シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

少ない服で暮らす知恵:ファッション関連記事のまとめ、その3



服を減らすのに苦労している人に人気がある、洋服を減らす方法を書いた記事のまとめ、その3です。

今回は2016年の春から半年に渡って書いた記事を集めました。

どうしても服が捨てられない人のために

  • 春こそワードローブの計画をたてる時。収納スペースを意識した服の整理のやり方

    多くの人が、洋服を持ちすぎて困ってしまうのは、買う時に全く収納スペースのことを考えていないからです。

    なんとなく「タンスやクローゼットにしまえばいいだろう」と思って買っていますが、すでにそこが満杯だとしたら、部屋にあふれるのも無理はありません。

  • 捨て方間違えていませんか?服の断捨離が進まない4つの理由
    服を捨てているのに、ちっとも減らないのは、端的に言って捨て方が甘いからです。

    さらに、間違った考えを持っていると、やはり服が減りません。一番大事なのは、「服は多ければ多いほどいい」という思い込みを捨てることです。

  • エシカルファッションの追求と節約を両立させる方法はある?私は買わない選択をした

    エシカルはethicalで「道徳的な」という意味。エシカルファッションとは、良識あるファッションです。

    作っている人も、着る人も両方とも幸せになり、なるべく環境に負荷をかけない服。そんな服を楽しむことがエシカルファッションです。

    安物の服をどんどん使い捨てている人はエシカルではありません。とは言え、たとえ、安いものでも、1着1着を大事に何回も着れば、エシカルファッションに近づきます。

  • 初心者向け。断捨離をしたことがない人も、服を捨てることができる5つのヒント

    服を減らしたことがない人のために、具体的なやり方を書きました。わりとゆるいアプローチなので、取り組みやすいと思います。

  • 床に落ちている服の海を片付ける方法(汚部屋改善)

    床に服が散らばっているときの片付け方を書きました。

    1着、2着ならいいのですが、12着以上あると拾うのも疲れますね。心底うんざりします(娘の服を拾った体験から語っています)。

    もういっそのこと、全部処分したほうがいいかもしれません。

  • こんな人は服を持ちすぎ。服の断捨離時が来ている8つのサイン

    自分が服をたくさん持っているのかどうかわからない人がいます。私の母も、「家はまだ物がないほうだよ」と言います。

    物が多すぎる家と比べるべきではありません。たとえ、他の家より、多少物が少なくても、物の管理に手間がかかってしんどいことには変わりがないのですから。

  • 服を減らす3つの考え方。ミニマムファッションでストレスフリーに

    毎日服を着替えなければいけない、という思い込みを捨てると、服の数はもっと減ります。まあ、自分が好きで、日替わり定食みたいに、服装を変えるのはいいと思います。

    けれども、「人に毎日同じ服着ていると思われたくない」という理由で、いろいろ取り揃えて収拾がつかなくなっていたら、それは他人軸で生きている不幸な状態です。

  • すぐにでもクローゼットから捨てられる5つのもの(プチ断捨離その8)

    捨てることが苦手な人でも、抵抗なく捨てられる物を5つ紹介しました。

    いらないハンガーはどんどん捨てたほうが、服も増えません。

  • 安いけど、すぐにタンスの肥やしになる服を買わない6つのコツ

    物が増えてしまうのは、詰まるところ買いすぎるからです。クローゼットをスッキリさせたかったら、衣類の買い物の頻度をさげてください。

    一般人がそこまでたくさんの服を持つこともないでしょう。

  • 少ない服で暮らす7つのメリット。15着の服で1年暮らして気づきました。

    服が少ないといろいろいいことがあります。着るものに迷わないので疲れないし、外出の支度にも手間取りません。

    家族3人の中で、一番早く身支度できるのは私です。


  • あなたがその服を着ないワケ。着ない理由がわかれば断捨離できる。

    なぜ自分はこの服を着ないのか、なぜこの服はタンスの引き出しの奥のほうに押しやられているのか。

    そんなことを考えてみると、捨ててもいい服が見えてきます。

    理由を考えながら捨てると、買い物の失敗も減ります。

  • 捨てようとするのではなく、必要な枚数を選べば洋服は減らせる

    「他のものは断捨離できたのに、洋服は思い切って捨てることができない」という質問に回答しました。

    物を捨てられない人は、5年後、10年後を考えてみてはどうでしょうか?

    そんなにたくさんの服を持って、この先自分はどんな暮らしをしたいのか、ということです。

  • お金をかけずにおしゃれになる10の方法、ミニマリスト流ファッションなら可能。

    少ない服でおしゃれに装う方法を提案しました。

    多くの女性は「おしゃれになりたい」という希望を持っています。ですが、おしゃれになることってそんなに大事なことでしょうか?

    自分自身が心地よい暮らしをするほうが大事だと思うのですが。

  • 朝、着るものに迷わない7つの方法。おしゃれになるおまけつき。

    出勤前にその日の服装に迷わなくてもすむ方法を7つ提案。

    私も若いころは迷っていたような気がしますが、あまりに昔のことなので忘れてしまいました。

  • 服の買い物が止まらない悩みを解消する4つの方法。

    服を買わない方法は何度か書いていますが、この記事ではちょっとめんどくさいことをすすめています。服を買うのにどれだけお金をかけているか調べるとか。

    「服の買い物が止まりません!」と言う人は結局、自分で自分の感情をコントロールできていないのです。

    自分が着る服だけ持つことは、ちゃんと自分の気持ちを自分で制御できている状態だと思います。ストレスがなくてすがすがしいですよ。

  • 30代とか40代とか関係なし。自分が本当に好きな服を着るすすめ。

    自分の着る服をあまり年齢でしばらないほうがいいと思います。

    一口に30代、40代といってもいろいろな見かけの人がいます。老化の速度はかなり個人差があるからです。日本では年齢にこだわる人が多いのですが、「人と同じだと安心」と感じてしまう国民性のせいでしょうか。

  • おしゃれなブロンドの女性

    スタイリッシュな人。

  • 着るものがないと悩むなら、ミニマリストファッションを始めてみませんか?

    服の収納や整理にいつも苦労しているのなら、このさい思い切ってミニマリストになってしまってはどうでしょうか?

    ストレスが激減します。

  • 秋物を買う前にやれ。1日でいらない服を捨てる方法(実例あり)。

    ミニマリストになりたい人のために、1日でタンスとクローゼットをデトックスする方法をステップ・バイ・ステップで書きました。

    ステップ6まであります。人の生活環境はさまざまなので、この通りにはいかないかもしれません。一度やってみて、うまくいかないところは、自分なりに工夫して何度も挑戦してください。

  • おしゃれをあきらめずに洋服代を節約する5つの秘訣。

    あまり安物でない服を少しだけ持つほうが、結局は安くあがります。

  • 本当におしゃれな人の5つの特徴。おしゃれを知って、着ない服を断捨離する。

    本当におしゃれな人って、「おしゃれな人」に見られるように、しゃかりきにならない人だと思うのですが、いかがでしょうか?

    ココ・シャネルはおしゃれな人だったと思いますが、あの方は、若い頃、他の女性とは全く違う恰好をしていました。

    自分の美意識に忠実だったのです。

    周囲の流行に振り回される人は、おしゃれな人とは違うような気がします。


  • 関連記事

    ランキング参加中

    好きなの押して応援してね

    にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

    このブログの運営者

    筆子

    こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

    このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    アーカイブ

    筆子の本・重版(9刷)決定

    「お気に入り」に登録

    ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

    ☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

    筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter