基本の断捨離21のルール

ミニマリズムの参考書

やましたひでこの『基本の断捨離21のルール』をミニマリストの視点で読んだ感想

やましたひでこさんの電子書籍、『基本の断捨離21のルール』を読みました。

実はこの本、私が持っている唯一のやましたさんの著書です。

やましたさんのサイト(断捨離事務局)から購入できます。PDF92ページで700円。さしてボリュームがないので30分もあれば読めます。

今回はこの本の感想をお伝えしますね。



やましたひでこさんとは?

やましたひでこさんは「断捨離」の提唱者でこの言葉の商標登録をお持ちです。

ご自分のことをクラターコンサルタントと名乗っていらっしゃいます。「断捨離」のコンセプトや断捨離のやり方を本に書いたり、セミナーをしたり、近藤麻理恵さんと同じようなお仕事をされています。

こんまりはクライアントの家に行って、汚部屋をすっきり片付ける手伝いをしていますが、やましたさんはそういうことはしてないと思います。

どちらかというと本を書いたり、セミナーや講演会をするのが主な仕事という印象です(単なる私のイメージです)。

この本の一番最初に

断捨離とは、場を通じて、あるいは人やモノの関係性において、自ら、意図的にごきげんを維持し、周囲をもごきげんに巻き込んでいこう!というツール

と書かれています。

やましたさんや、やましたひでこ公認断捨離トレーナーの人が、よく「ごきげんさんです」と挨拶しているのはこういう理由があったのですね。

断捨離とは⇒ミニマリスト、断捨離、シンプルライフの違いとは?

『基本の断捨離21のルール』の内容

断捨離にまつわる21の言葉をテーマにしたエッセイがのっています。

前書きによれば、これから断捨離をしてみたい人は、そのエッセンスを知ることができ、停滞中の人は、復活のモチベーションを得られ、ベテランのダンシャリアン(断捨離をする人)は琴線にふれる言葉を手にできる内容とのこと。

私はベテランダンシャリアンにあたるでしょうか?

断捨離にまつわる「言葉」を集めているので、全般的に「言葉」の定義にこだわっています。

自分の中で言葉の定義をはっきりさせることは、自分が何をやっているのか確認できていいですね。ただ、他の人とその言葉の定義について論争するのは、さほど建設的だとは思いません。

私の琴線にふれた言葉3つ

92ページの中に、共感する言葉がいくつかありました。今回はその中から3つご紹介します。

「片づけ」「整頓」「掃除」には欠かせない順序がある

片づけ、整頓、掃除の意味することをきちんと理解し、分けて考えると、それぞれがしっかり機能するそうです。

1.片づけはモノの絞り込み。いらない物を捨てること

2.整頓はモノの有り様を整えること。収納

3.掃除は、掃いたり、拭いたり、磨くこと。

確かに、片づけ⇒整頓⇒掃除の順番で行うと家の中がすっきりします。

いらない物がいっぱいある状態で、収納したり、掃除をしようとするとうまくいかないのです。

ちょっと断捨離をやったことのある人や、シンプルライフを心がけてる人は「そんなのあたりまえ」と思うでしょうね。

しかし、多くの人が不用品を捨てないままに、収納をしようとがんばります。

たとえば私の母⇒掃除と断捨離を混同する母~実録・親の家を片付ける(6)

まず不用品を取り除いてからやると、整頓も掃除も楽になるし、ミニマリストになって、ものすごく物の量を減らすと、収納を考える必要すらなくなり、掃除もずいぶん簡単になります。

掃除に関してですが、どんなに物が少なくなっても、これはし続けなければなりません。

家の中の汚れの正体は

●ホコリ
●油汚れ
●水垢汚れ

の3種類だと家事評論家の阿部絢子さんが書いていました。

この本です⇒阿部絢子『家事名人の生活整理術』の感想~時短家事の秘密はシンプルライフにある

ホコリの正体は繊維なので、室内にファブリックがあればあるほど、また人の数が多ければ多いほど、ホコリが増えるそうです。

ミニマリストになっても洋服を着ないわけにはいかないので、ホコリとは一生つきあうことになりますね。





高い位置から見通して、目の前から着手する

高い位置から見通すとは、俯瞰するということです。

「どうしてこれが捨てられないのか?」

「どうして、あの人は私にこんなことをするのか?」

そんなふうに悩んでいるとき、悩みの対象であるモノや人にフォーカスするのは、高い位置から見ているとはいえません。

こういう見方をしていては問題は解決できないのです。

得てして、「そのモノが、その人が悪い。あるいは自分が悪い」と”悪者探し”の視点になってしまいがちに。あくまで悪いのは、自分とその対象との関係性。そこに焦点を合わせることで、解決の糸口が見えてくるもの。

確かに「悪者探し」ってよくやってしまいますよね。先日書いた「白黒つけない」という話に通じるものがあります。

関連⇒断捨離しているのにイライラします~断捨離に好転反応はあるか?

物が邪魔になっているときや、物のせいでイライラするとき、別にその物たちは悪くないのです。物はあくまでニュートラル。単に私たちがその物にネガティブな思いを投影してるだけです。

また、「これはすごく邪魔だけど、思い出の品だから絶対捨てられない」と思うとき、自分が感じている「思い出」も、私たちが勝手にそのモノに託しているのです。

「捨てたいけど、捨てられない」と悩んだら、対象からふっと視線をはずすとうまくいきそうですね。

人間関係に悩むときも、文字通りその「関係」に目を向けるべきです。喧嘩両成敗というように、何か問題があったとき、結局双方にその責任があります。

自分と相手がいたからこそ、その「問題」が生じたのです。一歩ひいて状況を見られたらいいですね。

私は思い遠りに行かないことや、嫌なことがあると、よく自分を映画の登場人物として考えます。

今は映画のこのあたりで、波瀾万丈なシナリオだけど、この事件はそのうちおさまっって、最後はハッピーエンドになるんじゃないか、と。

これも「高い位置」から見通す1つのやり方です。

私たちを縛っているのはモノではなく、観念である

「捨てたいのに、捨てられない」とき、一見物に縛られているように思えます。ですが、実は、自分の観念が自分自身を縛っています。

観念と書くと、ちょっと難しい感じがしますが、「考え」のことです。

「親に持たされた嫁入り道具は大切だから捨てられない」

「これはすごく高かったから、捨てられない」

「これは人からもらったプレゼントだから捨てられない」

こんなふうに考えるとき、捨てられない理由は、すべて自分が頭の中で作り出しているのです。

ここでも、対象である「物」にフォーカスしすぎています。

大切だから、高かったから、プレゼントだから、と。

しかし物は物でしかなく、そういう「価値」は自分が作りだしたものです。

そうした「観念」はときに、自分自身の観念でないこともあります。

「親が大切に思っているから」「世間ではこうすべきであるから」「トイレにはトイレブラシがあるべきだから」といった人の考えを、あたかも自分の考えだと思いこんでしまうことも。

「大切なもの」と言いながら、それを押入れに入れたままで、使っていなかったのなら、その実態は「大切なものとして扱ってはいない」わけです。

自分の頭が作り出しているこうした思い込みや、自分とその物との関係について考えてみると、意外とあっさり捨てられます。

特に私は「これはここにあるのが当たり前」「誰でもこれは持っているべき」といった思い込みをはずすことで、どんどん物が捨てられました。

*******

この本には、具体的な断捨離の方法は書いてありません。ですが、物が捨てられなくて、悩んでいるときの視点の外し方のヒントがたくさんあります。

断捨離の目的と手段を間違えないことについてもふれています。

「断捨離したいけど、捨てられないんだよね」とジレンマに陥っている方は、いろいろな気づきを得られるはずです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 和室

    ミニマリズムの参考書

    断捨離初心者のシニアにおすすめ、『若返り片付け術』を読んで老前整理を加速する

    50代、60代という年頃の人で、「シンプルライフとか、よくわからないけ…

  2. 本を読む人

    ミニマリズムの参考書

    文句や不満の多い生活から抜け出したい人におすすめの本、7選。

    おすすめの本を教えてください、という質問をいただきました。特にこの方は…

  3. スケッチブック

    ミニマリズムの参考書

    「脳が冴える15の習慣」(築山節著)から学んだこと:便利すぎるから不幸せになる

    アンチエイジングシリーズ。今回は、若々しい脳を保つのに参考になる、その…

  4. デスヴァレー

    ミニマリズムの参考書

    ミニマリズム(Minimalism)というドキュメンタリー映画の感想

    アメリカのミニマリスト、ジョシュア・フィールズ・ミルバーンとライアン・…

  5. きれいな部屋

    ミニマリズムの参考書

    ミニマリストへの5つの質問:ミニマリズムはどんなふうに人生を変えたか?

    先週に続いてアメリカのミニマリスト、ジョシュアとライアンが製作した、ミ…

  6. 笑顔

    ミニマリズムの参考書

    幸せになる12の方法。お金や物では幸福になれません

    人の幸せに物はたくさん必要ありません。今回はアメリカのカリフォルニア大…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

923人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. マグのコレクション
  2. 寝室
  3. 後悔している人
  4. スマホを使う人々
  5. スーパーで買い物する女性
  6. 買い物する女性
  7. 考えごとをしている人
  8. ダイニングテーブル
  9. 雑貨屋のディスプレイ
  10. ワードローブのチェック

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 考えごとをする女性
  2. カヌーをする若い女性
  3. 家計簿をつける主婦
  4. 香水
  5. 着物
  6. 何か描いている人
  7. 断捨離したバッグ
  8. 『モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術 』
  9. 母の日のバラ
  10. 洗濯

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP