他人に批判的な人。

ミニマム思考

すぐに人を批判するクセを手放す7つの方法。イライラの原因はこれで解消。

何かというと、人を批判したり、人の悪口を言う人がいます。

悪口を言わないまでも、心のなかで、「何言ってるの? そんなのありえない」「この人、ばかじゃないの?」と拒絶反応を示し、断罪したり、攻撃的になる人です。

批判的な人は、ちょっとしたことに、イライラし、ストレスがたまります。

これは思考のクセです。ちょっと心がければ、無意識のうちに批判する行動パターンを変えられます。このクセを捨てる方法を7つお伝えします。



1.人をジャッジして起きる結果を考える

人を批判してもいいことはあまり起きません。状況にもよりますが、たいていの場合、こんな結果に終わります。

●相手を傷つける

●人間関係がこわれる

●自分の性格がゆがむ

●人相が悪くなる

●あとで罪悪感を感じる

●固定観念のあふれた世の中を作ることに貢献する

●ネガティブな世界を作ることに貢献する

批判されて、「ああ、ありがたい。いいことを言ってくれた」と思える人は、とても人間のできている人です。そんな人はあまりいないと思います。

口では、「ありがとうございます」と言うかもしれません。ですが、心の中では、憤りやうらみ、敵意、悪意の種(たね)が育っています。

2.自分の感情をモニタリングする

批判を口にしそうになったり、誰かをジャッジしている自分に気づいたら、その心の動きを客観的にみてください。

なぜ自分は、相手をジャッジしてしまうのか?

理由を考えてみるのです。

相手に非があるケースもありますが、日常のイライラの元になるジャッジを引き起こしているのは、たいてい自分の心のほうです。

不安や恐怖、寂しさ、退屈、不満を抱いていて、あまり幸せでない人は、他人を批判し、自分より下に引きずり落とすことで安心感を得ています。

誰かを「変わり者」「だめな人」「ろくでもない人」「だらしない人」「仕事ができない人」「口ばかりの人」「人間として劣っている人」と蔑むことで、「でも私は大丈夫よね」「私はもっと上等な人間よ」と確認し、自分を守っているのです。

他の人に受け入れてもらうために、なんとなく誰かをジャッジすることもあります。学校や職場など、集団生活においてよくみられる現象です。





3.批判的な意見を建設的な助言に変える

誰かをジャッジしそうになったら、その言葉を建設的な意見に変えてみます。

たとえば、お正月に家族が「今年は私も断捨離がんばる!」と言ったのに、たくさん物を買っていたとします。

そんなに買い物ばかりしてて、物が減るわけないじゃん。

さっぱり、わからないわ。こんなに物があるのに、どうしていつも買い物ばかりしているの? 

肝心なことがわかっていないのね。ほんとにいつまでたっても変わらない人ね。口先ばっかりね。

こんなふうに、冷たい言葉を投げかけそうになっても、すぐに言ってはいけません。自分の言葉を、建設的なアドバイスに言い換える練習をします。

建設的な意見とは、相手がゴールに到達するのを助ける言葉です。批判はゴールを目指している相手を引きずりおろす言葉です。

建設的な意見の例:

買い物して物が増えると、捨てるのが大変だから、少し買い物を控えてみるのもいいかもしれないね。

私も断捨離したいと思っているの。いっしょに買わない挑戦をしてみない?

批判的な意見を建設的な助言に変える練習は、自分に対しても有効です。

他人のあら捜しが好きな人は、たいてい、自分に対しても、非現実的な「こうあるべきだ」という行動規範を押し付けていることが多いものです。

4.相手の行動から学ぶ

相手が気にさわる行動をしたとき、ジャッジするのではなく、そこから学べることはないか考えてみます。

内気で大人しく、どこにいてもあまり目立たない人(私はこのタイプ)は、社交的で、どんどん前に出ていく人に批判的になりがちです。

「なんてずうずうしい人なのかしら」「自分を中心に世界が回っていると思っているのね」なんて言葉が出てきます。

しかし、批判する自分の心理をよくよくさぐってみると、相手が、自分がそうしたいのに、できないことをしているから、ただ、羨ましいだけだったりするのです。

人が妬ましい理由⇒妬みやひがみ、嫉妬の気持ちを解消する現実的な7つの方法

この場合は、私ももっとあの人のように、自分の気持ちを正直に表に出していこう、と決心し、自分を成長させる方向に持っていけばいいのです。

5.自分の思い込みを疑ってみる

誰かの行動に眉をひそめるのは、自分の中に「こういうときはこうするべきだ」という思い込みがあるからです。

「母親とはこうするものである」という理想像があるので、ママ友の行動が気に入らないのです。行動の規範や理想像を持つのは大事なことですが、それをすべての人に押し付けるのは無理があります。

相手は、自分とは、考え方も生活環境もずいぶん違う他人なのですから。

日本では、「他人と同じように考え、行動することが幸せへの道」と教えられるので、「人と違うことはよくない」と無意識に考えがちです。

他人の服装に批判的な人が多いのは、そのせいではないでしょうか?

もう大人の女性に対して、女子力があるとかないとか、年齢にふさわしいとかふさわしくないとかジャッジします。

ジャッジしている人たちはそこまで悪気がないのが、恐ろしいところです。

だから、服を捨てたいけど、いつも同じ服だと思われたくない、なんて悩みが生まれます⇒服は最低限にしたいが、人からおしゃれに思われたい、という相談の回答。

貧乏臭いと思われるのを恐れる人もいます⇒服をミニマムにしたら、貧乏オーラが出てると言われた。そんな時の対処法

他人に対して、イラッときたときこそ、固定観念をすてる絶好のチャンスです。

6.ポジティブシンキング

何かを強く批判したいと思うとき、たいてい、悪いことばかりに目が向いています。

相手の欠点や足りないところにフォーカスしているのです⇒こんな考え方が貧乏を引き寄せる。お金がたまらない恐怖のマインドとは?

しかし、何もかもが悪い、という状況はそんなに多くありません。

英語に ”Every cloud has a silver lining.” ということわざがあります。

どんな雲にも光の裏張り(光が当たっている部分)があるという意味です。この光のもとは太陽です。

シルバーライニング

自分に危害を与えるひどいこと、さんざんなこと、困難なことにも、必ず光の裏地がついています。つまり、そこにはひじょうにポジティブなことをもたらす何かが隠されているのです。

この光は、その存在を信じている人にしか見つけることができません。

ポジティブシンキングとは光の存在を信じることです⇒ポジティブ思考は学習できる。前向きになる4つのポイント教えます。

7.自分のことにフォーカスする

自分にも他人にもきびしい人がいる一方で、他人のことにはうるさいのに、自分のことにはあまり目が向かない人がいます。

そもそも、人は、他人の悪いところはよく目につくのに、自分の悪いところにはなかなか気づかないのです。

外側から見ればわかるけれど、中にいるからわからないのですね。

断捨離中に、家族のガラクタが、とても目障りなのはそのせいです。

本当は、自分の所持品や、心の中に、まだまだ捨てるべきガラクタがたくさんたまっているのです。

人の言うことや行動ばかり気にせず、自分の生活に注力するようにしてください。

小さな目標を決めて1つひとつクリアしていけば、セルフエスティームもあがります⇒本当の自分に出会う:セルフエスティームをあげるマニュアル(TED)

自信がつけば、もうささいなことにいちいちカリカリしなくなります。

自分のかかえている問題から目をそらしたいから、人の問題に口出しをするパターンもあります。

自分の問題に向きあって、少しでも改善するようにすれば、すぐに批判的になってしまう思考のクセも変わるでしょう。

*****

今回は、自動的に他人のことを批判してしまう思考のクセを変える方法をお伝えしました。

インターネットで情報をやりとりすることが多くなり、対面では絶対言わないであろう心ない言葉で他人を傷つけやすい社会になったと思います。

批判すると傷つくのは相手だけではありません。自分も暗い沼の中に落ちて、そのうち出られなくなります。

光に向かう習慣をつけたほうが、楽しく暮らせます。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 考えすぎる人。

    ミニマム思考

    考えすぎて行動できない、その無駄な考えを捨てる3つの方法。

    9月初日の本日は、考えすぎるクセを手放す方法をお伝えします。「考えすぎ…

  2. 世間話

    ミニマム思考

    世間体を気にするから物もストレスも増える。気にしない方法教えます。

    世間体を気にしすぎていると、余計な物を買ってしまうし、いらないストレス…

  3. テーブルを拭く

    ミニマム思考

    今すぐやる人になる6つの秘訣。先延ばしグセを手放して今度こそ汚部屋を脱出

    汚部屋を脱出するために一番大切なのは、「今すぐやる人」になることです。…

  4. 刺繍

    ミニマム思考

    片付けられないのは完璧主義に囚われているからです、きっと。

    もっと時間ができたら片付けよう。週末にやろう。いまやらない理由…

  5. 捨てすぎる人

    ミニマム思考

    ミニマリストはリバウンドすると思いますか?という質問に答えます。

    読者の方から「ミニマリストはリバウンドすると思いますか?」という質問を…

  6. クリスマスプレゼントはいらない

    ミニマム思考

    クリスマスプレゼント考:あげないことが最高の贈り物だと言いたい理由。

    この時期、クリスマスのプレゼント選びに忙しい人も多いと思います。「彼氏…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

543人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 紅茶
  2. 白い机
  3. 刺繍
  4. 細々としたもの。
  5. 幼児
  6. 買い物する女性
  7. 物忘れした人
  8. ネット通販
  9. ノートに書く
  10. ぬいぐるみ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ドライブラッシング
  2. 心配する人
  3. レス・イズ・モア
  4. 雑貨を断捨離
  5. クリスマスプレゼント
  6. ピーナッツ
  7. ショーウインドウ
  8. お金がない人。
  9. カーリーヘアの女の子。
  10. ミニトランポリン

過去記事、たくさんあります♪

  1. 汚部屋

    断捨離テクニック

    感情がからみついて捨てにくい物をうまく捨てる5つのコツ
  2. 散らかった部屋

    断捨離テクニック

    油断していると絶対増える5つの物。手遅れにならないうちに今すぐ断捨離を
  3. 買い物

    ミニマム思考

    真の意味で物を減らす3つの方法。地球のガラクタも減らさなければ片手落ち。
  4. シャンプー

    健康・アンチエイジング

    私が湯シャンにいたるまで(3)~石けんシャンプーとの出会い
  5. 海を見る女。

    ミニマム思考

    ミニマリストブームの背後にあるものとは?なぜ今ミニマリズムなのか。
PAGE TOP