子熊の世界です。

子熊はとても退屈で、やたらとおせっかいな妹と住んでいて、というようにストーリーを思いつき、そうやってできたのが、”Totally bored Boris”(退屈しきったボリス)です。

孤独から生まれた物語

1週間後、また退屈になりましたが、このときはもっと重要なことに気づきました。

退屈は最初にお話ししたように、うんざりして落ち着かない状態ですが、これは単なる状態です。

この状態の下には、考えたくないさまざまな感情があります。ネガティブなもの、とらえがたいもの、直面したくない何か。

このとき、私は、孤独を感じていました。

アフリカに住んでいたときは、たくさん友人や同僚がいたのに、私は突然、人から離れる仕事を選んだのです。とても孤独でした。

寂しかったので、座って、この気持ちを全身で感じました。そして、愛情をふりそそいだら、孤独が消えました。

チェスナットという孤独な小さなリスの世界が広がり、孤独になんかなりっこないカワウソも思いつき、それが、“Never lonely again”(もう決して寂しくならない)という本になりました。

喪失感から生まれた物語

1週間後、また違う気持ちになりました。退屈だけどちょっと違います。それは喪失感でした。

何度も一緒に海岸を散歩した友達が結婚して引っ越したので、喪失感を感じていたのです。

このときも、座って、そういう気持ちになることを自分に許し、そして、その気持ちを愛しました。

その瞬間、強かった喪失感は消え、ブライアンとウォーレンの話を思いつきました。

ウォーレンは白いアヒルで、ブライアンは友達の野生のマガモです。2人は、楽しい冒険をします。

ある日、ウォーレンが、ブライアンに、「あのね、ぼく、冬の間は、家族と南に行くから」と言うときまで。

友情の危機が訪れますが、2人はすばらしい体験をします。このストーリーを思いついたのも、私が、自分の気持ちをしっかり観察したからです。

ネガティブな気持ちは愛を求めている

この世界では、2つの行動しかありません。1つは、愛情とエネルギーを与え、送ること、もう1つは、愛情とエネルギーを求め、心を開き、それを受け取ること。

私たちの、なんだかよくわからないネガティブな感情も、子どもたちがそうであるように、愛されたいという気持ちの表れなのです。

いったんそれを愛することができれば、その気持は落ち着きます。

少なくとも、私はそうです。

その後またしばらくして、私は、ちょっとばかり退屈な気分になり、「これはどうしたことか?」と考えてみたら、何か、プロジェクトをしなければならないあ、という気持ちだとわかりました。

何ができるかわかりませんでしたが、座って、その気持ちを感じて、そう感じることを許したら、またひらめきがわいてジョセフィンの話を思いつきました。

ジョセフィンは、小さなペンギンで、バレエを学ばなければなりませんが、やりたくないし、バレエができるとも思っていません。

けれども、もちろん、最後には、たくさん楽しんだあと、ジョセフィンはバレエができるようになっただけでなく、ほかの動物にもバレエを教えるのです。このときも、うまくいったわけです。

ブッククラブを生み出したもの

その後、しばらくの間、こうした物語を12作描きましたが、すべて、退屈なとき、ひらめいたものです。

これらの物語をランダムハウスに持っていったら、出版社の人は気に入って、すべて買い取ってくれ、「ハンス・ウィルヘルムのブッククラブを始めないか」と言ってくれました。

とても光栄なことなので、承諾しました。

こうやって、後に、 Merritales(メリーテイルズ)と呼ばれるブッククラブが始まりました。

これは、もうずいぶん前の話です。30年以上前、つまり、前世紀の話です。

このときから、私は、200以上の本を描きましたが、そのうちたくさんの本は、退屈から生み出されたものです。

退屈したくてジャマイカへ

しかし、その後、私の生活は変わりました。みなさんと同じように。テレビも手に入れました。

パソコン、アイパッド、アイフォンも持っています。今は、チェックアウトするときや、歯医者の待合室にいるときなど、少しでも退屈したら、気をまぎらす物を使います。

猫の動画とか見たりして。

私たちがスマホを使えないのは、シャワーをあびているときぐらいですが、そのうちアップルがシャワー中も使えるアイフォンを開発して、シャワーしながら、テキストなんかをやりとりできるようになるでしょう。

私たちは、全員で、人生で唯一のぜいたくを手放そうとしています。つまり時間を。

また退屈したいと思ったので、忙しいイーストコーストから、ジャマイカに引っ越しました。

ジャマイカの小さなホテルにはテレビも、ラジオもワイファイもありませんから、完全に退屈になれます。

これが私のスタジオです。壁は海とヤシの木で、屋根は空です。

海岸

ここなら、心からくつろげ、いたずら書きをして、新しいアイデアを思いつくことができます。

ひらめきを得るステップ

このやり方が、みなさんにもうまくいくかどうかはわかりませんが、もし試してみるというなら、こんなステップになります。

1.その感情を全身で感じる

考えないで、感じます。それがどこにあり、どんなふうになっているのか。

2.その感情に愛のシャワーを思いきり注ぐ

3.インスピレーションがわくのを待つ

もっと詩的に言うならば、「ミューズに接吻されるのを待つ」です。

//// 抄訳ここまで ////

アートやクリエイティビティに関するほかのプレゼン

絵を描くことは、物ごとを考える助けになる(TED)

制限があるからこそ素晴らしい物が生まれる:震えを受け入れる(TED)

人に注目されたいと思いすぎると、創造性がなくなる(TED)

誰にでも創造性はある。自分はクリエイティブだと自信を持つ方法(TED)

物が少ないメリット:足りないからこそクリエイティブになれる(TED)

問題があるからこそ、人はクリエイティブになれる(TED)

よりよく生きる技術としてのクリエイティビティ(TED)

ハンス・ウィルヘルムさんの絵本。かわいくてあたたかい絵ですね。

退屈する時間を大事にしたい

前回、忙しさに関するプレゼンを紹介しましたが⇒忙しい毎日をバランスの取れた日々にする方法(TED)

やたらと、スケジュールを埋める人は、退屈することを恐れているのかもしれない、と思い、今回は、退屈に関する動画を紹介しました。

退屈するのは、とてもぜいたくなことで、ここから、さまざまなインスピレーションがわくのです。

どんなものにも、余白や遊びの部分が必要ですが、スケジュールにもそうした空白が必要というわけです。

スマホ、タブレット、SNS、その他、人のすきま時間を奪おうとしのぎを削り合っているツールやサービスで満ちあふれている現代は、退屈するのはなかなか難しいと思います。

いま、自宅待機の人も多いので、退屈するかと思いきや、「皆が退屈しないように」「家で充実した時間を過ごせるように」と、ありとあらゆる無料コンテンツが公開されています。

貧乏性の人は、「見なければ/聞かなければ/読まなければ、もったいない」と思って、消費にやっきになりそうです。

ふだんでも、大量にコンテンツやサービスがあるせいで、結局は、何かに、集中できず、脳が疲れています。

先の不安や心配で、心が疲れやすい今は、そのようなコンテンツにやみくもに時間を捧げるのではなく、自分の気持ちに向き合ったほうがよいでしょう。

不安、心配、退屈な気持ちも、静かに受け入れることで、うまく活用できるのですから。

****

毎朝、スロージョギングをしていますが、ふだんなら、早朝に、散歩なんてしないであろう人たちを見かけることがあります。

何人かの人が、スマホを片手で持って話しながら歩いています。

「散歩するときぐらい、スマホで話すのやめたら?」と思うのは私だけでしょうか。

スマホでいつも誰かとつながっていると、きっちり1人になるのが怖くなるかもしれませんが、たまには1人にならないと、ストレスがたまります。

あなたも、退屈な時間を大事にしてください。





贈り物とバラ不用ないただき物はガラクタになる前に処分する。前のページ

最近私がやっていること:自粛の日々の過ごし方。次のページ休校なので家で勉強する少女

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 黒髪の人

    TEDの動画

    サイコパス(精神病質者)テストへの奇妙な答え:狂気と正気の間にあるグレーゾーン(TED)

    先週に引き続き、物事に白黒つけて暴走してしまう傾向のある人に見ていただ…

  2. ボート

    TEDの動画

    ミニマリズム~何もしない時間、何もないスペースを作ってより充実した人生を

    TEDからミニマリズムに関する短いプレゼンテーションをご紹介します。…

  3. 鏡を見る人

    TEDの動画

    自分を知るためにする効果的な問いかけ(TED)

    過大評価でもなく、過小評価でもない、等身大の自分を知るヒントになるTE…

  4. 一人でいる

    TEDの動画

    不安な心(ヴァルネラビリティ)に秘められたパワー:ブレネー・ブラウン(TED)

    もっと自分らしく生きたい人の参考になるTEDの動画を紹介します。…

  5. バックパッカー

    TEDの動画

    ミニマリズムはより幸せになるための実験(TED)

    幸せな人生を送る参考になるTEDの動画を紹介しています。今回は、マーテ…

  6. ファッションショー

    TEDの動画

    死ぬほど素敵なファッション(TED)おしゃれで安い服の大きな代償。

    安い服ばかり血眼になって買い求め、結局ゴミにしている人におすすめのTE…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,165人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. スマホを使う女性
  2. 花丸スタンプ
  3. 素朴なマグに入ったコーヒー
  4. 時計を見る女性
  5. 絵本を読む女の子
  6. 紙ゴミ
  7. 本屋にいる人
  8. ミーティング
  9. 古着屋
  10. カレンダーの予定を記入する

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. クロス
  2. 頭痛
  3. カタログを捨てる
  4. 靴がほしい女性
  5. 主婦
  6. iPhoneを持つ女性の手
  7. ティータイム
  8. カウンターの掃除
  9. 窓際に座る女性
  10. ハンガーにかかった服

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP