チンパンジー

TEDの動画

最終更新日: 2024.01.1

心のパフォーマンスを最適化するには?~チンプパラドックス(TED)

ページに広告が含まれる場合があります。

 

望む人生を送るヒントになるTEDトークを紹介します。

タイトルは、Optimising the Performance of the Human Mind 人の心のパフォーマンスを最適化すること。

精神科医の、スティーブ・ピーターズ(Steve Peters)さんの講演です。

ピーターズさんは、大学教授であり、優秀なアスリートが望ましいマインドもてるようサポートする仕事もしています。



心の最適化

この講演では、人の心(脳)を、人間(理性的な思考をする部分)、チンパンジー(本能的に思考する部分)、コンピュータ(記憶など判断材料が入っている部分)の3つに分けています。ピーターズさんは、人の心を「自分」と呼んでいます。

チンパンジーをうまく管理することが、成功する鍵であるとピーターズさんは言います。

収録は2012年、動画の長さは13分。動画のあとに抄訳を書きます。

☆TEDの記事の説明はこちら⇒TEDの記事のまとめ(1)ミニマリスト的生き方の参考に

TEDxYouthでの講演ですが、大人にも十分役立つ内容です。





マインドが成功に導く

私は人の心のケアをする精神科医で、Elite Sportで働いています。人を幸せにし、自信をもたせ、成功に導きます。

これは簡単なことではありません。

私が皆さんに、ある機械をあげましょう、と言ったとしましょう。

自分を幸せにし、自信や成功をもたらし、心配や不安から解放させ、嫌な気分や考えも取り除いてくれるマシーンです。

「ぜひ、そのマシーンをください」

皆さんは、きっとそう言うでしょうね。

いいニュースがありますよ。皆さんはすでにその機械を持っているんです。説明しますね。

皆さんの中にあるこの機械の名前は、マインド(mind)です。この機械が動いていることに気づいていない人もいます。

実際、どう動いているかは皆、知らないでしょう。これから、皆さんの頭の中で起こっていることを説明しますね。

「そんなにいい機械があるなら、どうして、私のはちゃんと動いていないんだろう?」

そんな疑問があるかもしれません。

もしここに火星人がやってきたら、私たちを見て、不思議に思うでしょう。

大勢の人が大人しく座っています。突然、ジャンプしたり、走り出したり、叫び出す人はいません。

ところが、頭の中の思考はありとあらゆる方向に行っており、自分ではそうなりたくない気分や、考えたくないことを考えています。それはまったくコントロールされていないように思えます。

不思議ですよね。自分の頭の中にあることを、なぜ自分でコントロールできないのか?

その理由をお話しします。

脳にはいろいろな部分がある

実は、みんなそうなんです。頭の中には、自分が2人います。誰か自分じゃない人が、自分の人生や能力を共有しているんです。

脳の中では、対立が起きています。

脳の中を見てみましょう。脳は1つのかたまりではありません。胎児のときから、いろいろな脳の部分が成長していて、お互いつながっているので、問題が起きるんです。

それぞれのユニットが、これから何を起こすかについて、いつも意見が一致しているわけではありません。

この脳の図で、前のほうにある一番大きな黄色い部分は、思考をする脳です。皮質だけが思考します。それ以外の部分は機械のように働きます。

まんなかの、帯状回に囲まれた部分、つまりその下は大脳辺縁系で、反応する部分です。思考はしません。

これが脳なら、問題は起きません。刺激に反応して、どうすべきか教えてくれ、その後、考える脳の部分が、選択をします。

脳内で意見が対立する

ところが、脳はそんなふうには動きません。真ん中の、自動的な感情の機械が、皮質のところへしゃしゃり出て、「僕も考えたい」と言うのです。

この部分も考えようとしますが、それは自分と同じようには考えません。

みなさんは(=理性的な脳の部分)、理性的に論理的に考えますが、この小さな脳の部分は、感情的で破壊的な考え方をします。

たとえば、大学にやってきたとしましょう。友人から、「きみはすごくバカだから、この大学にいるべきじゃない」と◯◯が言ってたよ、と聞きました。

1番目の脳は、すぐに、「そいつを殺せ」と叫びます。2番めの脳は、「ちょっと待て、早まるな。人の目があるから、もっとうまくやらねば」と言います。

3番目の脳は、良心と罪悪感なので、1番と2番の間に入って止めようとします。しかしうまくいきません。ここはすごく弱いので、ほかの2つに説得され、「べつにいいか」と思います。

4番目の脳は、「感情には興味がない。ただ事実と証拠を見せてくれ。冷静に論理的に対応するよ」と言います。

5番目の脳は、「自分のことではなく他人について考えよう」と言います。共感と思いやりです。「なぜ、その人は、私のことをそんなふうに言ったのだろう。その人を理解しなければならない」と言います。

6番目の脳は、「これは、本当にそんなにひどいことなのか? 調べてみなければ」と言い、記憶をチェックしてから、「もし誰かを殺しに行ったらどうなるか? 彼らに話しかけたらどうなるか?」などと言います。

こんなふうに6つの脳が喧嘩をし、そのうちの1つが、全体をまとめなければならないのです。

脳の3つの領域

とても複雑ですが、もうすこしシンプルにすることもできます。

脳神経学の観点から、脳を3つの部分に分けることができます。この3つのチームが、喧嘩しながら、みなさんの行動、感情、思考をコントロールしています。

脳には、私たちの許可なく勝手に、自分が望んでいない感情を与える機械があります。

心配や不安を起こし、ほかの人を喜ばせようとし、人が自分をどう思っているのか心配し、皆を喜ばせなければならないと思う部分です。

この機械は、インナーチンプ(心の中のチンパンジー)で、生まれたときからずっと自分と一緒にいます。

インナーチンプのほうが先にいて、皆さんがあとから介入したとも言えます。

皆さんは、インナーチンプの邪魔をしているわけです。

成功の秘訣はインナーチンプの管理にある

成功するためには、インナーチンプという機械についてよく知らなければなりません。

脳を簡略化して描くとこうなります。皆さん(=人間的な脳の部分)は、前頭葉に住んでいます。ここが、皆さんの主な部分です。だから、とても明晰に思考ができます。

インナーチンプは、大脳辺縁系に住んでいて、感情的に破壊的に考えます。

残りの部分は、全部合せて、便宜上、前頂葉に貼り付けましょう。

ここは、システムを動かしているコンピュータです。

コンピュータは、人間とチンパンジーに、「僕はここにいるから、自由に使っていいよ。僕に何してほしい?」と言います。

ここまでで、脳には3つの部分があることがわかりましたね。

人間・チンパンジー・コンピュータ

コンピュータの問題は、チンパンジーが、ここにたくさんのゴミを投げ込むことです。

したがって、コンピュータには、馬鹿げた信念をもち、しょうもない行動をするグレムリンがたくさんいて、それが、コンピュータの動きに影響を与えます。

つまり、グレムリンは、みなさんが成功するのを強力に邪魔するわけです。

このように脳には3つの部分があります。

1つは、人間で事実、真実、論理。もう1つはチンプで気分、印象、感情。そしてコンピュータは、「自由に使ってね」と言うので、いつもチンパンジーがまっさきに使います。

皆さんは、人間かチンパンジーのどちらに任せるか、選択できます。

人間とチンパンジーのどちらが、今、主導権を握っているのか知るにはどうしたらいいのでしょうか?

簡単です。

ただ、「これを私は欲しているか?」と自問するだけです。「私は、この感情を欲しているか? いや、違う、これはチンプだ。本当にこんな思考をしたいのか? 違う、これはチンプだ」と。

たぶん、1日のうち90%は、チンプが牛耳っていることに気づくでしょう。

この状態を変えなければなりません。

誰が主導権を握っているか?

まず、それが誰の考えなのか、気づかなければなりません。脳のどの部分が、血液で運ばれる酸素を使っているのか? 酸素をもらっているほうがよりパワーがありますから。

チンパンジーを事実や真実で打ちのめし、自分が求めている思考を勝ち取ることができるでしょうか?

答えはイエスです。ただし、スキルを要します。

チンプの脳は人間の脳より5倍、強いので簡単ではありません。

だから、すごく賢くならなければなりません。

チンプについて学び、戦う準備を整える必要があります。

例を見せましょう。

まず反応するのはチンパンジー

あなたは会議に出るため部屋に入りました。まだ誰も来ていません。前の人たちが置いていったクッキーをのせた皿があります。チョコレートビスケット1枚に、プレーンビスケットが3枚。

この情報は視床に入り、視床は脳にメッセージを送ります。すると、すぐにチンパンジーが反応します。ほかの選択肢はありません。

チンプはすぐにチョコレートクッキーをつかんで、他の人が来る前に食べてしまいます。残念ながら、人間としての自分を破滅させるんです。チンプを止めようとするとカウンターパンチを喰らいます。

チンパンジーは、邪魔されないように、最大、30個の神経伝達物質を使います。

コンピュータを見てみると、グレムリンがこう言います。「全部食べて。見つかりっこないから」

だから、見つからないだろうと思って全部食べると、そのうち他の人がやってきて、からになった皿を見ます。

その瞬間、あなたはゲップをし、他の人たちが、「あ、チョコレートビスケットの匂いがする」と言います。

そこで、人間の脳であるあなたは、皆の言いたいことを察知し、深くあやまるのです。

脳はこんなふうに動きます。まずチンパンジーが動き、その後、落ち着いてから、人間部分のあなたがあやまります。

情報が脳に入る図

このパターンを、変えなければなりません。

コンピュータの最適化

すぐにコンピュータに行って、チンパンジーが行動する前に止めるんです。

コンピュータを見て、グレムリンを取り除き、システムが、建設的で、ためになる信念や価値感に基づいて動くようにします。

たとえば、「他の人が、自分をどう思うかなんて重要ではない。自分のモラルを保持するのが重要だ」といった信念です。

すると、チンパンジーが、何かをしようとコンピュータを見るたびに、コンピュータがそれを止めます。そのうち、コンピュータのほうが力をもちます。

複雑なシステムですが、うまくやることができれば、人生で成功できます。

エリートアスリートの場合

優秀なアスリートがどうするか見てみましょう。

優秀なサイクリストが、自分のチンパンジーと一緒に自転車に乗ります。

チンパンジーは、こんな思考をします。

「金メダルを取らなきゃ。これはとても重要だ。ほかの人をがっかりさせるわけにはいかない。聴衆がたくさんいて怒っている。自分よりライバルのほうがよく見えたらどうしよう? 失敗するわけにはいかない。ああ、ここにいたくないよ」

これはチンパンジーのごく自然な反応です。

しかし、人間は選択ができます。

優秀なアスリートは、スキルがあるから、チンパンジーを箱に入れてこう言うんです。

「よし、私は、今、どんな思考をしたいのだろう? プロセスを考えたい。行って、楽しんで、ベストを尽くそう。だって、人生でできるのはそれだけだから。ベストを尽くして楽しもう」。

皆さんも、試験の時、同じようにすればいいんです。

私はシェフィールド大学で医学を教えていますが、生徒は難しい試験を受けなければなりません。

チンパンジーと一緒に試験を受けると、チンパンジーはいろいろうるさく言うでしょう。「もっと復習すればよかったのに、どうしてテレビを見てしまったんだろう」などと。

この状態に甘んじる必要はありません。チンパンジーを箱に入れるスキルを学べばいいのです。責任も選択もすべて自分にあります。

チンパンジーの言葉を聞きながら生きるか、人間になってチンパンジーを飼いならすか?

自然な反応に流されるな

皆さんは選択できます。チンパンジーを手なづけるのはスキルなので、ちゃんとできるようになるまで練習しなければなりません。

優秀なアスリートが、これまでの練習の成果を見せるのは難しいことですが、彼らはそれをやってのけます。

自然な反応や直感に従わないでください。それは自分を破滅させます。その直感は、ジャングルで暮らすために培われたものです。

自然な反応に流されず、インナーチンプにハイジャックされない人間になってください。

チンプは良くも悪くもありません。それは単なるチンパンジーです。

チンパンジーの面倒をみる

「どうやってチンパンジーを殺すか」なんて考えないように。殺すことなんてできません。チンパンジーの面倒を見るべきなのです。

その秘訣は、チンパンジーに話すこと、説明し、助けること。ちゃんと面倒を見れば、問題を起こしません。

チンパンジーの面倒を見なければ、その存在に気づかなければ、とても困ったことになります。

チンパンジーを安心させ、世話をしてください。

皆さんが、自分の中にすばらしい機械があることに気づいたとき、きょうの私の話が、人生を変えることを願っています。

まず機械があることを理解し、それをうまく使うスキルを身につける。そうすれば、望む人物になれます。

//// 抄訳ここまで ////

単語の意味と補足

the penny drops  合点がいく、謎がとける、意味がわかる(イギリス英語のイディオム)

cingulate gyrus  帯状回(たいじょうかい)大脳の内側面にある脳梁の端を前後方向に走る脳回、帯状皮質

limbic system  大脳辺縁系

parietal lobe  前頂葉

gremlin  グレムリン(イギリスに伝わる妖精)、コンピュータや機械の中に住み着いて悪さをする小悪魔、異常を起こす得体のしれない原因。

thalamus  視床 

boxing the chimp チンパンジーを箱に入れる。チンパンジーを管理する方法の1つ。害のない形で、いったんチンパンジーに声を出させたあと、それに対するロジカルで人間的な考えや提案を自分自身にして、チンパンジーの衝動を抑えること。

ピーターズさんの本、The Chimp Paradox です。

翻訳版もあります。チンプ・パラドックス 「自信」「成功」「幸福」を手にする人のマインド・マネジメント・プログラム

脳の反応に関するほかのプレゼン

戦略よりマインドセットのほうが重要(TED)

お金の使い方の裏にある感情を調べよう(TED)

感情のなすがままでいる必要はない。あなたの脳がその感情を作っているのだから(TED)

先延ばしをしてしまう本当の理由はこれだ(TEDの動画)。

推論のはしご~自分の考えについて考える技術(TED)

脳科学者が伝える心配を鎮める方法(TED)

ポーカーのチャンピオンが教える意思決定の3つの秘訣(TED)

ほかにもたくさんあります。

チンパンジーを意識する

チンパンジーは、よく「トカゲ脳」と言われる、本能や感情で行動を決めさせる部分です。

人間部分とチンプ部分は、それぞれのゴールや行動を決める原則が違うので、よく対立します。

チンパンジーのゴールは、種の保存と自分が生き残ること。人間部分のゴールは自己実現。

不用品を捨てるときに感じる恐怖は、チンパンジー部分が起こしている思考です。

そのまま従ってしまう、つまり、チンパンジーに主導権を握らせておくと、自分が本当に望む暮らしは実現しません。

なぜなら、部屋をきれいにしておきたい、無駄なことにリソース(お金、時間、エネルギーなど)を使わず、大事なことに使っていきたいと思うのは、人間部分の思考ですから。

チンパンジーを意識することは、断捨離のみならず、仕事や人間関係、日々の意思決定、すべてに有効です。

今年、何か成し遂げたいことがある人は、自分の中のチンパンジーとうまく付き合ってください。

****

年末年始は、ふだん会わない義理の家族や親戚に会うことが多いから、チンパンジーがあばれやすい季節です。

チンパンジーは相手に対する攻撃的な言葉だけでなく、自分を貶める言葉もよく言います。恐怖にダイレクトに反応しますから。

チンパンジーの管理方法を知りたい方は、ピーターズさんの本を読んでください。

本のタイトルが、「ザ・チンプ・パラドックス」なのは、チンパンジーは付き合い方によって、友人にも敵にもなるからです。

「チンパンジーがいるんだ」とわかっていると、「自分はどうしてこうなんだろう」「私は意志の力がないだめ人間」と自己評価を下げることもありません。

人間である以上、心の中にチンパンジーはいます。チンパンジーをうまく管理することが幸福の秘訣です。





2023年から2024年へ2023年、いろいろ手放したから、新しいものが入ってきたのかもしれない。前のページ

なぜもっとシンプルに暮らしたいのか?~理由を明確にするすすめ。次のページノートに何か書いている人

ピックアップ記事

  1. 新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」3月14日発売のお知らせ(現在予約受け付け…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  3. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  4. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  5. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…

関連記事

  1. 何かを書いている人

    TEDの動画

    成功と失敗、そして創り続ける力:エリザベス・ギルバート(TED)

    失敗して落ち込んでいる人を勇気づけてくれるTEDトークを紹介します。…

  2. 若い女性

    TEDの動画

    自分には何1つ悪いところがないとしたら?(TED)

    自分を責めてストレスをかかえている人の参考になる動画を紹介します。…

  3. 招き猫

    TEDの動画

    人生において運が果たす役割とは?:バリー・シュワルツ(TED)

    運に対する考え方を教えてくれるTEDトークを紹介します。タイト…

  4. テキストを読む人

    TEDの動画

    テキスト・メッセージが言語を殺す、なんてね(TED)

    言葉に興味のある人、自分の思い込みを正したい人の参考になるTEDの動画…

  5. ナラの木

    TEDの動画

    ルーティン:習慣、練習、儀式の思いがけないパワー(TED)

    もっと意図的な暮らしをしたい、やりたいことがやれる人生を送りたいと思っ…

  6. 希望

    TEDの動画

    今度こそやるぞ、と思うのにそうできない3つの理由(TED)

    今度こそ片付けよう、貯金を始めよう、運動をしよう。いつもそう思…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,829人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ポテトチップスを食べている女性
  2. 部屋を片付けている女性
  3. 靴のコレクション
  4. たたみの部屋
  5. ノートを書いている人
  6. 思い出品がいっぱい入った箱
  7. 服をチェックしている女性
  8. レジリエンスのある少女
  9. 納屋の中を片付ける
  10. 服の買い物

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. クローゼット
  2. 「自分を浄化する方法」矢尾こと葉
  3. 花瓶
  4. アースデイ
  5. ケシの花
  6. 夏の少女
  7. 電車の中で落ち込む人
  8. 着物の査定
  9. お皿を買っている女性
  10. 散らかった机

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP