意見が合わない夫婦

ミニマルな日常

クローゼットを占拠している荷物を夫に処分してもらいたい。どうしたら、処分してもらえるか?

読者の質問に回答します。

クローゼットを子供部屋にしたいが、夫が荷物をどけようとしない、どうしたら処分してもらえるか?

ありがちな問題ですね。

こんなときどうしたらいいのでしょうか?

まず、メールをシェアします。Iさんからいただきました。



夫の荷物が邪魔すぎる

件名:夫の荷物

東京の狭いマンション(70m2)に家族4人で住んでいます。

夫の書斎(7畳)、クローゼット(5畳)、リビング(9畳)、リビングに隣接する和室(6畳)、キッチンとお風呂です。私の部屋はなく、長男(11歳)と長女(6歳)と一緒に和室で寝ています。

私の荷物は、たぶん小さな段ボール1箱もないくらい、服は夏・冬で7着くらいずつです。

着ない服は即捨てです。

夫の荷物は大きな段ボール15箱分くらいに、服は、書斎のクローゼット1つまるまる使用、クローゼットの半分に、さらにハンガーラック1.5m分を使っています。

Yシャツは25枚以上、背広は夏冬あわせて15着以上、私服のTシャツや服は30枚以上あります。その中で着ているのは数枚だけです。

夫の荷物の段ボール7つくらいが、会社の10年以上前の書類です。

相談内容は、長男の子供部屋を作る(現状クローゼット)にあたり、夫の荷物(特に絶対使用しない会社の書類)を処分してほしいのですが、どうしても説得できません。

会社の資料なので、会社に送りたいのですが、会社には場所がないと言ってそれもできず、処分も絶対ダメだといいます。

正直、ごみのようなものを保管しておくのがイヤでイヤで離婚も考えるくらいイヤなんです。それを何度も何度も言っても理解してもらえません。

どうしたら、処分してもらえますか?

ちなみに家のローンは頭金から毎月の支払いもきっかり二等分なので納得がいきません。





Iさん、はじめまして。お便りありがとうございます。

ご主人の物がいっぱいあるのですね。確かに、それはストレスがたまるでしょう。

我が家も似たようなものですから、お気持ちはよくわかります。

まず、おすすめしたいのは、ご主人を説得しようとしないことです。

人の思考と行動はコントロールできないので、本人がその気にならないと荷物は捨てません。

しかも、誰かに「捨てて!」と言われたときに、その気になるとは思えません。そんな人なら、とっくの昔に捨てています。

ご主人の説得をゴールにするのではなく、当面の問題の解決をゴールにしましょう。

当面の問題の解決:クローゼットをからにする

今、5畳のクローゼットに入っているご主人の会社の荷物がなくなれば、子供部屋を作ることができるのですよね?

ご主人はその荷物は何があっても、絶対捨てたくない、と言っています。

それらの箱が、クローゼットになければいいのですから、別の場所に移しましょう。

考えられる移動先

ご主人の書斎

ご主人は嫌がるかもしれませんが、自分の荷物なんだから、自分の部屋に置くべきです。

家の別の場所

書斎、居間、和室、キッチンなどに分散させて置きます。パズルの要領です。はっきり言って、見た目もよくないし、とても暮らしにくくなりますが、その箱を捨てたくないのだから仕方ありません。

ご主人に別の物を捨ててもらって、場所をあけてそこに置く

ご主人は、資料を入れた箱について、「これは大事だから、絶対、絶対、捨てないんだ!」と言っているわけですよね?

では、ほかの物はどうでしょう? 

書類以外で、捨てられそうな物はないでしょうか? ほとんど着ていない洋服や、昔の趣味グッズ、CDやDVD、そんなものが、ご主人の部屋にいっぱいありませんか?

そちらを捨ててもらい、空いた場所に、資料を入れた箱を置きましょう。

ご主人の実家

もし、ご主人の実家が近いなら、実家に置かせてもらうのも1つの手です。

ふだん、私は、「実家を倉庫代わりにするな!」と書いていますが、これは、シンプルライフをめざしている人へのアドバイスです。

複雑な人生を歩み続けたいと思っている人は、実家でも、兄弟の家でも、好きに利用すればいいでしょう。

外部の収納スペース

貸倉庫やトランクルームを、どこかに借りて、書類はすべてそこに置きます。

お金はかかりますが、それはご主人に払ってもらってください。

家の中に会社の資料があるなんて、ご主人は事業主でしょうか? それならば、トランクルームの代金は、会社の運営に必要な費用です。

「地代家賃」「支払賃借料」「保管料」などの勘定科目で仕分けすればいいですね。

ポイントは、ここに書いたようなアイデアを、ご主人にも出してもらうことです。お子さんの部屋づくりに主体的にかかわってもらいましょう。

「なるほど、大事な書類だから捨てたくないのね。そうかもしれないわねぇ。じゃあ、この箱をどこに置いたらいいのかしら? あなた、何かいいアイデアあったら教えてちょうだい」と、にこやかに言ってみましょう。

アイデア出しにおすすめなのはブレインダンプです⇒頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

今からやっておくべきこと:話し合い

上の方法を使えば、クローゼットはからになると思います。

だから、息子さんの部屋を作ることはできるでしょう。しかし、あと5年もたてば、お嬢さんの部屋も必要になりますよね?

そのとき、どう対応するのか、今からご夫婦で話し合ってください。

ご主人は物持ちで、大事な居住スペースを、ふだん使わないもので埋め、妻や子供を和室に追いやっています。

一見、ご主人にとっては、家族より物のほうが大事であるかのように見えます。

しかし、これは物をたくさん持っている人によくあることですが、自分にとって大事なものの優先順位が変になっているだけなんです。

ご主人も、子供や家族は大事だと思ってるんじゃないですか?

子供には、学校生活を楽しんでほしい、こんなことを勉強してほしい、こんな人生を歩んでほしい、という夢や思いみたいなものを、ご主人はもっているでしょう。

子供の幸せを願わない親はいませんから。

この点についても、Iさんも同じだと思います。

父親も母親も子供に幸せになってほしいと思っています。これは、2人の共通のゴールです。

このゴールに向かって、今、どうすべきかを話し合ってください。

ゴールは同じなんです。ただ、やり方が違うだけ。

やり方が違うから、すり合わせが必要です。

こう考えると、家を占拠しているご主人の荷物を見ても、そこまで強烈な憎しみは感じないんじゃないでしょうか?

「星の王子さま」の著者、サン・テグジュペリの有名な名言に、「愛はお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである」というのがあります。

この精神で行きましょう。

話し合いをするときのポイント

最後に実のある話し合いをするちょっとしたコツを書いておきます。

感情的にならない

話し合いをするときは、感情的にならないのがコツです。感情的になると、相手も感情的になって話がややこしくなります。

たとえ、ご主人が柔和な方でも、自分のストレスレベルは確実にあがり、やけ食いなどが増えて、自分のためになりません。

自分の気持ちを正直に話す

思っていることは正直に的確に伝えましょう。

Iさんが、どれほど、会社の資料が入った箱を、ねたましく思っているのか、ご主人は気づいていないのかもしれません。

こちらをお読みください⇒人を説得する方法はあるか?断捨離を邪魔する家族との対話の進め方。

折半して払っている住宅ローンの代金の大半が、ご主人の不用品に使われてしまうのは不愉快ですから、この点についても、正直な気持ちを話しておいたほうがいいですよ。

ご主人の考えに耳を傾ける

ご主人の考えもしっかり聞きましょう。ご主人にも言いたいことがたくさんあるはずです。

相手の立場に立たないと、交渉は決裂します。

小言を言わない

脅したり、強制したり、わめいたり、ごちゃごちゃ小言を言ったりしても、効果はありません。

疲れるだけです。

こんな言い方をすると、めざすゴールからどんどん遠ざかります。

それでは、Iさんの息子さんの部屋が、無事できあがることを祈っています。どうぞ、お元気で。

家族の物が邪魔な問題、過去記事もどうぞ

たくさんありますが、7つだけピックアップします。

夫の物が気になる人に伝える、他人の思考や行動をコントロールしようとするのをやめる方法。

夫の所持品がガラクタに見えてしかたがないときの考え方。

きれい好きな人が片付けない家族と円満に暮らす4つの秘訣

夫の汚部屋にほとほと困っています。どうしたらいいですか?←質問の回答

物を捨てない夫の本や資料を何とか片付けたい、というお悩みメールへの回答。

夫の物が多すぎて整理できない。どうしたらいいの?:断捨離の悩みに答えます

せっかく片付けても夫が散らかすから腹が立つ。この問題の解決法。

****

70平米だと、間取りにもよりますが、家族4人の中に、物持ちの人がいると、手狭かもしれませんね。お子さんの性別が違うから、それぞれ個室を持ちたいだろうし、友人を呼びたいと思うだろうし。

Iさんのところは、Iさんの所持品が少ないから、これまでなんとか回っていたのかもしれません。

それでは、あなたも質問や感想などがありましたら、お気軽にメールください。お待ちしています。





本をかかえる女性本を捨てることは文化を軽視すること、という意見について(本の処分、その4)前のページ

シンプルライフにしてみて、気づいたことと、これからの課題。次のページマグを持つ人

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  3. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  4. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  5. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。

関連記事

  1. 砂時計

    ミニマルな日常

    大体的に散らかるのを予防するために、きょう10分だけ使って片付けよう(前編)。

    部屋を整えるために、10分間、時間を使ってやってみるタスクを5個お伝え…

  2. 寝室

    ミニマルな日常

    落ち着く寝室の作り方~あれこれ物を揃えなくてもリラックスできます。

    やたらと物を買わずに、寝室を居心地よくするコツを紹介します。ス…

  3. 白いタオル

    ミニマルな日常

    使っていないタオルなのにどうしても捨てられない(読者の断捨離体験)

    読者のお便り紹介コーナー。今回は2018年1月前半にいただいたメールか…

  4. 缶詰のストック

    ミニマルな日常

    ストック品を持ちすぎないコツ(後編)~物に足を引っ張られないために。

    日用品や食品のストックを抱え込みすぎないコツを書いています。前…

  5. オーガニックコットンの札を持つ女性

    ミニマルな日常

    天然繊維の服を買う店や私がよく食べている物(質問とその回答特集)。

    読者の方からいただいた、片付けには関係のない質問にまとめて回答します。…

  6. 散歩する家族

    ミニマルな日常

    子供といっしょにシンプルに暮らす9つのポイント(前編)

    子供がいても、シンプルに暮らしたいと思っている人に、そうするコツをお伝…

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,590人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 頭が混乱している若い女性
  2. 記念写真の撮影
  3. 返品するつもりの女性
  4. 古い物
  5. 海辺で後悔している人
  6. 鏡を見て落ち込む若い女性
  7. リラックスタイム
  8. 『8割捨てれば、お金が貯まる』表紙。
  9. 食器棚を見ている女性
  10. 忙しいお母さん

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 頭痛
  2. 未来を見つめる
  3. 買い物中
  4. ブティック
  5. お金の計算をしている若い女性
  6. 風邪
  7. 小麦畑
  8. ノートに何か書いているところ
  9. スマートフォン
  10. 思い出の写真

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP