ヨーグルトを食べる女性

ミニマリストへの道

ブルガリアヨーグルトの砂糖をため込んだ話:ミニマリストへの道、番外編5

いまはどちらかというと、持たない暮らしをしている私ですが、若いころは、どうでもいい物をたくさん買い集める暮らし、ためこむ生活、または、お金をドブに捨てる暮らしをしていました。

「どうしてあんな物をあんなにたくさん集めていたのかな」と思うものをシリーズで紹介していきます。

今回は、ブルガリアヨーグルトの砂糖について。



毎日ヨーグルトを食べる女

以前もちらっと書きましたが、その昔、ブルガリアヨーグルト(無糖タイプ)についてくる、砂糖の小袋を大量にためていました。

20代の後半から30代にかけて、毎朝、ブルガリアヨーグルトを食べていた時期があります。4~5年は食べていたと思います。

ほかのメーカーのプレーンタイプのヨーグルトも試しましたが、ブルガリアヨーグルトがいちばん酸味が強く、私の舌に合いました。

たくさん食べるので毎回500グラム(だったと思う)の容器を買っていました。

このヨーグルトに、砂糖の小袋がついていたのです。





砂糖はいらない

すっぱいのが気に入って食べているのですから、砂糖は不用です。

でも、捨てるのはもったいないですよね?

私はコーヒーや紅茶もストレートで飲むので、砂糖の使いみちがありません。

母がインスタントコーヒーを好きなので、「コーヒーを飲むとき使ってね」と言ってみましたが、母は母で、しっかり砂糖を持っていました。

コーヒーシュガーみたいな、細い袋に入った砂糖や、ピラミッド型のパッケージに入った砂糖です。ピーター・ラビットの柄の小さな袋に入った砂糖もありました。

このような砂糖が、小ぶりのかごに大量に入っていました(去年の秋の段階でも入っていました。かごのサイズは小さくなっていましたが)。

たぶん、お中元やお歳暮でいただいたコーヒーについてきたものだったのでしょう。中には見るからに古いものもあり、袋のはしが茶色になっていたりしましたが、母は、こういう物を捨てない人です

さらに、家にはふつうの砂糖(上白糖)もありました。

いらないのに、使うのはもったいないと思う女

ブルガリアヨーグルトについてきた砂糖はフロストシュガーといって、つぶつぶで、溶けやすい砂糖です。冷たいヨーグルトにもさっと溶けるように、という配慮があったと思われます。

我が家ではあまり見ない砂糖でした。

透明な小袋に入ったフロストシュガーは見た目がきれいで、庶民の母や私からすると、「上等な砂糖」「いつか何かのときに大活躍してくれそうな砂糖」「お砂糖のプリンセス」という雰囲気をかもしだしていました。

ヨーグルトに使わないなら、すぐに袋を破って煮物なんかに使えばよかったのですが、この砂糖には、そうさせない何かがあったのです。

私は、使わない砂糖を大きな半透明の袋(レジ袋にあるような素材の袋です)にどんどんためていました。この砂糖は、確か、一袋に15グラム入っていたと思います。

1つ、15グラムでも、数がたまるとだんだん重くなります。

最初はなにも感じていなかった私も、次第にずっしりとしていく袋を持ち上げるたびに、「これ、いい加減にどうにかしないとまずいかも」と思うようになりました。

結局お菓子作りで一気に使うことに

捨てるのもいやだけど、このままずっしりとした袋を持つのもいやだ、こう思った私は、結局、ためた砂糖をお菓子作りに使うことにしました。

20代後半の、会社をやめてひまだった時期はよくお菓子を作っていました。

会社をやめた頃の話⇒断捨離を始めた5つのきっかけ~私はなぜミニマリストになったのか(2)

しかし、ヨーグルト時代は、あまりお菓子を作らなくなっていました。

久しぶりに、マドモアゼルいく子さんの本をひっぱりだし、砂糖を大量消費できるレシピを探しました。

しかし、マドモアゼルいく子さんのレシピは、砂糖は控えめです。彼

女は、ヘルシーで簡単だけど、おいしいお菓子作りを追求していました(今から考えると、マーガリンを多用していて、あまりヘルシーとも思いませんが、当時としては、ヘルシー路線です)。

袋にたまった砂糖を使い切るには、1個や2個のケーキでは足りない感じでした。

しかし、早く作らないと、砂糖はたまっていくばかり。

よし、今週から、週末には毎日1個ずつケーキを焼こう。砂糖がなくなるまで。

チーズケーキを作り続ける

私が焼いたのは主にチーズケーキです。カナダに来てからは、焼き菓子をよく作っていましたが、昔はチーズケーキのほうが好きでした。

週末になるとチーズケーキを焼いては、食べていました。

考えてみると、チーズケーキはけっこうコストのかかるお菓子です。クリームチーズを大量に使いますからね。

いまは知りませんが、当時のクリームチーズはわりにお高い代物でした。

私は、ためこんだフロストシュガーを消費するために、原材料のコストのかかるケーキを、何個も焼くはめになったのです(自分で選んだ道ですが)。

当時の私は、主婦ではなかったし、母親と同居していたから、食費や生活費の心配なんて一度もしたことがありませんでした。高い洋服を買いすぎて、クレジットカードの支払いができるかな、とはらはらしたことはありますが。

だからこそ、高いクリームチーズでも平気で買っていたのだと思います。

ケーキが焼き上がれば、おやつとしての役割を果たしますが、おやつなら、柿の種や歌舞伎揚げのほうがいいです。

高いお金を出してクリームチーズを買い、カロリーの高いケーキを作って、一人で食べて、脂肪をためる。

私は、こんなことを繰り返していました。

母も、多少はケーキを食べますが、私みたいに大食いではないので、結局、ケーキの大半が私の口に入りました。

私はどうすればよかったのか?

毎日食べているヨーグルトに、必要のない砂糖がついてくる。

こんな状況のとき、どうすればよかったのでしょうか?

昔の私に、いまの私はこんなアドバイスをします。

自分で使う場合:使いやすいようにスタンバイさせる

砂糖を袋に入れたままためるのではなく、すぐに使えるように、袋から出して容器に入れておけばよかったのです。

ヨーグルトを買ってふたをあけたら、すぐに砂糖の小袋を手にもち、はしっこにある切れ目に沿って、袋をあける。用意しておいた空き瓶に、フロストシュガーをさらさらと流し込む。

その後、その瓶を取り出しやすい場所に置いておく。

母に、「砂糖を使うときは、まず、この瓶の中にあるのから使ってね。溶けやすいからね」と言っておく。

母が順調に砂糖を使っているか時々、チェックする。

使いやすいように、あらかじめ、瓶の中に陶器の小さなスプーンを入れておいてもいいでしょう(使わないスプーンも家にはいっぱいあった)。測りやすいように、砂糖専用の小さじを入れておいてもよかったかもしれません。

砂糖が減っていないときは、母に、「ねえ、大学芋食べたいから作ってよ」「ねえ、鬼まんじゅう作ってよ」などと、甘いものを作ってもらうよう頼むのもありです。

何だったら、自分でも砂糖を使うお惣菜を作ればよかったのです(当時、私は料理をいっさいしませんでした)。

自分では使わない場合:すぐに誰かにあげる

自宅では使わないなら、毎日砂糖をあげるべきでした。

ただし、ヨーグルトのおまけの砂糖をあげるのですから、家族や親戚、ごく親しい友人じゃないと、あげにくいかもしれません。

会社で、「砂糖があまってしょうがないんだけど、誰か使ってくれない」といえば、小さい子供のいる主婦の同僚が喜んでもらってくれたでしょう。

月に1回ぐらいの割合で、砂糖をほしいという人たちに手渡せばよかったのです。

もう砂糖はついてないブルガリアヨーグルト

いまのブルガリアヨーグルトにはもう砂糖はついてきません。2014年に、メーカーが中身のヨーグルトをリニューアルしたとき、砂糖の添付も廃止されました。

いまのブルガリアヨーグルトは、「よりまろやかな味」とのことなので、もはや私の好きなすっぱいヨーグルトではないかもしれません。

砂糖の添付が終わるとき、残念がる人が多かったようですが、ヨーグルトを買うのだから、ヨーグルトだけが家に入るほうが筋が通っています。

砂糖がほしかったら、べつのところで、砂糖を買えばいいだけですから。

小袋に入った砂糖を生産し、1つひとつヨーグルトのふたの下にしのばせるのはコストもかかります。それに、ゴミも増えるので、いまの時代には合わないサービスですね。

あの砂糖は、「ちょっとした心遣い」として、使う人の心を楽しませたものであったかもしれません。しかし、「ちょっとしたおまけ」のせいで、暮らしが複雑になってしまう人もいるのです。

それも、たくさん。

ミニマリストへの道を最初から読む方はこちら⇒なぜ私は断捨離をしてミニマリストになったのか?(1)~物がたくさんあっても幸せではなかった

番外編はこちらから⇒ただで物をもらう生活習慣はこうしてできあがった:ミニマリストへの道、番外編1

物をためがちだった私の話⇒人はなぜ物を集めたがるのか?~私はこうして収集癖を断捨離しました

この続きはこちら⇒オーデコロンをため込み、罪深いことをした:ミニマリストへの道、番外編6

*****

久しぶりの「ミニマリストへの道」いかがだったでしょうか?

昔話なんて聞きたくない、という向きもあるかもしれません。

語学系のツイターを見たら、平成を振り返っている人がいたので、私も振り返ってみることにしました。

といっても、きょう書いたのは、昭和の終わりから平成のはじめてにかけてのできごとです。私は平成8年の春にカナダに来たので、平成といってもあまりピンと来ません。

昭和の思い出はたくさんありますけどね。





疲れている人うっとうしい物だと、気づかないまま使っている物を捨てる:プチ断捨離(40)前のページ

家を片付けたら、職場も整理でき、仕事もはかどるように。次のページ職場のデスク

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 『収納』するより『捨て』なさい

    ミニマリストへの道

    断捨離生活のモットーは『収納』するより『捨て』なさい:ミニマリストへの道(12)

    筆子がミニマリストになった道筋をふりかえっっています。前回のあ…

  2. スケジュール帳

    ミニマリストへの道

    震災のショックから気持ちを立て直すためにやったこと:ミニマリストへの道(57)

    2011年3月11日に東日本大震災が起きてから、また断捨離をがんばるこ…

  3. 捨てた子どもの本

    ミニマリストへの道

    痛い経験から学んだ子供の物の捨て方のコツ(写真つき):ミニマリストへの道(86)

    今から2年半前、2014年の秋のこと、筆子家は引越しを敢行しました。…

  4. 雑貨を断捨離

    ミニマリストへの道

    18年以上死蔵した物を断捨離し、捨てるタイミングを知る:ミニマリストへの道(92)

    ある日、私は階下の大きな物入れから、雑多なものを掻き出していました。…

  5. 女の子

    ミニマリストへの道

    子供の服を増やし過ぎない7つのコツ~ミニマリストへの道(39)

    子供の服を増やさず、できるだけミニマムに保つコツを7つお伝えします。私…

  6. 懸賞に当たった人

    ミニマリストへの道

    ただで物をもらう生活習慣はこうしてできあがった:ミニマリストへの道、番外編1

    私の物がたくさん増えてしまったのは、ひとえに買い物しすぎたからですが、…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,243人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 衣類の梱包
  2. リモートワーク
  3. 考え事をしている若い女性
  4. スーパーで買い物する女性
  5. 梅干しとおにぎり
  6. お雛様
  7. 自分で作った焼き物
  8. PHPくらしラク~る♪2021年3月号表紙
  9. 海岸にいる若い女性
  10. スマホを見ながら考え事をしている女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 花屋の店員
  2. カトラリー
  3. 手紙
  4. 買い物
  5. 眠っている新生児
  6. オーガニックコットン
  7. 昔の写真
  8. 家計簿
  9. 春
  10. プラント

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP